1. TOP
  2. 英語発音
  3. 「Bold(勇敢)」と「Bald(ハゲ)」の発音の違いを比較。文脈で理解がオススメ
Sponsored Link

「Bold(勇敢)」と「Bald(ハゲ)」の発音の違いを比較。文脈で理解がオススメ

LINEで送る
Pocket

「橋」「箸」のように、
日本語にも発音が似ていたり
同じだったりしても
全く意味の違う言葉ってありますよね。

日本語と同じように、
英語にも似てはいるけれど
全然意味の違う言葉があります。

例えばこの
bold“と”baldという言葉。

スペルも発音も似ていますが、実は聞き間違うと大変なことに!?

今回は、
似ている単語の聞き分け方
ご紹介します!

Sponsored Link

単語の意味の違い

今回は、
似ているけれど意味の違う言葉として
bold“と”bald“という単語を例に、
聞き分け方をご紹介していましょう。

まずはこの、
bold“と”bald“という
言葉の意味を解説します。

bold“とは
「勇敢な」という意味の言葉で、

he is bold.“というと
「彼は勇敢な人です。」
と言う意味になります。

次にこちらの
bald“という単語はなんと
「ハゲ」という意味を表す言葉。

he is bald.
と言ってしまうと、

「彼はハゲです。」
という意味の文章になってしまいます。

 

発音の聞き分けのコツは、
こちらの記事も参考になります
⇒微妙に違う!「travel」と「trouble」の発音の違い

結構似てる発音

この
he is bold.“(彼は勇敢な人です。)と
he is bald.“(彼はハゲです。)。

まるで笑い話のようですが、
発音がとても似ているので、
日本人の方にとっては聞き取りにくく
間違えやすい単語といえます。

「勇敢」「ハゲ」では
全然意味の違う言葉なので、

聞き分けられずに
大変な聞き間違いをしてしまったらどうしよう!?

と思った方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

似ている発音については
こちらの記事も参考になります
⇒とっても似てる単語の発音と聞き分けるポイント

聞き分ける解決法

この発音の似ているワードの
聞き間違いを防ぐ
解決方法が2つあります。

まず1つ目は、
発音の違いを理解して、
自分で意識して2つのワードを
話しわけられるようになるということです。

発音ができるようになると
音の違いが分かるようになるので、
自然と聞き取りができるようになるのです。

まず”bold“という単語の発音は、
微妙に「ボゥルド」というように間に
「ゥ」という音が入ります。

ところが”bald“の方は、
日本語で表現すると
「ボールド」のように
「ー」という伸ばす音が聞こえるはずです。

伸ばす音が
「ゥ」「ー」かと言う部分で、
微妙に発音が違うので、

自分で発音するときに違いを意識して
話すようにすると、
微妙な単語の発音の違いが
わかるようになります。

それでももし、
会話の中で微妙な発音を聞き取ることが
できなかった場合は、
文脈で理解するというのがもう1つの解決法。

例えば、
日本語でも「橋」「箸」という
言葉が会話に出てきた場合、

文脈の中で
どちらのことを指しているのか、

みなさん自然と
判断できているはずですよね。

発音の練習をして、
それでもわからないときは
文脈で理解するという風に
練習するのがおススメの解決策です。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は
bold(勇敢な)”と”bald(ハゲ)”
という似た発音の英単語を
例に聞き分け方をご紹介しました。

発音の似た英単語を聞き分ける時には、
まずは発音を自分で練習してみること、

そしてわからない時は
文脈から理解するという風にすれば、
きっと聞き取りがうまくなるはずです。

不安な英単語に出会ったら、
みなさんも試してみてくださいね!

 

動画でおさらい

「「Bold(勇敢)」と「Bald(ハゲ)」の
発音の違いを比較。文脈で理解がオススメ」を、

もう一度、
動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

  • 英語での「かっこいい」の表現いろいろ

関連記事

  • ThとRを同時にマスターできる「Through」のネイティブ発音!

  • 上手に発音できない「February」の2つのRの発音法

  • 全然違う!みんな知らない「Clothes」の発音方法

  • 慣れればかんたんに聞き取れます「coach」と「couch」の発音

  • 海外では髪の色と目の色がよく出ます!色の英語表現

  • 「MANHATTAN」発音は「マンハッタン」ではありません