1. TOP
  2. 発音
  3. プロが教える英語リスニングのコツ!英語が聞き取れない原因はこれだった!

プロが教える英語リスニングのコツ!英語が聞き取れない原因はこれだった!

 2018/07/10 発音
 
LINEで送る
Pocket

英会話で重要なことにリスニングがあります。

単語やセンテンスの意味を覚えても、そもそもリスニングで聞き取れなければ相手が何を言っているのか理解することはできません。

それでは、英語の聞き取り力を向上させるにはどうすればよいのでしょう。今回は、リスニングの効果的な勉強法について説明します。

カタカナ英語とは全く違う!

リスニングの勉強を行う際にまず理解しておいていただきたいのが、カタカナ英語とネイティブ英語は違うということです。

どういうことか、具体的に説明していきましょう。

Don’t tell her.

このセンテンスを単純に表現すると、ドント・テル・ハーになります。これはいわゆる、カタカナ英語になります。

では、ネイティブ英語ではどのように発音するのでしょうか。

ドンッテルァー

わかりづらいかもしれませんが、あえて文字にするとこういった感じでしょうか。

文字表記を見ただけでもわかるように、カタカナ英語とネイティブ英語では、発音が全く違うのです。

ポイントはスピードではない!?

ご説明したように、カタカナ英語とネイティブ英語は、実は発音が全く違うのです。

なぜ日本人が英語のリスニングが苦手であったり、聞き取りを難しいと感じてしまうのかと言いますと、多くの人はネイティブスピーカーの話すスピードが速いと言います。

しかし、実はこれ、認識が少し違うのです。私たち日本人がネイティブの話している英語が聞き取れないのは、彼らが早く話しているから聞き取れないのではありません。

聞き手である日本人が知っているカタカナ英語の発音と、実際にネイティブが話しているネイティブ英語の発音に、かなりのズレがあるからなのです。

同じセンテンスを話していても、カタカナ英語とネイティブ英語では発音が大きく違います。この違いを理解しなければ、ネイティブ英語はまったく聞き取ることはできないのです。

英語は英語のまま言う・聞く!

英語のリスニングで重要なことは、英語を英語のまま聞けるようになることです。

おそらくリスニングの練習を多くやっていてもなかなか上達しない原因のひとつではないでしょうか。

具体的には、聞いた英語をいちいち日本語に訳そうとせず、英語として聞き取れるようになることです。

初心者の場合、よく耳で聞いた英語を日本語の意味に変換しようとしますが、それでは時間もかかってしまいますし、余計に頭の中で混乱してしまいます。

また、返答を考える際にもいちいち日本語を介入しようとするので、これも上達を阻む原因のひとつです。

なので、思い切って日本語で理解するということを捨て、英語の単語や文を聞いてそのままイメージを作るということをやってみましょう。

洋画や海外ドラマの字幕を消してみる、あるいは字幕を英語にしてみるのも良い練習になります。ぜひ、試してみてください。

Hの発音は消えやすい

発音を矯正するとリスニング力がアップします。

なぜアップするか、いくつか例を出して説明しましょう。実際のDon’tの発音は、ドンと止まっている感じになってTの発音があまりされていません。

更に、herに含まれるHは文章の中に入ると消えてしまうことが多いのです。

この2点を踏まえてDon’t tell her.を発音すると、あえてカタカナで表記するならドンッテルァーになります。英語表記で書くとこんな感じになります。

Don teler.

これがネイティブ英語の発音だとわかった瞬間に、

Don’t tell her.

が聞き取れるはずです。

これと同じ法則で

Don’t tell him.

を発音しようとすると、himHが発音されないのでtelim.、Don telim.(ドンッテリム)という風に発音されています。

もしも、カタカナ英語とネイティブ英語の発音に違いがある、しかもそれがどんな違いかということをわかっていれば、ネイティブの話す英語を聞き取るのはそんなに難しくないのです。

なぜ難しかったのかと言うと、このDon’t tell her.という表現の発音はドント・テル・ハーだと脳が認識しているせいなのです。

ドント・テル・ハーとドンッテルァーの2つの発音が全く違うので、聞き取ることができなかっただけです。

教材選びは慎重に

リスニングや発音を扱った教材は、数多く存在します。ですが、それらを選ぶには慎重にならないといけません。

例えば、いくつか初心者向けのテキストを開くと、カタカナで発音を表記したものがあります。

これは先ほどご説明した通り、カタカナ英語で英語を捉えてしまう可能性もありますので、あまりおすすめできません。

ですので、なるべくでしたらカタカナのルビが振っていない教材や辞書を手に入れましょう。

また、イギリス英語とアメリカ英語でかなりの違いがあります。本来イギリス英語で発音する部分が、アメリカ英語では省略されたりそもそも音が違ったりするので、どちらを学習したいのかを考えて、教材を選びましょう。

まとめ

以上のことから、もしもリスニングを効果的に勉強してきたいのであれば、発音を矯正するのがベストです。

また、英語を日本語で無理に変換しようとしたり、カタカナ英語で聞き取ることをやめることを意識してくださいね。

発音を矯正して、ネイティブの発音がちゃんとできるようになれば、このDon’t tell her.やDon’t tell him.と同じように、すべてのものがネイティブの発音として聞こえてくるようになります。

リスニング力を効果的にアップしたいのであれば、ネイティブの発音をひたすら練習していくのが良いでしょう。

発音を矯正するとリスニング力がアップすることを理解し、ネイティブの発音を意識して英語を勉強してください。

動画でおさらい

プロが教える英語リスニングのコツ!英語が聞き取れない原因はこれだった!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。