※当サイトはプロモーションが含まれています

英会話イーオン(AEON)と日米英語学院はどっちがおすすめ?4つの項目で比較!

英会話イーオン AEON 日米英語学院 比較 英会話教室 英会話スクール 料金 口コミ 評判

人気の英会話教室である「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」を4つの項目で比較してみました。

今回は、英会話教室へ通う際に基本となる「1.サービス」「2.料金」「3.口コミ評判」「4.会社の信頼性」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらに通おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」を4つの項目で比較しました!

1.サービスで比較無料体験レッスンの有無、対応エリア、教室数、レッスン形式、レッスン時間、レッスン予約、振替、レッスン担当、コース内容、講師の国籍、支払い方法などで比較してみました。
2.料金で比較入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプションなどの料金で比較してみました。
3.口コミ評判で比較それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。
4.会社の信頼度で比較会社の信頼度で比較してみました。

上記の4つの項目で、英会話イーオン(AEON)と日米英語学院を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」をサービスで比較!

比較項目英会話イーオン(AEON)日米英語学院
対応エリア47都道府県東京・神奈川・大阪・京都・兵庫
教室数250校以上
オンライン校
10校
オンライン校
レッスン形式マンツーマンレッスン
グループレッスン:L&A Lightレッスン(1~8名)
Learningレッスン (1~5名)
Acquisitionレッスン(1~5名)
マンツーマンレッスン
グループレッスン
T.A.P.クラス(フリーカンバセーションクラス)
レッスン時間1レッスン50分グループレッスン55分
プライベートレッスン40分
レッスン予約毎週同じ曜日・時間/電話/受講生専用サイト毎週同じ曜日・時間/スクール受付/電話
振替レッスン可能可能
レッスン担当担任制/自由予約制担任制/自由予約制
講師の指名可能可能
コース内容日常会話、ビジネス、旅行、留学・ホームステイ、高校生、大学生、TOEIC®L&R、日常、ビジネス、旅行、小学校英語指導者資格日常会話、旅行、文法、接客英会話、ビジネス、留学準備、英検対策、TOEIC®、GRE®、GMAT®、IELTS、小学生、中学生、高校生、大学生、短期集中、フリートーク
講師の国籍日本人
ネイティブ
(多くが北米・イギリス・オーストラリア出身)
日本人(資格や文法クラス担当)
外国人(日本語ができる講師も在籍)
無料体験レッスンあり
英会話講師と1対1のミニレッスン(所要時間1時間半)
※無料体験レッスン・コース説明会・入学手続きなど内容によって異なるので、予約時に確認したい
あり(教室またはオンライン)
支払い方法一括払いの場合:
現金/銀行振込/コンビニ振込/クレジットカード/デビットカード
分割払いの場合:
イーオンスチューデントクレジットのみ利用可能
※別途分割手数料
月謝制の場合:現金
イーオンスチューデントクレジット
現金/クレジットカード/学費ローン
基本的に、一括前納制
オプション定期カウンセリング
学習アドバイス
生徒専用の無料学習サポートツール
(イーオン・ネット・キャンパス)
コーチング※有料
スクールイベント(クリスマスパーティなど)
自習コーナー
欠席した場合、録音したレッスン内容を聞ける(スクール内でのみ)
コーディネーターによる学習サポート

「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」のサービスの違いは対応エリアレッスン予約です。

対応エリアは、英会話イーオン(AEON)は47都道府県に教室があり、教室数は250校以上です。対して日米英語学院の対応エリアは東京・神奈川・大阪・京都・兵庫で、教室数は10校です。

対応エリアに伴って教室数にも大きな違いがある一方、いずれもオンライン対応が可能です。

レッスン形式はどちらもマンツーマンレッスングループレッスンがあります。

英会話イーオン(AEON)のグループレッスンはさらに目的によってコースが複数わかれています。

また日米英語学院はグループレッスンとマンツーマンレッスンの他、T.A.P.クラスという、フリーカンバセーションクラスもあります。

1レッスンの時間は英会話イーオン(AEON)が50分です。

これに対して日米英語学院は、グループレッスン55分、プライベートレッスン40分となっています。

レッスンの予約はどちらも曜日固定制のレッスンは予約不要です。

マンツーマンレッスンで日にちが固定されていない場合、英会話イーオン(AEON)は電話受講生専用サイトから予約ができます。一方日米英語学院のマンツーマンレッスンは、スクールの受付電話にて予約ができます。

レッスンの振替はどちらも可能です。

レッスン担当はどちらのスクールも、固定日のレッスンは担任制で、マンツーマンレッスンは毎回自由に予約ができます。

対応しているコース内容は英会話イーオン(AEON)が、日常会話、ビジネス、旅行、留学・ホームステイ、高校生、大学生、TOEIC®L&R、日常、ビジネス、旅行、小学校英語指導者資格があり、マンツーマンレッスンでは生徒が希望する内容でレッスンが可能です。

日米英語学院は、日常会話、旅行、文法、接客英会話、ビジネス、留学準備、英検対策、TOEIC®、GRE®、GMAT®、IELTS、小学生、中学生、高校生、大学生、短期集中、フリートークなどの内容があります。

英会話イーオン(AEON)に在籍する講師の国籍は、多くが北米、イギリス、オーストラリア出身で、ネイティブの講師。そして日本人講師もいます。

これに対して日米英語学院の講師は、資格や文法クラスを担当する日本人講師も、外国人もいます。外国人講師の中には、日本語ができる講師も在籍しています。

無料体験レッスンを英会話イーオン(AEON)では実施しています。通常授業への参加はなく、英会話講師と1対1のミニレッスンが受けられます。

日米英語学院も無料体験レッスンを実施していて、教室・オンラインのどちらでも受講可能です。

英会話イーオン(AEON)の支払い方法は一括払い、分割払い、月謝制の3通りがあります。分割払いと月謝制の場合、イーオンスチューデントクレジットという月々払いの申し込みができます。

日米英語学院の支払い方法は、現金、クレジットカード、学費ローンがあり、基本的に、一括前納制です。

オプションに関しては英会話イーオン(AEON)には、定期カウンセリング、客観的データに基づいた学習アドバイス、生徒専用の無料学習サポートツール(イーオン・ネット・キャンパス)、そして有料のコーチングサービス(AEON UP!)があります。

日米英語学院では、スクールイベント(クリスマスパーティなど)、自由に利用できる自習コーナー、欠席した場合録音したレッスン内容を聞ける(スクール内でのみ)、コーディネーターによる学習サポートがあります。

2.「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」を料金値段で比較!

※税込み価格英会話イーオン(AEON)日米英語学院
入会金11,000円22,000円
授業料グループレッスン:3,094円/回
(週1回 45回/1年の場合)
マンツーマンレッスン:11,550円/回
グループレッスン:4,000円/回
(176,000円/44回のプランの場合)
マンツーマンレッスン:11,880円/回
(237,600円/20回のプランの場合)
キャンペーン入学金・教材費から30,000円割引
※時期により内容は異なる
無料説明会・体験レッスンで10,000円割引
資料の請求で3,000円割引
学割制度
WEB割引制度
フレンズ/ご家族プラン
平日昼限定プライベートレッスンプラン
※時期によって内容は異なるものもあり
例)新年度スタートで入学金オフ
登録料3,300円なし
教材費3,300円~クラスにより異なる
システム管理費1,650円/月なし
振替オプション無料無料

「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」の料金の違いは入会金登録料教材費システム管理費です。

英会話イーオン(AEON)の入会金が11,000円なのに対して、日米英語学院は22,000円です。

また授業料はグループレッスンで比べると、英会話イーオン(AEON)は1レッスンあたり3,094円なのに対し、日米英語学院は1レッスンあたり4,000円

マンツーマンレッスンで比べると、英会話イーオン(AEON)は11,550円なのに対し、日米英語学院は11,880円です。

英会話イーオン(AEON)レッスンの振替はどちらも可能ですが、振替のルールなどは時期によって内容は異なりますが、入会金や授業料が割引になるキャンペーンがあります。

一方、日米英語学院も時期によって異なるキャンペーンも実施しています。その他、無料説明会・体験レッスン/資料請求で割引、学割制度、WEB割引制度、フレンズ/ご家族プラン、平日昼限定プライベートレッスンプランなどがあります。

登録料とシステム管理費は英会話イーオン(AEON)のみにあり、登録料が3,300円で、システム管理費が月1,650円です。

教材費は英会話イーオン(AEON)が3,300円~です。

対して日米英語学院はクラスにより異なりますが、平日昼限定プライベートレッスンプランでは5,500円と記載されています。

レッスンの振替はどちらも可能ですが、振替のルールなどが異なります。

まずは、レッスンの振替について比較してみました。

※税込み価格英会話イーオン(AEON)日米英語学院
レッスン名L&A LightレッスンLearningレッスン
Acquisitionレッスン
英会話ベーシックプランプライベートレッスンプランT.A.P.クラス
(フリーカンバセーションクラス)
レッスン人数1~8名1~5名3~4名1名集まった人数による
振替オプション無料無料無料無料無料
振替期限前営業日までレッスン開始10分前まで前営業日17時まで予約不要・当日出席も可能

「英会話イーオン(AEON)」は、他の日時・他のスクールへのレッスン振替が無料で、回数制限がなく、何度でも利用可能です。

ただし、L&A Lightレッスンは前営業日まで、Learningレッスン・Acquisitionレッスンがレッスン開始10分前までが振替期限となり、コースによってルールが異なります。

これに対して「日米英語学院」も、レッスン振替は無料ですが、こちらもコースによってルールが異なります。

英会話ベーシックプランは、3ヶ月12回コースの場合で、2回まで欠席した分を振替可能です。欠席する場合は授業までに電話かメールで連絡する必要があります。

プライベートレッスンプランは前営業日の17時までが振替期限です。

また、フリーカンバセーションクラスのT.A.P.クラスは予約不要・当日出席も可能。チケットを購入し、開講日と時間を確認して当日レッスンに参加する形式となっています。

それでは実際に、グループレッスン(週1回/月4回)の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格英会話イーオン(AEON)日米英語学院
レッスン名L&A LightレッスンLearningレッスン
Acquisitionレッスン
英会話ベーシックプラン
レッスン人数1~8名1~5名3~4名
月額授業料12,375円/月~20,625円/月16,000円/4回
(176,000円/44回のプランから算出)
1レッスンの料金3,094円5,156円4,000円
システム管理費1,650円/月1,650円/月なし
月々の合計支払金額14,025円22,275円16,000円

「英会話イーオン(AEON)」は、月額授業料システム管理費。「日米英語学院」は、月額授業料のみとなっています。

英会話イーオン(AEON)のグループレッスン授業料はクラスによって異なります。月12,375円~20,625円があり、いずれも1レッスンの料金は3,094円〜5,156円です。

日米英語学院の4回分の授業料は16,000円、1レッスン4,000円です。

日米英語学院は、月謝制ではなく回数制なので、英会話ベーシックプランの44回176,000円のプランから月4回レッスンを受けたと想定して算出しました。

システム管理費は英会話イーオン(AEON)のみにあり、1,650円/月となっています。

グループレッスンの月々の合計支払額を比較すると、英会話イーオン(AEON)のL&A Lightレッスンは14,025円、Learningレッスン・Acquisitionレッスンは22,275円となります。

これに対して日米英語学院は月16,000円です。

続いて、マンツーマンレッスン(週1回/月4回)の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格英会話イーオン(AEON)日米英語学院
レッスン名プライベートレッスンプライベートレッスンプラン
レッスン人数1名1名
月額授業料46,200円/月47,520円/4回
(237,600円/20回のプランから算出)
1レッスンの料金11,550円11,880円
システム管理費1,650円/月なし
月々の合計支払金額47,850円47,520円

「英会話イーオン(AEON)」は、月額授業料システム管理費となります。対して「日米英語学院」は月額授業料のみです。

英会話イーオン(AEON)の月額授業料は46,200円、1レッスン11,550円です。

一方、日米英語学院の4回分の授業料は47,520円、1レッスン11,880円です。

日米英語学院は回数制のため、20回・237,600円のプランから、月4回レッスンを受けたと想定して算出しました。

システム管理費は英会話イーオン(AEON)のみにあり、月1,650円が必要です。

マンツーマンレッスンの月々の合計支払い金額は、英会話イーオン(AEON)が47,850円で、日米英語学院が47,520円です。

3.「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」を口コミ評判の人気度で比較!

【英会話イーオン(AEON)の口コミ評判】
気になる口コミもSNS上でチェック!詳しい内容は、英会話イーオン(AEON)の口コミまとめ記事で紹介しているので、簡潔にご紹介します。


レッスン金額は安くないし、通学するのは大変で迷ったけど、英会話イーオン(AEON)の契約を継続することにしたとの口コミです。

英会話講師にも満足してるようで「誰から学ぶ」って大切だとのこと。

オンライン学習システムの充実さネイティブ講師の熱心さが決め手になったようです。

同じように熱心に教えてくれる英会話講師が多く、何気ない会話もしやすいEnglish Village(イングリッシュビレッジ)GLOBE ENGLISH SCHOOL(グローブ英会話)なども検討してみてください。


事業のグローバル化や事業拡大を目指して英会話イーオン(AEON)で英会話を始めたという口コミです。

英語でのミーティングなど、仕事に活かせる内容をネイティブ講師から学べる点はビジネスマンにとってうれしいポイントです。

また、ビジネス英語で人気のあるBerlitz(ベルリッツ)などもおすすめです。

★★★★★
教務主任の方の指導力がすごい。他、日本人教師から的確なアドバイスがもらえるので、初心者や仕事で英語を使う方は満足度が高いと思います。通っている方の層としては、大人とキッズ、半々くらいの数に見受けられます。-(グーグルマップより引用)

英会話講師の指導力が高いという口コミです。

ネイティブ講師だけでなく日本人講師からも的確なアドバイスがもらえるため、初心者や仕事で英語を使う方にも満足度は高いようです。

★★★★★
先生もスタッフも大変親切でフレンドリーです。生徒の実力やニーズにも配慮して臨機応変に対応して下さります。ビジネスレベルの英語力向上にも対応しています。施設がきれいな点も魅力的だと思います。-(グーグルマップより引用)

先生もスタッフも大変親切でフレンドリーで、施設も綺麗な点も魅力的との口コミです。

生徒ひとりひとりの実力やニーズにも配慮して臨機応変に対応してレッスンを行ってくれるようです。


聞くだけの英会話や英会話イーオン(AEON)に一年以上通ったが、会話のテンプレを暗記するだけで日本の中学校と同じコンテンツだったという口コミです。

英語の上達スピードをアップさせるには「目的と目標を明確にさせること」です。

ただ英会話教室に通うのではなく、「いつまでに、何のために」を決めて通うと、同じ一年でも上達スピードは全く変わってきますのでおすすめです。

【日米英語学院の口コミ評判】
気になる口コミもSNS上でチェック!詳しい内容は、日米英語学院の口コミまとめ記事で紹介しているので、簡潔にご紹介します。

★★★★★
英検の会場にもなっている老舗の英会話スクールです。初回カウンセリング後に、1からカリキュラムを個々人に合わせて作るのが強み。半年から1年で目標を達成するようにカリキュラムが組まれるので、ダラダラ長く学習するのではなく、短期中期集中で取り組む方におすすめ。新宿西口のKFCが入っているビルです。-(グーグルマップより引用)

個人に合わせてカリキュラムを作る点がおすすめという口コミです。

日米英語学院では、レベル別・分野別に細分化された70種類以上のクラスから、必要なものだけを無駄なく組み合わせて受講できます。

受講回数や受講期間も1人ひとりにあわせて組み合わせていくので、完全に自分に最適化された効率的な学習ができるようです。

★★★★★
生徒です😃
体に染みる英会話、資格対策だけに留まらない授業は未だに飽きることはありません。

講師だけでなく、スタッフさんも明るく相談に乗ってくださり、すてきなアドバイスをくださいます✨

レッスンの他に単語テストや英作文の課題、模試など学べる環境と時間をくださるので、ぜひ使える英語を身につけたい方におすすめです👏-(グーグルマップより引用)

資格対策だけでなく学べる環境がたくさんあるという口コミです。

レッスンだけで完結するのではなく、単語テストや模試などもっと学びたいと思う人にとっては嬉しい環境のようです。

自習スペースも充実していて、自由に利用できるのも嬉しいポイントですね。

★★★★★
資格習得を目標に通いましたが、手厚いサポートもあるのでオススメできます!
クラスごとにきちんと目標があり、内容も濃いものでした。-(みん評より引用)

サポートが手厚いという口コミです。

授業のコーディネーターや3ヶ月ごとの満足度調査など、サポート制度も充実しているようです。

ただ授業を受けるだけでなく、学習の進捗確認や希望調査などしてくれるのでモチベーションも維持できそうです。

また、立地やアクセス面を重要視される方は、駅近くに店舗数の多いロゼッタストーン・ラーニングセンターECC外語学院なども人気です。

★★★★★
初めのカウンセリングで自分はどうなりたいのかを明確にして、申し込みをすることでモチベーションを保ちながら勉強することが出来ました。-(みん評より引用)

カウンセリングで目標をクリアにした上で勉強に臨めたという口コミです。

入学時から継続して担当のコーディネーターがつき、最初にカウンセリングを行います。

最初にゴールをはっきりさせることで、それに合った効率的な学習内容を組んでいけるようです。

★☆☆☆☆
入会して数ヶ月、ポイント制で入ったため、まだしばらくお世話になりますが、不満が募りつつあります。入会時の説明ほど、入会してからの進展やサポートが感じられない。高額なのに、予約などのシステムはアナログ、先生との面談なし(依頼したら、あるかもしれない)-(グーグルマップより引用)

入会してからのサポートが不十分に感じたという口コミです。

専任のコーディネーターが学習の進捗を把握するサポートがあり、サポートの手厚さに満足している声もあります。

英会話講師やスタッフと密にコミュニケーションをとりながら学習を進めていきたい人は、英会話カフェLanCul(ランカル)駅前留学NOVAなどのよりアットホームでサポートの充実している英会話スクールの方が合っているかもしれません。

4.「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」の会社の信頼性で比較!

英会話イーオン(AEON)の運営会社、株式会社イーオンは1973年創業です。

全国外国語教育振興協会に加盟しており、途中解約返金などの契約内容や、運営の仕組みなどガイドラインに沿った運営を行っています。

オリコン顧客満足度調査®では「オンライン英会話」の部門で4年連続1位に。評価項目別のランキングでも毎年上位に入っている英会話スクールです。

日米英語学院を運営する株式会社日米英語学院は1981年に設立されました。

設立から今まで5万人の生徒が学習してきた、多くの実績を持っています。

学習塾を展開する河合塾グループの事業の1つで、高品質なサービスを提供することにこだわったスクールです。

一貫して日本のグローバル化を念頭に、専門性の高いクラスやニーズに応え続けています。

いずれの英会話スクールも、信頼性のある会社と言えます。

「英会話イーオン(AEON)」をおすすめの方はこんな人!

  • 基礎から英語を学びたい人
  • 日本人講師からも学びたい人
  • 自分の目的に合ったレッスンを受けたい人
  • 質の高いテキストや教材で学びたい人
  • オンライン英会話やVRなどでも学びたい人

英会話イーオン(AEON)には、初心者から上級者まで幅広いレベルのクラスがあり、さまざまな目的のコースがあるので、英会話初心者でも安心して通えます。

長年の実績が詰め込まれたテキストや多くの生徒の英語力を上げてきた教材で、確実に英語力を伸ばしていけます。

オンライン英会話やAEON VRなどで、忙しい人でも継続しやすいシステムなども活用できるのも魅力のひとつ。

勉強するのに最適な学習環境が整っているので、独学で挫折した人や、英語を習うのにモチベーションが上がらない人にもおすすめです。

「日米英語学院」をおすすめの方はこんな人!

  • 実績のあるスクールで学びたい人
  • 英会話を学ぶ目的がはっきりしている人
  • 自分にぴったりのカリキュラムを組んでほしい人
  • 短期間でスキルアップを実感したい人
  • 学習をサポートしてほしい人

長年の実績があるスクールなので、教え方のノウハウや指導実績が多くあります。

資格取得や留学に関する実績も多いため、英語を学んだ先の目的がはっきりしている人におすすめです。

1人ひとりに合った授業を多くのレッスンから選べるので、自分にぴったりのカリキュラムを組めるのも大きなポイントです。

これによって長所を伸ばし短所を補うことができ、短期間でスキルアップできます。

また日米英語学院では、それぞれの生徒に講師とは別にコーディネーターがつき学習をサポートしてくれるので、効率的に勉強を進めたいという人にもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気の英会話教室「英会話イーオン(AEON)」と「日米英語学院」の違いを4つご紹介してきました。

英会話イーオン(AEON)と日米英語学院は結構比較して検討する方も多いのですが、実は「英会話イーオン(AEON)」と「ワンコイングリッシュ」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「英会話イーオン(AEON)とワンコイングリッシュはどっちがおすすめ?4つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

最初のコメントをしよう

必須