※当サイトはプロモーションが含まれています

Kimini英会話とイングリッシュベル英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

Kimini英会話 イングリッシュベル英会話 比較 オンライン英会話 料金 口コミ 評判

人気のオンライン英会話である「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」を6つの項目で比較してみました。

今回は、オンライン英会話を利用する際に基本となる「1.無料体験レッスン」「2.サービス」「3.予約・キャンセル」「4.レッスン講師」「5.料金」「6.口コミ評判」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」を6つの項目で比較しました!

1.無料体験レッスンで比較無料体験レッスンの有無や内容で比較してみました。
2.サービスで比較最小レッスン単価、対応時間帯、レッスン予約、キャンセル方法、振替レッスン、コース内容、サポート内容、オプションなどで比較してみました。
3.予約キャンセルで比較予約方法、キャンセル方法、振替レッスンなどで比較してみました。
4.レッスン環境で比較レッスン形式、レッスン利用ツール、レッスン時間、レッスン担当、講師の国籍、講師の人数、講師の勤務環境などで比較してみました。
5.料金で比較入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプション、支払い方法などの料金で比較してみました。
6.口コミ評判で比較それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。

上記の6つの項目で、Kimini英会話とイングリッシュベル英会話を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」を無料体験レッスンで比較!

比較項目Kimini英会話イングリッシュベル英会話
無料体験レッスン
あり
■スタンダードプラン:10日間無料
■ウィークデイプラン:10日間無料
■月2回/4回/8回プラン:1レッスン無料(無料期間3日)
■幼児プラン:2レッスン無料(無料期間7日)
あり(2回)
1回目はレベルテスト、2回目は実際のレッスン
無料会員登録必要
必要
Skype名の登録必要あり
クレジットカード登録必要不要
有料への自動更新
あり
無料期間が過ぎると自動的に有料プランに移行し、初回の引き落としが行われる
無料期間中に退会すれば料金は発生しない
なし

「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」の無料体験レッスンの違いは、無料体験レッスンの内容クレジットカード登録の必要性有料への自動更新です。

無料体験レッスンは、どちらにもあります。

Kimini英会話の無料体験レッスンは、スタンダードプラン・ウィークデイプランでは10日間無料、月2・4・8回プランでは無料期間3日間で1レッスン無料、幼児プランでは無料期間7日間で2レッスン無料です。

一方イングリッシュベル英会話は、体験レッスンを2回受講できます。1回目はレベルテスト、2回目に実際のレッスンを受ける内容となっています。

無料会員登録は、どちらも必要です。ただしイングリッシュベル英会話では、登録の際にSkype名が必要です。

またクレジットカード登録は、Kimini英会話のみ必要です。

有料への自動更新は、Kimini英会話のみにあります。無料期間終了後に自動的に選択した有料プランに移行し、初回の引き落としがされます。無料期間中に退会すれば料金は発生しません。

2.「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」をサービスで比較!

比較項目Kimini英会話イングリッシュベル英会話
最小レッスン単価(税込)206円385円
対応時間帯
6:00~24:00
フィリピンの祝日と年数回の休講日あり
ウィークデイプランは日本の祝日も休講となる
24時間
デイタイムプラン:8:00~18:00
クリスマス、イースター、正月、セブのお祭りなど、1年間に6日ほどお休みがある
コース内容
コース数はレベル/目的別になっていて140を超える
総合英語、日常会話、絵で見てパッと英会話、トピックスピーキング、トータルスピーキング、SDGs、ビジネス、英検®、GTEC®、幼児、小学生、中学生、高校生、ニューストーク、フリートーク、TGG、発音、接客英語、特訓コース、期間限定

複数のコースを同時に進めることも可能
1コース平均40レッスン
レベルは独自に設定した10段階にわかれる

レベルや目的に合わせた20クラスを自由に選べる
はじめて英会話クラス、Let’sGoクラス、ティーンズ英会話クラス、日常英会話クラス、ボキャブラリービルディングクラス、発音クラス、英検クラス、TOEICクラス、IELTSクラス、ビジネス英会話クラス、CNNクラス、フリートーククラス、DMEメソッドクラス、スピークユアマインドクラス、カランメソッドクラス、DMEキッズクラス、DMEエレメンタリークラス、DMEティーンズクラス、DMEビジネスクラス、DMEGet Down to Businessクラス
サポート内容チャットボックス、ヘルプツール、ペイントツール、フィードバック、レッスン中に役立つ英会話フレーズ集、メール、24時間受けられるスピーキングテストメール(カスタマーサポート)、レッスンリクエスト、チャットボックス、英語力診断テスト&おすすめクラス(無料体験時)
オプションスピーキングテスト(プランにより制限あり)
予習復習用動画(YouTubeやPDF)
自主用Eラーニングシステム(DMEメソッド)

「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」のサービスの違いは、最小レッスン単価対応時間帯コース内容サポート内容オプションです。

最小レッスン単価は、Kimini英会話は206円で、イングリッシュベル英会話は385円です。

対応時間帯は、Kimini英会話は6:00~24:00となっており、フィリピンの祝日と年数回の休講があり、ウィークデイプランは日本の祝日も休講となります。

対するイングリッシュベル英会話は、24時間対応していて、デイタイムプランは8:00~18:00です。クリスマス、イースター、正月、セブのお祭りなど、1年間に6日ほどお休みがあります。

対応しているコース内容は、Kimini英会話は、総合英語、日常会話、絵で見てパッと英会話、トピックスピーキング、トータルスピーキング、SDGs、ビジネス、英検®、GTEC®、幼児、小学生、中学生、高校生、ニューストーク、フリートーク、TGG、発音、接客英語、特訓コース、期間限定があります。

コース数はレベル/目的別になっていて140を超え、複数のコースを同時に進めることもできます。

1コースの平均は40レッスンで、独自設定した10段階のレベルにわかれています。

対してイングリッシュベル英会話は、初心者向けや日常英会話、子ども向け、ビジネス、DME、カランなどレベルや目的にあわせた20クラスを自由に選べます。

サポート内容に関してはKimini英会話には、チャットボックス、ヘルプツール、ペイントツール、フィードバック、レッスン中に役立つ英会話フレーズ集、メール(カスタマーサポート)、24時間受けられるスピーキングテストがあります。

一方イングリッシュベル英会話には、メール(カスタマーサポート)、レッスンリクエスト、チャットボックス、英語力診断テスト&おすすめクラス(無料体験時)のサポートがあります。

オプションとしてKimini英会話には、スピーキングテスト(プランにより制限あり)、予習復習用動画(YouTubeやPDF)があります。

対してイングリッシュベル英会話のオプションは、自主用Eラーニングシステム(DMEメソッド)です。

3.「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」を予約キャンセルで比較!

比較項目Kimini英会話イングリッシュベル英会話
レッスン予約方法
生徒ページ内から予約
生徒ページ内の「現在の進捗」または「レッスンを予約する」から予約可能
レッスンの予約数は1回分のみで、予約したレッスンが終了すると次のレッスンが予約できるようになる

レッスンチケットを使って予約する場合は、「レッスンを予約する」ページのチケット欄よりチケットを選択して予約する
チケットで予約するレッスンの日時は、チケットの有効期限後でも可能

マイページより予約
マイページ内「レッスン予約・先生検索」ボタンより予約ページを開き、講師や日時・クラスを選択して「予約する」ボタンをクリック
キャンセル方法
生徒ページ内でキャンセル
同じコース内でレッスン番号のみ変更する場合はキャンセルの必要がなく、レッスン時に講師に伝えればOK
1日にキャンセルできる回数は5回まで
同じ日時に同じ講師の再予約は不可能
マイページトップ「予約済みのレッスン」から「キャンセルする」より行う
振替レッスン
開始30分前までのキャンセルで振替可能
30分を切ってキャンセルした場合、受講権利または使用チケットは失効する
開始6時間前までのキャンセルで振替可能

「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」の予約キャンセルの違いは、振替レッスンです。

レッスン予約方法は、Kimini英会話は、生徒ページ内の「現在の進捗」または「レッスンを予約する」から予約ができます。レッスンチケットを使用して予約する場合は、ページ内のチケット欄よりチケットを選択して予約をします。

イングリッシュベル英会話のレッスン予約は、マイページ内「レッスン予約・先生検索」より講師や日時・クラスを選択して予約します。

キャンセル方法はKimini英会話は、生徒内ページにてキャンセルができます。

対するイングリッシュベル英会話は、マイページトップ「予約済みのレッスン」よりキャンセルを行います。

振替レッスンは、Kimini英会話は、開始時刻30分前までのキャンセルで振替可能です。

一方イングリッシュベル英会話は、開始時刻6時間前までのキャンセルで振替できます。

4.「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」をレッスン環境で比較!

比較項目Kimini英会話イングリッシュベル英会話
レッスン形式マンツーマンレッスンマンツーマンレッスン
レッスン利用ツール
自社開発受講システム「レッスンルーム」使用
教材、講師映像、チャットを表示してレッスンのを受講する

受講環境
■パソコン
Windows:Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge
Mac:Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge, Safari
Chromebook:Google Chrome
■スマホ・タブレット
iOS/iPadOS:Safari, Firefox, Microsoft Edge
Android:Google Chrome, Firefox, Microsoft Edge
最新版のOS・ブラウザ推奨

ペイントツール、レイアウト変更機能、チャット機能、ヘルプツールあり
スマホのみ、縦受講レイアウト機能、教材拡大機能あり
Skype不要

Skype
レッスン時間25分:スタンダードプラン/ウィークデイプラン/回数制プラン
15分:幼児プラン
25分
レッスン担当自由予約制自由予約制
講師の国籍
フィリピン人
※時期によって他社との協業やコラボにより、多国籍の講師が加わる場合あり
日本語の使用は禁止としていて、英語表現が難しい時には「Google翻訳」「DeepL」などの翻訳サービスの使用を推奨している
フィリピン人
国際規格による管理体制の下、研修を行っている
講師の人数1,400名以上70人以上
講師の勤務環境
オフィス/自宅
どちらかの記載はしていない
同じ講師でも時期やシフトによって、オフィスか自宅かは変動することがある
オフィス
感染症対策として自宅から勤務する講師も複数いる

「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」のレッスン環境の違いは、レッスン利用ツールレッスン時間講師の人数講師の勤務環境です。

レッスン形式は、どちらもマンツーマンレッスンです。

レッスン利用ツールはKimini英会話では、自社開発システムの「レッスンルーム」を利用します。ペイントツールやチャット機能、ヘルプツールなどを使えます。

対してイングリッシュベル英会話では、Skypeを利用してレッスンを行います。

レッスン時間はKimini英会話が、スタンダードプラン、ウィークデイプラン、回数制プランが1レッスン25分、幼児プランが1レッスン15分となっています。

対するイングリッシュベル英会話は、1レッスン25分です。

レッスン担当はどちらも自由予約制です。

講師の国籍はいずれもは、基本的にフィリピン人講師のみとなっています。

講師の人数は、Kimini英会話は、1,400人以上の講師が在籍しているのに対し、イングリッシュベル英会話には70人以上の講師が在籍します。

講師の勤務環境は、Kimini英会話は自宅かオフィスからレッスンを行い、時期やシフトによって同じ講師でもレッスン場所は異なります。

一方、イングリッシュベル英会話のレッスンはオフィスからが基本で、一部感染症対策として自宅から勤務する講師もいます。

5.「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」を料金値段で比較!

比較項目Kimini英会話イングリッシュベル英会話
入会金なしなし
プラン別料金
スタンダードプラン:6,380円/月
1日1レッスン/月曜~日曜/6:00~24:00/スピーキングテスト毎月1回/幼児コース以外受講可能
ウィークデイプラン:4,840円/月
1日1レッスン/月曜~金曜/9:00~16:00/スピーキングテスト初月1回/受講可能コース制限あり
回数制プラン
月曜~日曜/6:00~24:00/スピーキングテスト初月1回/幼児コース以外受講可能
・月2回プラン:1,210円/月
・月4回プラン:2,420円/月
・月8回プラン:4,840円/月
幼児プラン:7,260円/月
1ヶ月8レッスン/月曜~日曜/6:00~24:00/スピーキングテストなし
レッスンチケット(有効期限原則1ヶ月)
プラン加入中:605円
プラン未加入:1,210円
契約中の料金プランの制限(曜日、時間帯、対象コース)に関わらず1枚につき1レッスン予約できる
購入する以外に、講師都合でレッスンがキャンセルになった場合や、キャンペーン特典などで付与される
AIスピーキングテスト単体チケット
無料会員:1,210円
有料会員:605円
自動更新プラン
月5回プラン:3,861円(1レッスン702円)
月10回プラン:6,336円(1レッスン576円)
月20回プラン:9,702円(1レッスン441円)
月40回プラン:17,721円(1レッスン402円)
繰り越し不可・利用期30日
その都度購入プラン
■月5回プラン:4,290円(1レッスン780円)
■月10回プラン:7,040円(1レッスン640円)
■月20回プラン:10,780円(1レッスン490円)
■月40回プラン:19,690円(1レッスン447円)
■デイタイム月40回プラン:16,940円(1レッスン385円)
繰り越し最大180日まで・利用期限40日
家族プラン
レッスン回数を家族でシェアできるプラン
家族であれば何人でも家族会員の登録ができる
キャンペーンお友達紹介特典(家族の紹介も可能)
法人契約による割引
継続キャンペーン/3ヶ月間毎月2,000円OFF※時期により内容は異なる
新規入会キャンペーン:初月20%OFF
※時期によって内容は異なる
登録料なしなし
教材費無料
無料・有料どちらもあり
有料の場合は必須ではないが、復習のために購入を推奨している
振替オプションなしなし
支払い方法クレジットカード※原則、初回の決済日=更新月の決済日となるクレジットカード/PayPal/銀行振込

「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」の料金の違いは、プラン別料金キャンペーン内容教材費支払い方法です。

まずは実際に、プラン別料金の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格Kimini英会話イングリッシュベル英会話
レッスンプランスタンダードプランウィークデイプラン回数制プラン自動更新プランその都度購入プラン
月2回1,210円/月(1レッスン605円)
月4回2,420円/月(1レッスン605円)
月5回3,861円/月(1レッスン702円)4,290円/月(1レッスン780円)
月8回4,840円/月(1レッスン605円)
月10回6,336円/月(1レッスン576円)7,040円/月(1レッスン640円)
月20回9,702円/月(1レッスン441円)10,780円/月(1レッスン490円)
1日1レッスン6,380円/月(1レッスン206円)4,840円/月(1レッスン210円)
月40回17,721円/月(1レッスン402円)19,690円/月(1レッスン447円)
デイタイム月40回16,940円/月(1レッスン385円)

どちらも毎月のレッスン回数が増えるごとに、1レッスン単価は安くなっていきます。

入会金は、いずれのオンライン英会話もかかりません。

キャンペーン内容はKimini英会話には、お友達紹介特典(家族の紹介も可能)法人契約による割引があります。また時期によって異なりますが、継続キャンペーン/3ヶ月間毎月2,000円OFFなどもあります。

対してイングリッシュベル英会話では、時期によって内容は異なりますが、新規入会キャンペーンで初月20%OFFなどが行われます。

登録料はどちらのオンライン英会話にもありません。

教材費は、Kimini英会話は無料です。

一方イングリッシュベル英会話の教材費も、基本的には無料です。ただし受講するクラスによって異なり、市販教材を使用する場合は復習のために購入を推奨しています。

振替オプションはどちらのオンライン英会話もありません。

支払い方法は、Kimini英会話ではクレジットカードに対応しています。

イングリッシュベル英会話は、クレジットカード、PayPal、銀行振込での支払いが可能です。

6.「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」を口コミ評判の人気度で比較!

【Kimini英会話の口コミ評判】


講師が親切丁寧で、初心者にもわかりやすいレッスンをしてくれるという口コミです。

Kimini英会話ではレベルを10段階にわけていて、自分にぴったりのレッスンを受講可能。

画面越しでもわかりやすいよう、「大きな口でゆっくりと」などレベルに合わせて授業を進めてくれれば、初心者でもストレスなく始められそうです。

英語初心者~中級で基礎的な英会話力を身につけたい方には、AQUES(アクエス)オンライン英会話などもあります。


教材が良いという口コミです。

教材は教育分野の大手、学研が開発したオリジナル教材で、オンラインレッスン向けに開発したものです。

各コースで異なる教材を組み合わせて使用し、最大限学習効果が高くなるよう工夫されているのもポイント。

習熟テストが盛り込まれているコースもあり、理解度を確認しながらステップアップしているようです。

教材の質を重視する方は、5,000種類のオリジナル教材を無料で使えるレアジョブ英会話の無料体験レッスンも検討してみてください。


予習復習をしっかりできるという口コミです。

自主学習を進めやすい予習復習のためのコンテンツが充実しており、各レッスンに動画(YouTube)またはテキスト(PDF)が用意されています。

レッスンのスライドと合わせて効率的に自主学習ができるので、レッスン外でも英語学習を頑張りたい!と思っている人にぴったりです。

レッスンは、多くの先生がチャットに残してくれます。

また、わからない時もチャットを使ったり、訳をチャットで教えてくれる先生もいます。

相性がよい先生とレッスンが受けれた時は、お得感が高まる内容です。-(みんなの英語ひろばより引用)

多くの先生がチャットに書き込んでくれ、レッスン中も便利に使えるという口コミです。

レッスン中のチャット履歴は自動的に残り、後から確認できます。

レッスン後に見直して復習に使えるため、レッスンのポイントなどをチャットに残してくれる先生も多いようです。

さまざまな国の講師との会話を楽しみたい方には、EF English Live(EFイングリッシュライブ)CAMBLY(キャンブリー)なども人気です。

フルタイムで仕事しているため夜にレッスンを終え、次の日の予約を入れようとするとあまり選択肢がないこと多々。そのため、次の日は諦め2日後になる。そうすると毎日受講は難しい-(みんなの英語ひろばより引用)

毎日受講しようとしても、思うように予約を入れられないという口コミです。

1日1レッスンとは言っても、予約できるレッスン数は1回分まで。

レッスンを終えないと次の予約ができないため、人気の講師は埋まっていたり、受講したい時間に希望のレッスンが受けられないことがあるようです。

1日1レッスンが保証されてはいますが、自分の希望通りのレッスンが受けられることまでは保証されていないと考えたほうがよさそうです。

担任制でお気に入りの先生から毎回レッスンを受けられるウィリーズ英語塾もチェックしてみてください。

【イングリッシュベル英会話の口コミ評判】


予約時間ぴったりにコールが来るという口コミです。

オンライン英会話の口コミでは、講師都合のキャンセルや遅刻の多さで嫌な思いをしたという口コミも目にします。

イングリッシュベル英会話では、講師がオフィスからレッスンを行っていることもあってか、時間通りにきっちりレッスンが始まることが多いようです。

ビジネスで使える英語を学びたい方は、ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)などもおすすめです。


DMEメソッドがなかなか良かったという口コミです。

DMEメソッドは、イングリッシュベル英会話の特徴的な学習メソッドのひとつです。

DMEは数あるダイレクトメソッドの中でも新しい学習方法で、従来のカランメソッドなどの方法よりもグラマー部分が強化されています。

世界30カ国、1,000校以上で採用されている実績があり、レッスン内容を支持する受講者が多いようです。

イングリッシュベル英会話と同じく1/4の学習時間で英語が上達するカランメソッドを学べるQQEnglish(QQイングリッシュ)NativeCamp(ネイティブキャンプ)などもおすすめです。

DMEクラスを受講したくて、入会しました。今月入会です。

平日は朝夕とレッスンを受けています。朝の始業前の時間帯の予約はかなりの争奪戦です。

前日までに予約すれば、受けたい時間に受講できないことはないですが、良い先生は、1週間前の予約オープン時に申し込まないと予約が取れません。

他社に比べると先生の数が少ない気がします。でも予約が取れるから生徒の数も少なめなのかな?

10人ほどの先生のレッスンを受けましたが、今は気に入った厳し目の3人の先生を中心に予約しています。

お気に入りの先生は、どの先生の英語も綺麗で、発音の直しもしてくれます。

DMEクラスは雑談もゼロで授業が進みます。1000本ノックのように何度も言い直しをさせられます。そのおかげで英語を話すことに抵抗がなくなってきました。-(みんなの英語ひろばより引用)

どの先生の英語も綺麗で、発音の直しもしてくれるという口コミです。

レッスンは24時間いつでも可能なので、ライフスタイルに合わせて予約を入れられます。

人気の講師は早くに予約が埋まってしまうようですが、自分に合った講師を見つけることで継続的に安定してレッスンを受けられるようです。

24時間いつでも好きな時に英会話を楽しみたい方には、DMM英会話ワールドトークなども人気です。

他の安いオンライン英会話教室を長い間やっていたのですが、講師の質が段違いに良いです。

発音も良いですし、講師として責任感を持って仕事をしているしっかりしたいい講師が多いです。

もちろん多くいる中には嫌な先生もいますが、そういう当たりハズレも少ないように思います。

他のオンラインスクールに比べるとかなり高額なのですが、講師に関するストレスがないというのは学習効率に重要だということを実感しました…。

講師の言葉をきちんと聞かないといけないのでシャドーイングやディクテーションと同じような効果はあるように思います。

基本的にはただオウム返しにするだけなので学習を習慣化しやすいという利点はありますが、モチベーションがあるのであれば、もっと負荷が高い自宅学習を基軸に置いて、DMEは週数回程度あたりでやっていったほうがむしろお金と時間を有効に活用できるかもしれません。

むしろ特に宣伝していませんが、何気に発音の教材が結構充実しているのでおすすめです。-(みんなの英語ひろばより引用)

責任感を持って仕事をしている講師が多いという口コミです。

講師の当たり外れも少なく、総じて質が良いと感じているようで授業内でのストレスが少ないそうです。

良い講師に出会えれば、多少授業料が高くても値段以上に得るものがあります。

相性はそれぞれですが一定以上の質の講師が多いということで、理想の講師に出会える確率も高いようです。

講師の質を重視する方は、ECC外語学院が運営しているECCオンラインレッスンなどもおすすめです。


講師によって予約の取りやすさの差が激しいという口コミです。

人気講師ともなると予約可能時間になるとすぐに予約が埋まっていくそうです。

「Kimini英会話」をおすすめの方はこんな人!

  • 実績のあるオンライン英会話で学びたい人
  • 質の良い教材で学びたい人
  • 予習復習をしっかりしたい人
  • レッスン内容を選びたい人
  • 月2回~と少ない回数から自分に合うか試したい人

「Kimini英会話」は、教育機関への導入実績や企業での研修実績が多いオンライン英会話です。

レッスンの提供実績が多く、実際にレッスン内容に関して満足する口コミも多く見られました。

また、学研が開発したオリジナル教材もわかりやすいと高評価を得ているようです。

予習・復習のための動画やテキストが用意され、レッスンのチャット履歴でレッスン内容の振り返りができます。

しっかりと予習をしてからレッスンに臨みたい、学習効果を上げるために復習にも力を入れたいなど、自宅学習に力を入れたい学習者におすすめです。

オリジナル教材を使用したコースも豊富に用意されており、バラエティ豊かなコースの中から自分の目的やレベルに合ったレッスンを受講できます。

無料体験レッスンに加えて、月2回~と少ない回数から受講することも可能です。

レッスンやシステムが、自分のライフスタイルに合うかどうか試したい人にもおすすめです。

公式URL:https://kimini.online/

「イングリッシュベル英会話」をおすすめの方はこんな人!

  • DMEメソッドなどダイレクトメソッドで学びたい人
  • 質がよく責任感のある講師に教えてもらいたい人
  • 予約時間などきっちり進めたい人
  • 楽しみながらレッスンを受けたい人
  • 自分のスケジュールに合わせてレッスンを入れたい人

「イングリッシュベル英会話」は、DMEメソッドなどのダイレクトメソッドが特徴のひとつです。

DMEメソッド以外に、カランメソッド、スピークユアマインドがあるので、自分に合った学習方法を選択できるのは、大きなメリットです。

他にも日常英語やビジネス、英検やTOEICなど種類豊富なクラスが用意されています。

また国際機関の品質基準に沿っているため、講師の質も段違いに良いという口コミもありました。

オフィスでレッスンを行っていることもあり講師都合のキャンセルが少なく、せっかくレッスンのために時間を作ったのに講師都合でキャンセルになった、という事態も少ないようです。

講師の質が良いとお堅いイメージにもなりますが、レッスンが楽しいという口コミもいくつかありました。

楽しくレッスンを受けられるのは継続の上で重要なポイントです。

また時間帯によって予約を入れにくいこともありますが、生活リズムが不規則でもレッスン自体は24時間受講可能なので、自分の時間に合わせてレッスンを入れやすいです。

DMEメソッドなど特徴的なレッスン内容と質の高い講師で、結果を出すレッスンにこだわっているという印象です。

公式URL:https://english-bell.com/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のオンライン英会話「Kimini英会話」と「イングリッシュベル英会話」の違いを6つご紹介してきました。

Kimini英会話とイングリッシュベル英会話は結構比較して検討する方も多いのですが、実は「レアジョブ英会話」と「DMM英会話」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

最初のコメントをしよう

必須