「There」と「Their」の発音の違い。2つを区別し聞き分けるコツとは?

LINEで送る
Pocket

今回は単語の発音に関する質問をいただきました。

There

Their

この二つの単語、一見すると似ていますよね。

綴りが似ているこれらの単語は発音も似ています。

とても似ている二種類の単語の発音の違いと、リスニングする時にどういったところに気を付ければよいのか、ポイントとコツをお教えほしい、

ということでしたのでお答えしていきます。

確実に違う音

shutterstock_318525917

二つの単語の違いをご説明するのですが、そのままだと少しわかりにくいと思います。

わかりやすくするために、一つだけアルファベットを追加してみます。

There’s

Theirs

こうすると、結構わかりやすくなるのではないかと思います。

実際に発音してみると、

There’s」は「ゼアーズ」となり、

Theirs」は「デアーズ」となります。

文字で表記すると違いがはっきりとしますが、
聞き比べてみると、音も確実に違うということが判って頂けると思います。

 

その他にもある、発音のポイントはこちら
⇒【Foreign】の発音の仕方

止まっているか伸びているか

では、先ほど付け足したアルファベット「s」を取ります。

There」は「ゼアー.」となり

Their」は「デアー」となります。

文字表記では表現が難しいので、あえて語尾にピリオドを打ってみました。

s」を取った状態の二つの単語の発音の違いについてですが、
Thereのほうは「ゼアー.」と語尾が止まるのに対して、Their「デアー」と伸びた感じになります。

語尾が止まっているか、伸びているかによって区別してみると、二つの単語の発音の違いがわかると思います。

これらの特徴を聞き分けることによって、どちらの単語を言っているのか、ちゃんと聞き取れるようになります。

 

まとめ

There」と「Their

Thereは語尾が止まり、Theirは語尾が伸びるという特徴を意識してみてください。

とても似ている単語ですが、違いを区別することで使い分けやリスニングが可能になります。

 

動画でおさらい

「There」と「Their」の発音の違い。2つを区別し聞き分けるコツとは?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket