1. TOP
  2. 英文法
  3. 副詞は「限定」と「説明」を覚えれば英語の文章も困らない!
Sponsored Link

副詞は「限定」と「説明」を覚えれば英語の文章も困らない!

 2017/09/11 英文法 英語勉強法
  414 Views
LINEで送る
Pocket

「副詞」と聞くと
難しく思うかもしれません。

しかし、普段英語を話す上で
自然と副詞を使っているはずです。

副詞の入れる位置を覚えると、
英語での表現の幅が
より自然と広がります。

ここでは、副詞とは何か、
副詞の位置について紹介します。

Sponsored Link

副詞の役割とは?

「副詞って何?」と聞かれて、
あなたは答えられますか?

「副詞」は簡単に言うと
「名詞以外を修飾する」言葉。

名詞以外ということは、
形容詞や動詞を修飾することができます。

副詞とは何か?


very good idea(とても良い考え)

こちらで、
副詞はどれかわかりますか?

very(副詞)good(形容詞)idea(名詞)

となります。

ちなみに名詞を
修飾できるのは形容詞。

この例では「good」という形容詞を
「very」という副詞で修飾しています。


I run fast.

(私は速く走ります)

この場合、 I(主語)run(動詞)fast(副詞)
で動詞の「run」を修飾しています。

このように、副詞を使うことで、
より詳細な文章が作れるようになります。

副詞の文章のどこに入る?

副詞は文章のどこに入れれば
良いのでしょうか?

文章のどこに入るかは、
修飾する言葉を限定したいのか、
説明したいのかで分かれます。

例えば、


She can play tennis very well.

(彼女はとてもテニスが上手だ)

この文章には、
副詞が2つ使われています。

「well」という副詞を
修飾している「very」と、
「very well」という副詞です。

「very」は修飾する言葉の前にあるので
「well」を限定しており、

「very well」は「play tennis」の
後ろにあるので、
説明していることになります。

「very」はただ上手なのではなく、
「とてものレベルで上手」だと
「well」を限定しています。

「very well」は
ただテニスをするのではなく、
「テニスがとても上手なんですよ」
と説明しています。

副詞を使って、
「限定する」「説明する」
ということを、
少しはイメージできましたか?

修飾する言葉の前において限定する副詞

修飾したい言葉の前に置く副詞で、
よく使うのは「程度」「頻度」「確信の度合い」
「文全体の評価や態度」を表す4種類です。

程度を表す副詞

「She can play tennis very well.」
(彼女はとてもテニスが上手です)

の中で「very」が
程度の副詞になります。

どれくらいのレベルで
上手なのかを表しています。

よく使う程度を表す副詞には、
下記のようなものがあります。


so(とっても)
too(~すぎ)
really(本当に)
absolutely(完全に)
quite(かなり)
a little(少し)
hardly(ほとんど~しない)
seriously(本気で)
perfectly(完全に)

程度を表す副詞は、
動詞を修飾する場合は、

一般動詞の前、be動詞の後、
助動詞の後に
置くのが一般的です。

頻度を表す副詞

「I always play soccer.」
(私はいつもサッカーをします)

の中で「always」が副詞。

サッカーをするのは
どれくらいの頻度か
動詞を修飾しています。

よく使う頻度を表す副詞には、
下記のようなものがあります。


almost(ほとんど)
always(いつも)
usually(普通に)
occasionally(時折)
often(しばしば)
rarely(滅多に~ない)
sometimes(時々)
generally(たいてい)
frequently(頻繁に)
never(決して~ない)

頻度を表す副詞も、
程度を表す副詞と同様、
一般動詞の前、be動詞の後、
助動詞の後に置くのが一般的です。

ただし「monthly(毎月)」など
一定の頻度を表す副詞の場合は
「毎月~する」などのように
説明になるので、文末に置きます。

確信の度合いを表す副詞


「I will definitely finish the work by Monday.」

(私は絶対にその仕事を月曜日までに終わらせます。)

の中では、「definitely」が
確信の度合いを表す副詞。

仕事を終わらせる確信が
どれくらいなのかを表します。

よく使う確信の度合いを表す副詞には、
下記のようなものがあります。

definitely(絶対に)
certainly(確かに)
surely(きっと)
probably(おそらく)
maybe(たぶん)
perhaps(たぶん)
possibly(もしかすると)

確信の度合いを表す副詞も、
一般動詞の前、be動詞の後、
助動詞の後に置くのが一般的です。

文全体の評価や態度を表す副詞


「Honestly, I don’t trust that man.」

(正直なところ、私はその男を信頼していません)

では、
「Honestly」がその後の文全体を
修飾しています。

文章全体を修飾するため、
副詞の後に
「コンマ(,)」をつけるのが一般的。

文章の頭に置き、
文全体を修飾する評価を表す副詞には、
下記のようなものがあります。


Luckily(幸運なことに)
Curiously(奇妙なことに)
Regretfully(残念なことに)
Obviously(あきらかに)
Stupidly(ばかげたことに)
Unfortunately(不幸なことに)

同じように文頭に置く、
態度を表す副詞には
下記のようなものがあります。

Frankly(率直なところ)
Truly(実をいえば)
Seriously(まじめな話)
Personally(個人的には)
To tell the truth(本当のことを言えば)
To be honest(正直に言えば)

これらの副詞は文頭に置くことで、
後の文章全体を修飾しますが、
文中で使うこともできます。

「seriously」は「本気で」という意味で
程度の副詞でもあります。

このように、
副詞が置く場所によって
変わるものもあるので
注意しましょう。

紹介した4つの意味の副詞は、
修飾したい言葉の前に置き、
修飾したい言葉を
限定するものになります。

こんな英語表現もご紹介。
英文法「現在形」の使い方は4つ!「現在形」を使いこなそう

修飾する言葉の後において説明する副詞

修飾したい言葉の後に置く
副詞でよく使うのは、

「時」「場所」「様態」
を表す3種類です。

時を表す副詞

これは、
頻度を表す副詞で少し触れましたが、
一定期間を表す副詞は
時を表す副詞になります。

「I met him yesterday.」
(私は彼に昨日会いました)

の場合「yesterday」が
時を表す副詞になり、

「会った」をいつ会ったのか
修飾(説明)しています。

時を表す副詞には、
下記のようなものがあります。

now(今)
today(今日)
tomorrow(明日)
tonight(今夜)
last night(昨夜)
next week(来週)
in winter(冬に)
on Monday(月曜日に)
at 8 o’clock(8時に)

ここで、注意したいのが、
副詞は一単語と限らない点。

「in winter」のように
「前置詞+名詞」で副詞になる
場合があります。

これらの具体的な時を表す
副詞は文の最後に
置くの一般的です。

しかし、
行動より時を強調したい場合には、
文頭に置くこともできます。

「Yesterday, I met him.」
(昨日、私は彼に会った)の場合、

「彼に会った」ことより
「昨日会った」ことを
強調したい文章になります。

場所を表す副詞

「We had lunch at the restaurant.」
(私たちはそのレストランでランチをした)

の場合、
「at the restaurant」が
場所を表す副詞。

場所を表す副詞には、
下記のようなものがあります。

here(ここに)
there(そこに)
down(下に)
home(わが家へ)
everywhere(どこでも)
abroad(海外へ)
in room(部屋に)
to the kitchen(キッチンへ)

場所を表す副詞も、
時を表す副詞同様に
「前置詞+名詞」のものがあります。

そして、文の最後に置き、
場所を強調したい時は
文頭に置かれることが
あるのも同じです。

様態を表す副詞

「He runs fast.」
(彼は速く走る)
などのように、

どのようにおこなわれたか
その様態を表す副詞です。

「どのように」「どれくらい」を
説明する副詞は、
修飾する言葉の後ろに置きます。

ちなみに、
時、場所、様態を表す副詞が、
一つの文章の中に入る場合は、

順番が決まっているので、
覚えておいてください。

「様態⇒場所⇒時間」
の順番が基本です。

She played the piano well at school yesterday.
(彼女は昨日、学校で上手にピアノを弾いた)

形容詞と似ている副詞

いくつかの副詞は、
形容詞と似ているなと
思われた方もいるでしょう。

例えば、
「kind(親切な)」という形容詞と
「kindly(親切に)」という副詞。

実は形容詞に
「ly」が付いたら副詞になるという
単語もあります。

形容詞と副詞の意味が同じ単語


slow(遅い)/slowly(遅く)
quick(速い)/quickly(速く)
sudden(突然な)/suddenly(突然に)
clean(きれいな)/cleanly(きれいに)

これらは、形容詞の語尾に
「ly」を付けて副詞になり、

意味も形容詞の時と
変わらないものになります。

形容詞と副詞の意味が異なる単語

形容詞の語尾に「ly」を付けて、
副詞にすると意味が異なる単語もあるので、
ご注意ください。

多少意味が異なる単語

near(近く)/nearly(ほとんど)
close(接近して)/closely(綿密に)

意味が全く異なってしまう単語

hard(一生懸命に)/hardly(ほとんど~ない)
late(遅く)/lately(最近)

形容詞に「ly」を付けると
副詞になるものは、多数ありますが
意味が異なるものもあるので、
注意してくださいね。

もう1つ注意して欲しいのが、
「名詞の語尾にly」を付けたものです。

語尾が「ly」だと
副詞と思いがちですが、

名詞に「ly」を付けたものは
形容詞になります。


friend(友達)(名詞)⇒ friendly(友好的な)(形容詞)
month(月)(名詞)⇒ monthly(毎月の)(形容詞)

副詞は「限定」と「説明」を覚えれば英語まとめ

「副詞」について色々述べてきましたが、
副詞について厳密に考えながら
会話をする必要はありません。

副詞の置く場所については、
実は会話をしているうちに
自然と身についているということが
ほとんどです。

しかし、

「限定する副詞は修飾する言葉の前」、
「説明する副詞は修飾する言葉の後」

と頭でも
きちんと理解しておくと、
より正しく覚えられるようになります。

こちらの記事も読まれています!

1.悩みをすっきり解決! 人の心に刺さる英語の名言18選

2.英会話教室もいいけれど、漫画で楽しく日常英会話をGETしよう

3.ビジネスでもお役立ち!日付の4つの英語表記を使いこなそう!

4.英語で地震について説明してみよう!お役立ちフレーズ14選!

5.「お土産」を英語で?3つのシチュエーションで使い分けよう!

6.「柿」は英語で?正しく発音するための3つのポイント

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

さくら

さくら

カメラ片手に放浪癖あり。

ここ数年の生息地は、もっぱら東南アジア。


No wine No life!

仲間がいれば大丈夫!


危機感ゼロな独身女子。

をふるまいつつも、

実は孤独死を避けるため日々奮闘、模索中。


話したい、伝えたい、わかりたい!

そんな気持ちにお応えできれば幸甚です。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 苦手な発音は早口言葉でマスターできる! 英語の早口言葉で発音を集中レッスン!

  • 「~まで」は場面をイメージ!「until」と「by」を使いこなす19の例文

  • やっぱり基本は英単語!初心に帰って学びたいと思った今が始め時!

  • ビジネスで役立つ!英語の略語一覧95選

関連記事

  • 英語で「お手数ですが」をどう表現する?アメリカでは使わない表現

  • 英文解釈を難しくする2つの原因!楽ちん和訳勉強法

  • いつもと違う?「all right 」と「already」のLの発音の違い

  • 日本のアニメを英語で!あなたに馴染んだ番組で楽しく英会話を身に付ける

  • まだ間に合う!「単語、文法、発音」3つのポイントを押さえて英語をマスターしよう

  • イギリス英語をどうやって学ぶか?実践的なリスニングの学習法をご紹介