日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?




LINEで送る
Pocket

中学生の時、英語の授業でwin(勝つ)の過去形を意味する言葉としてwonを習いましたよね。
発音はウォンと習った方が多いと思いますし、大人になってもウォンが正しいと思っている方多いと思います。

でも、この発音実は間違っています。
なぜなら、wonはウォンと発音しないからです。
一体どこが間違っているのか、またどんな発音が正しいのか例文やフレーズをふまえて紹介します。

ぜひ英語勉強法にも役立てて日常会話を楽しんでくださいね。

発音のポイントはoneを意識!

wonの発音は一言で言うと、oneの音に近くなります。
発音記号は米国英語だと[wˈʌn]英国英語だと[wʌn]と表示されます。
カタカナ表記だとウォンではなくワァンと発音します。

例えば、ベースボールチームD-Bucksが試合に勝ったと言いたい時はどう発音するのでしょうか?
文章にすると、D-Bucks won the game.です。
発音は、ディーバックス ウォン ザ ゲームではなく、ディーバックス ワァン ザ ゲームです。

wonの発音は、ワァンだと覚えてください。

Wonを使用した例文を確認!Wonの意味は?

wonを使用した例文紹介の前に、もう一度winの意味をおさらいしましょう。
Winの意味は英和辞典や辞書によると、勝つ、勝ち取る、獲得する、口説き落すなどの意味があります。

勝つと訳す時は、

We won.
私たちは勝った。

という時に使います。
勝ち取るは、

We won the first prize.
私たちが1位を勝ち取った。

という具合です。
それぞれの意味を頭に入れておいてくださいね。

では早速、winの過去形を含んだ例文をみていきたいと思います。

wonの例文 その①

では、一つ目の例文を確認してみましょう。

He won at chess against me.
彼はチェスで私に勝った。

まず、winは勝つ、勝ち取るという意味なので、過去形であるwonは勝った、勝ち取ったになります。
ここまでだと、

He won.
彼は勝った。

になりますね。

また、at chessチェスでとなります。
against~に反して、〜に対してという意味の前置詞です。
against me私に勝ったということになります。

wonの例文 その②

次の例文です。

I won one million yen in the lottery.
私は、宝くじで100万円を獲得した。

先ほどと同様で、過去形なのでwonは獲得した、勝ち取ったですね。
one million yen100万円lotteryは、くじという意味です。

これらを整理してI won one million yen in the lottery.を訳すと、私は宝くじで100万円を獲得したになります。

wonの例文 その③

では三つ目の例文です。

Who won the silver medal?
誰が銀メダルを勝ち取ったの?

まず、Who won~?と始まっているので誰が勝ったの?という疑問文であることが分かります。
silver medalで、銀メダルを意味します。
順番に訳すと、誰が銀メダルを勝ち取ったの?になります。

それぞれよく使える用語なので、ぜひ覚えてくださいね。

同じように間違えやすい英単語は、こちらもおすすめです。

wantとwon’t の発音の違いは?

発音が似ている単語は他にもいくつかありますが、今回はwantwon’t に注目しましょう。

発音も非常によく似ていますが、困ったことに地域や話者によって微妙に発音が異なります。

なかなか聞き取りにくいので、慣れるまでは英会話スクールやオンライン英会話などで発音してもらってヒアリングするのも一つでしょう。

まずは、発音の仕方に注目しつつ発音記号もみてみましょう。
wの後に続く母音に注意してくださいね。

wantの場合

wantは、米国英語だと[wάnt]英国英語だと[wˈɔnt]になります。
母音は[ɑ]という音です。
アメリカ英語・イギリス英語で発音が異なるので注意が必要です。

want~が欲しい、~がしたいという意味です。

例えば、

I want it.
それがほしい。

という具合になります。

won’t の場合

won’tは、米国英語だと[wˈɔːnt]英国英語だと[wˈəʊnt]です。
こちらも地域や話者によって発音が異なります。

母音[oʊ]は二重母音であるため、母音が二つ続きます。
カタカナ表記だと、オゥという音が近いです。

won’tはwill notの短縮形です。

He won’t work.
彼は働こうとしない。

という意味になります。

英会話スクール探しに役立つ情報はこちらも参考に。

まとめ

今回は、winの過去形であるwonの発音の仕方、wantとwon’t の発音の違いについてお伝えしました。
間違った発音を矯正するには、正しい発音の練習を繰り返すしかありません。

地道な努力を続け、完全マスターを目指しましょう。

正しい発音方法であれば相手も聞き取ってくれます。
正しい発音で練習する癖をつけ、英語力を高めてくださいね!

動画でおさらい

「日本人が間違えて習っている「won」の発音。ほんとうの発音は?」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須