※当サイトはプロモーションが含まれています

Weblio英会話とhanasoはどっちがおすすめ?6つの項目で比較!

Weblio英会話 hanaso 比較 オンライン英会話 料金 口コミ 評判

人気のオンライン英会話である「Weblio英会話」と「hanaso」を6つの項目で比較してみました。

今回は、オンライン英会話を利用する際に基本となる「1.無料体験レッスン」「2.サービス」「3.予約・キャンセル」「4.レッスン講師」「5.料金」「6.口コミ評判」を徹底比較しています。両社の良いところと悪いところを包み隠さずお伝えしていきます。

これからどちらを利用しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

「Weblio英会話」と「hanaso」を6つの項目で比較しました!

1.無料体験レッスンで比較 無料体験レッスンの有無や内容で比較してみました。
2.サービスで比較 最小レッスン単価、対応時間帯、レッスン予約、キャンセル方法、振替レッスン、コース内容、サポート内容、オプションなどで比較してみました。
3.予約キャンセルで比較 予約方法、キャンセル方法、振替レッスンなどで比較してみました。
4.レッスン環境で比較 レッスン形式、レッスン利用ツール、レッスン時間、レッスン担当、講師の国籍、講師の人数、講師の勤務環境などで比較してみました。
5.料金で比較 入会金、授業料、キャンペーン、教材費、オプション、支払い方法などの料金で比較してみました。
6.口コミ評判で比較 それぞれを良い口コミと悪い評判で比較してみました。

上記の6つの項目で、Weblio英会話とhanasoを比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「Weblio英会話」と「hanaso」を無料体験レッスンで比較!

比較項目 Weblio英会話 hanaso
無料体験レッスン
あり(1回)
講師、教材の選択可能
有効期限は登録から1年
あり(2回)
無料会員登録でレッスンスターターキットプレゼント
無料会員登録 必要 必要
クレジットカード登録 不要 不要
有料への自動更新 なし なし

「Weblio英会話」と「hanaso」の無料体験レッスンの違いは、無料体験レッスンの詳細です。

無料体験レッスンは、どちらにもあります。

Weblio英会話の無料体験レッスンは1回受講でき、講師・教材の選択が可能です。

一方hanasoは無料体験レッスンを2回受講でき、旅行英会話フレーズ集などのオリジナルレッスンスターターキット3点セットがもらえます。

無料会員登録は、どちらも必要です。

またクレジットカード登録は、いずれのオンライン英会話も必要ありません。

有料への自動更新は、いずれもありません。

2.「Weblio英会話」と「hanaso」をサービスで比較!

比較項目 Weblio英会話 hanaso
最小レッスン単価(税込) 137円 233円
対応時間帯 24時間365日
6:00~25:00
フィリピンの祝祭日(ホーリーウィーク、クリスマス、年末年始等)または研修日などは休講となる
毎日プランのみ、休講日の振替レッスンチケットを提供
コース内容 日常会話、ビジネス、旅行、ニュース、カジュアルトーク、コラムディスカッション、文法、発音、TOEIC®、中高生向け外部試験対策、世界文学、子ども、マンガ教材、写真描写
その他フリートークや持ち込み教材など要望に応じて柔軟に対応可能
英会話フレーズ、旅行、おもてなし、ビジネス、発音、初級者用基本英文法、SIDE by SIDE、トピックトーク、WEBNews、フリートーク、TOEIC®ボキャブラリー、新形式対応TOEIC®、英検®2次
サポート内容 カスタマーサポート(メール:対応時間9:00~17:00)、講師とのメッセージ、日本人カウンセリング、セミナー、英会話コラム、テキストチャット、マイページ内機能(英和和英辞典、英語例文、英語類語、共起表現、英単語帳、英語力診断、英語翻訳、簡易版スピーキングテスト) カスタマーサポート(メール・電話:13:00~21:00)、レッスン前の通知メール、レッスンシステム(メモ機能や苦手コレクション機能など)、1日1回の英語問題出題
オプション スピーキングテストβ※有料:レッスン1回分、日本人による無料カウンセリング、勉強法やお得情報を得られる無料セミナー、英会話コラム hanasoメソッド(復習・音声教材・テスト・進捗グラフ・バッジ)、今日の英会話フレーズ、今日の英単語、メモ(レッスン内容のメモ機能)、コレクション(苦手のリストアップ機能)、単語/フレーズ登録機能、サマリー(講師別受講数TOP10や、受講教材の比率確認)、英会話フレーズ定期配信メール、レッスン前の通知メール、補助教材「レッスンでよく使うフレーズ集」

「Weblio英会話」と「hanaso」のサービスの違いは、最小レッスン単価対応時間帯コース内容サポート内容オプションです。

最小レッスン単価は、Weblio英会話は137円で、hanasoは233円です。

対応時間帯は、Weblio英会話は24時間365日受講可能です。

対してhanasoの対応時間帯は、6:00~25:00です。フィリピンの祝祭日(ホーリーウィーク、クリスマス、年末年始等)または研修日などは休講となり、毎日プランのみ休講日の振替レッスンチケットが提供されます。

対応しているコース内容は、Weblio英会話には、日常会話、ビジネス、旅行、ニュース、カジュアルトーク、コラムディスカッション、文法、発音、TOEIC®、中高生向け外部試験対策、世界文学、子ども、マンガ教材、写真描写があります。
この他フリートークや教材の持ち込みなど、柔軟に対応可能です。

対してhanasoのコース内容は、英会話フレーズ、旅行、おもてなし、ビジネス、発音、初級者用基本英文法、SIDE by SIDE、トピックトーク、WEBNews、フリートーク、TOEIC®ボキャブラリー、新形式対応TOEIC®、英検®2次です。

サポート内容に関しては、Weblio英会話は、カスタマーサポート(メール:対応時間9:00~17:00)、講師とのメッセージ、日本人カウンセリング、セミナー、英会話コラム、テキストチャット、マイページ内機能(英和和英辞典、英語例文、英語類語、共起表現、英単語帳、英語力診断、英語翻訳、簡易版スピーキングテスト)があります。

一方hanasoのサポートは、カスタマーサポート(メール・電話:13:00~21:00)、レッスン前の通知メール、レッスンシステム(メモ機能や苦手コレクション機能など)、1日1回の英語問題出題です。

オプションに関してWeblio英会話は、スピーキングテストβ(※有料:レッスン1回分)、日本人による無料カウンセリング、勉強法やお得情報を得られる無料セミナー、英会話コラムがあります。

これに対してhanasoのオプションは、hanasoメソッド(復習・音声教材・テスト・進捗グラフ・バッジ)、今日の英会話フレーズ、今日の英単語、メモ(レッスン内容のメモ機能)、コレクション(苦手のリストアップ機能)、単語/フレーズ登録機能、サマリー(講師別受講数TOP10や、受講教材の比率確認)、英会話フレーズ定期配信メール、レッスン前の通知メール、補助教材「レッスンでよく使うフレーズ集」です。

3.「Weblio英会話」と「hanaso」を予約キャンセルで比較!

比較項目 Weblio英会話 hanaso
レッスン予約方法
マイページ内「レッスン予約」ページより予約
■「時間帯から予約」の場合、受講したいレッスン日時の(◎・〇・△)をクリックし、受講したい講師の「予約」ボタンをクリックした後、「予約確定」を押す
※◎…20レッスン以上 〇…10~19レッスン △…1~9レッスン -…空きレッスン無し
■「講師から予約」の場合、受講したい日・時間帯を選び、検索結果から受講したい講師を選び「予約へ」ボタンを押し確定する
■「お気に入りの講師から予約」の場合、「お気に入り講師のみ表示」にチェックを入れ、日にち・時間帯・講師を選び「予約へ」ボタンを押し確定する
レッスン開講スケジュールは各講師が管理し、随時更新される
マイページ内「レッスン予約」ページより予約
マイページ内サイドメニューの「レッスン予約」をクリックし、希望レッスンを選択して「予約する」ボタンをクリック
レッスンチケットを使って予約する際は、「レッスンチケットを使って予約」を指定して予約する
キャンセル方法
マイページ内「予約・履歴一覧」ページよりキャンセル
レッスンの「詳細を見る」をクリックし、「キャンセル理由」の欄に入力 送信ボタンをクリックし「キャンセルする」ボタンをクリック
マイページ「予約をキャンセルする」ボタンをクリックする
振替レッスン
開始1時間前までのキャンセルで振替可能
開始1時間前を切ってキャンセルすると「緊急キャンセル」となりレッスン1回分が消化される
開始30分前までのキャンセルで振替可能
レッスンチケットのキャンセルは24時間前まで

「Weblio英会話」と「hanaso」の予約キャンセルの違いは、振替レッスンです。

レッスン予約方法は、Weblio英会話はマイページ内の「レッスン予約」より予約でき、「時間帯」「講師」「お気に入りの講師」のいずれかから条件を絞って予約ができます。

対してhanasoは、マイページ内「レッスン予約」ページより予約をします。

キャンセル方法は、Weblio英会話は、マイページ内「予約・履歴一覧」よりキャンセル手続きを行います。キャンセルの際には「キャンセル理由」の欄に記入が必要です。

対するhanasoは、マイページの予約状況に表示される「予約をキャンセルする」ボタンからキャンセル可能です。

振替レッスンは、Weblio英会話は、開始時刻1時間前までのキャンセルで振替可能です。

一方、hanasoは通常予約のレッスンに関しては、開始時刻30分前までのキャンセルで振替可能。ただしレッスンチケットを使用して予約する場合は、開始時刻24時間前までのキャンセルが必要です。

4.「Weblio英会話」と「hanaso」をレッスン環境で比較!

比較項目 Weblio英会話 hanaso
レッスン形式 マンツーマンレッスン マンツーマンレッスン
レッスン利用ツール マイページより「レッスンルーム」に入室して受講 SkypeまたはZoom
レッスン時間 25分 25分
レッスン担当 自由予約制 自由予約制
講師の国籍 フィリピン人
フィリピン人
有名大学卒業生を中心に採用
日本語を話せる講師も在籍
講師の人数 1,800人以上 200人以上
講師の勤務環境 自宅 多くの講師は自宅から/一部講師はオフィスから

「Weblio英会話」と「hanaso」のレッスン環境の違いは、レッスン利用ツール講師の人数です。

レッスン形式は、どちらもマンツーマンレッスンです。

レッスン利用ツールは、Weblio英会話は、マイページより「レッスンルーム」に入室すれば受講できます。対してhanasoでは、SkypeまたはZoomを使用します。

レッスン時間は、いずれも1レッスン25分です。

レッスン担当は、どちらのオンライン英会話も自由予約制です。

講師の国籍は、Weblio英会話はフィリピン人講師が在籍しています。

これに対してhanasoも、フィリピン人講師が在籍。有名大学の卒業生が中心に採用され、日本語を話せる講師も在籍しています。

講師の人数は、Weblio英会話には1,800人以上の講師が在籍しているのに対し、hanasoは200人以上の講師が在籍しています。

講師の勤務環境は、Weblio英会話は自宅からのレッスン提供です。対してhanasoは多くの講師が自宅から、一部の講師がオフィスからレッスンを行います。

5.「Weblio英会話」と「hanaso」を料金値段で比較!

比較項目 Weblio英会話 hanaso
入会金 なし なし
プラン別料金 ■お試しプラン:2,880円/月
毎月4レッスン/1レッスン720円
■お手軽プラン:4,380円/月
毎月8レッスン/1レッスン548円
■毎日レッスンプラン:5,778円/月
毎日1レッスン/1レッスン186円
■基本プラン:10,980円/月
毎日2レッスン/1レッスン177円
■集中勉強プラン:14,980円/月
毎日3レッスン/1レッスン161円
■英語漬けプラン:16,980円/月
毎日4レッスン/1レッスン137円
■毎日レッスンプラン(6ヶ月):30,855円/6ヶ月
1レッスン166円
回数プラン
月8回:4,980円
月12回:6,780円
月16回:7,980円
毎日プラン
毎日25分:7,980円 1レッスン257円
毎日50分(2コマ):14,480円 1レッスン233円
週2プラン
週2日25分:4,980円 1レッスン553円
週2日50分(2コマ):7,980円 1レッスン443円
レッスンチケット
都度購入でレッスンチケットの利用も可能
チケットの利用で通常予約以上のレッスン予約ができる
5枚:3,300円 単価660円
10枚:6,050円 単価605円
15枚:8,250円 単価550円
※いずれも有効期限は購入日から90日
※利用可能枚数が29枚以下の場合は、追加購入ができる
キャンペーン 初月578円キャンペーン
初月50%OFFキャンペーン
※時期によって内容は異なる
新規入会・再入会でレッスンチケット5枚
無料会員登録で3,000円のギフト券を抽選でプレゼント
家族・お友達紹介キャンペーン
書籍出版記念キャンペーン
※時期によって内容は異なる
登録料 なし なし
教材費 無料
無料
選択したレッスンによっては自身での購入が必要
振替オプション なし なし
支払い方法 クレジットカード クレジットカード/銀行口座決済(PayPal)/銀行振込
※毎月支払い日の3営業日前までに退会処理を完了すれば、支払いは一切発生しない

「Weblio英会話」と「hanaso」の料金の違いは、プラン別料金キャンペーン内容教材費支払い方法です。

まずは実際に、プラン別料金の月々の支払金額を比較してみました。

※税込み価格 Weblio英会話 hanaso
レッスンプラン レッスンプラン 回数プラン 毎日プラン 週2プラン
お試しプラン(毎月4レッスン) 2,880円/月(1レッスン720円)
Weblio:お手軽プラン(毎月8レッスン)
hanaso:月8回・週2日×1レッスン
4,380円/月(1レッスン548円) 4,980円/月(1レッスン623円)
月8回
4,980円/月(1レッスン553円)
週2日×1レッスン
月12回 6,780円/月(1レッスン565円)
月16回・週2日×2レッスン 7,980円/月(1レッスン499円) 7,980円(1レッスン443円)
週2日×2レッスン
毎日レッスンプラン(毎日1レッスン) 5,778円/月(1レッスン186円) 7,980円/月(1レッスン257円)
基本プラン(毎日2レッスン) 10,980円/月(1レッスン177円) 14,480円/月(1レッスン233円)
集中勉強プラン(毎日3レッスン) 14,980円/月(1レッスン161円)
Weblio英会話:英語漬けプラン(毎日4レッスン)
hanaso:レッスンチケット
16,980円/月(1レッスン137円) 5枚:3,300円 単価660円
10枚:6,050円 単価605円
15枚:8,250円 単価550円

どちらも毎月のレッスン回数が増えるごとに、1レッスン単価は安くなっていきます。

入会金は、いずれのオンライン英会話もかかりません。

キャンペーン内容は、Weblio英会話は時期によって内容は異なりますが、初月578円キャンペーン初月50%OFFキャンペーンなどがあります。

対してhanasoは時期によって内容は異なりますが、新規入会・再入会でレッスンチケット5枚、無料会員登録で3,000円のギフト券を抽選でプレゼント、家族・お友達紹介キャンペーン、書籍出版記念キャンペーンがあります。

登録料は、どちらのオンライン英会話にもありません。

教材費は、Weblio英会話は無料です。

対するhanasoも基本的に教材費は無料です。ただし、選択したレッスンによっては自身での購入が必要になります。

振替オプションはどちらのオンライン英会話もありません。

支払い方法はWeblio英会話は、クレジットカードで支払い可能です。一方hanasoは、クレジットカード、銀行口座決済(PayPal)、銀行振込での支払いが可能です。

6.「Weblio英会話」と「hanaso」を口コミ評判の人気度で比較!

【Weblio英会話の口コミ評判】


カウンセリングが丁寧で、今後の学習方針を定めるのに役立ったという口コミです。

日本人による無料カウンセリングが受けられるため、英会話の学習について不安な点を日本語で相談できます。

体験レッスン時のみでなく、加入後もカウンセリングやセミナーを受講できるそうです。

Weblio英会話と同じくカウンセリングも充実しているレアジョブ英会話QQEnglish(QQイングリッシュ)の無料体験レッスンも検討してみてください。


無料で使えるテキストの種類が豊富という口コミです。

オリジナルテキストの中には日常会話ビジネスやをはじめ、資格検定対策、マンガ教材など多岐にわたります。

テキストのレベルも細かく決められていて、それぞれのテキストが0~8段階で細かく設定されているので無理なくステップアップできそうです。

教材や講師の質を重視する方には、学研が運営しているKimini英会話や大手の英会話スクールのECC外語学院が運営しているECCオンラインレッスンなども人気です。

★★★★☆
私がこのサービスで最も気に入っている点は、コースの豊富さです。

月4回受けられるお試しコースから、毎日100分受講できるコースまであり、必要性や理解度に応じて、コースを選択できます。

大学で講師をされている方がレッスンしてくれるので、講義の内容も充実しています。

私は仕事で英語が必要になったのを機にこのサービスを利用し始めましたが、最初はお試しコースで自分に合うか否かを見極め、現在は1日50分のコースを利用しています。

私にはとても合っている様で、英語のスキルアップが実感できていますが、1コマが25分と短く、一気に勉強したい人は、不十分と感じるかもしれないので、注意が必要です。

また、講師の方はフィリピンの方で、ネイティブスピーカーの方ではありません。

文法的な事は全く問題ないですが、ネイティブの発音にこだわる方は他のサービスを利用した方が良いでしょう。-(みん評より引用)

コースが豊富で、ニーズに合わせて必要なだけレッスンを受けられるという口コミです。

料金プランは月4レッスンのお試しで受講できるものから、毎日4レッスンで英語漬けになれるプランまであります。

英語検定試験前などは集中的にレッスンを受けるなど、必要に応じて受講スタイルを決められるようです。

回数無制限で毎月レッスンを受けられるNativeCamp(ネイティブキャンプ)ベストティーチャーの無料体験レッスンも検討してみてください。

★★★☆☆
アメリカ留学経験がありますが、ビジネスの場において自信をもって英会話ができるとは言い難いので、オンライン英会話教室を利用することにしました。

予約が直前でもよい事、教材が豊富な事、辞書も使い放題な事などが魅力で選びましたが、講師がフィリピンの方でやや訛りが気になりました。

イチから英会話を学習する際に訛りがついてしまうと後から直すのは非常に難しいので、ビギナーの人は気をつけた方が良いと思います。

逆に、訛りのない英語をすでに身につけていて、忘れないために会話の時間を設けるためだったり、さまざまなシーンに於ける会話スキルを身につけたいという人には良いと思いました。-(みん評より引用)

予約が直前でもOKという口コミです。

予約はレッスン開始30分前まで可能で、スキマ時間を見つけて受講できます。

また、アカウント内では英語例文検索機能や、単語帳、英語翻訳、質問箱といったさまざまな機能が使用可能となります。

語彙力診断テストやスピーキングテストもあり、自主学習に役立つコンテンツが豊富なようです。

さまざまな国の講師との会話を楽しみたい方には、DMM英会話EF English Live(EFイングリッシュライブ)なども人気です。


デバイスによっては受講しにくいという口コミです。

PC、スマホ、タブレットのいずれでも受講可能とはしていますが、画面の小さいスマホでは受けづらさを感じるようです。

画面が小さいデバイスでの受講を考えている人は、無料体験レッスンで受講のしやすさも確認してみる必要がありそうです。

【hanasoの口コミ評判】


選択できる教材の量が多すぎず選びやすいとの口コミです。

選べる教材が多いと使用教材を決めるだけで苦労しますが、厳選された適度な量の教材が揃っているようです。

レッスンは、hanasoメソッド対応の教材も、市販の教材もどちらも選択可能です。

関先生監修の教材という点に惹かれ、受講開始した。

関先生の書籍に見られるように、わかりやすい解説・ポイントを押さえた例文が並んでいる。

中学・高校英語、基礎のやり直し・定着には良いと感じられた。

先生方は、発音に長けた、熱心な先生が多いと感じる。-(みんなの英語ひろばより引用)

関正生先生監修の教材は解説やポイントがわかりやすいとの口コミです。

分かりやすい解説やポイントの教材はもちろんのこと、復習メソッドや音声復習機能などを取り入れ定着するまで反復します。

スタディサプリなどでおなじみのカリスマ英語講師、関正生先生監修のhanasoメソッドと教材に魅力を感じている人は多いようです。

基本はテキストに沿って学習しました。先生とロールプレイでフレーズを覚えていきます。

学習の最初に前回の復習をしてくれるので忘れたフレーズなど思い出させてくれて良かったです。

ギリギリまで予約が取れる点でも助かりました。-(みんなの英語ひろばより引用)

ギリギリまで予約できるという口コミです。

hanasoメソッドはいかに英会話を習得するかという点に重きを置いているので、復習などで定着度合いを細かくはかってくれるようです。

また予約はレッスン開始5分前まで可能なので、予定外のスキマ時間なども有効に使えそうです。

安定して英会話のスケジュールを組みたいという方には、事務局スタッフが生徒のスケジュールを確認した上で、生徒の代わりに次月の予約を決めてくれるAQUES(アクエス)オンライン英会話や担任制でお気に入りの先生から毎回レッスンを受けられるウィリーズ英語塾などもおすすめです。

独自の教材があり、講師も教え方がきっちりしているので効果的に学習出来たのが良かったです。

ただしそれが逆に授業な感じがして少し退屈してしまうことも?でも明るい人が多いので楽しく受講できていました!

運営は問い合わせに対する反応が早く安心できました。-(みんなの英語ひろばより引用)

講師の教え方がきっちりしていて効果的に学習できたという口コミです。

英会話レッスンが学校の授業のようという口コミは他にもいくつかありました。

きっちりと1つ1つ体系的に学びたいと思っている人には相性が良いようです。

テキストは、日本語訳が英文の真下に書かれており、英語を英語で考える思考を養いたいと思っても、日本語が視界に入ってきてしまう。 フィリピンの先生に、中学・高校英語を習っている感覚で、英会話の授業とは言い難い、という印象を受けた。 関先生監修のhanasoメソッドを売りにしているが、復習の頻度が非常に多く、同じ文章を何回も復習するシステムで負担もある。復習は、自分でサイト内で行うか、授業内で行うかを選択できる。進むにつれ復習内容が蓄積していき、復習を終えないと新しい授業に入れない為、負担となった。-(みんなの英語ひろばより引用)

教材に日本語表記が多く英語の勉強にならないという口コミです。

日本語による解説が丁寧でわかりやすいという評価がある一方、英語漬けになりたい人からすると親切すぎると感じてしまうようです。

またレッスンが進むにつれて復習する内容が蓄積していき、それを負担に感じてしまうこともあるようです。

「Weblio英会話」をおすすめの方はこんな人!

  • いろいろな受講プランから選びたい人
  • 豊富なテキストの中から受講内容を選びたい人
  • 早朝や深夜などにもレッスンを受けたい人
  • レッスン以外でもサポートを受けたい人
  • 自宅学習サポートの充実性重視の人

「Weblio英会話」には、さまざまな受講プランがあります。

気軽にお試しで受講できる月4回のプランから、集中的に受講できる毎日4回のプランまでさまざま。

オリジナルカリキュラムの種類も豊富で、日常会話、ビジネス、旅行などから、文法、発音、TOEIC®対策、そして世界文学や、マンガ教材などがあります。

持ち込み教材でのレッスンも可能なので、オリジナル教材に限らず自分に合わせたレッスン内容をカスタマイズできます。

また24時間365日受講可能なので、朝活にレッスンを利用したり、お昼休憩にサクッと受けたり、帰宅後の深夜に時間をとることも可能。

時間帯を気にせず、自分の都合のいい時間に予約を入れることができます。

さらに日本人による無料カウンセリングや、スピーキングテストなども充実しています。

日本語で細かく相談できるので、とくに英語初心者でどのように英会話を習得すれば良いのか分からない人にはおすすめです。

マイページ内には辞書、例文検索機能、英語力診断などのコンテンツも豊富です。

英会話の勉強中に、ちょっとした疑問も自力で解消しやすくなっており、自分で英会話学習を進めていく際の受け皿が大きい印象です。

公式URL:https://eikaiwa.weblio.jp/

「hanaso」をおすすめの方はこんな人!

  • 分かりやすい解説の教材で学びたい人
  • きっちりとした体系的なレッスンを好む人
  • 自宅でもしっかり復習したい人
  • スキマ時間を活用して受講したい人
  • 質の良い講師から楽しいレッスンを受けたい人

「hanaso」の大きな特徴は、カリスマ英語講師関正生先生監修のhanasoメソッドと教材です。

解説やポイントがわかりやすくまとめられた教材で、学校の教科書のように体系的に英会話を学べます。

hanasoメソッドの大きな特徴が、徹底的な復習で着実に英語力を伸ばす点です。

そのための復習問題や、音声教材復習機能などが充実していて、自宅でも勉強を頑張りたいと思っている人にはぴったりです。

またレッスン時間は25分と短く、レッスンの予約はレッスン開始5分前まで可能です。

忙しい人でも少しの空き時間があればレッスンを予約できるため、スキマ時間を見つけてレッスンを受けたい人にもおすすめ。

フィリピン人講師は、有名大学の卒業生を中心に採用されています。

口コミでもレッスンが楽しく人柄の良い講師が多いという評価が多く、確立されたメソッドを質の良い講師が支えているという印象です。

公式URL:https://www.hanaso.jp/

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は人気のオンライン英会話「Weblio英会話」と「hanaso」の違いを6つご紹介してきました。

Weblio英会話とhanasoは結構比較して検討する方も多いのですが、実は「レアジョブ英会話」と「DMM英会話」で比較する方の方が多いんです。

詳しくは「レアジョブ英会話とDMM英会話はどっちがおすすめ?6つの項目で比較!」こちらにまとめましたので気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

最初のコメントをしよう

必須