1. TOP
  2. 発音
  3. 海外では髪の色と目の色がよく出ます!色の英語表現

海外では髪の色と目の色がよく出ます!色の英語表現

 2018/08/21 発音 英語圏の文化
 
LINEで送る
Pocket

生活や仕事の場面で色を表現する機会も多いと思いますが、あなたは色を英語で表現することはできますか?

今回は英語での色の表現と、慣用句と例文、また海外ならではの色の表現を使う場面について紹介します。

基本的な色の英語表現

まずは、基本的な色の英語表現をみていきましょう。

red(赤)
blue(青)
yellow(黄色)
green(緑)
orange(オレンジ)
purple(紫)
pink(ピンク)
brown(茶色)
black(黒)
white(白)
gray(灰色)

これらの色を表す英単語は、私たち日本人にも馴染みのあるものばかりですので、是非この機会にスペルも完璧に覚えてみましょう。

基本的な色以外にも、以下の色の表現は日常生活で使う機会もあるので覚えておくとよいでしょう。

yellowish green(黄緑)
sky blue(水色)
khaki(カーキ)
indigo(藍色)
flesh color(肌色)

これくらいの基本の色の表現を覚えておけば、日常の生活の中で困ることは少ないと思います。

色を使った慣用句

日本語でも、「赤の他人」「目を白黒させる」など、色を使った慣用句がありますよね。

ここでは、英語での色を使った慣用句を厳選してみましたので、使い方をぜひ覚えてみてください。

as white as a sheet
(顔色が)蒼白な、青白い

直訳で、シーツのように白いという意味で、顔色が悪い場合に使う言葉です。

You are as white as a sheet.
あなたの顔色、青白いよ。

out of the blue
突然、思いがけず

a bolt out of the blue sky(青い空から稲妻)というフレーズが由来のようです。

He just appeared out of the blue.
彼は、突然現れました。

red eye
夜行便

直訳すると赤い目という意味ですが、夜行便に乗ると寝付けず目が赤くなるということが由来です。

I took a red eye flight back home.
私は夜行便のフライトで帰った。

in the pink
とても元気で、絶好調で

欧米では肌がピンク色だと、とても健康な状態で最高のコンディションであることから、使われるようになりました。

She is in the pink today.
彼女は今日は絶好調だ。

慣用句は直訳してもイメージがわかないので、知っておくと便利です。

海外では色の英語表現は日常生活でよく使う

日本では、ある人の特徴を表す時に、色で表現することはあまりありません。

しかし、アメリカなど海外では、さまざまな人種の人が生活をしている国も多く、髪の毛や目の色の違いをその人の特徴として話に出すことがあります。

たとえば、ジョンという人の話をしていて、一人が「ジョンって誰だっけ?」と言うと、「あの髪の毛が茶色で、目の色が青い人」というように、髪の毛や目の色の特徴を伝えるのです。

基本的な髪色の表現は以下のものです。

black hair(黒髪)
brown hair /brunet(茶髪)
blond(ブロンド)
red hair(赤毛)
gray hair(白髪/黒髪混じり)
white hair(真っ白な髪)

目の色は特に日本人には馴染みがないので、表現することは難しいかもしれません。

海外には、日本人のような黒い瞳以外にも、ブルー(blue eyes)やグリーン(green eyes)など様々な色の瞳の人が存在します。

ここで気をつけたいのが、

What color are your eyes?
あなたの目の色は何色ですか?

と聞かれた際に、日本人の目は黒いことが多いので、

black eyes.

と答えがちですが、英語でblack eyesとは、目の周りの青タンのことなので、目の色を聞かれた際にはこのようには答えないことが多いです。

日本人で目の色を聞かれた際には、dark brownbrownで答えることが多いので、覚えておきましょう。

ブルーやグリーン以外にも、hazel eyes(ヘーゼル色…緑がかった茶色)、gray eyes(グレイ)、amber eyes(明るい茶色)など、様々な目の色の人がいます。

海外で人の特徴を伝える際には、これらの表現を使ってみてください。

まとめ

英語では、日常英会話で色を表現するケースが多くあります。

基本的な色のほかにも、会話に出てきそうな色の単語と、慣用句は覚えておくと便利です。

また、海外では人の特徴として、髪の色や目の色を表現することが多いことも覚えておきましょう。

動画でおさらい

海外では髪の色と目の色がよく出ます!色の英語表現を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。