書籍レビュー:ジュミック今井|フォニックス英語リスニング 文字と音のルール“フォニックス”で聞こえた英語の音を瞬時に文字変換する (音声DL付)

ジュミック今井 フォニックス英語リスニング 書籍レビュー

英語を勉強する中でフォニックス(phonics)という言葉を聞いたことはありませんか?

フォニックスとは、英語を母国語とする子どもたちが学ぶ、つづり字(アルファベット)と発音の関係を示したルールのことです。

英語圏の子どもたちはフォニックスを通じて英語を習得していきますが、残念ながら英語教育の中でフォニックスを学んだ人という日本人はまだまだ少ないのではないでしょうか。

そんなフォニックスは、実は日本人の成人英語学習者の発音矯正ツールとしてとても有用だと、最近YouTubeなどでも話題になっています。そして、フォニックスを通じて発音を正しく矯正できれば、自然とリスニング力も上がるとのこと!

発音力もリスニング力も上がるなら、ぜひともフォニックスを学んでみたいと感じませんか?

そんな方におすすめしたい本が、この[音声DL付]フォニックス英語リスニングです。

ジュミック今井|大人向けフォニックスの第一人者

本書の著者は、大人向けのフォニックス学習書の第一人者であるジュミック今井先生
フォニックスの理論を丁寧に解説し、実際にどのように聞こえるのかの法則も教えてくれます。

本書を通して聞き取り方の訓練を行なっていけば、英語のリスニング力も格段に良くなること間違いなし!

そもそも、リスニングが苦手と感じている日本人は多いですが、それは正しい発音を覚えていないから。正しく発音できていないから、自分自身の発音とネイティブの発音に違いがあり、リスニングが難しいと感じてしまうとのことです。

私自身もリスニングが苦手でしたが、それは聞き取る能力がないからだと感じ、英語学習に挫折をしかけていました。しかし、本書の中で、母国語である日本語が聞き取れるのならば、能力にではなく聞き取り方に問題があるとの記載があり、聞き取り方を鍛えれば誰でもリスニング力は上げられるんだ!と英語学習をすることに対し希望を持つことができました。

英語の聞き取り力を鍛える

英語の聞き取り力を鍛えるために、とにかくたくさん英語を聴く多聴を思い浮かべる方もいると思いますが、ジュミック今井先生によるとリスニングの向上には多聴だけでは不十分とのこと。実際に多聴のみを行なってもリスニング力は上がらなかったという人も多いのではないでしょうか。

そこで、本書で提唱しているのが、フォニックスのルールを学び、小さな音を細かく聞き取る精聴のアプローチも併用すること。冒頭で、フォニックスとはつづり字(アルファベット)と発音の関係を示したルールだと紹介しましたが、フォニックスを学べば、awやoiなどのつづり字の音の読み方は辞書を引かなくても分かるようになります。

まずは小さな音を聞き取れるようにし、着実に足元を固めていくことで必ず英語が聞き取れるようになるということです。

ここまで記事を読んでいただいて、フォニックスがリスニング力向上のためには良さそうということは分かったけど、実際にフォニックスのルールは[音声DL付]フォニックス英語リスニングの本を読むことで理解できるようになるの?と感じた方もいると思います。

そのように感じている方のために、実際に本書でどのようにフォニックスのルールを学べるか本書の構成を少し紹介したいと思います。

フォニックス英語リスニングの構成

本書はまずは、
Chapter 1:単語のリスニング
から始まり、
Chapter 2:語句のリスニング
Chapter 3:文のリスニング
Chapter 4:総まとめ
という構成になっています。

Chapter1|単語のリスニング

ジュミック今井 フォニックス英語リスニング 書籍レビュー

Chapter 1で、基礎となる母音と子音の聞き取りができるように、フォニックスの基本的なルールをしっかり説明してくれています。フォニックスとは何かということも再度分かりやすく説明され、一つ一つの法則も丁寧に解説されています。

Chapter2|語句のリスニング

ジュミック今井 フォニックス英語リスニング 書籍レビュー

Chapter 2では、語句やフレーズの聞き取りが紹介され、脱落、連結、同化、短縮、弱形の5つの音声変化も登場します。

Chapter3|文のリスニング

ジュミック今井 フォニックス英語リスニング 書籍レビュー

Chapter 3では日常英会話で使われる短文から長文の聞き取りが紹介され、英語のリズムをしっかり理解することができます。

Chapter4|総まとめ

ジュミック今井 フォニックス英語リスニング 書籍レビュー

Chapter 4は総まとめとして、各シチュエーションごとにディクテーションを行います。

音声ファイルを無料でダウンロード

本書に対応した、音声ファイル(mp3ファイル)を無料でダウンロードできます。

実際の本書を使った学習方法としては、各章ともまずは解説を読み、その後音声を聞きながらの実践トレーニングを繰り返していきます。

本書は全部で336ページとボリュームもありますが、丁寧に分かりやすく解説がされているので、初心者でもスムーズに読み進めることが可能です。

解説を読み理解する→実践というトレーニングをコツコツ続けていけば、この1冊でフォニックスを理解し、どんどん発音力とリスニング力が向上します!

フォニックスを理解したい!
発音を良くしたい!
今度こそリスニング力をアップさせたい!という人におすすめです。

ぜひ本書[音声DL付]フォニックス英語リスニングでフォニックスの理解を深め、英語の発音力とリスニング力をアップさせませんか?

最初のコメントをしよう

必須