1. TOP
  2. 英単語を簡単に暗記する3つのコツ!英会話もできるようになる暗記術とは?
Sponsored Link

英単語を簡単に暗記する3つのコツ!英会話もできるようになる暗記術とは?

 2016/12/12 英語勉強法
  219 Views
LINEで送る
Pocket

一度覚えた単語がどんどん抜けていってしまう、そんな悲しい思いをいないためにも、どのようにすれば覚えた単語を忘れないで、持続して記憶していくことができるのかというお話をします。

これを単語暗記の骨として英語を学習していってください。

Sponsored Link

単語暗記のステップ

shutterstock_300010715

単語の暗記にはいくつかのステップがあります。

最初のステップは、自分が使いそうな単語をピックアップして覚えていくことです。

これが単語暗記で一番大切なポイントです。

なぜ自分が使いそうな単語から覚えていく必要があるのでしょうか?

英語を学ぶ目的はいろいろあるでしょう。

しかし、一番大きな目的の一つは、「日常会話で英語を話せるようになること」です。

それも、普段自分が話している日本語のように英語を話せるようになりたい、という人が多いのではないでしょうか。

そのために英語を覚えるのであれば、普段自分が話している日本語で使っている単語の英語バージョンを覚えていくことが大切です。

覚えたところで、実際は全く使わない単語を覚えても意味がありません。

ビジネスで使える英単語はこちら
⇒丸暗記で覚えちゃおう!「今日は何の打ち合わせ?」ビジネスで使える英会話

自分が使いそうな単語

それでは、英語を勉強していく中で、どのように自分が普段使っている単語、使いそうな単語を特定していけばいいのでしょうか?

普段の生活で、日本語を話しているときに、この日本語の単語を英語に直すとなんというのだろう、と注意しながら生活してみてください。

そうすると、分からない単語がたくさんあることに気付くと思います。

その普段あなたが話している日本語の日常会話の中で使われている日本語の単語でパッと英語に訳すことが出来ない単語を調べて、覚えていくようにしてください。

ビジネスメールで使える英単語はこちら
⇒ビジネスメールに頻繁に使える英語は丸暗記して盗もう!

覚えた単語を文章に

shutterstock_533847739

そして、日常の中からよく使う単語を発見して覚えた次のステップがあります。

それは、その覚えた単語をセンテンスの中にあてはめて言えるようにすることです。

人間は習慣の生き物で、普段自分がしている事がナチュラルに出てきます。

もし単語単位の英単語を覚えて、英単語の日本語訳を覚えるという作業をずっとしているのであれば、いざというときも単語しか出てこず、文章をはなすことができません。

こういった事態を防ぐためにも、覚えたものをちゃんとセンテンスにできるようにしてください。

こうすることで初めてその単語が実践の中で意味を持つようになります。

 

覚えた単語を文脈に

そして次が3つ目のステップです。

3つ目のステップは覚えた文章を文脈にして覚えることです。

普通、日本語を話しているときでも、1センテンス単位のままで話をすることはあまりないと思います。

つまり、言語をちゃんと話せるようになるということは、ある程度の量のセンテンスを話せることが必要になってきます。

ふつう、会話の中の1回の文章の中で話すセンテンスの量は3センテンスから5センテンスぐらいです。

それは日本語でも、英語でも変わりません。

これ以上話してしまうと、おしゃべりな人という印象を与えてしまうので、無意識のうちにだいたい3センテンスから5センテンスぐらいに長さを調整して、それを交互に話すことで、私たちは会話をしています。

この3センテンスから5センテンスを話せるようになることで、初めて会話ができるようになります。

ですから、この自分が使いそうな単語を覚え、文章の中に入れて覚えた後は、どういう状況でこの覚えた文章をいうのか、ということを文脈の中に入れて覚えてください。

このようにすると、実際におぼえた単語を会話の中で使いこなすことが出来るようになってきます。

その例を挙げてみましょう。

例えば自分達が使いそうな単語として、“cheap”という単語を覚えたとします。

cheap”って「安い」という意味もありますし、「ケチ」という意味でも使います。

今回は“cheap / ケチ”と覚えてみましょう。

先ほどお話した通り、単語単体で覚えただけでは会話の中では使えません。

そこで、“My husband is very cheap. / うちの旦那は本当にケチなんだよね。”という文章を作って、センテンスを覚えてみます。

そして次に、それを文脈の中にいれて、“My husband is very cheap. He didn’t get me anything for Christmas.”とします。

うちの旦那ってケチなのよ。クリスマスに何も買ってくれなかったんだから”という文章ができます。

これで実際に奥様方が言いそうな文脈が出来上がりました。

自分が言いそうな単語をまず覚えて、センテンスを作って、自分達が言いそうな文脈にあてはめて、英単語を覚えていくことで、単語を覚えただけでは実際の会話の中で使うことの単語が、文脈まで落とし込まれ、実際会話の中で使えるようになっていきます。

なので、このような覚え方をしてください。

英単語を丸暗記する方法はこちらの記事も参考になります
⇒一夫多妻制を英語で言うと?英単語の暗記の必殺技

まとめ

単語の覚え方は人それぞれで、自由です。

しかし、その覚え方によって、実践で使えるかどうかはかなり差が出てきます。

今回の、日常の中の単語を覚え、それを使った文章を覚え、それを文脈の中で覚えるというのは、実践のための理にかなった学習方法です。

これを続けていると使える表現が豊かになっていくことを実感できるでしょう。

 

動画でおさらい

英語は単語力で決まる!単語を暗記するコツとは?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 1千万円請求された私の体験!アメリカ留学1年間の費用の目安

  • TOEICリスニングでハイスコアを取る3つのコツ!

  • せっかくの留学やワーホリを充実させるための3つのポイント

  • 英語で電話対応「彼はいつお戻りになりますか?」の3つの言い方

関連記事

  • 「Here you are.」と「Here it is.」の違いや使い分け

  • 英語のシャドーイングは効果絶大!リスニングと発音を一気に上達させる1つのコツとは?

  • 必見!ネイティブになれる英語ニュースサイト8選

  • 英語ニュースを活用しよう!おすすめサイト3つ

  • 長時間勉強なんてできません!短時間で楽しいリスニング勉強法

  • 日常英会話に役立つアニメはあるのか?自分と関連付けできる物語がオススメ