「Really」と「Family」の語尾の発音は違いますか?

LINEで送る
Pocket

先日こんな質問をいただきました。

lがふたつ重なるreallyと、lがひとつのfamilyでは、語尾の発音は変わるのでしょうか?

日本語のカタカナ英語では「リアリー」「ファミリー」とどちらも語尾は同じように発音しますね。

しかし英語では語尾がllylyで綴りが異なります。

それではネイティブの発音はどうなのでしょうか?今回は発音のコツなどをご紹介します。

reallyとfamily ダブルLとシングルLの発音

really の語尾は、lがふたつ重なったダブルl
familyの語尾は、lがひとつのシングルl

これらの発音の違いを確認するために、辞書にある発音記号を見てみましょう。

really の発音記号は【ríːəli】

familyの発音記号は【fǽməli】

上記発音記号から分かる通り、この2つの単語の語尾はliと発音します。

ダブルlでもシングルlでも発音は同じなのです。

これは下記のように他のllylyで終わる単語でも同じです。

Only【óunli】

Lately【léitli】

Usually【júːʒuəli】

Lの発音のコツは日本語の「な」!

lの発音なんてrの発音に比べれば楽勝と思っていませんか?

でも日本語のら行とは少し違うんです。

ここからは実際に声を出して舌の位置を確認しながら進めていきましょう。

l

の発音では舌を上の前歯の裏、もしくは付け根あたりに当てます。

それに対して日本語のら行は、舌をもっと奥の方に当てて発音します。

「らりるれろ」と言ってみると分かると思います。

次にな行「なにぬねの」を発音してみてください。

舌がら行の時より手前にあり、上の前歯に当たるのが分かると思います。

このな行の舌の位置が英語のlの発音をするときと同じなのです。

簡単に言うと「な」と言おうとして言わずに止めてみてください。

その時、舌のある位置がlの発音時にあるべき舌の位置なのです。

それでは舌の位置を意識しながら、発音の練習をしてみてください。

グッとネイティブの発音に近づきますよ!

まとめ

今回はユーザーの方からの「lがふたつ重なるreallyと、lがひとつのfamilyでは、語尾の発音は変わるのでしょうか?」という質問でしたが、回答はダブルlでもシングルlでも発音は同じです。

英語の発音は日本人にとって難しいこともありますが、練習を重ねてコツさえ掴めば上達します。

頑張りましょう!

動画でおさらい

「Really」と「Family」の語尾の発音は違いますか?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。