1. TOP
  2. 受験勉強と同じ方法では英語は上達できない!英語を簡単に習得するコツは?
Sponsored Link

受験勉強と同じ方法では英語は上達できない!英語を簡単に習得するコツは?

英語勉強法
  552 Views
LINEで送る
Pocket

 

仕事上で英語が必要になったり、海外旅行先でも不自由なく会話を楽しみたい、という理由から「英語を勉強するぞ!」と一年発起しても、なかなか上達しない人が多いのはなぜでしょうか。

英語のテキストや英会話スクールに高いお金を費やしているのに・・・。

その理由は、義務教育の英語教育法に問題があるからです。日本における英語の勉強法は、高校受験や大学受験のための勉強であり、英語力そのものを上達させるものではありません。

受験英語に慣れてしまった方が、社会人になってから「もう一度はじめから英語を勉強しよう」と同じ方法を繰り返しても、上達することは難しいのです。

これまでの概念を取り払い、日本語と英語の違いを理解した上で正しい方法で勉強すれば、実は英語の習得は簡単なのです。

それでは、英語を確実に上達させるコツを、英語の特徴を含めてご紹介します。

 

Sponsored Link

英語は26アルファベットのみで作られる!

shutterstock_360703406

 

外国人からみて日本語は習得が難しい言語の一つとされています。

ご存じのとおり、英語はAからはじまりZでおわる26文字のアルファベットで作られています。それに比べ、日本語にはひらがな、カタカタ、漢字が存在し、同じ言語なのに3種類の文字を組み合せて構成される日本語は理解が難しいでしょう。

その日本語を自由に操ることができる日本人が、なぜ英語の習得に苦労するのでしょうか。
それは、「アルファベット」と「ひらがな・カタカタ・漢字」の表記方法が違いすぎるからでしょう。

漢字は文字自体に意味があるので、例えば「こうがんむち」という熟語を知らなくても「厚顔無恥」という漢字を見れば、一つひとつの漢字の意味から全体の意味を想像することができます。

しかしAやBというアルファベット自体に意味はなく、英単語はアルファベットの並びにより形成されています。

日本人が日本語を読む際、「ひらがな・カタカタ・漢字」を織り交ぜた全体のイメージで捉え、漢字の意味を瞬間的に判断しながら日本語を理解するに対し、英語は意味をもたないアルファベットの配列です。視覚的に文字のイメージができない英語に対して、無条件に抵抗感があるのかもしれません。

同じようにアルファベットを並べた言語であるドイツ語やフランス語圏の人は、日本人よりも簡単に英語をマスターできると言われます。

また英語と日本語は、アルファベットと「ひらがな・カタカタ・漢字」といった表記的な違い以外にも、文法的な違いなど多くの違いがあります。

この二つはもともと言語的に大きな差があることを認識した上で、英語の学習をすることが必要です。

 

英語の知識を増やしても意味がない

赤ちゃんは言語を勉強しない

しかし日本語と英語に大きな違いがあるからといって、英語の勉強法が特別というわけではありません。

赤ちゃんが成長して言葉を話したり文章を読んだりできるようになるまで、どのよう方法で言語を習得するのでしょうか。

赤ちゃんは文法や単語を勉強したりしません。
私たちは日本語を勉強して習得したという感覚はなく、自然に母国語として慣れ親しみながら話したり書いたりする能力を身につけてきたはずです。

言語習得の自然な流れは、
(1) 聞く → (2)話す → (3)読む → (4)書く

という順番です。

これは全ての言語に共通する流れで、英語だから特別というわけではなく、私たちが日本語を自然に習得してきた流れと同じです。

 

英語の成績=英語の習得ではない

つまり、英文法や語彙力を一生懸命に覚えるような受験勉強と同じ方法では、知識は増えても英語が上達したことにはならないのです。

学生時代にどんなにテストの成績が良くても、英語が話せない人が多いのは、知識があっても活用できていない証拠です。また頭が良いからといって英語ができるわけでもありません。

 

日本の勉強法では英語運用に直結できない

勉強方の間違い① 英文法

 

・英文法の勉強は必要ない

これまでの勉強法では、どれだけ頑張って学んでも、本来の言語を習得する土台ができあがっていない状態では、時間と労力を無駄に費やしているだけです。

日本の英語の授業ではまず英文法を教えますが、英語の上達の為に英文法を勉強する必要はありません。その理由として、

・私たち日本人は日本語の文法を外国人に説明できますか?
・日本語の文法を詳しく知っていますか?
・日本語の文法について、どのくらい勉強しましたか?
・日本語で話している時に、日本語の文法が頭に浮かびますか?

日本語学者などの専門家でないかぎり、ほとんどの人がこれらのことを説明できないでしょう。

前述したとおり、赤ちゃんは言語を習得するまでに文法を勉強しなくても、成長するにつれてしっかりとマスターしていきます。

・英語の「語順感覚」をマスターすればOK
言語習得の基礎は、英文法の授業で登場する、SVO =「主語」「動詞」「目的語」という用語や、受動態や前置詞の仕組みなどを覚えることでは決してなく、英語の「語順感覚」を身につければよいのです。

例えば、
「今日は時間がなくてデスクでランチを食べた。」という日本語に対する英語は
「I ate lunch at my deck because I had no time today.」です。

英語はまず「私は食べた」という結論から述べるのに対し、日本語は最後の単語まで読まないと食べたのか食べなかったのかがわかりません。

日本語は「時間がなくて」「デスクで」「ランチを」という修飾的な周りの情報から徐々に結論に近づくという語順ですが、英語は中心となる事実をまず先に述べるというまったく違う語順です。

日本語と英語の順番は逆なので最初は戸惑うかもしれません。しかし語順を自由に変えられる日本語と違い、英語の語順はほぼ決まっています。

「時間がなくて今日はデスクでランチを食べた。」
という日本語になると、「いつもは外でランチ食べるけど今日はデスクで食べた」というニュアンスになります。

英語の語順はシンプルで明確なので、語順感覚をきちんと身につければ、次第に英文法もマスターできるようになります。

 

勉強方の間違い② 聞き流し法

・英語は絶対に聞き流してはいけない

最近の英語教材の広告で、「聞き流すだけでリスニング力がアップ!」「○○日で口から自然に英語がでてくる!」といった内容をよくみかけます。

通勤や通学の合間に聞くだけで簡単に英語が上達できたら、たしかに嬉しい話です。
ところが体験した方々は「ほとんど効果がなかった」と感じている人が多いようです。

それはなぜでしょうか。
たしかに長い期間、聞き流していると、少しは上達してリスニング力がアップした気がします。
しかしそれは、初級段階では中学校で習った単語が多く出てくるため、なんとなく聞き取れた気持ちになるからです。

内容を理解しないまま中級・上級コースに進んでも、聞いたことがない知らない単語ばかりが出てくると、英語が雑音にしか聞こえなくなるため、途端に挫折してしまうのです。

また、「聞く」というインプットのみで「話す」アウトプットがないと、「口からすらすらと自然に英語がでてくる」ということはありません。

 

・英語独特のリズムを理解する

英語を聞いていると、日本語とは明らかに違った独特のリズムがあることはわかります。
周波数を比較すると、以下のように言われています。

英語の周波数 - 2,000~12,000 ヘルツ
日本語の周波数- 100~1,500 ヘルツ

つまり周波数上は、英語と日本語は交わることがない為、英語と日本語のリズムは全く違うのです。

自分では「英語が出来る」と自信をもっているビジネスマンが、会議の場で発言した英語が外国人に全く通じなかった、という話があります。

このビジネスマンは周りの同僚からも「彼は英語ができる」信頼されており、彼自身も英語が得意で文法も理解している上に語彙力もあるのに、話す英語がネイティブに通じなかった理由はなぜでしょう。

まさに英語と日本語の「周波数」、つまり「リズム感」の違いです。彼は日本語を話すように、同じリズムで話していたと思われます。

もちろん発音にも多少の問題はあったかもしれませんが、それよりも彼の話す英語に英語特有のリズム感がなかったため、ネイティブに聞き取ってもらうことができませんでした。

ネイティブが理解するように話せるようになるには、英語の「リズム感」を理解し、英語独特の周波数帯を身につける必要があります。

これは英語を聞く際も同様です。
リスニングの勉強では聞き流すのではなく、英語のリズムを意識しながらしっかり集中して聞くことが大切です。

 

勉強方の間違い③ サイレント・ピリオドがない

学校の授業や英会話スクールでは、インプット(聞く)とアウトプット(話す)を同時に行うのが普通です。

しかし、赤ちゃんが生まれてから言葉を話すまでには、しゃべらない期間が存在します。
これを言語学では「サイレント・ピリオド」と言いますが、一定のインプットする期間、言葉を発しない期間を経て、自然に話し始める(アウトプットする)のが言語習得の自然な流れです。

赤ちゃんはこの「沈黙の期間」に、周りの大人の会話や自分に向けられる言葉をじっと聞いているのです。

つまり、英語を習得する際も、

インプット(英語を聞く) → サイレント・ピリオド → アウトプット(英語を話す)

という過程が必ず必要になります。

インプットの期間が十分でないうちにすぐにアウトプットをすることを繰り返していても、英語は上達しません。
サイレント・ピリオドの重要性を認識し、言語習得の自然な工程を経ることにより「英語ができる人」になるのです。

 

音と音のつながりをマスターする

英語習得の具体的な方法の1つは、音と音のつながりをマスターすることです。
英語の独特なつながりには一定の法則が存在しており、この音のつながりが、日本人にとって英語の聞き取りを困難なものにしています。

例えば、「I have him ~」という英文があります。
「私は彼に~してもらう」という意味ですが、日本人なら「アイ・ハブ・ヒム」とはっきり発音するのが一般的です。
しかしネイティブが発音すると、「アイハビム」のように聞こえます。himのhの子音が消え、vとiの母音がつながって発音されます。

同様に、「I want to ~」という英語は、「私は~したい」という意味ですが、「アイ・ウォントュ・トュー」ではなく、「アイ・ウォントュー」のように、tが重なる場合はつなげて発音されます。

このように、中学1年生で習うような簡単な単語でも、英語が苦手な人や正しい英語勉強法を実践していない人にはとっては全く別の単語のように聞こえてしまいます。

これらは典型的な英語の発音の例で、無数に存在する音と音のつながりの一例です。さらに2つ、3つ、4つとつながる場合も多く存在します。

こうした英語特有のつながる音に対応できずにつまずいてしまう日本人がとても多いのが現状です。
なぜなら学校では、このようなつながる音の発音方法は教えてくれず、また英語の教師ですら知らないことも多いからです。

また日本人は英文を読むことができても、リスニングが不得意な人が多いのはこのためです。

英語が上達する人は、リスニングにおいてこの「音と音のつながり」を完全に把握しており、またこれは話す時も同じです。

 

英語をイメージでとらえる

これまでの勉強法に慣れてしまった日本人は、英語の文字をすぐに和訳する癖がついています。

例えば、「I’m tired.」という英語は「私は疲れた」という意味ですが、「わたしはつかれた」という文字情報の置き換え作業をしてもなかなか語彙力は増えません。

冒頭の「1 英語は26アルファベットのみで作られる!」で説明したとおり、日本語は文字情報からその意味を想像することができますが、アルファベットの配列である英単語からはそれが出来ないため、自分で頭の中でイメージ化(映像化)することが重要になります。

例えば、「I’m tired.」という英語を聞いた時、すぐに和訳せずに、「ソファーに横たわってぐったりしている」「眠そうにしている」自分の中の疲れているイメージの映像を思い浮かべるのです。

もう一つの例として、「delicious」という単語があります。
「デリシャス」という言葉はご存じのとおり「美味しい」という意味ですが、レストランの料理や誰かの手料理を食べて「とても美味しいです」と褒める時など、少し本格的なかしこまった場面で使います。

「これ美味しいね」くらいの軽い言い方は、「This is tasty.」やシンプルに「good」などを使います。
もっとカジュアルな場面では「おいしい!」のような「yummy」がありますが、基本的に小さな子どもが使うスラング的な単語です。

これらの「美味しい」という単語の使い分けを覚える際、とうてい内容まで詳しく覚えることはできませんので、やはり映像を思い浮かべイメージすることが大事です。

「delicious」は高級レストランのきらびやかな料理や、「yummy」は子どもがお菓子を食べて「おいしい!」と言ってるイメージを思い浮かべるのです。

この英語と映像をイメージ化する意識付けが、英語を聞いたとき徐々に英語を英語として理解できるようになる重要なコツです。

 

まとめ

これまでの英語の勉強法が、本来の言語習得の流れに反した間違ったものであることがおわかりいただけたでしょうか。

スポーツや楽器の演奏でも、基礎ができていなければ、いくら一生懸命練習しても時間と労力の無駄になります。
逆に基礎をしっかり学べば、練習したことを加速度的に身につけることができます。

英語を習得するための一番の近道は、まず言語習得の流れに沿って英語の基礎を作り、英語の各要素を理解した上で繰り返し試してみることです。
効果のある正しい英語の勉強法を実践し、楽しく上達できるようにしましょう。

LINEで送る
Pocket

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう