※当サイトはプロモーションが含まれています

DMM英会話と産経オンライン英会話Plusはどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

DMM英会話 産経オンライン英会話Plus 比較 オンライン英会話 料金 口コミ 評判

人気のオンライン英会話である「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」を6つの項目で比較してみました。

今回は、オンライン英会話を利用する際に基本となる「1.無料体験レッスン」「2.サービス」「3.予約・キャンセル」「4.レッスン講師」「5.料金」「6.口コミ評判」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」を6つの項目で比較しました!

1.無料体験レッスンで比較無料体験レッスンの有無や内容で比較してみました。
2.サービスで比較最小レッスン単価、対応時間帯、レッスン予約、キャンセル方法、振替レッスン、コース内容、サポート内容、オプションなどで比較してみました。
3.予約キャンセルで比較予約方法、キャンセル方法、振替レッスンなどで比較してみました。
4.レッスン環境で比較レッスン形式、レッスン利用ツール、レッスン時間、レッスン担当、講師の国籍、講師の人数、講師の勤務環境などで比較してみました。
5.料金で比較入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプション、支払い方法などの料金で比較してみました。
6.口コミ評判で比較それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。

上記の6つの項目で、DMM英会話と産経オンライン英会話Plusを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」を無料体験レッスンで比較!

比較項目DMM英会話産経オンライン英会話Plus
無料体験レッスンあり(2回)
有効期限30日
あり(4回まで)
日本人カウンセラーによる無料相談チケット1枚付与
無料会員登録必要必要
クレジットカード登録不要不要
有料への自動更新なしなし

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」の無料体験レッスンの違いは、無料体験レッスンの詳細です。

無料体験レッスンは、どちらにもあります。

DMM英会話は、無料レッスンを2回受講できます。

対して産経オンライン英会話Plusの無料体験レッスンは4回まで受けられ、日本人カウンセラーによる無料相談チケットをもらえます。

無料会員登録は、どちらも必要です。

クレジットカード登録は、いずれのオンライン英会話も不要です。

有料への自動更新は、いずれもありません。

2.「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」をサービスで比較!

比較項目DMM英会話産経オンライン英会話Plus
最小レッスン単価(税込)192円195円
対応時間帯24時間365日
5:00~24:30
365日無休だが、クリスマスなどのホリデーシーズンは講師のレッスン枠が少なくなる
コース内容日常会話、旅行、文化、ビジネス、ニュース、文法、発音、語彙、ディスカッション、IELTS、TOEIC®、TOEFL®、英検®、キッズ、さまざまなトピック日常会話、ビジネス、職業別英会話、すぐに使える英会話、インバウンド英語、子ども、中学(教科書準拠)、大学入試対策、問題解決型教材、英検®、TOEIC®、GCAT(ジーキャット)、ニュースディスカッション、フリートーク、トピックトーク、ものづくりの現場の英語、メールライティング、キャビンアテンダント面接対策、コーチング※GCAT:Global Communication Ability Testの略
英会話技量の到達度を測るために、産経オンライン英会話Plusが開発した、コミュニケーションをレベル認証するためのテスト(追加料金なしでレッスン時間内に受験可能)
サポート内容目標設定サポート・予約なしで英語相談可能、レッスンツール内の動作共有機能(書き込みやレッスン箇所の共有など)、チャット機能、ノート機能、辞書機能、とっさのフレーズ帳、メールチャットボックス、レッスンメモ、レッスンレポート、困った時のフレーズ集、カスタマーサポート(メール)、日本人によるサポートレッスン※追加コインあるいはコーチングコースの申し込みが必要
オプションDMM英会話なんてuKonw?(無料Q&Aサービス)
iKnow! by DMM英会話(英語学習プログラム)
DMM英会話ブログ(公式ブログマガジン)
DMM英会話Words(無料辞書サービス)
Bellbird(無料ビデオ通話サービス)
GCAT(オリジナル英会話テスト)、コーチング型短期集中プログラム※有料、英検®二次対策※有料、大学受験外部試験対策※有料、TOEIC®L&R TEST対策※有料、eラーニング+添削 目からウロコのメールライティング講座※有料、キャビンアテンダント英語面接突破プログラム※有料、eラーニング TOEIC®L&R TEST 完全達成470/650/730※有料、世界中で通じる!ものづくりの現場の英語※有料

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」のサービスの違いは、対応時間帯コース内容サポート内容オプションです。

最小レッスン単価は、DMM英会話は192円で、産経オンライン英会話Plusは195円です。

対応時間帯は、DMM英会話は24時間365日受講可能です。

これに対して産経オンライン英会話Plusの対応時間は5:00~24:30で、365日無休です。ただしクリスマスなどのホリデーシーズンは講師のレッスン枠が少なくなります。

対応しているコース内容は、DMM英会話は、日常会話、旅行、文化、ビジネス、ニュース、文法、発音、語彙、ディスカッション、IELTS、TOEIC®、TOEFL®、英検®、キッズなど、さまざまなトピックを希望に合わせて自由に指定できます。

対して産経オンライン英会話Plusのコース内容は、日常会話、ビジネス、職業別英会話、すぐに使える英会話、インバウンド英語、子ども、中学(教科書準拠)、大学入試対策、問題解決型教材、英検®、TOEIC®、GCAT(ジーキャット)、ニュースディスカッション、フリートーク、トピックトーク、ものづくりの現場の英語、メールライティング、キャビンアテンダント面接対策、コーチングがあります。

サポート内容に関しては、DMM英会話には、目標設定サポート、予約なしで英語相談、レッスンツール内の動作共有機能(書き込みやレッスン箇所の共有など)、チャット機能、ノート機能、辞書機能、とっさのフレーズ帳、メール(カスタマーサポート)があります。

一方、産経オンライン英会話Plusのサポートは、チャットボックス、レッスンメモ、レッスンレポート、困った時のフレーズ集、カスタマーサポート(メール)、日本人によるサポートレッスン(※追加コインあるいはコーチングコースの申し込みが必要)です。

オプションとしてDMM英会話には、DMM英会話なんてuKonw?(無料Q&Aサービス)、iKnow! by DMM英会話(英語学習プログラム)、DMM英会話ブログ(公式ブログマガジン)、DMM英会話Words(無料辞書サービス)、Bellbird(無料ビデオ通話サービス)があります。

対して産経オンライン英会話Plusは、GCAT(オリジナル英会話テスト)、コーチング型短期集中プログラム(※有料)、英検®二次対策(※有料)、大学受験外部試験対策(※有料)、TOEIC®L&R TEST対策(※有料)、eラーニング+添削 目からウロコのメールライティング講座(※有料)、キャビンアテンダント英語面接突破プログラム(※有料)、eラーニング TOEIC®L&R TEST 完全達成470/650/730(※有料)、世界中で通じる!ものづくりの現場の英語(※有料)がオプションとして提供されています。

3.「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」を予約キャンセルで比較!

比較項目DMM英会話産経オンライン英会話Plus
レッスン予約方法
マイページより予約
マイページにログイン後、予約・講師検索ページへアクセス
学習言語、国籍、時間帯を指定して絞り込み検索をし、表示された講師の中から「予約可」ボタンをクリック
使用教材や予約方法を選択し、「予約する」ボタンをクリックして予約完了
レッスンチケットを使っての予約
レッスンチケットを使う場合、プランの予約可能数にかかわらずいつでもレッスンを予約できる
レッスンチケットを使用する場合は、「予約方法」の項目で、使用するチケットの種類を選択する
※レッスンチケットは、生徒自身が購入する場合と、スクールから発行される場合がある
講師がレッスンに入室しない状態で2分が経過した場合や、停電や回線不良など講師側の都合でレッスンが5分以上短くなった場合に発行される
有効期限は、発行日から30日間
コインを使った予約
マイページログイン後、トップ右上にある名前のボタンをクリックし、「コイン」欄内「予約する」ボタンから
チケットを使った予約
マイページログイン後、トップ右上にある名前のボタンをクリックし、「チケット」欄内「予約する」ボタンから
※チケットとは、無料体験チケットや特典チケット、特定のチケットプラン(中国語・キッズレッスン)、法人プランを受講の場合に使用する
チケット1枚で1レッスン受講可能
サブアカウントから予約
メインカウントの名前をクリックし、「家族でシェア」をクリック後、「サブアカウント一覧」のアカウント右「詳細」より入り、予約手続きをする
キャンセル方法マイページの「予約しているレッスン」ページから「レッスンをキャンセル」ボタンでキャンセルマイページにログイン後、トップ右上にある名前をクリックし、「レッスン予約状況の確認」ボタンをクリック。該当レッスンの「予約内容の確認」ボタンを押し、キャンセル手続きを行う
振替レッスン開始30分前までのキャンセルで振替可能
開始60分前までのキャンセルで振替可能
開始時刻60分前をすぎると、キャンセル自体はできるがコインやチケットの返還はされない
■遅刻する場合、開始時刻より5分以上経過すると講師側の接続が切られる
■講師都合でキャンセルとなった場合、代替講師を希望するかコインもしくはチケットの返還いずれかを選べる

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」の予約キャンセルの違いは、レッスン予約方法振替レッスンです。

レッスン予約方法はDMM英会話は、マイページにログイン後、予約・講師検索ページへアクセスし、学習言語、国籍、時間帯を指定して検索し、表示された講師の中から「予約可」ボタンをクリックします。使用教材や予約方法を選択し、「予約する」ボタンをクリックして予約完了です。

産経オンライン英会話Plusは、いくつかの予約方法があります。

予約方法予約手順
コインマイページ右上名前ボタンより「コイン」欄内「予約する」より予約
チケットマイページ右上名前ボタンより「チケット」欄内「予約する」より予約
サブアカウントメインアカウントの名前より「家族でシェア」>「サブアカウント一覧」>「詳細」より予約

キャンセル方法はDMM英会話は、マイページの「予約しているレッスン」ページから「レッスンをキャンセル」ボタンでキャンセルします。

一方産経オンライン英会話Plusは、マイページ右上の名前ボタンより「レッスン予約状況の確認」をクリックし、当該レッスンの「予約内容の確認」からキャンセル手続きを行います。

振替レッスンはDMM英会話は、開始時刻30分前までのキャンセルで振替可能です。対して産経オンライン英会話Plusは、開始時刻1時間前までのキャンセルで振替できます。

4.「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」をレッスン環境で比較!

比較項目DMM英会話産経オンライン英会話Plus
レッスン形式マンツーマンレッスンマンツーマンレッスン
レッスン利用ツール
レッスン専用システム「Eikaiwa Live」を使用
■パソコン
OS/ブラウザ
Windows/Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge
Mac/Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge, Safari
■対応スマートフォン /タブレット
OS/ブラウザ
iOS/iPadOS (iPhone/iPad) Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge, Safari
Android/Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge
最新バージョン推奨
「レッスンルーム」を使用
※家族が受講する場合はサブアカウントでのログインが必要
教材表示しやすいようPCでの利用を推奨
スマホなどの場合、別途PDFを開くか教材をプリントアウトしての利用を推奨
Skypeを希望の場合は、Skypeでレッスンの受講ができる
レッスン時間25分25分
レッスン担当自由予約制自由予約制
講師の国籍
133国(日本人も選べる)
スタンダードプランの講師は、アジア、ヨーロッパ、中南米などの講師が中心
プラスネイティブプランでは、アメリカか、イギリス、カナダのネイティブ専用講師が選べるようになる
フィリピン人/日本人/ネイティブ
講師の人数10,000人以上約400人
講師の勤務環境自宅
主に自宅
予約が入っている全講師とレッスン開始15分前に連絡を取り合い、通信環境の確認を行っている
これにより講師のドタキャンや遅刻がない

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」のレッスン環境の違いは、レッスン利用ツール講師の国籍講師の人数です。

レッスン形式は、どちらもマンツーマンレッスンです。

レッスン利用ツールはDMM英会話では、レッスン専用システム「Eikaiwa Live」を利用します。画像拡大の共有や書き込みが可能で、ホワイトボードにイラストを描いたり、チャットやノートの機能もあります。

産経オンライン英会話Plusは、「レッスンルーム」を使用します。教材表示をしやすいようPCからの受講を推奨しており、スマホやタブレットで受講する場合は、レッスン画面とは別に教材を閲覧できる状態での受講を推奨しています。また、Skypeでの受講を選択することもできます。

レッスン時間は、いずれも1レッスン25分です。

レッスン担当はどちらも自由予約制です。

講師の国籍はDMM英会話は、日本人を含む133カ国の講師が在籍しています。プランによって選べる講師が異なり、スタンダードプランではアジア、ヨーロッパ、中南米などの講師が中心で、プラスネイティブプランでは、アメリカ、イギリス、カナダのネイティブ専用講師が選べるようになります。

これに対して産経オンライン英会話Plusには、フィリピン人、日本人に加え、アメリカやイギリス、南アフリカなどのネイティブ講師も在籍しています。

講師の人数は、DMM英会話は10,000人以上の講師が在籍しているのに対し、産経オンライン英会話Plusに在籍する講師は約400人です。

講師の勤務環境は、DMM英会話の講師は自宅からレッスンを行っています。

対して産経オンライン英会話Plusは主に自宅からレッスンを行います。レッスンの15分前には講師とスタッフが連絡を取り合うので、通信環境の確認ができ、講師の直前キャンセルや遅刻がありません。

5.「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」を料金値段で比較!

比較項目DMM英会話産経オンライン英会話Plus
入会金なしなし
プラン別料金
■スタンダードプラン
123カ国の講師と話せる
選べる言語:英語
毎月8レッスン:5,450円/月(1レッスン681円)
毎日1レッスン:7,900円/月(1レッスン255円)
毎日2レッスン:12,900円/月(1レッスン208円)
毎日3レッスン:17,900円/月(1レッスン192円)
■プラスネイティブプラン
ネイティブ・日本人を含む133カ国すべての講師と話せる
選べる言語:英語、韓国語、中国語(繁体字)、日本語
毎月8レッスン:12,980円/月(1レッスン1,623円)
毎日1レッスン:19,880円/月(1レッスン641円)
毎日2レッスン:38,980円/月(1レッスン629円)
毎日3レッスン:56,920円/月(1レッスン612円)
1ヶ月10回レッスン(プラン200)
毎月付与コイン:200
受講上限数:10回/月
1日受講上限:1回
同時予約数:1回
4,620円/月
1日1回レッスン(プラン620)
毎月付与コイン:620
受講上限数:31回/月
1日受講上限:1回
同時予約数:1回
6,380円/月
1日2回レッスン(プラン1240)
毎月付与コイン:1240
受講上限数:62回/月
1日受講上限:2回
同時予約数:2回
12,100円/月
※各プランとも2倍のコインを使用することで、1日の上限回数を超えて受講することができる
※コインの有効期限は購入から翌々決済日の前日まで(実質2ヶ月)
※余ったコインは翌月に繰り越し可能
■コインの追加購入
1~500枚:単価15円
501~1500枚:単価14.25円
1501~2000枚:単価13.5円
2001枚~:単価12.75円
キャンペーン早期入会キャンペーン(無料会員登録から3日以内に有料プランに登録で初月50%OFF)
※内容は時期によって異なる
プラスネイティブプラン体験チケット購入後30日以内にプラスネイティブプランへ入会で、体験料 1,500円がキャッシュバック
早期入会特典
入会後1ヶ月のLINEサポート・長期割
登録料なしなし
教材費無料
無料
※一部カスタマイズプランで購入できる有料教材あり(すぐに使えるビジネス英語・大学入試外部検定試験対応・英検®二次試験対策)
長期割プランでは有料教材も受講費用内で使用可能
振替オプションなしなし
支払い方法クレジットカード/DMMポイントクレジットカード/デビットカード

「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」の料金の違いは、プラン別料金キャンペーン内容教材費支払い方法です。

まずは実際に、プラン別料金の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格DMM英会話産経オンライン英会話Plus
レッスンプランスタンダードプランプラスネイティブプランメインプラン
月8回5,450円/月(1レッスン681円)12,980円/月(1レッスン1,623円)
月10回4,620円/月(1レッスン462円)
毎日1レッスン7,900円/月(1レッスン255円)19,880円/月(1レッスン641円)6,380円/月(1レッスン206円)
毎日2レッスン12,900円/月(1レッスン208円)38,980円/月(1レッスン629円)12,100円/月(1レッスン195円)
毎日3レッスン17,900円/月(1レッスン192円)56,920円/月(1レッスン612円)
コインの追加購入1~500枚:単価15円
501~1500枚:単価14.25円
1501~2000枚:単価13.5円
2001枚~:単価12.75円

どちらも毎月のレッスン回数が増えるごとに、1レッスン単価は安くなっていきます。
※産経オンライン英会話Plusの場合、表中のレッスン数・レッスン単価はフィリピン人講師の場合の数字であり、日本人講師やネイティブ講師の場合、必要なコイン数が異なります。

入会金は、いずれのオンライン英会話もかかりません。

キャンペーン内容は、DMM英会話は、内容は時期によって異なりますが、早期入会キャンペーンなどが行われています。また体験料のキャッシュバックもあります。

対して産経オンライン英会話Plusには、Plus早期入会特典、入会後1ヶ月のLINEサポート、長期割といったサポートがあります。

登録料は、どちらのオンライン英会話にもありません。

教材費は、DMM英会話は無料です。

対する産経オンラインPlusも教材費は無料ですが、一部のプランで有料教材があります。

振替オプションはどちらのオンライン英会話もありません。

支払い方法は、DMM英会話は、クレジットカードとDMMポイントでの支払いが可能です。対して、産経オンライン英会話Plusは、クレジットカード、デビットカードに対応しています。

6.「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」を口コミ評判の人気度で比較!

【DMM英会話の口コミ評判】


現地ならではの意見や現状について聞けるという口コミです。

毎日1レッスンのコースで比較すると、スタンダードプランは月額7,900円なのに対して、プラスネイティブプランは月額19,880円。

ネイティブや日本人講師を選択できる分高く設定されていますが、現地のリアルな話を聞けるメリットがあるようです。

英語初心者~中級で基礎的な英会話力を身につけたい方には、AQUES(アクエス)オンライン英会話なども人気です。

DMM英会話のオリジナル教材の会話のDiscussionのところだけ。先生に先に答えてもらってから自分の答えを話すやり方、めちゃよかった。先生の答えを聞きながら、質問したり、その質問に絡めて自分の答えを答えることができて、あっという間に25分完了。設問数も5問で25分にぴったり。-(X(旧Twitter)より引用)

オリジナル教材のレッスン内容が良かったという口コミです。

教材の多くはオリジナル教材で、いつでも自由に閲覧可能です。

自分が必要な教材をチョイスしながらレッスンを進めていけば、効率的に実力をつけていけそうです。

いつでも無料で教材を利用できるレアジョブ英会話の無料体験レッスンも検討してみてください。


カスタマーサポートの対応が素早いという口コミです。

カスタマーサポートへの連絡手段はメールのみで、電話窓口などは設けられていませんが、基本的に24時間以内に返信するとしています。

オンラインのみで完結するレッスンだからこそ、トラブルや困りごとがあったときの窓口が信頼できると安心感が大きいようです。


実践的な英会話練習になるという口コミです。

オンライン英会話の外国語講師はフィリピン人講師が多い中、DMM英会話はさまざまな国の講師とやりとりすることができます。

国が違えば文化や英語のなまりが異なるので、その違いも含めて実践的なレッスンを受けられるようです。

さまざまな国の英語や文化に触れながら実践的な英会話を楽しみたい方には、EF English Live(EFイングリッシュライブ)CAMBLY(キャンブリー)の無料体験レッスンも検討してみてください。

★☆☆☆☆
スタンダードコースに日本人とネイティブスピーカーついてるから無料体験受けたんだけど(翌日そのサービスが外れてた)日本人講師に高校英語以上クラスに対応してる人が非常に少ないし、スケジュールもほとんどない。英語のことで細かいところは日本人に確認したいのに、これだと損。大人で真面目に海外とか考えてる人用には向かない。本格的にブラッシュアップしたい人むけでもない。
ある日本人先生はすごいバックグラウンドと比例して教えるレベルが低い感じ。隙間時間で軽い感じで先生をしてる人も多いんでしょう。その先生は接客態度は良かったけど、、たった5行中の英文法を25分でネットで検索しながらほとんど回答できなくて焦った。また違う先生は紹介文の英文がすでに間違ってるでしょ、という人も。本当無料体験でよかった。
スタンダードコースって、フィリピン人講師がメインになるんですが、だとしたらどのオンライン英会話でも変わらないかな。DMMは英語ネイティブと日本人講師がスタンダードにくっついてたから他よりよかったのに、このレベルではちょっと。他を検討です。-(みん評より引用)

日本人講師のレベルが低く感じたという口コミです。

日本人講師には、細かい部分の質問をしたり資格試験対策するために指名するケースも多いです。

しかし人によっては、レベルの高いリクエストに講師が十分に応えられていないと感じることがあるようです。

講師の質やレベルなどを求める場合は、学研が運営しているKimini英会話や大手の英会話スクールのECC外語学院が運営しているECCオンラインレッスンなどもおすすめです。

【産経オンライン英会話Plusの口コミ評判】


家族でレッスンをシェアできるとの口コミです。

1つのアカウントを家族とシェアできる家族割では、最大6人までレッスンをシェアできます。

家族にレッスンを分けられるので、受講権利が無駄にならないようです。

日常会話やビジネス英会話の教材が全て音声付きなのは良いですね。

あと、講師のフィードバックが丁寧です。 講師の実力さえ伴えば(←ここ重要)、教材〜レッスンまで含めて良いシステム※だと思います。

※音声を聞きながら音読予習する→実際にレッスンで使ってみる→文法や発音の間違いを指摘してもらい、フィードバックにも書いてもらう→復習する、という流れがシステマチックに確立されています。-(みんなの英語ひろばより引用)

教材が音声付きで講師のフィードバックも丁寧という口コミです。

音声付きの教材のため、読み方やイントネーションを間違えることがなくなり、後から訂正する手間がありません。

また毎回レッスン後は、講師からフィードバックをもらえ、他の口コミでもその内容が丁寧だと評価する口コミがありました。

予習や復習を効率的に進めたい人には、うれしいポイントのようです。

4技能それぞれについて体系的に勉強したい方には、ウィリーズ英語塾なども人気です。

市販のテキストは種類がたくさんあり、また、自分の弱点も把握できていなかったので、何から手を付けてよいか分かりませんでした。

最初にカウンセリングを受けた際に、学習コンサルタントには、「基礎文法は問題なく習得できているけれど、語のつながりやイントネーションの付け方の習得が必要。会話に活かせていない」点を指摘されました。

自分としては、文法が弱点で理解できていないと思っていましたが、最低限の文法は理解できているのだと気づかせてもらえたと同時に、実際に口に出して練習することで会話のスキルが上がったと思います。-(産経オンライン英会話Plus公式サイトより引用)

アドバイスが英語学習に非常に役立ったという口コミです。

3ヶ月コーチング型オンライン英会話の短期集中プログラムはコーチングを受けられるプランで、成長実感がなければ1ヶ月の無料延長保証付き。

客観的に学習を分析・プランニングし、期間中は回数無制限で日本語での質問も可能です。

短期集中で英語力を上げたいという目的がある人には、効果の出やすいプログラムのようです。

早く英語を身につけたい方には、1/4の学習時間で英語が上達するカランメソッドを学べるQQEnglish(QQイングリッシュ)NativeCamp(ネイティブキャンプ)などもおすすめです。

ビジネス英語のテキストが実践に近い内容で、練習のし甲斐がある。

日本語訳もついているので、英作文に役立ち、力がつく。一度終わったテキストも、またLesson1から受講し直している。

反復練習のお陰で、何となくビジネスシーンにふさわしい英語が言えるようになってきた。根気よく教えてくれるフィリピン人講師の皆さんにとても感謝している。-(産経オンライン英会話Plus公式サイトより引用)

実践に近い形でビジネス英会話を学べたという口コミです。

産経オンライン英会話Plusではニュース記事などのコンテンツが豊富に用意されています。

職業別に対応しているビジネス英語コースもあり、実際のビジネスシーンに即した実践的なフレーズも多く満足している口コミが多い印象です。

ビジネスで使える英語を学びたい方は、ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)などもおすすめです。

教材が少ないです。デイリーニュースも月に1回しか新しいものが出ないので、その点は正直なところ不満でした。長期的にオンラインで学びたい方にとっては、物足りないと感じるかもしれません。-(みんなの英語ひろばより引用)

教材が少なく物足りなさを感じたという口コミです。

教材は1300種類以上がそろっていますが、受講者の目的によっては活用できる教材は少なく感じるようです。

無料体験時に、自分が学びたい教材がどれくらいあるのかなど細かく確認した方がよさそうです。

「DMM英会話」をおすすめの方はこんな人!

  • 色々な国の英語や文化に触れたい人
  • 1日に何度もレッスンを受けたい人
  • ネイティブから英語を学びたい人
  • 英語学習を総合的にサポートしてもらいたい人
  • トラブル時など安心して対応してもらいたい人

「DMM英会話」は、在籍する講師の国籍は133カ国にわたり、さまざまな国の英語や文化に触れることができます。

英語の違いや文化の違いを勉強できたり、実践的な英会話を楽しめる人にはぴったりです。

多くの教材から自分が使用するものを選べるので、その日によって希望するレッスン内容が異なる人にもおすすめです。

教材はいつでも見られる状態になっているので、しっかりと準備をしてレッスンに向かいたい人や、レッスンを丁寧に復習したい人にも向いています。

また、復習には録音機能やチャット機能なども役に立ちます。

無料アプリや無料Q&Aなどもあるので、自宅での英語学習を総合的にサポートしてもらいつつ、英語を勉強できます。

さらに、カスタマーサポートの対応の良さを評価する口コミも見られました。

トラブルがあったとき、すぐに対応してくれるなどの安心感を求める人にもおすすめです。

公式URL:https://eikaiwa.dmm.com/

「産経オンライン英会話Plus」をおすすめの方はこんな人!

  • 実践的なビジネス英語を学びたい人
  • レッスンのフィードバックをもらいたい人
  • 余ったレッスンを家族とシェアしたい人
  • 自主学習にも力を入れたい人
  • 目的によって講師を使い分けたい人

「産経オンライン英会話Plus」は、実際のニュース記事や時事ネタなど産経グループならではの、ビジネスコンテンツが豊富な点が特徴のひとつです。

ビジネス英語のレッスンを受けた人からは、実践的ですぐに使えるような内容を評価する口コミもありました。

また、レッスン後は丁寧なフィードバックを毎回もらえるので、1レッスンの充実度が高いようです。

コースによっては日本人による学習サポートを受けることもできるので、カウンセリングも受けつつ効率的に英会話の上達を図れます。

そして大きな特徴のひとつが、家族でレッスンをシェアできる点。

最大6人でアカウントをシェアすることができ、レッスンを家族間で分けあえるためレッスンが無駄になりません。

オリジナル教材は1300種類以上あり、音声付きの教材やレッスンのフィードバックは授業の予習復習に役立ちます。

しっかり予習してからレッスンに臨みたいという方や、充分に復習して定着させたい人におすすめです。

フィリピン人、日本人、ネイティブと講師を選べるので、スピーキングや文法、発音強化などレッスンの目的によって講師を使い分けられるのも魅力です。

公式URL:https://human.sankei.co.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のオンライン英会話「DMM英会話」と「産経オンライン英会話Plus」の違いを6つご紹介してきました。

DMM英会話と産経オンライン英会話Plusは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「レアジョブ英会話」と「DMM英会話」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。