1. TOP
  2. 英語「embarrssed」の発音をくわしく解説。Rの音がポイント
Sponsored Link

英語「embarrssed」の発音をくわしく解説。Rの音がポイント

 2016/12/21 英語発音
  196 Views
LINEで送る
Pocket

英語では、「L」と「R」「B」と「V」など、日本語にはない発音が英語には存在します。

「うまく発音できない」と悩んでいたり、あきらめてしまっていたりはしませんか。

その発音も、きちんと訓練することで必ずできるようになります。

今回のレッスンでは、日本人が苦手とする「R」の発音の仕方がポイントです。

Sponsored Link

Rの発音の仕方

shutterstock_393538870

今回は発音がテーマです。

取り上げるのは”embarrassed「当惑した」「困った」「決まりが悪い」といった意味の単語です。

ただ、多くの日本人の場合、いきなり”embarrassed“と言われて、「これを耳コピして”embarrassed”と発音して下さい」と言われてもなかなか出来ないケースのほうが多いようです。

なぜかというと”embarrassed“の発音で重要になる”R“の音が日本語にはない音なので、どういう風に発音していいのか分からないから、発音出来ないということです。

ただし、その発音の仕方さえちゃんと分かってしまえば、そんなに問題はありませんので、ひとつひとつじっくりとみていきましょう。

 

「R」の発音は、こちらの記事も参考になります
⇒日本人が発音しづらい「R」が二つあるときの発音

舌の位置が非常に重要!

発音というのは、舌の位置が非常に重要です。

舌の位置が正しいところにあって、そのまま音を出せば、物理的にちゃんとその音が出るようになっています。

この舌の位置を覚えることがとても重要なのです。

また、舌の位置というのは要するに口の形につながってきます。

 

正しい発音は、こちらの記事も参考になります
⇒見た目と全然違う!「Clothes」の発音方法

mの音は口を閉じたままで

まず問題になるのが、”em“、”m“の音です。

これは日本語、カタカナだと「エン」という風に発音してしまいがちですが、この”m“の音は日本語の「ン」という音ではありません。

m“の音っていうのは基本的に口が閉じた音です。

閉じた音、”e“”、m“、”em“と口が閉じた音です。

「ン」と「m」は音が違います。

ですので”em“をちゃんとした音で発音しましょう。

そのあとに”ba“と言います。

emba“ここまでは問題なさそうですが、続いて、問題のr“です。

rr“があって”a“があります。

この状態で日本語ではたぶん「ラ」という音が近いと思います。

この「ラ」を”R“の口で言うようにします。

R“の口というのはどういう口、どういう舌の位置かというと、口の中の上の部分、この部分に舌の両端を、少し横に折って発音します。

すると、舌がこの端に当たります。

これが”R“の舌の位置です。

この状態で”rra“と言います。

次に、”embarrassed“、”ssed“の音です。

ssed“、”rrassed“”rrassed“、”embarrased“”embarrased“、”emba“、”rrased“というように、何度か分けてみましょう。

emba“、”rrased“と、何度か分けて言った後に最終的に”embarrased“とくっつけて言えるようになっているはずです。

 

練習すれば絶対出来る

日本語にない音なので、最初はこの”R“の舌の位置に持って行くのが難しいと感じるかもしれません。

しかし、練習していけば絶対に出来るようになります。

物理的にこの位置に置けるようになれば、”R“の発音は絶対出来るんです。

口も当然筋肉があります。

日本語の時は日本語の筋肉を毎回使っているから、日本語の発音はちゃんとできます。

しかし、英語になってしまった瞬間違う筋肉を使うので、動かなくなってしまうんです。

その代表的なものがこの”R“の舌の位置です。

何度かちゃんと練習すれば、口が回るようになるので、ぜひ口の筋肉を鍛えてください。

 

まとめ

今回のレッスンでは、日本人が苦手とする「R」の発音の仕方がポイントの”embarrassed“(「当惑した」「困った」「決まりが悪い」)の発音の仕方について見ていきました。

発音は、きちんと訓練することで必ずできるようになります。

英語らしい発音になるようにがんばってみましょう。

そうすることで、ネイティブと自然に会話ができるようになり、ビジネスシーンでも海外旅行のシーンでも、楽しさが増していきます。

 

動画でおさらい

英語「embarrssed」の発音をマスターしよう!Rの音がポイント♪を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう

関連記事

  • 発音が悪いと大変なことに!「Earthquake」のネイティブ発音

  • リスを英語で発音すると?ポイントはRとLの発音

  • 微妙すぎる!「ear」と「year」の発音の違い

  • 英語の発音記号は必要なし!ネイティブは発音記号の通り話しません。

  • 「Tongue Twister(早口言葉)」を使って発音上達!スラスラ英語を話そう

  • パッと答えられますか?数字の英語表現1~100