七田式7+English(セブンプラスイングリッシュ)の効果と120%活用法を動画で解説する

 2018/02/08 英会話教材
 
LINEで送る
Pocket

七田式7+English(セブンプラスイングリッシュ)という英会話教材をご存知ですか?世間一般的には初級者用英語教材として有名です。

しかしそれだけではありません。初心者が初めに学ぶべき教材そして、読者10万人のメルマガ運営している私が使用した結果、○○も上達できる英会話教材であることが分かりました。

このサイトでも色々な英語勉強法を提供・実践し読者10万人のメルマガ運営、販売者という英語のプロの目線から評価してきましたが、またまた素晴らしい英語教材に出会ってしまいました。

スピーキングを上達したい方だけではなく、あらゆる英語の悩みに対応できる教材です。ぜひ最後までしっかりと読んで頂いてあなたの英会話教材選びの参考にしてください。

また記事の後半ではと七田式7+English(セブンプラスイングリッシュ)の120%活用法もご紹介していきます。正しい勉強法と正しい使い方の両方が合わさり初めて効率的に上達できます。諦めるのはまだ早いですよ!

同じ悩みを抱えた方はたくさんいます。でも頑張って勉強している方もたくさんいますよ。

では今回はそんな英会話教材七田式7+English(セブンプラスイングリッシュ)の効果とレビューの記事です。ぜひ参考にして下さいね。

世界10カ国で37万人以上が実践した英会話メソッド

私のメルマガ読者様からこのような質問をいただきました。

—–
今まで色々な教材でトライしてきましたが、全く続かず未だにほぼ会話能力ゼロです。
ネイティブに話しかけられると頭が真っ白になって何も言えないんです。どうすれば良いですか?
—–

ありがとうございます。

きっと英語を学ばれている方は、自分が日本語で話しているように英語を話せるようになりたいんですよね。私のメルマガで一番最初にお送りしたプレゼントの内容は覚えていますか?英語を話せるようになるための、4つのステップです。

1.STV
(1センテンス)

2.マジック4
(3-5センテンス)

3.質問ボックス
(会話量を2倍に増やす)

4.トピックツリー
(会話の波に乗る)

日常英会話に限らず、この4つを抑えれば英語は話せます。ただ多くの方は、この順番ではなく、いきなり4から始めて挫折します。笑

ですので、特に初心者の方は、1を重点的に身に付けることが大切です。

まずは、1センテンス

いきなり複数センテンスを話そうとするのではなく、まずは1センテンス話せるように。さらに

【ネイティブが実際に使っているフレーズ】

これを覚えていくことが大切です。例えば、

What did you eat this time?

I don’t remember what I ate.

How do I look?

Do I look alright?

Can you go eat out by yourself?

などなど。ネイティブが実際に使っているフレーズです。

実際に良く使われているフレーズを覚えて行くと、相手が言ったときに簡単に聞き取れるようになりますし自分でも言いたいことをスグ伝えることができるようになります。

ネイティブは簡単な1センテンスを繋げて話してるだけです。これは日本語も同じです。友だちや家族、同僚と話す時、

「お腹空いてきちゃった。」

「何かすごい福岡っぽいの食べたいな。」

「ラーメンなんてどうよ。」

「ラーメン?いいね~!」

「でも、ダイエット中じゃなかったっけ?」

きっとあなたもこのような感じで話していませんか?英語も日本語と一緒です。実際に使われているフレーズを覚えてしまえば言葉に詰まることなく英語を話すことができるようになります。

ポイントは右脳

ネイティブが普段使っているフレーズを覚えることが大切だとわかっても「覚える事ができない。」こういった方もいると思います。実際に、多くの方からこのようなメールを頂いています。もしあなたもそうであれば、この教材をチェックしてみてください。

日本の英語教育や右脳教育における第一人者。そして全世界で功績を認められている七田先生の英会話最新メソッドです。

「途中から不思議と考える前に言葉が出てきた。」

「無意識に口が話しだす。」

「簡単な英文であれば3回ほど読めば覚えられるようになった。」

と、世界10カ国で37万人以上が実践した七田式。

「ネイティブのように英語が話せるようになりたい!」と本気で思っているのであれば、ぜひ今すぐチェックしてみてください。

 

七田式はどんな教材で他の教材と何が違うの?

完全記憶で英語を覚える

この教材の大きな特徴は、完全記憶によって英語を脳に定着させることです。人間の脳には、「左脳」と「右脳」があります。左脳は数字を覚えたり、人の名前を覚えたりする記憶で、

・許容量の小さい脳なので記憶力の上限がある
・以前に覚えたことを忘れないと記憶できない

と言われています。

それとは逆に、右脳の記憶

・記憶力に上限がない
・瞬間的に大量の情報をイメージとして記憶できる
・超高速で情報を処理できる

と言われています。

そのため、超高速で大量の情報を完全記憶することが可能です。短期で忘れてしまう記憶は一時記憶とも呼ばれています。

右脳を活性化させて英語を覚える

英語も右脳を使った完全記憶をすることで忘れることなく、すぐに脳から取り出して話すことができるのがわかりますね。

この完全記憶を実現するために、

・高速音声
・大量インプット&アウトプット
・400%学習

といった手法を組み合わせ、右脳を活性化させた状態で英語を学習することができるのが、七田式の教材「7+English」です。

 

世界最高峰の記憶メソッド

「その方法で何を勉強するのか?」

きっと、こう思われたかも知れません。この完全記憶メソッドで、

【ネイティブが実際に使っているフレーズ】

これを覚えていくことができるわけです。この教材にはネイティブが頻繁に使うお決まりのフレーズが「60パターン600フレーズ」ほど収録されています。これらを全て完全記憶することができるように開発されています。

サイト上にも載っていますが七田先生自身も30日で2,100個の英単語を完璧に記憶し、60日後には東大の入試問題も簡単に解けるようになっています。

その時、開発された記憶メソッドは、国際学士院の世界知的財産登録協議会から最優秀理論・世界知的財産として登録されるにまで至っています。

その世界最高峰の記憶メソッドで日常英会話をマスターすることができるのが、この「7+English」です。

 

英語学習7つのステップ

「7+English」では、テキストに載っている「英語学習7つのステップ」このステップに沿って学習を進めて行きます。

ここを読むだけでも学習効果を上げることができ、英語の上達スピードを上げることができます。必ず読むようにしましょう。教材を買って勉強を始めたけど、まだここを読んでいないという方も、今すぐにチェックしてみて下さいね。

具体的にこの7つのステップには、どのようなことが書かれているのか、このことについてもお話しすると、

1 ゴール地点をハッキリさせる

英語を早くマスターするためには、

「60日で日常英会話をマスターするぞ!」

といった明確な目標を立てることが重要です。

明確な目標を設定することで自分がすべきことも明確になりますし集中力も高めることができるからです。心理学の研究でも自分に合った目標を立てた時に学習効率が最大になる、と言われています。

どんな目標を立てれば良いのかはテキストに詳しく載っていますので、それを参考に難し過ぎず簡単過ぎない目標を立ててくださいね。

ちなみにですが、先ほどの

「60日で日常英会話をマスターするぞ!」

という目標は、「これって難しいんじゃ・・・」と思った方もいるかと思いますが、決して難しい目標ではありません。

日常英会話はネイティブが実際に使っているフレーズを覚えてしまえば簡単にできるようになります。そのフレーズにも、お決まりのパターンがあるので、それを覚えてしまうだけ。日常英会話は、あなたが思っているよりもずっと簡単にできるようになりますよ。

2 暗記がネイティブとのハンデを埋める

暗記というと学校での詰め込み学習をイメージをもってしまうかも知れません。しかし、英語にとって暗記は最大の武器になります。

日常英会話に必要なフレーズも暗記することができてしまえば、いきなり英語で話しかけられても反射的に答えることができるようになります。暗記を完璧なものにするための最適な学習法は教材内にありますので、ご安心ください。

3 フレーズ単位の学習が効果を生む

ネイティブは、ほとんど決まったフレーズを話しています。長く聞こえるのは接続詞で繋げているからです。接続詞を取ってしまえば簡単な1センテンスで話していることが分かります。つなげて話す方法は1センテンス話せるようになれば簡単です。

4 リラックスした状態を作る

右脳を活性化させるためにも、リラックスした状態から学習をスタートすることが非常に大切です。

七田式では、

1.瞑想
2.呼吸
3.イメージ

この3ステップを踏んで右脳が働く状態を作り出します。ここでは右脳を活性化させ完全記憶ができるようにするために七田式のイメージトレーニング方法を学びます。

5 テキストとCDで高速視・聴・読

学習目標を確認し右脳が働くリラックス状態を作ったら、いよいよテキストとCDを使ってリスニングに移って行きます。教材を購入した方はすでにご存知かと思いますが、この教材の音声には

・1.5倍速音声
・3倍速音声

それぞれスピードの異なる音声が収録されています。これらの音声を使った完全記憶に定着させるトレーニング手順。そして、なぜ倍速音声を聴いて学習するのか。その意味が詳しく載っているので必ずチェックしてください。

6 「400%学習」で記憶を定着させる

人間は忘れていく生き物です。
一度覚えたと思っても時間が経つとどんどん忘れていってしまいます。

そこで七田式では、脳に定着させることができるように4回繰り返して学習する「400%学習」「7+English」に採用しています。

ここでは400%学習についてや具体的な実践方法についてを学ぶことができます。しっかりと実践しましょう!

7 400%学習は面倒じゃない

400%学習について聞いて、同じ内容を4回も復習するのは面倒臭い。こう思った方もいると思います。しかし、実はこの勉強法は「一番手間がかからない勉強法」です。

ここでは七田式の400%学習が「少ない労力で400%の効果を得られる」ということについて理解し、そして実践に移して行きます。

「英語を話せるようになりたい!」

「日常会話くらい話せるようになりたい!」

「ネイティブと話せるようになりたい!」

と思っているのであれば、教材を何度も何度も読み、そして理想的なタイミングで実践してください。非常に重要です。以上が英語学習7つのステップの詳細になり、7+English」の学習方法になります。

テキストに載っている方法に沿って学習して行く形になりますので「何をすれば良いんだろう?」と悩むこともありません。

 

1.5倍速と3倍速で英語が早く習得できる

1.5倍速で右脳を活性化

この教材の音声には

・1.5倍速音声
・3倍速音声

これらが収録されています。とお話ししましたが、この教材の音声は最低でも『1.5倍速』で収録されています。それは一体なぜかと言いますと、その理由は以下の2つ。

1 短時間で学習できる

1.5倍速の場合、普通の1倍の速さの音声に比べ学習時間が0.67倍と同じ量の学習でも短時間でできます。簡単に言えば、少ない学習時間で英語を習得できる、ということです。

2 右脳が活性化する

高速の音声を聞いた場合、低速で処理して考える左脳から超高速処理ができる右脳の方に機能がスイッチされるそうです。

そのため高速で音声を聞くと右脳で記憶するようになるので、より速くそして大量の情報をインプットすることができるようになります。

実際に幼児よりも大人に近い中学生を対象にした七田式の教材では1.5倍速の再生を基本としているそうで非常に高い成果を出しているそうです。

以上の2つが、1.5倍速を採用している理由になります。

 

より完全記憶に定着

では3倍速はどうかと言いますと、こちらも理由は2つ。

1)さらに右脳が活性化

左脳では理解できない3倍速で聞くことで、さらに右脳が活性化していきます。

2)1.5倍の音声を遅く感じるようになる

当たり前のことですが、3倍速で聞くと1.5倍の音声は非常に遅く感じるようになります。

これを【インターチェンジ効果】と言いますが、この効果により高速処理が可能な状態になって、より完全記憶に定着しやすくなるそうです。

これら2つが3倍速を採用している理由になります。いかがでしょうか。

以上が7+Englishが1.5倍速と3倍速を採用している理由です。より完全記憶しやすくより覚えやすくするために倍速音声を使っているわけですね。

世界10カ国で37万人以上が実践し、全世界で功績を認められている七田先生の英会話最新メソッド。世界最高峰のメソッドに興味がある方は、ぜひ今すぐチェックしてみて下さい。

 

右脳が活性化するかしないか

七田式の英語教材、「7+English」について、

—–
倍速音声を聞くことで右脳が活性化するということですが、なんか信じられません。
そもそも右脳教育は意味あるんでしょうか?
—–

とメールを頂きました。ありがとうございます。
確かに、右脳教育については肯定派もいれば否定派もいます。

・右脳教育は意味ない

・右脳教育は空想だ

・右脳活性などデマカセだ

様々議論されています。

議論されている方の中には、世界的に有名な著名人の方もいますが、著名人でもはっきりと解き明かすことができないほど、脳機能というものは計り知れないものなのですね。

ではなぜ私は、この七田式の英語教材をおすすめしているのかと言いますと、その理由は簡単です。【効果があるから】です。

脳や右脳について専門的なことはわかりません。結論がはっきりと出ていなくても構いません。

実際に試して有効であれば継続しますし、意味がなければ続けません。試す前から文句も言いませんし、文句を言うなら試した後に言います。

私は昔から七田式が推奨している倍速学習を取り入れて学習していますし、今でも音声の多くを倍速で聞いています。その効果も実感しています。

だからこそ、この7+Englishをおすすめしているわけです。否定の意見も多いです。しかし、実際に効果が無いことを提供している方が、

・国連世界平和証
・社会文化功労賞
・日本アカデミー賞
・1997年4月 社会文化功労賞
・1997年6月 国際学術グランプリ
・1997年6月 国際学士院名誉会員
・1997年2月 世界平和功労大騎士勲章
・1998年10月 ブラジル共和国コマンドール勲章
・1998年11月 国連世界平和賞
・2003年3月 健康医学平和賞
・2003年6月 東久邇宮記念賞
・2007年5月 日本文芸アカデミー賞
・2008年5月 日本文芸アカデミー賞

これらの賞を受賞できるでしょうか。全世界で功績が認められるでしょうか。私はそうは思いません。もしそれでも、本当に効果があるとは思えない、と思うのであれば、購入しない方が良いです。

効果があると思えないのであれば、どんな教材を実践しても効果を得ることはできませんから。

でも少しでも右脳教育における第一人者である七田先生の英会話最新メソッドに興味があるのであればセブンプラスイングリッシュをチェックしてみて下さい。

「途中から不思議と
 考える前に言葉が出てきた。」

「無意識に口が話しだす。」

「簡単な英文であれば3回ほど
 読めば覚えられるようになった。」

と、世界10カ国で37万人以上が実践した世界最高峰の記憶メソッドが盛り込まれた英会話教材です。

 

2倍速や3倍速の英語はすぐに聞き取れる

右脳教育は意味があるのか、それともないのかについてお話ししたところ、

—–
私は右脳教育に意味はあると思います。
倍速学習いいですね。
—–
確かに、試してないのに、文句を言ってもしょうがないですね。
—–

私の意見に賛同して下さった方が思ったよりも多くいらっしゃって、私も嬉しく思っています。もちろん、否定的な意見も頂きましたが、人によって考え方も違いますし、いろいろなご意見を伺うことができてすごく勉強になりました。ありがとうございます。

ただ、中にはまだ何も試していないのに、否定的な意見をおっしゃっていた方や、倍速学習自体意味がない、とおっしゃってた方もいました。この事については、すごくもったいないなと思います。

実際に試して効果があるかどうかは、試した後にしか分かりません。試さなかったら今と同じ。そのまま何も変わることはありません。でも試したとしたら英会話をマスターできるかも知れないし、できないかも知れない。結果が分かるのは実際に試した後だけです。

また、右脳はさておき倍速学習というのは知っている人は普段からしている高速学習法です。

同じ量の学習でも、今までの半分の時間や3分の1の時間でできるようになる。同じ時間勉強したとしても、普通の人の2倍、3倍以上のことができるようになる、非常に効果的な学習法です。

それを試さないのは、正直損をしています。ちなみにですが、2倍速や3倍速くらいの音声であれば慣れると簡単に聞き取れるようになります。

英語だけでなく日本語で何か勉強をするときも重宝しますよ。

ちょっと話がそれましたが、右脳活性や右脳教育について信じることができないのであれば教材を購入する必要はありません。しかし倍速学習は何にしろ効果がある学習法ですし、やろうと思えば

・パソコンで音声を倍速化
・音声再生機器で倍速化
(最近の機器は倍速再生が
 できるようになっているものが多いです。)

このように無料でできることですので、ぜひ一度、試してみてください。

右脳教育や倍速学習に興味が少しでもある方は「7+English」を試してみてください。日本の英語教育や右脳教育における第一人者、七田先生は国際学士院の世界知的財産登録協議会から最優秀理論・世界知的財産として登録されるにまで至っています。

その世界最高峰の記憶メソッドで日常英会話をマスターすることができるのが、この「7+English」です。

ちなみに、七田式 7+Englishを私のリンクから教材を手に入れた方限定で、

「七田式 7+Englishを120%活用できる秘密のアドバイス動画」

こちらをプレゼントしたいと思います。
ぜひ試してみてください!

 

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!