アクセントが全然違う!「museum」のネイティブ発音

LINEで送る
Pocket

日本人が発音しても、ネイティブにはなかなか伝わらない英単語ってありますよね。

今回はmuseum

という単語を例にとり、発音について解説します。ポイントは、アクセントの位置です。

museumは日本語のままだと通じない

museum

は日本語では美術館、博物館という意味ですが、そのまま読むとミュージアムです。ミュージアムという言葉が、そのまま日本語のように使われることもあります。

日本語ではミューの部分にアクセントがあり、ミューを強く発音し、後ろにジアムをくっつけるというイメージの発音です。ミュージアム(太字がアクセント)となります。

ところが、残念ながらこれではネイティブにはうまく通じません。

ネイティブはこう発音する!

museumのネイティブの発音はまったく違います。

museum

はミュジアム、つまりジを強く発音、seの部分にアクセントを置いて発音するということです。同時にmuの部分は短くとどめ、ミュと発音し、日本語で言うようにミューと伸ばしたりしません。

ミュジアムというコンパクトなイメージで発音しましょう。

アクセントは重要

アクセントを注意する単語として、かなり有名なのがmuseumです。

文節に分けるとmu-se-umとなり、アクセントは第2文節のseにあります。さまざまな試験に出題されることが多いので、覚えておきましょう。

正しいアクセントで話すと相手は聞き取りやすいです。発音がちょっとあやしくても、アクセントが正確であればちゃんと相手に伝わることも多々あります。

正しいアクセントを知る事はとても重要です。

まとめ


museumは日本語でもよく使われる言葉ですが、日本語の普段の会話で言うようにミュージアムと当たり前のように発音してはいけません。途端にネイティブには通じない言葉になってしまいます。

museumはミューを強調させるのではなく、ジの部分にアクセントを置き、ミュジアムと短く発音するようにしましょう。

英語では、アクセントやリズムがとても重視されます。英語の発音そのものももちろん大事ですが、アクセントもしっかり意識して発音するようにしましょう。

動画でおさらい

アクセントが全然違う!「museum」のネイティブ発音を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket