「It’ll」が全然聞き取れない!その理由と聞き取れるようになる方法

LINEで送る
Pocket

何度も何度も聞きなおしているのに、どんなに頑張っても「どうしても聞き取れない!」という英語表現ってありませんか?この日本人がどうしても聞き取れない英語の発音。何度聞きなおしても聞き取れない理由は、日本人が思っている発音とネイティブの発音にブレがあることが原因です。

そのため、ネイティブの発音と自分が思っている発音で、どこが違っているかという「ブレ」に気づくだけで、今まで聞き取れなかった英文がグッと聞こえるようになります。

そこで今回は、聞き取りにくい英文を例に、 そんな発音のブレについて詳しく解説します!

Tの音を探そうとしてしまう

まずは、日本人が聞き取りにくい英文を例に、ネイティブとの発音のブレを詳しくみていきましょう。

The weather man said it’ll be rainy.
(天気予報士が雨降りになると言っている)

という英文を例にみてみます。

この英文の中に、多くの日本人の方が聞き取れない箇所があります。

それはどこかというと、
it’llという部分。

実は、この英文を聞いて
it’lltの部分を探そうとすると、

途端に聞き取れなくなってしまうのです。

それはいったいなぜなのでしょうか?

その他の日本人が発音が難しい単語はこちら
⇒日本人が発音しづらい「R」が二つあるときの発音

発音されていない音

実は、この
The weather man said it’ll be rainy.

という英文の中で、ネイティブの発音の中では、そもそも発音されていない音があります。それが先ほどのit’llの中の

ここがネイティブと日本人の発音の「ブレ」の部分ということになります。

ネイティブスピーカーの発音の中でtの音は発音されていないのですが、日本人の方はどうしてもこのtの音を探そうとしてしまうため、この例文が聞き取れない、ということになってしまうのです。

この発音されていないの音。これをもっとわかりやすい例で考えてみましょう。

例えば、日本人にも聞き取りやすいit’sという言葉。
これは「イッツ」と発音しているように聞こえますね。

このtも、実は同じ。「イトツ」と言う風にtの音は発音したりはせず、「イッツ」と発音しますね。
このtも先ほどのit’llと同じように発音されていない音なのです。it’llもこのit’sと同じとイメージするとわかりやすいでしょう。

このtの音を発音しないのは、アメリカ英語の特徴でもあります。

ネイティブのように発音するには

ネイティブスピーカーがit’llを発音するときには、このtの部分は消えて、「病気」と言う意味のill「イル」に近い発音で「イル」と発音しています。

それを念頭に置いて、tの音を探そうとせずにもう一度聞いてみると、先ほどの英文が聞き取れるようになっているはずです。

その他のネイティブ発音が難しい単語はこちら
⇒微妙に違う「ear」と「year」の発音

tで終わる単語

itのようにtで終わる単語は、たくさんあります。
getやgotなども、文章ではよく使います。

I got it!
(わかった!)

「アイ ゴット イット」のように聞き取ろうとすると、聞こえないでしょう。tを聞き取ろうとしなければ、「アイ ゴリッ」のように聞こえるでしょう。この「リ」は、itのtと、itのiが繋がりtiとなり、これが「リ」と聞こえるのです。
このように、tを次の単語とつなげて発音することもあります。その場合も、日本人は聞き取りにくくなります。

語尾がtの単語が文章にの場合発音しない、もしくは後ろの単語とつながることを意識して聞いてみてください。きっと、今までより聞き取りやすくなっていることでしょう。

まとめ

ネイティブが「t」をどのように発音するかを頭に入れて英文を聞くと、聞き取れないと思っていた表現が聞き取れるようになりましたね。

このように、ネイティブの発音と頭の中で考えている発音との「ブレ」を意識してみると、聞き取りがグッと上達するので、今度からみなさんも意識してみてはいかがでしょうか?

動画でおさらい

「「It’ll」が全然聞き取れない!
その理由と聞き取れるようになる方法」を、
もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須