※当サイトはプロモーションが含まれています

AQUES(アクエス)とQQEnglish(QQイングリッシュ)はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

AQUES アクエス QQEnglish QQイングリッシュ 比較 オンライン英会話 料金 口コミ 評判

人気のオンライン英会話である「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を6つの項目で比較してみました。

今回は、オンライン英会話を利用する際に基本となる「1.無料体験レッスン」「2.サービス」「3.予約・キャンセル」「4.レッスン講師」「5.料金」「6.口コミ評判」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を6つの項目で比較しました!

1.無料体験レッスンで比較無料体験レッスンの有無や内容で比較してみました。
2.サービスで比較最小レッスン単価、対応時間帯、レッスン予約、キャンセル方法、振替レッスン、コース内容、サポート内容、オプションなどで比較してみました。
3.予約キャンセルで比較予約方法、キャンセル方法、振替レッスンなどで比較してみました。
4.レッスン環境で比較レッスン形式、レッスン利用ツール、レッスン時間、レッスン担当、講師の国籍、講師の人数、講師の勤務環境などで比較してみました。
5.料金で比較入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプション、支払い方法などの料金で比較してみました。
6.口コミ評判で比較それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。

上記の6つの項目で、AQUES(アクエス)とQQEnglish(QQイングリッシュ)を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を無料体験レッスンで比較!

比較項目AQUES(アクエス)QQEnglish(QQイングリッシュ)
無料体験レッスン
なし
有料のお試しレッスンあり:19,800円/7回×50分
あり(2回)
クレジットカード登録不要
1回目:レベルチェック
2回目:好きなカリキュラムを選んで受講
無料会員登録必要
無料会員登録お客様情報の入力あり必要
クレジットカード登録支払い方法:クレジットカードor銀行振込不要
有料への自動更新なし

「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の無料体験レッスンの違いは、無料体験レッスンの有無です。

無料体験レッスンは、QQEnglish(QQイングリッシュ)のみにあります。

AQUES(アクエス)には無料体験レッスンがなく、有料のお試しレッスンがあります。50分のレッスンを7回受講でき、料金は19,800円です。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)の無料体験レッスンは、1回目にレベルチェックを行い、2回目に好きなカリキュラムを選んで受講する流れとなっています。

無料会員登録は、QQEnglish(QQイングリッシュ)のみにあります。ただしAQUES(アクエス)では、有料お試しレッスンを申し込む際にお客様情報の入力が求められます。

クレジットカード登録に関しては、AQUES(アクエス)の有料レッスンでは、クレジットカードか銀行振込での支払いに対応しています。

対するQQEnglish(QQイングリッシュ)には、クレジットカード登録は必要ありません。

有料会員への自動更新は、いずれもありません。

2.「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」をサービスで比較!

比較項目AQUES(アクエス)QQEnglish(QQイングリッシュ)
最小レッスン単価(税込)1,656円(1レッスン50分)
319円
月30回コース・40ポイント教師で計算
対応時間帯
5:00~25:00
土日祝日もレッスン可能、年末年始、クリスマスは休講あり
24時間対応可能
レッスン開始は各時間の0分または30分から
深夜対応の教師は比較的少ない
※フィリピンの祝祭日、日本の祝日の一部は休講となる
コース内容英語初心者~中級者向けの基礎を身につけるカリキュラムカランメソッド(4倍速で英語が話せるようになるメソッド)、R.E.M.S(発話練習)、英語基礎、トピックカンバセーション、日常会話、SDGsトピックカンバセーション、News Alert(時事)、O-MO-TE-NA-SHI英会話(日本文化を表現)、ビジネス(基礎・中上級)、カランメソッドビジネス、英検® 、IELTSスピーキング、TOEIC(ハイスコア/スピーキング/ボキャブラリー)、語彙力強化、コーチング、レベルチェック、こども
サポート内容日本人コンシェルジュによる定期的なレッスン、日本人スタッフによる予約管理、レッスン時間に講師からスマホ・PCにコール日本人による無料サポート、レッスン録画機能、レッスンチャット履歴確認、コーチング※有料
オプション
コース時間の延長オプション
50分の基本レッスンに25分単位で、150分まで時間をのばすことが可能
例)週3回25分延長/7,634円/月、週5回25分延長:11,902円/月
コース時間の延長は毎月変えることも可能
ポイントシェアサービス(使いきれないレッスンポイントを家族や友人に共有できる)
各種イベント(例:「The Beatlesで学ぼう!洋楽で使われるおしゃれな英語フレーズ」など)
セブ島留学※有料

「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のサービスの違いは、最小レッスン単価対応時間帯コース内容サポート内容オプションです。

最小レッスン単価は、AQUES(アクエス)が1,656円で、QQEnglish(QQイングリッシュ)は319円です。

対応時間帯は、AQUES(アクエス)は5:00~25:00。年末年始やクリスマスに休講日があります。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)は24時間受講可能です。ただし深夜対応の教師は比較的少なく、フィリピンの祝祭日、日本の祝日の一部は休講となります。

対応しているコース内容は、AQUES(アクエス)では、英語初心者~中級者向けの基礎を身につけるカリキュラムを提供しています。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)は、カランメソッド(4倍速で英語が話せるようになるメソッド)、R.E.M.S(発話練習)、英語基礎、トピックカンバセーション、日常会話、SDGsトピックカンバセーション、News Alert(時事)、O-MO-TE-NA-SHI英会話(日本文化を表現)、ビジネス(基礎・中上級)、カランメソッドビジネス、英検® 、IELTSスピーキング、TOEIC(ハイスコア/スピーキング/ボキャブラリー)、語彙力強化、コーチング、レベルチェック、こども向けレッスンがあります。

サポート内容に関しては、AQUES(アクエス)では、日本人コンシェルジュによる定期的なレッスン、日本人スタッフによる予約管理、レッスン時間に講師からスマホ・PCにコールがあります。

一方QQEnglish(QQイングリッシュ)が提供するサポートは、日本人による無料サポート、レッスン録画機能、レッスンチャット履歴確認、コーチング(※有料)です。

オプションとしてAQUES(アクエス)には、コース時間の延長オプションがあります。50分の基本レッスンに25分単位で150分まで時間をのばすことが可能で、オプションの有無は毎月変えることができます。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)のオプションは、ポイントシェアサービス(使いきれないレッスンポイントを家族や友人に共有できる)、各種イベント(例:「The Beatlesで学ぼう!洋楽で使われるおしゃれな英語フレーズ」など)、セブ島留学(※有料)です。

3.「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を予約キャンセルで比較!

比較項目AQUES(アクエス)QQEnglish(QQイングリッシュ)
レッスン予約方法AQUES(アクエス)日本事務局スタッフが生徒のスケジュールを確認した上で、生徒の代わりに次月の予約をとる形式
入会時に希望の時間帯を聞き、その範囲内でレッスンの予約をとる
マイページから予約
ログイン後、マイレッスンページから希望の日にち・教師・時間帯・コースを選択して予約

付与されたポイントを使って予約する
教師によってレッスンポイントが以下のように異なる
40ポイント教師:トレーニング中の教師
50ポイント教師:一般的な教師(大部分がここ)
75ポイント教師:生徒から定評のある一部の教師
100ポイント教師:教師を監督・指導する立場のベテラン教師

毎月付与されるポイントの有効期限は1ヶ月

また特定のカリキュラムにおいても、ポイントが25分で25ポイント一律で加算される場合がある

キャンセル方法入会後、専用フォームより送信
マイページよりキャンセル
レッスン開始後にキャンセする場合は、入室ボタンに表示されているキャンセルボタンより連絡
振替レッスン開始3時間前までのキャンセルで振替可能
開始15分前までのキャンセルで振替可能
ただしレッスン開始時刻からの時間によって、以下のように対応は異なる
ポイント利用の場合
・12時間前まで無料キャンセル
・12時間過ぎると50%消費
・1時間前を過ぎると100%消費
・レッスン開始後のキャンセル連絡は100%消費
・無断キャンセルは200%消費
チケット利用の場合
・1時間前まで無料
・1時間を過ぎると失効

「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の予約キャンセルの違いは、レッスン予約方法の詳細キャンセル方法振替レッスンです。

レッスン予約方法はAQUES(アクエス)は、AQUES(アクエス)日本事務局スタッフが生徒のスケジュールを確認した上で、生徒の代わりに次月の予約をとります。

レッスンを入れる時間は入会時に希望の時間帯を聞き、その範囲でレッスンの予約を入れます。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)は、マイページから希望の日にちや教師、時間帯、コースを選択し、付与されたポイントを使って予約します。

教師のレベルによって必要なレッスンポイントが、40~100ポイントと異なります。また特定のカリキュラムを受講する場合も、追加でポイントが必要です。

キャンセル方法はAQUES(アクエス)は、入会後に送られてくる専用フォームから送信します。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)は、マイページよりキャンセルを行います。

振替レッスンはAQUES(アクエス)は、レッスン開始時刻の3時間前までのキャンセルで振替できます。

一方QQEnglish(QQイングリッシュ)は、開始時刻15分前までキャンセル手続きができます。ただし、レッスン開始からの時間によってポイントの返還率が異なり、レッスン開始時刻12時間前までのキャンセルなら、振替が可能です。

4.「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」をレッスン環境で比較!

比較項目AQUES(アクエス)QQEnglish(QQイングリッシュ)
レッスン形式マンツーマンレッスンマンツーマンレッスン
レッスン利用ツールSkype
独自開発の通信ツール
対応デバイス:PC・タブレット・スマホ
レッスン時間50分~150分25分/50分
レッスン担当外国人講師:ランダム※NG設定は可能
日本人講師:担任制
自由予約制
指名予約機能もあり
自動で同じ教師と時間でレッスンをとり続ける機能
指名手数料として25分あたりポイントの20%が必要
指名手数料はキャンセルした場合でも返還されない
講師の国籍フィリピン人/日本人フィリピン人
講師の人数外国人講師400人ほど
日本人コンシェルジュ100人ほど
1,300人
講師の勤務環境原則自宅:回線に問題がないことは社内でテスト済みオフィス

「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」のレッスン環境の違いは、レッスン利用ツールレッスン時間レッスン担当講師の国籍講師の人数講師の勤務環境です。

レッスン形式は、どちらもマンツーマンレッスンです。

レッスン利用ツールはAQUES(アクエス)では、Skypeを利用します。

対するQQEnglish(QQイングリッシュ)は、独自開発の通信ツールを利用します。パソコン、スマホ、タブレットから受講可能です。

レッスン時間はAQUES(アクエス)は、1レッスン50分が基本です。オプションの追加で25分単位ずつ150分まで延ばすことができます。

QQEnglish(QQイングリッシュ)も基本は1レッスン25分ですが、一部のコースでは1レッスン50分のクラスもあります。

レッスン担当はAQUES(アクエス)では、レッスン予約をスクールスタッフがとるため、指名ができません。外国人講師はランダムでレッスンを担当し、日本人講師は担任制となっています。

対するQQEnglish(QQイングリッシュ)は、自由予約制です。またQQEnglish(QQイングリッシュ)には指名予約機能があります。指名手数料として25分あたり20%を支払うと、自動で同じ教師・同じ時間でレッスンをとり続けることできます。

講師の国籍はAQUES(アクエス)には、フィリピン人と日本人の講師が在籍しています。

これに対してQQEnglish(QQイングリッシュ)は、フィリピン人講師のみです。

講師の人数はAQUES(アクエス)は、外国人講師が400人ほど、日本人コンシェルジュが100人ほど在籍しています。

対して、QQEnglish(QQイングリッシュ)には約1,300人の講師が在籍しています。

講師の勤務環境は、AQUES(アクエス)の講師は、原則自宅からレッスンを行います。

一方QQEnglish(QQイングリッシュ)は、オフィスからレッスンを提供しています。

5.「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を料金値段で比較!

比較項目AQUES(アクエス)QQEnglish(QQイングリッシュ)
入会金なしなし
プラン別料金週3回/年間144回:428,780円/年
~週7回/年間336回:556,380円/年
レッスン時間延長オプション
例:
週3回25分延長:7,634円/1か月
週5回25分延長:11,902円/1か月
■月4回コース(200ポイント)
2,980円
■月8回コース(400ポイント)
4,980円
■月16回コース(800ポイント)
7,980円
■月30回コース(1,500ポイント)
11,980円
※月あたりのレッスン回数は50ポイントの講師を選択した場合
予約ポイントによって受講回数は変動
ポイント有効期限は1ヶ月
キャンペーンお試しレッスン期間限定1,980円
※時期によって内容は異なる
2レッスン分のチケットをプレゼント(適用条件あり)
初月1円キャンペーン
お得なクーポン
※内容は時期により異なる
登録料なしなし
教材費無料(受講費に含まれる)
無料
カランメソッドレッスンの教材は購入の必要あり
振替オプションなしなし
支払い方法銀行振込・クレジットカード
分割の支払いも可※ただし別途手数料を支払う必要あり
クレジットカード(PayPal)

「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の料金の違いは、プラン別料金キャンペーン内容教材費支払い方法です。

まずは実際に、プラン別料金の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格AQUES(アクエス)QQEnglish(QQイングリッシュ)
レッスンプランオーダーメイドレッスン月会費プラン
月4回2,980円/月(1レッスン745円)
月8回4,980円/月(1レッスン623円)
週3回(年間144回)428,780円/年=35,732円/月(1レッスン50分2,978円)
月16回7,980円/月(1レッスン499円)
月30回11,980円(1レッスン399円)
週7回(年間336回)556,380円/年=46,365円/月(1レッスン50分1,656円)
追加ポイント200ポイント:2,680円
600ポイント:6,680円
1,100ポイント:11,480円
5,600ポイント:46,980円

どちらも毎月のレッスン回数が増えるごとに、1レッスン単価は安くなっていきます。

入会金は、いずれのオンライン英会話もかかりません。

キャンペーン内容は、AQUES(アクエス)では時期によって異なりますが、お試しレッスン期間限定1,980円などのキャンペーンが行われています。

対してQQEnglish(QQイングリッシュ)では、時期により内容は異なりますが、2レッスン分のチケットをプレゼント(適用条件あり)、初月1円キャンペーン、お得なクーポンなどがあります。

登録料はどちらのオンライン英会話にもありません。

教材費は、AQUES(アクエス)では無料です。

一方QQEnglish(QQイングリッシュ)も、教材費は無料です。ただしカランメソッドを受講する場合は、教材を購入する必要があります。

振替オプションはどちらのオンライン英会話もありません。

支払い方法はAQUES(アクエス)は、銀行振込、クレジットカードでの支払いができます。分割払いも可能ですが、その場合別途手数料が必要になるケースがあります。

これに対してQQEnglish(QQイングリッシュ)はクレジットカードに対応しています。

6.「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」を口コミ評判の人気度で比較!

【AQUES(アクエス)の口コミ評判】


毎回講師が違うことで色々な気づきがもらえるという口コミです。

外国人講師は指名制ではなくランダムで、毎回異なる講師のレッスンを受けられます。

さまざまな英語を聞くことができ、実践的な英会話が身につきそうです。


レッスン内で復習できるので自主学習なしで良いという口コミです。

自主学習をしなくても英会話が上達する「スパイラルシステム」は、自動で英語ができるようになる仕組みや続ける負担をなるべく減らすシステムのようです。

いつでも無料で教材を利用できるレアジョブ英会話DMM英会話の無料体験レッスンも検討してみてください。


日本人コンシェルジュのアドバイスが的確という口コミです。

ランダムな外国人講師に対して、日本人コンシェルジュは固定の担任制となっています。

定期的に日本人講師のレッスンが受講でき、日本語で質問ができるので細かい部分の疑問も気軽に解消できます。

自分のことをよくわかっている講師にサポートしてもらえるため、効率的に勉強が進められそうです。

担任制でお気に入りの先生から毎回レッスンを受けられるウィリーズ英語塾もおすすめです。


一年払いのため継続して続けているという口コミです。

回数制や月謝制のオンライン英会話が多い中、AQUES(アクエス)オンライン英会話は1年コースしかありません。

申し込んだからにはやるしかない!と思えるため、今まで英会話学習を挫折してきた人に向いている受講システムのようです。

1/4の学習時間で英語が上達するカランメソッドを学べるイングリッシュベル英会話などもおすすめです。


良さそうだけれど高いという口コミです。

授業料が比較的高めなのは、外国人講師だけでなく、日本人コンシェルジュによるサポートや予約管理が入るためです。

その分英語学習の環境は充実しているとも言えますが、費用を抑えたい人にとっては出費が大きいと感じるようです。

回数無制限でレッスン受け放題のNativeCamp(ネイティブキャンプ)ベストティーチャーなども人気です。

【QQEnglish(QQイングリッシュ)の口コミ評判】


講師の教え方がうまいという口コミです。

QQEnglish(QQイングリッシュ)の講師は、全員正社員で国際資格TESOLの取得を義務づけられています。

また内面も重視していて、コミュニケーション能力の高い講師が多く在籍しているそうです。

講師の質を重視する方には、学研が運営しているKimini英会話ECC外語学院が運営するECCオンラインレッスンなども人気です。


コーチングの授業をうけたという口コミです。

QQEnglish(QQイングリッシュ)にはコーチングタイムというレッスンもあり、自分に最適な方法での英会話取得を目指せます。

短期間で英会話を上達させたい人に向いているコースのようです。

ビジネスで使える英語のみを学びたい方は、ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)なども人気です。

またビジネス英語全体を学びたいというよりも、ご自身の業界に特化した単語や表現を効率的に学びたい方EF English Live(EFイングリッシュライブ)もチェックしてみてください。

講師は全員フィリピン人の先生ですが、レッスンのレベルはかなり高く、発音の訛りもあまり気にならない先生が多いです。

SDGsなどのユニークな教材を使って、ディスカッションすることができます。-(みんなの英語ひろばより引用)

フィリピン人講師のなまりが気にならないという口コミです。

フィリピン人講師でもトレーニングを受けているので、発音の違和感はあまりないようです。

はじめてまだ1ヶ月足らずですが、教師の話すスピードが速いので、リスニングの効果をすぐに感じました。

25分のレッスンですが、先生の質問に瞬時に答えるかたちが延々と続くので、自分が発言する時間も多く、はじめは頬の筋肉が痛くなりました。-(みんなの英語ひろばより引用)

リスニングの効果をすぐに実感できたという口コミです。

カランメソッドは反射的に英語が出てくるよう、どんどん教師が英語を話し、それに即座にフルセンテンスで返すことが求められます。

QQEnglish(QQイングリッシュ)はイギリスのカラン協会から認定を受けた学校のため、効果の高いトレーニングができるようです。

キャンセル時の対応が厳しいので、予約が難しいです。

仕事があるのでキャンセルせずに受講できる時間を選ぼうと思うと帰宅後になってしまうのですが、かなり遅い時間しかあいてなかったり、お気に入りの講師の予約を取るのが難しいです。-(みんなの英語ひろばより引用)

キャンセル時の対応が厳しく、予約がしにくいという口コミです。

キャンセルをする場合、12時間以上前でないとポイントが消費されます。

いつレッスンの時間がとれるか不確定な人にとっては、お気に入りの講師を思うように予約できないかもしれません。

逆に予約はレッスン5分前まで可能なので、「どんな講師でもいいからとりあえず英会話の場数を踏もう!」と思う人にとっては利用しやすい環境のようです。

「AQUES(アクエス)」をおすすめの方はこんな人!

  • 初心者~中級で基礎的な英会話を身につけたい人
  • ついレッスン予約を先延ばしにしてしまう人
  • 英会話が続かなかった人
  • 日本人によるサポートを受けたい人
  • 週3回、50分以上のレッスン時間を確保できる人

「AQUES(アクエス)」は、英語初心者~英語中級者が英語の基礎を身につけるためのカリキュラムで進みます。

ビジネス英語や資格試験対策などの内容には対応していませんが、英語初心者などが基礎力をつけるのにぴったりです。

また、生徒ではなくスタッフがレッスン予約をとる形式も特徴のひとつ。

これまで理由をつけてレッスンの予約を先延ばしにしてきた人や、英会話継続に挫折した経験がある人におすすめです。

日本人講師によるレッスンや学習相談などの手厚いサポートもあります。

ニュアンスの違いなど細かい質問も日本語で出来るので、あいまいな部分をスッキリと解決することも可能です。

そしてレッスンの最低時間数は、週3回×50分のレッスンです。

オンライン英会話では1回25分のレッスンも多い中、週3回×50分のレッスン時間を確保する必要があります。

また、オプションで月ごとにレッスン時間を増やすこともできるので、スケジュールに余裕があるときにはレッスン時間を増やすなどの対応も可能です。

公式URL:https://aques-e.jp/

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」をおすすめの方はこんな人!

  • 一定以上の質の講師に教えてもらいたい人
  • 相性の良い講師に教えてもらいたい人
  • スキマ時間に予習や復習をしたい人
  • カランメソッドを受けてみたい人
  • 自分のレベルに合わせて英会話を学びたい人

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」は、すべて正社員かつトレーニングを受けた講師で、口コミにも講師の質の高さを評価する声が多くありました。

そんなプロ講師の中から、さらに自分に合いそうな講師を自由に選んで受講できるため、満足度の高いレッスンが受けられるようです。

また一部の教材は無料ダウンロード可能で、レッスン後はレッスン録画とチャット履歴の閲覧もできます。

そのため忙しい人でも、スキマ時間を活用してレッスンの予習や復習が可能です。

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の特徴の1つがカランメソッドです。

日本でも少ない認定校であり、1/4の学習時間で英語が上達するこのメソッドを受講したいという口コミもありました。

そしてカランメソッド以外のカリキュラムも充実しています。

カリキュラムのレベルは入門・初級・初中級・中級・中上級・上級とあり、レベルでは10段階に分かれているので、幅広いレベルの人に合ったレッスンが受けられます。

公式URL:https://www.qqeng.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のオンライン英会話「AQUES(アクエス)」と「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の違いを6つご紹介してきました。

AQUES(アクエス)とQQEnglish(QQイングリッシュ)は結構比較して検討する方も多いのですが、実は「レアジョブ英会話」と「DMM英会話」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

最初のコメントをしよう

必須