English Village(イングリッシュビレッジ)とワンナップ英会話はどっちがおすすめ?4つの項目で比較!

English Village イングリッシュビレッジ ワンナップ英会話 比較 英会話教室 英会話スクール 料金 口コミ 評判

※当サイトはプロモーションが含まれています

人気の英会話教室である「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」を4つの項目で比較してみました。

今回は、英会話教室へ通う際に基本となる「1.サービス」「2.料金」「3.口コミ評判」「4.会社の信頼性」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらに通おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」を4つの項目で比較しました!

1.サービスで比較 無料体験レッスンの有無、対応エリア、教室数、レッスン形式、レッスン時間、レッスン予約、振替、レッスン担当、コース内容、講師の国籍、支払い方法などで比較してみました。
2.料金で比較 入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプションなどの料金で比較してみました。
3.口コミ評判で比較 それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。
4.会社の信頼度で比較 会社の信頼度で比較してみました。

上記の4つの項目で、English Village(イングリッシュビレッジ)とワンナップ英会話を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」をサービスで比較!

比較項目 English Village(イングリッシュビレッジ) ワンナップ英会話
対応エリア 東京・神奈川
東京日本橋(八重洲)/神田/銀座有楽町/新宿/吉祥寺/渋谷/五反田/池袋/横浜
東京・神奈川
新宿/品川/銀座/恵比寿/横浜
教室数 9校
オンライン校
5校
オンライン校
レッスン形式 マンツーマンレッスン マンツーマンレッスン
コーチングプログラム
(自宅学習サポートプログラム)
レッスン時間 40分/60分/80分 50分
レッスン予約 電話/スクールカウンター/オンライン
※オンライン予約は24時間可
スマホ・PCより予約
振替レッスン 可能 可能
レッスン担当 自由予約制 自由予約制
講師の指名 可能 可能
コース内容 レッスン内容は自由にコーディネートできる。生徒の希望に合わせて教材やテーマを決める。 自由にカスタマイズ可能
講師の国籍 ネイティブ
(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどさまざまな国出身)
ネイティブのみ(カナダやアメリカなど出身)
日本人(アドバイザーや文法講座などを担当)
無料体験レッスン あり(教室またはオンライン)
20分の無料体験レッスン
お試しコースもあり80分(40分×2回):8,250円
あり(教室またはオンライン)
所要時間は事前・アフターカウンセリングを含みおよそ90分
支払い方法 銀行振込対応可能
(指定口座から自動引き落とし)
クレジットカード×
その他支払い方法に関しては記載なし
クレジットカードによるオンライン決済
入会申し込み日の毎翌月1日に決済
一括払い・分割払いより選べる
オプション 記載なし 各種イベントあり
例)BBQや運動会など

「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」のサービスの違いはレッスン時間レッスン予約講師の国籍支払い方法オプションです。

対応エリアは、どちらのスクールも東京/神奈川のみです。

English Village(イングリッシュビレッジ)は、日本橋(八重洲)・神田・銀座・有楽町・新宿・吉祥寺・渋谷・五反田・池袋・横浜に教室があり、教室数は9校

ワンナップ英会話は、新宿・品川・銀座・恵比寿・横浜に教室があり、教室数は5校です。

細かい対応エリアや教室数に違いはありますが、いずれもオンライン対応が可能です。

レッスン形式は、どちらのスクールもマンツーマンレッスンのみ

ワンナップ英会話のみに、追加で自宅学習など総合的に学習のコーチングを受けられる、コーチングプログラムもあります。

レッスン時間は、English Village(イングリッシュビレッジ)は40分/60分/80分とあり、対面レッスンの場合は1レッスン40分、オンラインでは40分/60分/80分となっています。

一方、ワンナップ英会話は1レッスン50分です。

レッスンの予約は、English Village(イングリッシュビレッジ)は、電話、スクールカウンター、オンラインで予約ができます。

対するワンナップ英会話では、スマホ・PCより予約が可能です。

振替レッスンはどちらのスクールも可能

レッスン講師の担当については、どちらも毎回自由に予約可能で、講師の指名もできます。

コース内容は、どちらのスクールも生徒の希望に合わせて自由にカスタマイズ可能です。

講師の国籍は、English Village(イングリッシュビレッジ)では、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなど出身のネイティブ講師が在籍しています。

一方、ワンナップ英会話の講師はネイティブにこだわり、カナダやアメリカなど出身の講師が在籍しています。日本人講師もおり、学習アドバイザーや文法講座などを担当しています。

また、いずれのスクールも無料体験レッスンがあります。

English Village(イングリッシュビレッジ)の無料体験レッスンは、20分のレッスンが受けられます。また40分のレッスンを2回分だけ受けられるお試しコースもあります。

ワンナップ英会話の無料体験レッスンは、事前カウンセリング、アフターカウンセリングを含めておよそ90分の体験となっています。

English Village(イングリッシュビレッジ)の支払い方法は、銀行振込には対応可能、クレジットカードは対応不可能と記載されています。

ワンナップ英会話の支払い方法は、クレジットカードによるオンライン決済のみ。一括払いと分割払いのどちらかを選べて、毎翌月1日に決済となります。

English Village(イングリッシュビレッジ)にはオプションに関する記載はありませんでした。これに対してワンナップ英会話のオプションは、BBQや運動会など各種イベントがあります。

2.「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」を料金値段で比較!

※税込み価格 English Village(イングリッシュビレッジ) ワンナップ英会話
入会金 34,100円 33,000円
更新料 22,000円が1年ごとにかかる なし
授業料 マンツーマンレッスン:2,310円/回
(マンスリーチャージコース・単校320分プランの場合)
グループレッスン:なし
マンツーマンレッスン:6,593円/回
(レギュラーコース・70回・期限12ヶ月の場合)
キャンペーン 記載なし 期間中の入会で最大50,000円割引
※時期により内容が異なる
教材費 受講者による
※各教室で教材をレンタル
※気に入ったものは購入可
(1冊1,400円~3,800円程度)
※教材の持ち込みも可
8,800円
カリキュラム作成費 なし 5,500円
振替オプション 無料 無料

「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」の料金の違いは更新料授業料教材費カリキュラム作成費です。

入会金は、English Village(イングリッシュビレッジ)はEnglish Village(イングリッシュビレッジ)は34,100円で、ワンナップ英会話は33,000円です。

さらにEnglish Village(イングリッシュビレッジ)では、1年ごとに22,000円の更新料がかかります。

授業料は、マンツーマンレッスンで比較すると、English Village(イングリッシュビレッジ)が1レッスン2,310円で、ワンナップ英会話は1レッスン6,593円

ワンナップ英会話は月謝制ではなく回数制なので、レギュラーコースの70回、期限12ヶ月のプランから1レッスン分の料金を出しています。

English Village(イングリッシュビレッジ)にはキャンペーンに関する記載がありませんでした。

ワンナップ英会話は時期によって内容は異なりますが、費用が割引になるキャンペーンがあるので、初期費用を押さえたい人は定期的に開催されるキャンペーン時に入会を考えてみるのも良いでしょう。

教材費に関しては、English Village(イングリッシュビレッジ)は受講者によります。各教室で教材をレンタルすることもできますし、教材を持ち込むこともできます。気に入ったものは購入可能で、その場合1冊当たり1,400円~3,800円程度です。

対するワンナップ英会話の教材費は、8,800円です。

カリキュラム作成費はワンナップ英会話のみにあり、5,500円かかります。

またレッスンの振替はどちらも可能です。

まずは、レッスンの振替について比較してみました。

※税込み価格 English Village(イングリッシュビレッジ) ワンナップ英会話
レッスン名 マンツーマンレッスン マンツーマンレッスン
レッスン人数 1名 1名
振替オプション 無料 無料
振替期限 レッスン2日前の18時まで 前営業日の営業時間内まで
オンラインレッスンの場合:
平日21時、土日祝日19時まで

レッスン振替は、「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」のどちらも無料です。

English Village(イングリッシュビレッジ)は、レッスン2日前の18時までにキャンセルをすれば振替可能です。

他のスクールでの受講が可能かどうかはプランによって異なり、単校プランの場合は1つの校舎でのみ受講できますが、どこでもプランを選ぶと他の校舎での振替も可能です。

これに対してワンナップ英会話の振替は、前営業日の営業時間内までに連絡すれば可能です。オンラインレッスンの場合は平日21時、土日祝日19時までの連絡が必要です。

キャンセル確定の連絡はメールにて届き、時間がかかることがあるので、急ぎでキャンセルする場合には電話でも可能です。

それでは実際に、マンツーマンレッスン(週1回/月4回)の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格 English Village(イングリッシュビレッジ) ワンナップ英会話
レッスン名 マンスリーチャージコース・マンツーマン
(単校160分プラン)
マンスリーチャージコース・マンツーマン
(どこでも160分プラン)
マンツーマンレッスン
レッスン人数 1名 1名 1名
月額授業料 10,120円/月 12,320円/月 26,373円/月
1レッスンの料金 2,530円 3,080円 6,593円
コーチングプログラム なし なし ※オプションで追加(3ヶ月297,000円)
99,000円/月
月々の合計支払金額 10,120円 12,320円 26,373円

「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」のどちらも、月額授業料のみです。

English Village(イングリッシュビレッジ)の場合、マンスリーチャージコース・単校160分プランの月額授業料は10,120円、1レッスン2,530円

マンスリーチャージコース・どこでも160分プランの月額授業料は12,320円、1レッスン3,080円です。

一方、ワンナップ英会話の月額授業料は26,373円、1レッスン6,593円です。

ワンナップ英会話のみにコーチングプログラムがあり、オプションで追加ができます。自宅学習を含めた英語学習をサポートするプランで297,000円/3ヶ月追加でかかります。

また、ワンナップ英会話にはコーチングプランと50分のマンツーマンレッスンがセットになったプランもあり、618,750円/50回、3ヶ月(レッスンは10ヶ月)で受けられます。

マンツーマンレッスンの月々の合計支払い金額は、English Village(イングリッシュビレッジ)は、マンスリーチャージコース・単校160分プランが10,120円。マンスリーチャージコース・どこでも160分プランが12,320円です。

対して、ワンナップ英会話の月々の合計支払い金額は26,373円です。

3.「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」を口コミ評判の人気度で比較!

【English Village(イングリッシュビレッジ)の口コミ評判】
気になる口コミもSNS上でチェック!詳しい内容は、English Village(イングリッシュビレッジ)の口コミまとめ記事で紹介しているので、簡潔にご紹介します。


ネイティブのマンツーマンレッスンを受けられるのが最高との口コミです。

好きな先生を選べて料金も安く短時間で身に付けられる最高の英会話教室のようです。

★★★☆☆
海外に3年間ほど留学をしていたのですが、自分と同じように海外に留学していたという経験を持つ人が、自分よりはるかに英語力が高いところを見て、自分ももっと話せるようになりたいと思い、イングリッシュビレッジに通いました。

下地はある程度持っていたので、ある程度英語を話すことはできたのですが、そもそものボキャブラリーが少ないこともあって、日常会話レベルだという評価をもらったこともあって、少し自分のレベルより難しいレベルの問題集を使って、レッスンをしてもらっています。

講師の方の教え方もうまいのですが、自分のレベルより少しストレッチした内容の質問を投げてもらえるので、良いレベルアップになっています。-(レスナビより引用)

英会話講師の教え方もうまいとの口コミです。

ボキャブラリーを増やすために、今の自分のレベルより少し難しいレベルの問題集でレッスンをしてもらう中で、程よく難易度の高い質問を投げかけてくれるのが、良いレベルアップにつながっているようです。

英会話に自信のない初心者の人は、日本人講師も在籍している英会話イーオン(AEON)GABAマンツーマン英会話などもおすすめです。

★★★★☆
立地は新宿駅からも近いですし、アクセスは良いのではと思います。設備はまあ普通です。

個人レッスン用のブースが何個か設置されていて、プライバシーが守られています。

自分の指名した講師のレッスンを受ける場合は、時間になったらそのブースの中に入っていくといった感じです。

レッスンは40分とわりと短い時間設定ですが、会話などを中心に行うのであれば、割と長いと感じます。-(レスナビより引用)

マンツーマンレッスンは1レッスン40分と短い時間設定ですが、グループレッスンよりも自分が話す時間が多くなるため長く感じるとの口コミです。

施設内も個人レッスン用のブースが設置されプライバシーが守られているそうです。

また、すべての校舎が「最寄駅から徒歩3分以内」とアクセスも良く駅からも近いです。

駅からのアクセスの良さなど立地面も重要視している方には、ECC外語学院駅前留学NOVAなども人気です。

プライベートレッスンを利用しました。

この学校を選んだのは価格の安さと教材が固定されていないということです。

読み書きはそこそこできて、とにかく会話を練習したかった私にとって、その時々で自由にテーマを選んで会話できて、しかも相手はプロですから適切な表現の仕方も教えてくださる環境はありがたかったです。-(みんなの英語ひろばより引用)

とにかくアウトプットの場として、会話の練習をしたい方にはもってこいとの口コミです。

English Village(イングリッシュビレッジ)には決まったメソッドやレッスン教材はないため、自由なテーマでの会話や自分が学びたいスキルをピンポイントでレッスンしてもらえるようです。

ひたすらアウトプットや会話の練習をしたい方には、通えば通うほどお得になる英会話カフェLanCul(ランカル)GLOBE ENGLISH SCHOOL(グローブ英会話)などもあります。

テキストは基本的にありませんので、自分で何を学習したいか、はっきりさせておかないと、レッスンが極めて非効率になってしまいます。講師は色々な方がいますが、全員ネイティブスピーカーです。必ず誤りを指摘して修正してくれるように頼んでおかないと、何となくしゃべって時間が終わってしまいます。自分でレッスンをリードするのでなければ、料金は安いですが、時間とお金が無駄になる可能性が高いと思います。-(みんなの英語ひろばより引用)

レッスンの受け方によっては、時間と費用が無駄になってしまう可能性があるとの口コミです。

レッスン内容が決まっていないため自分で自由にテーマを決められる一方で、何を学びたいのか、英会話講師には何を望むのかを毎回はっきりさせないと、非効率なレッスンになってしまうようです。

【ワンナップ英会話の口コミ評判】
気になる口コミもSNS上でチェック!詳しい内容は、ワンナップ英会話の口コミまとめ記事で紹介しているので、簡潔にご紹介します。


教材に使用するものを持ち込んでレッスンを受講できて助かったという口コミでした。

ワンナップ英会話は100人100通りのカリキュラムを掲げていて、マンツーマンならではのとことん生徒に寄り添ったレッスンが特徴です。

レッスン時間も50分とたっぷりあるので、前のめりに勉強したい人にはぴったりの環境のようです。

★★★★★
有名な大手でも町場の個人塾でもない、「大人の隠れ家」的な規模と雰囲気のスクール。スタッフさんたちとの気持ちいい距離感や、かなり細かく個々の要望に沿ったレッスンとアドバイスを用意してくれるあたりが、ホントにそれっぽい。-(グーグルマップより引用)

大人の隠れ家的な英会話スクールと評価している口コミです。

他の口コミでもスクール内の設備を「内装がきれい」「落ち着いた雰囲気」と評価する声が多数ありました。

一人ひとりオーダーメイドのレッスンを丁寧につくる点も併せて、落ち着いて勉強できる空間になっているようです。

英語を学ぶ環境も大切と考えている方には、大人の女性の好みに合わせたインテリアデザインを採用しているbわたしの英会話MeRISE英会話(ミライズ)などもおすすめです。

★★★★★
仕事で英語が必要なため、通い始めました。

最初は名前を聞いたことない英会話スクールだったので不安はありましたが、他社に比べ安く、レッスン時間も長いので選びました。

レッスンは1対1の対面式で、雑談から始まりテキストの話題を会話していきます。文法や単語など間違っている時はその場でメモ/指摘してくれるので、復習の時に役立ちます。他にも日本語での文法セミナーなど受けられます。
スタッフ、講師も親切で今は満足して通っています。-(グーグルマップより引用)

聞いたことのないスクール名に不安もあったが、今は満足して通っているという口コミでした。

英会話講師やスタッフはもちろん、レッスン内容も復習がしやすかったり、日本語での文法セミナーも受けられたり充実しているようです。

カリキュラムや教材の質を重視している方は、ロゼッタストーン・ラーニングセンター英語発音矯正ハミングバードなどもおすすめです。

ネイティブ講師のみであり、結構採用が厳選されている。本国で教員をやっていたり、日本の高校で英語教師をしていたもの等、教えることが基本的に身に付いている講師が多い。また、自分のやり方のあった講師を指定できることがうれしい。-(みんなの英語ひろばより引用)

ネイティブ講師のみで、英会話講師の質が良いという口コミです。

ワンナップ英会話の講師採用率は2%ということで、かなり講師の質は厳選されていそうです。

単に英語を話せるだけでなく、いかに教えるかまで考えられていることがわかります。

ビジネス英語を学びたい方には、オリコン顧客満足度調査英会話スクールビジネス英会話部門で1位Berlitz(ベルリッツ)も検討してみてください。

マンツーマンで好きなようにプログラムを組めるので、「なんとなく」「習い事」の感覚で通うにはもったいない(そういう人にとってはかなり金額が高い教室となるかと)、と思う人におすすめです。明確な目的があって、ある程度自己主張出来る人ですね。-(みんなの英語ひろばより引用)

英語を学ぶ目的意識がないともったいないという口コミです。

完全オーダーメイドのマンツーマン指導だからこそ、積極的に学びに行くほど講師がそれに応えてくれる印象でした。

逆になんとなく通うくらいの気持ちでは、目的なく時間が過ぎていき授業料が勿体ないかもしれません。

今の英会話力をキープしたい、とにかくたくさん英語を話したい方は、1レッスン3~6時間ほど話せるAitem(アイテム)英会話教室ワンコイングリッシュなどもおすすめです。

4.「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」の会社の信頼性で比較!

English Village(イングリッシュビレッジ)の運営会社、株式会社イブ・コミュニケーションズは1990年に設立した会社です。

全寮制の英会話スクールを全身に持つスクールで、英会話をビジネスではなく「教育」の場として提供したいという信念のもとで運営されています。

徹底的に無駄を省いたレッスンは、必要なものだけを受けられる無添加品質。

そんなたくさんの生徒が自分の目標を達成することを成功目標に掲げている会社です。

ワンナップ英会話を運営する、ジェイ・マックス株式会社は2002年に設立した会社です。

当初はグループレッスン主体のスクールとしてスタートし、生徒の上達に重点を置いた考えからマンツーマンに特化するようになりました。

通いやすさや楽しさはもちろんのこと、「英会話絶対上達」とコンセプトに、成果を実感できる英会話スクールを目指している会社です。

講師の質の向上や英会話学習のサポート体制、レッスン内容などに対する研鑽を欠かさず、今もまだ「発展途上のスクール」と考え、上昇中の会社という印象です。

いずれの英会話スクールも、信頼性のある会社と言えます。

「English Village(イングリッシュビレッジ)」をおすすめの方はこんな人!

  • ネイティブ講師のレッスンを安く受けたい人
  • 学びたいことが明確な人
  • 自分に最適なレッスンを受けたい人
  • 今よりスピーキング力をアップさせたい人
  • マンツーマンレッスンの方が学びやすい人

ネイティブ講師によるマンツーマンレッスンが2,310円から受けられるコストパフォーマンスの良さが、English Village(イングリッシュビレッジ)の1番の魅力です。

マンツーマンレッスンが良いけれど、値段の高さで諦めていた人には挑戦しやすい価格でしょう。

マンツーマンだからこそ、自分のレベルよりちょっと難しいくらいを程よくチャレンジしながら勉強できる、レベルアップには最適な環境で英会話を学べます。

レッスン内容を自由にカスタマイズできるので、英会話を学ぶ目的がはっきりしている人にとってはぴったりです。

また、校舎はすべて最寄駅から徒歩3分以内の好立地なので、通いやすさやアクセスの良さを重視する方にもおすすめです。

「ワンナップ英会話」をおすすめの方はこんな人!

  • マンツーマンで細かい要望まで叶えてほしい人
  • 教えることがうまい講師から学びたい人
  • 日本人講師からも学びたい人
  • 文法などの勉強もしたい人
  • 自宅学習のサポートも受けたい人

マンツーマンレッスンで時間は長めの50分。オーダーメイドカリキュラムはもちろん、指導に関する細かい希望まで配慮してくれるスクールで、とことん自分のためにレッスン時間を使えるのが魅力です。

口コミでも講師の質に関して評価する意見が多く、厳しい採用基準を突破したネイティブ講師から、レッスンを受けられるのもメリットのひとつ。

教材の持ち込みもOKで、レッスン内容を自分の希望通りに細かくカスタマイズできるため、自分がやりたい勉強をしっかりと持っている人にとっては最高の環境かもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気の英会話教室「English Village(イングリッシュビレッジ)」と「ワンナップ英会話」の違いを4つご紹介してきました。

English Village(イングリッシュビレッジ)とワンナップ英会話は結構比較して検討する方も多いのですが、実は「英会話イーオン(AEON)」と「ワンコイングリッシュ」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「英会話イーオン(AEON)とワンコイングリッシュはどっちがおすすめ?4つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

最初のコメントをしよう

必須