1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. 「今やりたいんだけど」英語は丸暗記がおすすめ
Sponsored Link

「今やりたいんだけど」英語は丸暗記がおすすめ

 2016/12/13 英語勉強法
 
LINEで送る
Pocket

日常的な英会話の中で何気なく使いたい、けれどもパッと出てこない表現というのは数多くあると思います。

今回はその中でも質問頂いた「今やりたいんだけど」の英語表現についてご紹介しましょう。

この表現方法は様々な言い回しに応用することができます。

文章の構成やルール、応用の仕方についてまとめました。

Sponsored Link

主語が省略されている

shutterstock_448377943

日本語はその性質上、主語が省略されているケースが非常に多く見られます。

今回の「今やりたいんだけど」という言い方も、同様に省略されています。

ではこの場合の主語とは一体誰なのでしょうか?

やりたいの人が誰なのかと考えると分かりやすいと思います。

そう、「私」です。

従って英語では“I”となりますので、英語の表現では主語の“I”から始まることになります。

 

英語は逆から

英語と日本語の大きな違いのひとつが、文章を構成する言葉の順番です。

英文は和文とは逆の順番で成り立っているため、日本語の表現を英語に変換する時には後ろから順番に訳していく、ということを覚えておきましょう。

今回のテーマの「今やりたいんだけど」を文法上ざっくりと分けていくと「今・やることを・したい」となります。

そのため主語の次は「~をしたい」を意味する“want to”や“wanna”という言葉が入ります。

続けて「やること」の“do”、「今」の“now”とつなげていきI want to do it now.もしくは“I wanna do it now.”となるわけです。

なお、「~をしたい」の表現は“I want to”もしくは“I wanna”と主語とセットで覚えてしまうことをおすすめします。

そうすれば続く単語を変えていくだけで様々な文章を作ることができ、実際に使えるシーンが広がります。

「もう今家に帰りたいんだけど」と言いたいのならば“I want to go home now.”、「今晩は外食したい」なら“I wanna eat-out tonight.”といった具合です。

 

ゼロからセンテンスを作ろうとすると…

shutterstock_534314929

日本人はそのまじめな性格からか、ゼロから単語を積み上げていって文法的に正しい文章を作成できるようになりたいと思う人がとても多い傾向にあります。

それは素晴らしいことなのですが、この方法には欠点があります。

まず、一つひとつ単語を積み上げていくことで文章を間違えやすくなってしまうということ。

そして文法を頭の中で考えながら文章を組み立てていくので、実際に口から言葉として出てくるまで時間がかかってしまうということです。

例をあげてみましょう。

日本語で会話している時に文法を考えながら話していることはまずないはずです。

逆にあえて日本語で主語、形容詞、述語……というように文法を意識して話そうとすると非常に時間がかかってしまいます。

やはり会話である以上自然なテンポで話せることが理想ですよね。

だからこそ“I want to”もしくは“I wanna”までを暗記してしまう事がおすすめなのです。

ここまで一息に覚えてしまえば、続く言葉は意外と簡単なのでスムーズに出てきやすいと思います。

ぜひやってみてください。

 

その他にもある、丸暗記で覚えられる英語についてこちら
⇒丸暗記で覚えちゃおう!「今日は何の打ち合わせ?」ビジネスで使える英会話

まとめ

いかがでしたか?

「今やりたいんだけど」の表現は、覚えてしまえば様々な場面で応用することができる便利な言い回しです。

ぜひ“I want toそして“I wanna”という出だしを覚えて、積極的に使ってみてください。

ぐっと話も広がり、ネイティブとの会話が楽しめるのではないでしょうか。

日常で使用できるその他の英語の例はこちら
⇒日常で使う英会話「何のテレビ観てるの?」テレビ以外でも使える♪

 

動画でおさらい

丸暗記しちゃおう!「今やりたいんだけど」の英語表現を英語で表現するには?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • まずは書く?英語スピーキング上達の秘訣4ステップ

  • 英語ができる人・できない人の6つの違い!上達の要は気にしないこと!

  • 知っているアニメを英語で!楽しく学べるオススメの学習法

  • 洋楽でのディクテーションはどうか?日本語訳を見た方が良いか?

  • あなたは聞き取れる?オーストラリア英語のリスニング攻略!

  • 短期で上達させるリスニング勉強法。2つのポイントをおさえて一気に上達!