「嬉しい」って英語でどう言うの?3つの基本的なニュアンスの違い

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

英語で「嬉しいです」と言いたい時、あなたはどのような表現を使いますか?

学校では「I’m Happy」や

「I’m glad」


という表現を習いましたが、

実は「Pleased」という単語も

ネイティブにはよく使われているってご存知でしたか?

使える単語候補をうかつに増やすと「だったらどれをどんな時に使えばいいの!?」となりますよね。

この記事では、それぞれの単語のもつニュアンスの違いと例文を使った使用例をお伝えします。

基本単語 「Happy」「Glad」「Pleased」のニュアンスの違い

英語 嬉しい

日本語には「嬉しい」というひとつの単語しか存在していませんが、英語ではいろいろな表現があります。
実際よくよく考えてみると、「嬉しい」という時に感じている感情はさまざま。

日本語では「嬉しい」という言葉に集約されている感情を、英語ではきちんと切り分けているために、表現の幅が広くなっているのです。

では、どのように切り分ければいいのでしょう?

それぞれの持つニュアンスを端的に示すと、以下のようになります。

Happy:幸せ・満足

Glad:感謝・安堵

Pleased:満足

この中で「Happy」は、「Glad」や「Pleased」に比べると感情的に聞こえるため、「子供っぽい」や「テンションが高い」という印象を与える場合があります。
実際に印象がどれくらい異なるのかを、初対面の際の挨拶としてよく使われる「I’m happy」「glad」「pleased to meet you.」というフレーズで見比べてみましょう。

会えて嬉しいです。
I’m happy to meet you.

お会いできて嬉しいです。
I’m glad to meet you.

お会いできて光栄です。
I’m pleased to meet you.

訳文からも、「Happy」は気軽な感じ、「Glad」は少し丁寧で、「Pleased」はとても丁寧な印象を持たれたのではないでしょうか。

基本的な使い方

では、基本的な単語の使い方がわかったところで、実際にどのように使用するか紹介します。

・Happy

何かをしてもらって、幸せな気持ちになった時などに使用します。

I’m happy to + 動詞(hear/meet/see etc…)

例)

誰かに褒めてもらった

(それを聞けて・そう言っていただけて)
幸せです。
I’m happy to hear that.

連絡をもらえて嬉しいです。
I’m happy to hear from you.

I’m happy for + 名詞(人名・状況など)

を使用して、誰かにいいことがあったと聞いて、幸せな気持ちになった時にも使えます。

(相手に起きたいい事柄について)嬉しいです!
I’m happy for you!

・Glad

「Glad」は「Happy」よりも少し丁寧で、よりかしこまった言い方で使用します。

I’m glad to + 動詞(hear/meet/see etc…)

例)

そう言っていただけて嬉しいです/安心しました。
I’m glad to hear that.

I’m glad that + 文

あなたが試験に合格できて嬉しいです/ほっとしました。
I’m glad that you have passed the exam!

・Pleased

I’m pleased to + 動詞(hear/meet/see etc…)

フォーマルな場や目上の方に嬉しい気持ちを伝える際、またしてもらったことに満足した時に使います。

このような機会にお招きいただけて嬉しいです。
I’m pleased to be invited to this opportunity.

I’m pleased with + 名詞

サービスがとてもよかったので嬉しいです。
I’m pleased with your service.

併せて、「嬉しい」という思いを強調する際に使う

Soと

Veryも

覚えておくといいでしょう。
どちらも「とても」という意味がありますが、Soは感情的な、Veryは丁寧な表現です。

実例で比べるなら、I’m so happy!だと

「超嬉しい!」、

I’m very happy!だと

「とても嬉しい!」といった感じです。

⇒ こんな英語表現もご紹介。

英語での「嬉しい」の関連表現

英語 嬉しい

日常会話では、自分を主体とした「嬉しい」だけでなく、「嬉しい~」という表現もよく使われます。こういったときには、Good news「嬉しい知らせ」や

Good surprise「嬉しい驚き」

というように、Goodを使うことが多いです。

また、ビジネスシーンでは「していただけるとありがたいです」の代わりに「していただけると嬉しいです」という表現を代用することがあります。

I would appreciate it if you + 文


そのメッセージを私に転送していただけると嬉しいです。
I would appreciate it if you forward me the message.

I’d appreciate it if you forward me the message.

まとめ

「Happy」「Glad」「Pleased」の使い方や違いについて、理解できましたか?

その場の状況や自分の感情にあわせて、とっさに一番いい表現をピックアップするのは、なかなか大変です。
しかし、ネイティブに近づくための一歩として、ぜひ実際に使ってみてください。

LINEで送る
Pocket