1. TOP
  2. 英会話フレーズ
  3. お決まりの英語表現!「撤回してよ!」を英語で言うと?
Sponsored Link

お決まりの英語表現!「撤回してよ!」を英語で言うと?

LINEで送る
Pocket

「言ったことを撤回してください」を英語で表現した場合、「Take it back.」となります。

また、自分が言ったことをすべて撤回する場合、「I take it all back.」と表現します。

日常生活からビジネスシーンなど様々なシチュエーションで活用できますのでぜひ覚えてみましょう。

Sponsored Link

覚えちゃおう!

shutterstock_252410212

日本人が言えそうで、なかなか言えない英語の表現をご説明します。

今回の表現は、「言ったことを撤回してください。」です。

誰かの発言を撤回してほしいときに使いますよね。

これを英語でどのように言うのでしょうか?

英語では、Take it back.と言います。

これは、そのままフレーズとし覚えてしまった方が良いですね。

その他にもある、日本人が言えそうで言えない英語の例はこちら
⇒「逆光」はギラギラがたくさんだ!で覚えよう

撤回します!

また、逆に「自分が言ったことを全部撤回します」という場合はどのような表現になるのでしょうか?

自分の発言を撤回する場合には、「I take it all back. 」と言います。

どちらの場合でも使用しますので、「Take it back.」という表現を、しっかりと覚えておいてください。

 

まとめ

「言ったことを撤回してください」を英語で表現した場合の「Take it back.」について、

自分が言ったことをすべて撤回する場合の「I take it all back.」と併せて、日常生活からビジネスシーンなど様々なシチュエーションで活用できる例として紹介しました。

役立つ表現ですのでぜひ覚えてみましょう。

 

動画でおさらい

お決まりの英語表現!「撤回してよ!」を英語で言うと?を英語で表現するには?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。

2人の子供をこよなく愛する。


英語はいまだに得意とは言えないものの、

英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 英語に無い表現「空気読めない」を言うとしたら?

  • 同じ意味です。「Would you like something to eat ?」と「Would you like to eat something ?」

  • 「正直」「ぶっちゃけ」を英語で言うと?To be honest,◯◯

  • 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?

関連記事

  • 英語で「奇遇ですね」の3つの表現と発音とニュアンス

  • 「どうなってんの?」よく使うお決まり英語フレーズ

  • 「ホントにやんの?」の英語表現。英語の場合は「誰が」を追加します

  • 「うらやましい!」の英語表現は色々!ネイティブがよく使うのは?

  • 英語で注文「炭酸水ありますか?」アメリカでは○○water

  • 「あ”~!肝心な時に見つからない!」を英語で表現すると全然違う!