1. TOP
  2. 英会話スクール
  3. ビジネス英語ってそもそも何?スクールも本もおすすめしない理由

ビジネス英語ってそもそも何?スクールも本もおすすめしない理由

 2018/09/03 英会話スクール
 
LINEで送る
Pocket

ビジネス英語と聞いて、あなたはまずどんなイメージが浮かびますか?

海外出張や海外企業との取引き、または海外からのゲストの対応など、仕事で英語を使う場面は数多くあります。

そのような様々な仕事のシチュエーションで英語での対応が必要となった場合に備えて、ビジネス英語を身につけるために考えられる学習法とはどんなものがあるでしょうか?

ビジネス英語となると、日常英会話とは異なる特別な用語やフレーズを学ぶために、英会話学校などに通うのが良いでしょうか?

それとも、ビジネス英単語帳など本やネットで情報を探すのが手っ取り早いと思いますか?

今回は、ビジネス英語の習得が必要になったとき、すぐに英会話スクールに通い始めるべきなのか、また、そもそもビジネス英語とは具体的にどういう英語の事を指すのかについて説明していきます。

海外出張や海外赴任などを機会に、これからビジネスで英語が必要になる方はぜひチェックしてみてください。

ビジネス英語って何?

そもそもビジネス英語とは何なのでしょうか?

例えば「ビジネス日本語って何ですか?」と聞かれた時に明確な答えに困ってしまうのと同様に、ビジネス英語という言葉も概念的な部分が多く、決して偉い学者さんやどこかの機関などが明確に定義しているわけではありません。

よって、ビジネス英語の捉え方や、ビジネス英語として必要だと考えらえている英語力や会話力は、個人や企業によって、かなり認識にバラツキがあることが想定されます。

結論として「ビジネス英語はこれだ!」という明確な答えは無いに等しいと考えて良いでしょう。

英会話スクールのビジネス英語クラスに通うことは有効?

何から手をつけていいか分からない時に、ビジネス英語クラスがあるスクールに通うというのは、多くの人が思いつく勉強の方法でしょう。

しかし実際には、英会話スクールのビジネス英語クラスに行ってみると、自分に必要のないフレーズや表現を学ぶことが多いかもしれません。

コースの内容によっては、日常の業務とは直接関係のない、実際にあなたがビジネスで使わない例文や単語などを覚えなければいけない、ということが起こり得ます。

他の職種では使うかもしれないけれど、自分の職業では使う機会がない英語の練習に多くの時間とレッスン料金をかけてしまう、というわけです。
もったいないですよね。

このような理由から、実は、英会話スクールのビジネス英語クラスは、一番最初にビジネス英語を学ぶ方法としては効率が悪く、あまりおすすめができません。

ビジネス英語本をおすすめしない訳

次に、ビジネス英語を勉強する方法として考えられるのは、本で学ぶ、という方法です。

例えば、本屋さんに行けばビジネス英語を学べる本はたくさん売っていますよね。しかし、このような本でビジネス英語を学ぶことも、実はあまりおすすめはできません。

なぜかと言いますと、英会話スクールと同様、本を買ってその内容を覚えたとしても、実際には使うことがない単語や表現などがたくさん含まれているかもしれないからです。

それだけではなく、結局その本を買ってから何をしなければいけないかと言うと、自分が実際ビジネスで使う表現を選んでから使わなければならないのです。

これではとても効率が悪いですよね。

また、あなたの出張や転勤前の準備期間が限られており、日常業務などと並行して英語の準備をしないといけない、というように、時間が限られている場合もあるかもしれません。

そのような状況で、本を使って一から学習していたのでは、出発日までに仕事で必要なレベルのビジネス英語を習得することは到底難しいでしょう。

一般的なビジネス英語を勉強する前にまずすべきことは、どんな英語があなたの職種では必要となるのかを特定することなのです。

職種によって使われる英語は違う

職業には弁護士、医者、パイロット、またはサービス業やIT関連など様々な職種や業種があります。

そして、仕事をする上で英語が必要な場合、まずはそれぞれの職種ごとに使う言葉の違いがあることに着目すべきです。

例えばセールス系であれば、商品説明はもちろん、顧客対応や電話の受け答えなど、業務が幅広い分、必要になってくる英語の表現方法もバリエーションがありますね。

その一方で事務系などでは、基本的な電話応対や、英語でのメールのやり取り、決まった書類の書き方などが必要となるでしょう。

専門職の例としては、IT業界の技術職の人は他の業種に比べ、システム言語などを含めた専門英語に触れる機会が多いことが考えられます。

パイロットならば、管制官とのやりとりに必要な航空用語の習得が必要となってくるでしょう。

このように業種や従事しているセクションなどに応じて使う英語はかなりのバラつきがあることが分かります。

まずは何を学べば良いのかを職業ごとにきちんと理解する事が何より大切で、より効率的な英語学習ができる近道だと言えるでしょう。

自分に必要なビジネス英語は何か

ビジネス英語を学習する上で本当に必要になってくる事は、自分の業務をする上でどんな英語の表現が必要なのかを特定するということでしたね。

例えばあなたがホテルに就職したのであれば、ホテルの「接客マニュアル」があるでしょうし、シーン別の接客英語の研修があるでしょう。

それがホテルで働く上で最低限必要な英語であり、その接客マニュアルを覚えてそれらを正しく使いこなしていけば、基本の接客業務はできますね。

このように実践的なビジネス英語とは、本当に自分が日常業務や接客などで使う英語であるべきなのです。

自分の仕事では、「こういうシチュエーションの時にこういう表現を使わなければならない」、「こういう単語を使わなければならない」というものを見極めて、それを集中的に覚えていきましょう。

スクールやオンラインレッスンの活用の仕方

あなたに必要な英語表現が分かったら、ここで初めて英会話スクールやSkypeのマンツーマンレッスンなどの英会話学習が有効になります。

実際に覚えたフレーズを使ってみることで、単語があっているのか、個々のシチュエーションにふさわしい表現か、英語が自然であるか、などを確かめながら英会話スキルを上達させることができます。

講師や他の生徒さんを相手に何度も練習することで自信もつきますね。

まずはとにかく、あなたががビジネスで使用すべき英語を特定してみましょう。
そしてその後に、覚えた英語を実際に人前で練習するのに英会話スクールやオンライン英会話レッスンを活用するのがもっとも効果的だと言えます。

まとめ

今回はビジネス英語を効率良く学習する方法を説明しました。

ビジネス英語を短期間で身に付けたい方は、

1. すぐに英会話スクールに通い始める前に自分にはどんな英語が必要なのかを特定する。自分の職場やこれから就きたい職業で、どのような英語が使われているのかをまずは調べる。

2. 調べて覚えた単語やフレーズを、英会話スクールやSkypeなどのオンラインレッスンを使って練習する。

3. 仕事で実践する。

という流れで身につけていくのが効率的です。

限られた時間を無駄なく使うためにも、ビジネス英語習得にはビジネス自体と同じく効率的で戦略的な対策が必要となるのです。
ぜひ、このステップにならい、効率よく英語の勉強をすることを心掛けてみてくださいね。

動画でおさらい

ビジネス英語ってそもそも何?スクールも本もおすすめしない理由を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。