※当サイトはプロモーションが含まれています

ベストティーチャーの悪い口コミ~良い評判まで解説!

ベストティーチャー 口コミ 評判 オンライン英会話 マンツーマンレッスン 株式会社ベストティーチャー

ライティング作業と添削を通して正しい英会話が身につくと評判で人気のオンライン英会話「ベストティーチャー」の口コミをご紹介します。

英語力をバランスよく鍛えられるという口コミがある一方で、「添削でミスがある」という口コミもありました。

実際に調べてみると、良い口コミ~悪い評判までありました。ここではあくまでも中立的な立場で嘘なく真実を伝えていけたらと思います。

「ベストティーチャー」のオンライン英会話を利用しようかどうか迷っている方の参考になれば幸いです。

公式URL:https://www.best-teacher-inc.com/

ベストティーチャーの基本情報

販売会社名株式会社ベストティーチャー
無料体験レッスン
あり
クレジットカード登録不要
無料会員登録が必要
無料体験から有料への自動更新なし
・通常コース:Writingレッスン3回+Speakingレッスン1回
・各種試験対策コース:Writingレッスン1回+Speakingレッスン1回
■流れ
Writingレッスン→Reading&Listeningレッスン→Speakingレッスン
プラン別料金
※税込み価格
通常コース:12,000円/月
日経LissNコース:13,500円/月
試験対策コース:16,500円/月
(IELTS対策コース、TOEFL iBT対策コース、TOEIC SW対策コース、TEAP対策コース、英検®対策コース、GTEC CBT対策コース)
教材費用無料
最小レッスン単価
387円
※1ヶ月(31日)毎日1レッスン受けた場合
※回数無制限のため、レッスン回数が多くなるほどさらにお得
レッスン時間
Speakingレッスン25分
Writingレッスンは文字ベースで講師と最大5往復の会話を行う
講師の返信は数分~1時間程度でスキマ時間を使って進めていく
対応時間帯24時間
レッスン予約方法
マイページよりレッスン予約
マイページ内より、講師や日時、レッスン利用ツールを選択してレッスンを予約

Speakingレッスンは1度に1件まで予約可能
Writing・Speakingレッスンともに受講可能回数の制限、1日の受講回数制限なし
同時に受講可能なWritingレッスンは3つまでで、添削が完了すると新しいWritingレッスンを開始できる

予約期限Speakingレッスン:レッスン開始20分前まで予約可能
キャンセル方法
レッスン開始30分前まで可能
マイページ内ダッシュボード上部に表示されている「Next Speaking Lesson」よりキャンセルを行う
■遅刻する場合
最大15分は講師が待機しているが、開始15分をすぎて生徒が現れなかった場合はレッスンは消化扱いとなる
レッスン利用ツール
Skypeあるいはベストーク
■ベストークとは
独自開発のSpeakingレッスンを受けられるシステム
Web版の場合、環境チェックを通過した場合のみ予約受講が可能
アプリ版の場合、全ての受講生が使用可能
■推奨環境
パソコンの場合
OS:Windows / Mac
ブラウザ:最新版のGoogle Chrome、もしくはFirefox/Safari
スマホやタブレットの場合
OS:iOS/ Android
ブラウザ:ブラウザは対応なし
レッスン形式マンツーマンレッスン
講師の国籍
60カ国以上の国籍の外国人講師
(アメリカ、イギリス、フィリピン、カナダ、オーストラリア、インド、セルビアなど)
セルビアなどの東ヨーロッパやフィリピン、英語圏が中心
TESOLやTEFLといった、英語を母国語としない人に向けて英語教授法の資格を持った講師を積極的に採用
レッスン担当自由予約制
コース内容
通常コース
日常会話、ビジネス、旅行、英文法、メールなどシチュエーションは1,000以上を用意
日経LissNコース
⽇本経済新聞社が運営する英語学習アプリ「LissN」で配信される記事を使ってレッスンを行う
ビジネスシーンから日常会話まで幅広いレッスンが受けられる
試験対策コース
IELTS、TOEFL iBT®、英検®、TOEIC® S&W、TEAP、GTEC CBTの試験対策問題を利用したレッスン 通常コースの内容も受講可能
※フリートークも可能
講師の勤務環境自宅
基準を通過したレッスン環境を確認済
講師の人数約1,000人
教材について
通常コース
選択したレッスンのシチュエーションに沿って、対話形式の英文を自分でWritingし、それをテキストとして使用する
日経LissNコース
英語学習アプリ「LissN」で配信されている記事を読み、要約や意見のまとめをしてWritingし、それをテキストとして使用する
試験対策コース
試験問題形式のレッスンとなっていて、オリジナル問題などを用い、Writingで設問に沿って回答する形式
※Writingは最大5往復の会話を行う
サポートメール(カスタマーサポート)、メール(フィードバック・成績表)、チャット(レッスン時)
特徴ビジネスコースあり、⽇本経済新聞社が運営する英語学習アプリ「LissN」、資格h試験対策対応、オリジナル教材、Writingレッスン、24時間レッスン可能、受講回数無制限、法人向けプラン、教育機関向けプラン、スマホアプリで受講可能、音声教材、SAPIX YOZEMI GROUP のオンライン英会話
支払い方法クレジットカード(PayPal・Visa・MasterCard・JCB)
銀行振込(3ヶ月分をまとめて支払い)
キャンペーン海外留学応援キャンペーン
※時期によって内容は異なる
オプション英語学習アプリ「LissN」※日経LissNコース
復習用ツール「ベストレ」
会社ホームページhttps://www.best-teacher-inc.com/
申込先公式サイトはこちら

ベストティーチャーの基本情報をまずはご紹介しました。なお、最新の人気オンライン英会話を知りたい方は「【2024年最新】オンライン英会話おすすめ10選を人気の25校から比較!」をまず先にチェックしておきましょう。※↑クリックできます

ベストティーチャーの良い口コミをまとめました!

ベストティーチャーの良い口コミを7件、中立~悪い口コミを3件を「インスタ」「X(旧ツイッター)」を中心にその他ネット上からまとめてみました。

ベストティーチャーのX(旧ツイッター)での良い口コミ3件


英作文はタイムリーにも、自分のタイミングでもできるという口コミです。

レッスンはテーマに沿ったライティングの往復から始まります。

講師の会話に英文で返信し会話を続けてテキストを作りますが、わざわざ時間を作る必要はなくスキマ時間に返信すればOK。

しっかりレッスン時間を確保しなくても、英語に触れられる点をメリットと感じる人も多いようです。


英語と経済の両方を勉強できてお得との口コミです。

英語学習アプリ「LissN」の記事を題材に、要約や主張のまとめをしてレッスンが進みます。

記事は平日毎日1本配信され、英語音声も配信されるのでListening力の強化にもなります。

ビジネス記事を題材にできるため、日経LissNコースは内容も含めてビジネスマンにとっては得るものが多いようです。

ビジネスで使える英語を学びたい方は、ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)などもおすすめです。

またビジネス英語全体を学びたいというよりも、ご自身の業界に特化した単語や表現を効率的に学びたい方はEF English Live(EFイングリッシュライブ)もチェックしてみてください。


レッスン受け放題なのでコスパも良いとの口コミです。

在籍する講師は世界各国から集まっており、英語圏の講師が中心となっています。

ネイティブ講師を選ぶこともできるので、ネイティブの発音や言い回しを知りたい人にはぴったり。

ネイティブの先生の予約がとりやすく、レッスン回数は制限がないので受講回数が増えるほどお得です。

ベストティーチャーと同じく回数無制限で英語ネイティブ講師とレッスンができるNativeCamp(ネイティブキャンプ)もチェックしてみてください。

ベストティーチャーのインスタグラムでの良い口コミ

ストティーチャーのインスタグラムの良い口コミはありませんでした。

ベストティーチャーのその他ネット上の良い口コミ4件

★★★★★
ベストティーチャーのレッスンを受けましたが、私が日常で使う英語をライティングしてオリジナルのテキストを作り、そのテキストでレッスンをするところが気に入りました。

私が今までレッスンを受けてきたオンライン英会話では、フリートークのレッスンが中心だったので、レッスン後に本当に英会話の能力が身に付いているか疑問に思っていました。

その点ベストティーチャーの講師は、ライティングの添削をしてくれるので、私の苦手な部分が一目瞭然で分かり、レッスン後も自分で作ったテキストで復習できるので、英会話のスキルが上がっていくことが実感できました。-(みん評より引用)

ライティング添削のおかげで自分の苦手がわかり、英会話のスキルが上がる実感が持てるという口コミです。

フリートークはアドリブ力や表現力が鍛えられる反面、文法などを体系的に習う点では不安が残ることもあります。

ライティングで文字にして確認することで自分の苦手が見えるようになり、効率的に上達できそうです。

英作文を強化したいという方には、英作文に特化したコースのあるウィリーズ英語塾もおすすめです。

★★★★☆
毎日残業が多く、学習する時間を確保することに自信がなかったのですが、隙間時間があればタブレットやスマホを使ってレッスンが受けられると利点が自分には合っていました。

会話だけでなく、読む力や書く力もバランスよく身に付けたかったので、それが一機に叶うのはこの教室だけでした。

どの講師に当たってもレッスンの展開はおもしろく、疑問点があればすぐに解決してくれる講師ばかりで毎回楽しく学べました。

英語が使えると自分に自信がつくので、始めて良かったです。-(みん評より引用)

スキマ時間で気軽にレッスンを受けられるという口コミです。

予約は開始20分前まで可能なので、時間があいたときにレッスンを受けられます。

どの講師に当たってもレッスンの展開が面白く、疑問点があればすぐに解決してくれる講師ばかりで毎回楽しく学べるそうです。

毎日でも英語を話したい方は、オンライン英会話業界No.1レアジョブ英会話毎日最大3レッスンまで受講できるDMM英会話などもおすすめです。

★★★★☆
私がBest Teacherを利用して一番に思った事は、これなら私でも英語がわかるようになるなということです。

学校で習うような英語は自分がわからなくても先に進んでしまったり、自分で勉強する英語はどうしてもわからないことなどがあったりして、うまく覚えることができませんでした。

しかし、このBest Teacherは私のために私のペースに合わせて英会話を教えてくれて、わからないところもしっかりと教えてくれました。-(みん評より引用)

自分のペースで教えてくれるから自分でもできるという口コミです。

講師とのやり取りを通して、自分が実際に使うような場面でテキストをライティングし、それがテキストになります。

自分が英語を使う場面で、自分が言う言葉をそのまま英語にできるので、実用性が高いレッスンが受けられるようです。

短期間で英語を身につけたい方は、1/4の学習時間で英語が上達するカランメソッドを学べるQQEnglish(QQイングリッシュ)の無料体験も検討してみてください。

★★★★☆
ライティングがあるというのが特徴だと思います。そのためバランス良く学べました。

特定の教材を使うことなく、自分が話したい内容をもとに英会話をするので実用性が高いです。

事前のライティング添削やレッスン後のレポートメールなど、予習や復習のシステムがしっかりとしていて、非常にカリキュラム構成が考えられていると思いました。-(みん評より引用)

英語をバランスよく学べるという口コミです。

予習や復習のシステムがしっかりしていて、カリキュラムも考えられていて実用性が高いようです。

同じようにレッスンだけでなく自宅などでの予習復習にも力を入れたい方は、学研が運営しているKimini英会話などもチェックしてみてください。

ベストティーチャーの中立~悪い口コミを3件まとめました!

ライティングの添削でミスがあることが時々ありました。また、スピーキングで添削内容について質問をしたときに誤った文法の説明をされたことがありました。知識があやふやな先生もいるのではないかと感じます。ライティングの添削については、文法的な誤りが中心でした。より自然な表現や伝わりやすい表現に直してくれることもありますが、あくまで文中の一部で、どうすればロジカルに書けるかや構成から変えてしまうようなアドバイスはありません。因みに試験までに取り組んだ期間は2か月ほどと短かったですが、ライティングの成績はこれまでで一番悪かったです…書くのは速くなったのでそこは感謝しています。-(みんなの英語ひろばより引用)

レッスン講師がライティング添削やスピーキングでミスをすることがあったという口コミです。

講師側のミスに気づければよいですが、英会話初心者などはミスに気付かず間違えた英語のまま覚えてしまう可能性もあります。

在籍する講師が多いこともあって、スキルや指導力に差があるようです。

講師の質を重視する場合は、大手の英会話スクールのECC外語学院が運営しているECCオンラインレッスンも人気です。

教材が非常に使いづらいです。 個人的には写真描写や、物や事象を説明する練習がしたいのですが、外部教材の持ち込みが一切できないので、できることに限りがあります。 特に写真描写はあらかじめ用意されている教材が少なく種類も限定的なので、写真描写がやりたいときは割り切って別のスクールを受講しています。-(みんなの英語ひろばより引用)

教材が使いにくく外部教材の持ち込みができないという口コミです。

使用する教材は、コース内で提供されているものに限り、持ち込みなどはできません。

フリートークは対応可能ですが写真描写などのレッスンはなく、人によってはやりたいレッスン内容がないと感じるようです。

講師にネイティブはほぼおらず、フィリピンや東欧の方が多かったです。講師の質のばらつきがとても大きく、受講開始時間を守らない講師もいました。また、英作文の添削については冠詞のつけ忘れなど簡単な誤りを指摘する程度で、あまり参考になりませんでした。添削を担当する講師は自分で選ぶことはできません。添削担当の講師はレッスン毎に変わるため、添削の内容が矛盾していることもありました。 英作文と英会話を同時に学べるのは良い仕組みだと思いましたが、講師の質が全体的に低いと感じたため、退会を検討しています。-(みんなの英語ひろばより引用)

講師によって内容が矛盾することがあるという口コミです。

せっかくレッスンを受けるなら、間違いを正すだけでなく、それ以上に得られる知識があるとお得感があります。

講師によって修正内容に違いが出ることもあるようで、ある程度自分で確認したり、調べたりする必要がありそうです。

サポート面も重要視している方は、日本人講師のサポートで挫折しにくいAQUES(アクエス)オンライン英会話も人気です。

ベストティーチャーの口コミまとめ

個人ブログやSNSなどを調査した結果、やっぱり良い口コミと悪い口コミが混在していたのが事実です。利用者が100%満足するサービスなんて、なかなかないですよね。

ですが結論から言うと、ベストティーチャーの悪い口コミはそれほど悪質なものではありませんでした。この後ご紹介しますが、利用目的がマッチしている方からは良い口コミが多く見られます。

ときどき添削にミスがある、講師によって添削の内容が異なるなどのネガティブな意見もありました。

多くの講師が在籍するため、どうしても講師の質にばらつきがでてしまうことから生じる問題のようです。

ですが多かったのは、英語力をバランスよく鍛えられるといった口コミでした。

英会話に必要なリスニングやスピーキングだけでなくライティングも鍛えられることで、得られるものが多いと感じている受講者が多いようです。

そこで、ベストティーチャーの口コミを調査した結果、ベストティーチャーをおすすめしない人、おすすめな人を発表します。

ベストティーチャーをおすすめしない人

  • 全くの初心者から英会話を始める人
  • 外部教材の持ち込みをしたい人
  • 体系的に英会話を習いたい人

「ベストティーチャー」は、たまにライティングの添削時にミスがあるといった口コミがありました。

英文法など基本的な知識がない英語初心者では、ミスをしたときに気づかずそのまま覚えてしまう可能性があります。

英語を学ぶのが初めてという人には、あまりおすすめできません。

また教材はどのコースも自身がライティングしたものを使用し、その他の教材持ち込みはできません。

そのため、いろいろなレッスン形式で英語に触れたいという方には向きません。

レッスン内容を自分でリクエストしたいという人は、CAMBLY(キャンブリー)italki(アイトーキ)もおすすめです。

またその都度自分でレッスン内容を選んで受講するため、体系的にレッスンが進むわけではありません。

段階を踏んで一貫した英会話を習いたいという場合にはおすすめできません。

ベストティーチャーをおすすめする人

  • ある程度英語を学んできた人
  • 書く、話す、聞くをバランスよく学びたい人
  • 実用性のある英会話を習いたい人
  • 可能な限りたくさんレッスンを受けたい人
  • 自分のペースでレッスンを受けたい人

「ベストティーチャー」は、レッスンの最初にライティングをして講師とのやりとりをします。

このやりとりが英会話でのテキストになりますが、まずは講師の英語での問いに対して、英語を書いて返せる必要があります。

レッスンではライティング、スピーキング、リスニングのすべてを鍛えることができます。

ライティングが入ることで自分の苦手が見つけやすくなるメリットもあるようです。

また、自分がシチュエーションを選んで英文を考えるため、自分が英語を使う場面を想定してレッスンを受けられます。

ピンポイントで英語を使う場面がある人にとっては、非常に実用性の高いレッスンになります。

ライティングは自分の都合に合わせて返信すればOKですし、受講可能回数は無制限なので、たくさん受講できる人ほどお得です。

レッスンは開始20分前まで予約が可能なので、忙しい人でも自分のペースで無理なくレッスンスケジュールが組めます。

公式URL:https://www.best-teacher-inc.com/

ベストティーチャーの販売会社情報

販売会社名株式会社ベストティーチャー
販売会社住所東京都渋谷区代々木1-27-5 代々木市川ビル2F
販売会社ホームページ株式会社ベストティーチャー

最初のコメントをしよう

必須