※当サイトはプロモーションが含まれています

QQEnglish(QQイングリッシュ)とスパトレはどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

QQEnglish QQイングリッシュ スパトレ 比較 オンライン英会話 料金 口コミ 評判

人気のオンライン英会話である「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」を6つの項目で比較してみました。

今回は、オンライン英会話を利用する際に基本となる「1.無料体験レッスン」「2.サービス」「3.予約・キャンセル」「4.レッスン講師」「5.料金」「6.口コミ評判」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」を6つの項目で比較しました!

1.無料体験レッスンで比較 無料体験レッスンの有無や内容で比較してみました。
2.サービスで比較 最小レッスン単価、対応時間帯、レッスン予約、キャンセル方法、振替レッスン、コース内容、サポート内容、オプションなどで比較してみました。
3.予約キャンセルで比較 予約方法、キャンセル方法、振替レッスンなどで比較してみました。
4.レッスン環境で比較 レッスン形式、レッスン利用ツール、レッスン時間、レッスン担当、講師の国籍、講師の人数、講師の勤務環境などで比較してみました。
5.料金で比較 入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプション、支払い方法などの料金で比較してみました。
6.口コミ評判で比較 それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。

上記の6つの項目で、QQEnglish(QQイングリッシュ)とスパトレを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」を無料体験レッスンで比較!

比較項目 QQEnglish(QQイングリッシュ) スパトレ
無料体験レッスン
あり(2回)
1回目:レベルチェック
2回目:好きなカリキュラムを選んで受講
あり(7日間)
無料会員登録 必要 必要
クレジットカード登録 不要 必要
有料への自動更新 なし あり

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」の無料体験レッスンの違いは、無料体験レッスンの内容クレジットカード登録の有無有料への自動更新です。

無料体験レッスンは、どちらにもあります。

QQEnglish(QQイングリッシュ)は、無料レッスンを2回受講でき、1回目にレベルチェックを行い、2回目に好きなカリキュラムを選んで受講します。

対してスパトレでは、7日間の無料体験レッスン期間があり、期間中は何度でもレッスンを受けられます。

無料会員登録は、どちらも必要です。

クレジットカード登録は、スパトレのみ必要です。

有料への自動更新は、スパトレのみにあり、無料トライアル期間が過ぎると自動で月謝が引き落とされます。無料期間中にキャンセル手続きをすれば料金は発生しません。

2.「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」をサービスで比較!

比較項目 QQEnglish(QQイングリッシュ) スパトレ
最小レッスン単価(税込)
319円
月30回コース・40ポイント教師で計算
161円
対応時間帯
24時間対応可能
レッスン開始は各時間の0分または30分から
深夜対応の教師は比較的少ない
※フィリピンの祝祭日、日本の祝日の一部は休講となる
24時間365日
コース内容 カランメソッド(4倍速で英語が話せるようになるメソッド)、R.E.M.S(発話練習)、英語基礎、トピックカンバセーション、日常会話、SDGsトピックカンバセーション、News Alert(時事)、O-MO-TE-NA-SHI英会話(日本文化を表現)、ビジネス(基礎・中上級)、カランメソッドビジネス、英検® 、IELTSスピーキング、TOEIC(ハイスコア/スピーキング/ボキャブラリー)、語彙力強化、コーチング、レベルチェック、こども 旅行、ビジネス、資格試験対策(英検、TOEIC、TOEFL、TEAP、IELTS、GTEC)、初心者向けなど、フリートークは対応していない(予習復習が前提のトレーニング方法であるため)
学習方法:シャドーイング、ディクテーション、瞬間英作文、ロールプレイ、エクスプレッション、ディフィニション、ライティング、資格試験対策
サポート内容 日本人による無料サポート、レッスン録画機能、レッスンチャット履歴確認、コーチング※有料 チャット(レッスン時)、フィードバック(48時間以内)、メール(カスタマーサポート)、プレミアムトレーナー制度
オプション ポイントシェアサービス(使いきれないレッスンポイントを家族や友人に共有できる)
各種イベント(例:「The Beatlesで学ぼう!洋楽で使われるおしゃれな英語フレーズ」など)
セブ島留学※有料
日本人トレーナーによるコーチングオプション※有料
スパトレメディア(英語学習に関するお役立ち情報)

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」のサービスの違いは、最小レッスン単価コース内容サポート内容オプションです。

最小レッスン単価は、QQEnglish(QQイングリッシュ)は319円で、スパトレは161円です。

対応時間帯はQQEnglish(QQイングリッシュ)は、24時間受講可能です。ただし深夜対応の教師は比較的少なく、フィリピンの祝祭日、日本の祝日の一部は休講となります。

対して、スパトレも24時間365日対応しています。

対応しているコース内容はQQEnglish(QQイングリッシュ)は、カランメソッド(4倍速で英語が話せるようになるメソッド)、R.E.M.S(発話練習)、英語基礎、トピックカンバセーション、日常会話、SDGsトピックカンバセーション、News Alert(時事)、O-MO-TE-NA-SHI英会話(日本文化を表現)、ビジネス(基礎・中上級)、カランメソッドビジネス、英検® 、IELTSスピーキング、TOEIC(ハイスコア/スピーキング/ボキャブラリー)、語彙力強化、コーチング、レベルチェック、こども向けレッスンがあります。

対するスパトレは、旅行、ビジネス、資格試験対策(英検、TOEIC、TOEFL、TEAP、IELTS、GTEC)、初心者向けなどがあります。ただし予習復習が前提のトレーニングを提供しているため、フリートークは対応していません。

サポート内容に関しては、QQEnglish(QQイングリッシュ)は、日本人による無料サポート、レッスン録画機能、レッスンチャット履歴確認、コーチング(※有料)があります。

一方スパトレのサポートは、チャット(レッスン時)、フィードバック(48時間以内)、メール(カスタマーサポート)、プレミアムトレーナー制度です。

オプションとしてQQEnglish(QQイングリッシュ)には、ポイントシェアサービス(使いきれないレッスンポイントを家族や友人に共有できる)、各種イベント(例:「The Beatlesで学ぼう!洋楽で使われるおしゃれな英語フレーズ」など)、セブ島留学(※有料)があります。

対してスパトレのオプションは、日本人トレーナーによるコーチングオプション(※有料)、スパトレメディア(英語学習に関するお役立ち情報)です。

3.「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」を予約キャンセルで比較!

比較項目 QQEnglish(QQイングリッシュ) スパトレ
レッスン予約方法
マイページから予約
ログイン後、マイレッスンページから希望の日にち・教師・時間帯・コースを選択して予約

付与されたポイントを使って予約する
教師によってレッスンポイントが以下のように異なる
40ポイント教師:トレーニング中の教師
50ポイント教師:一般的な教師(大部分がここ)
75ポイント教師:生徒から定評のある一部の教師
100ポイント教師:教師を監督・指導する立場のベテラン教師

毎月付与されるポイントの有効期限は1ヶ月

また特定のカリキュラムにおいても、ポイントが25分で25ポイント一律で加算される場合がある

マイページよりレッスン予約
マイページ内「予約」欄の「トレーニング」から「>トレーニング」をクリック
チャプター/ページ欄右の「Λ」をクリックし、受講したいチャプター/ページを選択し「この教材でトレーニングを予約」から日付と時間を選択し「予約する」をクリックする
トレーニングの10分前までプログラムの変更が可能
キャンセル方法
マイページよりキャンセル
レッスン開始後にキャンセする場合は、入室ボタンに表示されているキャンセルボタンより連絡
マイページ内「予約」よりキャンセル手続き可能
振替レッスン
開始15分前までのキャンセルで振替可能
ただしレッスン開始時刻からの時間によって、以下のように対応は異なる
ポイント利用の場合
・12時間前まで無料キャンセル
・12時間過ぎると50%消費
・1時間前を過ぎると100%消費
・レッスン開始後のキャンセル連絡は100%消費
・無断キャンセルは200%消費
チケット利用の場合
・1時間前まで無料
・1時間を過ぎると失効
開始5分前までのキャンセルで振替可能
5分をきるとレッスン1回分が消費される

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」の予約キャンセルの違いは、レッスン予約方法振替レッスンです。

レッスン予約方法は、QQEnglish(QQイングリッシュ)は、マイページから希望の日にちや教師、時間帯、コースを選択し、付与されたポイントを使って予約します。
教師のレベルによって必要なレッスンポイントが、40~100ポイントと異なります。また特定のカリキュラムを受講する場合も、追加でポイントが必要です。

一方スパトレでは、マイページ内「予約」欄の「トレーニング」から、受講したいチャプター・教材、希望日時などを選択して予約します。

キャンセル方法は、QQEnglish(QQイングリッシュ)は、マイページよりキャンセルを行います。

対するスパトレは、マイページ内「予約」ボタンよりキャンセル手続き可能です。

振替レッスンはQQEnglish(QQイングリッシュ)は、開始時刻15分前までキャンセル手続きができます。ただし、レッスン開始からの時間によってポイントの返還率が異なり、レッスン開始時刻12時間前までのキャンセルなら、振替が可能です。

対してスパトレは、開始時刻5分前までのキャンセルで振替できます。

4.「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」をレッスン環境で比較!

比較項目 QQEnglish(QQイングリッシュ) スパトレ
レッスン形式 マンツーマンレッスン マンツーマンレッスン
レッスン利用ツール
独自開発の通信ツール
対応デバイス:PC・タブレット・スマホ
Skype
レッスン時間 25分/50分 25分
レッスン担当
自由予約制
指名予約機能もあり
自動で同じ教師と時間でレッスンをとり続ける機能
指名手数料として25分あたりポイントの20%が必要
指名手数料はキャンセルした場合でも返還されない
自由予約制
講師の国籍 フィリピン人 フィリピン人/その他若干名ベナンやジンバブエなど他外国の講師も在籍
講師の人数 1,300人 80人以上
講師の勤務環境 オフィス 自宅およびインターネット環境が整った場所

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」のレッスン環境の違いは、レッスン利用ツールレッスン時間レッスン担当講師人数講師の勤務環境です。

レッスン形式は、どちらもマンツーマンレッスンです。

レッスン利用ツールは、QQEnglish(QQイングリッシュ)は、独自開発の通信ツールを利用します。パソコン、スマホ、タブレットから受講可能です。

一方スパトレは、Skypeを使ってレッスンを行います。

レッスン時間は、QQEnglish(QQイングリッシュ)は、基本が1レッスン25分で、一部コースでは50分のクラスもあります。

対するスパトレは、1レッスン25分です。

レッスン担当は、どちらも自由予約制です。

ただしQQEnglish(QQイングリッシュ)のみに指名予約機能があります。指名手数料として25分あたり20%を支払うと、自動で同じ教師・同じ時間でレッスンをとり続けることできます。

講師の国籍は、いずれも主にフィリピン人講師が在籍しています。

講師の人数は、QQEnglish(QQイングリッシュ)には1,300人の講師が在籍しているのに対し、スパトレの在籍講師は80人以上となっています。

講師の勤務環境は、QQEnglish(QQイングリッシュ)の講師はオフィスからレッスンを行います。

一方スパトレの講師は、自宅あるいはインターネット環境が整った場所からレッスンを行っています。

5.「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」を料金値段で比較!

比較項目 QQEnglish(QQイングリッシュ) スパトレ
入会金 なし なし
プラン別料金 ■月4回コース(200ポイント)
2,980円
■月8回コース(400ポイント)
4,980円
■月16回コース(800ポイント)
7,980円
■月30回コース(1,500ポイント)
11,980円
※月あたりのレッスン回数は50ポイントの講師を選択した場合
予約ポイントによって受講回数は変動
ポイント有効期限は1ヶ月
■スパトレプラン(1回/日):5,980円/月
■ダブルプラン(2回/日):9,980円/月
■教科書準拠プラン(学校使用テキストが使える):6,680円
■マンスリーサポートオプション:3,300円/月
マンスリーテスト1回・日本人によるコーチング1回
キャンペーン 2レッスン分のチケットをプレゼント(適用条件あり)
初月1円キャンペーン
お得なクーポン
※内容は時期により異なる
記載なし
登録料 なし なし
教材費
無料
カランメソッドレッスンの教材は購入の必要あり
無料
市販テキストを使用する場合は自身で購入する必要がある
振替オプション なし なし
支払い方法 クレジットカード(PayPal) クレジットカード

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」の料金の違いは、プラン別料金キャンペーンの有無です。

まずは実際に、プラン別料金の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格 QQEnglish(QQイングリッシュ) スパトレ
レッスンプラン 月会費プラン 料金プラン
月4回 2,980円/月(1レッスン745円)
月8回 4,980円/月(1レッスン623円)
月16回 7,980円/月(1レッスン499円)
QQEnglish:月30回コース
スパトレ:スパトレプラン
11,980円(1レッスン399円) 5,980円/月(1レッスン193円)
ダブルプラン 9,980円/月(1レッスン161円)
QQEnglish:追加ポイント
スパトレ:マンスリーサポートオプション
200ポイント:2,680円
600ポイント:6,680円
1,100ポイント:11,480円
5,600ポイント:46,980円
3,300円/月

どちらも毎月のレッスン回数が増えるごとに、1レッスン単価は安くなっていきます。

入会金は、いずれのオンライン英会話もかかりません。

キャンペーン内容は、QQEnglish(QQイングリッシュ)では、時期により内容は異なりますが、2レッスン分のチケットをプレゼント(適用条件あり)、初月1円キャンペーン、お得なクーポンなどがあります。

対してスパトレには、キャンペーンに関する記載がありませんでした。

登録料はどちらのオンライン英会話にもありません。

教材費は、QQEnglish(QQイングリッシュ)は基本的には無料です。ただしカランメソッドを受講する場合は、教材を購入する必要があります。

対するスパトレも基本的に教材費は無料ですが、市販教材を使用する場合は自身での購入が必要となります。

振替オプションはどちらのオンライン英会話もありません。

支払い方法はQQEnglish(QQイングリッシュ)は、クレジットカード(PayPal)での支払いが可能です。

一方スパトレも、クレジットカードでの支払いに対応しています。

6.「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」を口コミ評判の人気度で比較!

【QQEnglish(QQイングリッシュ)の口コミ評判】


講師の教え方がうまいという口コミです。

QQEnglish(QQイングリッシュ)の講師は、全員正社員で国際資格TESOLの取得を義務づけられています。

また内面も重視していて、コミュニケーション能力の高い講師が多く在籍しているそうです。


コーチングの授業をうけたという口コミです。

QQEnglish(QQイングリッシュ)にはコーチングタイムというレッスンもあり、自分に最適な方法での英会話取得を目指せます。

短期間で英会話を上達させたい人に向いているコースのようです。

英語初心者~中級で基礎的な英会話力を身につけたい方には、AQUES(アクエス)オンライン英会話なども人気です。

講師は全員フィリピン人の先生ですが、レッスンのレベルはかなり高く、発音の訛りもあまり気にならない先生が多いです。

SDGsなどのユニークな教材を使って、ディスカッションすることができます。-(みんなの英語ひろばより引用)

フィリピン人講師のなまりが気にならないという口コミです。

フィリピン人講師でもトレーニングを受けているので、発音の違和感はあまりないようです。

さまざまな国の英語や文化に触れながら実践的な英会話を楽しみたい方には、EF English Live(EFイングリッシュライブ)CAMBLY(キャンブリー)の無料体験レッスンも検討してみてください。

はじめてまだ1ヶ月足らずですが、教師の話すスピードが速いので、リスニングの効果をすぐに感じました。

25分のレッスンですが、先生の質問に瞬時に答えるかたちが延々と続くので、自分が発言する時間も多く、はじめは頬の筋肉が痛くなりました。-(みんなの英語ひろばより引用)

リスニングの効果をすぐに実感できたという口コミです。

カランメソッドは反射的に英語が出てくるよう、どんどん教師が英語を話し、それに即座にフルセンテンスで返すことが求められます。

QQEnglish(QQイングリッシュ)はイギリスのカラン協会から認定を受けた学校のため、効果の高いトレーニングができるようです。

QQEnglish(QQイングリッシュ)と同じように1/4の学習時間で英語が上達するカランメソッドを学べるNativeCamp(ネイティブキャンプ)イングリッシュベル英会話なども人気です。

キャンセル時の対応が厳しいので、予約が難しいです。

仕事があるのでキャンセルせずに受講できる時間を選ぼうと思うと帰宅後になってしまうのですが、かなり遅い時間しかあいてなかったり、お気に入りの講師の予約を取るのが難しいです。-(みんなの英語ひろばより引用)

キャンセル時の対応が厳しく、予約がしにくいという口コミです。

キャンセルをする場合、12時間以上前でないとポイントが消費されます。

いつレッスンの時間がとれるか不確定な人にとっては、お気に入りの講師を思うように予約できないかもしれません。

逆に予約はレッスン5分前まで可能なので、「どんな講師でもいいからとりあえず英会話の場数を踏もう!」と思う人にとっては利用しやすい環境のようです。

予約の取りやすさを重視する方には、多くの講師が在籍しているレアジョブ英会話DMM英会話などの無料体験レッスンを検討してみてください。

【スパトレの口コミ評判】


細かいテスト結果とおすすめの教材や自習方法の指導に満足したという口コミです。

無料体験では初回に実力診断テストを受けますが、それを受けて細かく英語学習についてアドバイスをもらえたようです。

ただテストを受けるだけでなく、結果を元に今後の学習に具体的に活かせるのが嬉しいですね。

担任制でお気に入りの先生から毎回レッスンを受けられるウィリーズ英語塾もおすすめです。


自分の持っている教材をそのまま使えるという口コミです。

使用できる教材は市販されている教材も多く含まれ、自分が持っている教材をリクエストすることもできます。

使い慣れた教材でプロの指導を受けられれば、独学よりも濃い学習時間にできそうです。

★★★★☆
子育て中のため、自宅で自由に使える時間にレッスンを受けたかったので利用しました。

目的は、復職までにTOEIC600点台を700点台に伸ばすことです。予習を前提としたレッスンとなっているため、1レッスンが濃密です。レッスン以外の時間も英語に触れようと思えるようになりました。

フィードバックが丁寧なので、自分に足りない力や次回までに学習すべきポイントが明確になります。

無料体験期間が他社よりも長いので、十分に検討できた点も良かったです。まだTOEICは受験していませんが、これからも継続していきたいと思います。-(みん評より引用)

予習が必須のため1レッスンが濃密になるという口コミです。

スパトレでは予習復習が必須ですが、しっかりと準備した状態でレッスンに臨むため、授業で得るものが多いのもメリットです。

レッスンを受ける「だけ」でなく、レッスン外でも英語を勉強する習慣がつけば自分で伸びる力もつきそうです。

ビジネスで使える英語を学びたい方は、ビジネス英会話に特化したBizmates(ビズメイツ)などもおすすめです。

★★★★★
オンライン英会話スクールを探していて、友人の紹介で利用を始めました。

市販のテキストを使い、家で落ち着いて学べるところが気に入っています。

ガイドラインに沿って学習を進めていくので、自分の英語学習全体の習得状況と苦手な点が分かりやすいです。

また、毎回のレッスンが終わった後には、トレーナーから良かった点や改善点を教えてもらえるので、後回しにならずにすぐに自分の課題を知ることが出来て助かっています。

レッスンを始めてからは会話能力と文章作成能力がかなり向上しました。利用して本当に良かったです。-(みん評より引用)

自分の課題を知ることができるとの口コミです。

ガイドラインに沿って学習を進めていくので、自分の英語学習全体の習得状況と苦手な点が分かりやすいそうです。

教材や講師の質を重視する方には、学研が運営しているKimini英会話ECC外語学院が運営しているECCオンラインレッスンなども人気です。

ただ、一般的なオンライン英会話とは毛色が違います。 フリートークが一切なく、カリキュラムがきっちり決まっており、自由度はあまりありません。好きなように喋りたいという人には物足りないかと思います。フリートークがないのは、アウトプットばかりでは誤用の定着などデメリットも多いため、第二言語習得論の観点から止めているそうです。予約システムが使いづらいのと、Skypeなのが残念な点。料金が値上がりしたので、自社システムの開発が望まれます。-(みんなの英語ひろばより引用)

フリートークが一切ないとの口コミです。

教材の内容やカリキュラムに沿ってレッスンが進むため、好きなように話したい人には物足りないと感じるようです。

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」をおすすめの方はこんな人!

  • 一定以上の質の講師に教えてもらいたい人
  • 相性の良い講師に教えてもらいたい人
  • スキマ時間に予習や復習をしたい人
  • カランメソッドを受けてみたい人
  • 自分のレベルに合わせて英会話を学びたい人

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」は、すべて正社員かつトレーニングを受けた講師で、口コミにも講師の質の高さを評価する声が多くありました。

そんなプロ講師の中から、さらに自分に合いそうな講師を自由に選んで受講できるため、満足度の高いレッスンが受けられるようです。

また一部の教材は無料ダウンロード可能で、レッスン後はレッスン録画とチャット履歴の閲覧もできます。

そのため忙しい人でも、スキマ時間を活用してレッスンの予習や復習が可能です。

「QQEnglish(QQイングリッシュ)」の特徴の1つがカランメソッドです。

日本でも少ない認定校であり、1/4の学習時間で英語が上達するこのメソッドを受講したいという口コミもありました。

そしてカランメソッド以外のカリキュラムも充実しています。

カリキュラムのレベルは入門・初級・初中級・中級・中上級・上級とあり、レベルでは10段階に分かれているので、幅広いレベルの人に合ったレッスンが受けられます。

公式URL:https://www.qqeng.com/

「スパトレ」をおすすめの方はこんな人!

  • 低価格でオンライン会話を受けたい人
  • 体系的に指導を受けたい人
  • 豊富な教材の中から選びたい人
  • 教材の使い方など細かく教えてもらいたい人
  • 自主学習にも力を入れたい人

「スパトレ」は、1日1回受講できるスパトレプランが5,980円/月と、リーズナブルな価格で受講できるのが大きな魅力です。

とにかく安いオンライン英会話を探しているという方にはおすすめです。

また取り扱っている教材は市販教材やオリジナル教材があり、5,000以上の教材から選べます。

カリキュラムにはフリートークがなく、教材に沿ってレッスンが進むのが基本です。

カリキュラム通りに進みながら体系的に英語を学んでいきたい人にとっては、脱線する時間が少なく効率的に学習を進められます。

教材の種類が多すぎると、自分にぴったりなものを選ぶのが大変に思えます。

その点スパトレでは、実力診断テストや英語学習の目的を元に、日本人スタッフからおすすめの教材を教えてもらえます。

さらに教材をどのように使用していくかなど細かい部分も指導してもらえるので、たくさんの教材があっても迷わず勉強を進められます。

また、ほぼすべての授業に対して予習課題があり、復習を必須としたカリキュラムとなっているため、学習効果を短期間で感じることができ、効率的な勉強を進められます。

科学研究の結果に基づいた指導で、大量のインプットと少量のアウトプットを繰り返して成果を出すオンライン英会話スクールという印象です。

公式URL:https://sptr.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のオンライン英会話「QQEnglish(QQイングリッシュ)」と「スパトレ」の違いを6つご紹介してきました。

QQEnglish(QQイングリッシュ)とスパトレは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「レアジョブ英会話」と「DMM英会話」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。