1. TOP
  2. 発音
  3. 「There」と「Their」の発音の違い。2つを区別し聞き分けるコツとは?

「There」と「Their」の発音の違い。2つを区別し聞き分けるコツとは?

 2016/12/20 発音
 
LINEで送る
Pocket

今回は単語の発音に関する質問をいただきました。

There

Their

この二つの単語、一見すると似ていますよね。

綴りが似ているこれらの単語は発音も似ています。

とても似ている二種類の単語の発音の違いと、リスニングする時にどういったところに気を付ければよいのか、ポイントとコツをお教えほしい、

ということでしたのでお答えしていきます。

確実に違う音

shutterstock_318525917

二つの単語の違いをご説明するのですが、そのままだと少しわかりにくいと思います。

わかりやすくするために、一つだけアルファベットを追加してみます。

There’s

Theirs

こうすると、結構わかりやすくなるのではないかと思います。

実際に発音してみると、

There’s」は「ゼアーズ」となり、

Theirs」は「デアーズ」となります。

文字で表記すると違いがはっきりとしますが、
聞き比べてみると、音も確実に違うということが判って頂けると思います。

 

その他にもある、発音のポイントはこちら
⇒【Foreign】の発音の仕方

止まっているか伸びているか

では、先ほど付け足したアルファベット「s」を取ります。

There」は「ゼアー.」となり

Their」は「デアー」となります。

文字表記では表現が難しいので、あえて語尾にピリオドを打ってみました。

s」を取った状態の二つの単語の発音の違いについてですが、
Thereのほうは「ゼアー.」と語尾が止まるのに対して、Their「デアー」と伸びた感じになります。

語尾が止まっているか、伸びているかによって区別してみると、二つの単語の発音の違いがわかると思います。

これらの特徴を聞き分けることによって、どちらの単語を言っているのか、ちゃんと聞き取れるようになります。

 

まとめ

There」と「Their

Thereは語尾が止まり、Theirは語尾が伸びるという特徴を意識してみてください。

とても似ている単語ですが、違いを区別することで使い分けやリスニングが可能になります。

 

動画でおさらい

「There」と「Their」の発音の違い。2つを区別し聞き分けるコツとは?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。