「ドロドロ」を英語で何と言う? ドロドロしたカレー・関係

LINEで送る
Pocket

「ドロドロ」という擬音語を英語で何と言うかわかりますか?

カレーなどの液体のものがドロドロ
人間関係のドロドロ
日本語では同じドロドロですが、英語では場面によって表現を使い分ける必要があります。

今回は、この「ドロドロ」の英語表現を紹介します。

カレーなど液体のものが「ドロドロ」の英語表現

カレーやヨーグルトなどの、液体のものがドロドロしている場合は、thickという英単語を使います。

thickは、

厚い・厚みのある・密集した・濃いというような意味を持つ形容詞です。
a thick bookで、

分厚い本という意味になります。
髪の毛の量が多いこともthickで表すことができます。

このようなニュアンスを持つthickは、液体がドロドロしている状態も表すことができます。

ドロドロしたカレーが好きですと言う場合は、
I like my curry thick.

このスープ、ドロドロしている(濃い)と言う場合は、
This soup is really thick.

と表現することができます。

ちなみに、ドロドロの逆の意味であるサラサラを英語で表現すると、水っぽいという意味の
watery

という単語で表現できます。

ニュアンスによって使う単語が異なる英語についてはこちらの記事も参考になります。

ドロドロした関係を英語で言うと?

それでは、人間関係のドロドロは、どのような英語で表現するのでしょうか。

ドロドロした関係は、
a destructive relationship

という表現を使います。

destructiveとは破滅的な・破滅的なという意味の形容詞です。
すなわち、a destructive relationshipで、破滅的な関係=ドロドロした関係というニュアンスを表現することができます。

他にも、
ugly(醜い)

complicated(複雑な)

という単語を使っても、ドロドロした関係ということを表現できます。

醜い関係=ドロドロした関係
an ugly relationship

複雑な関係=ドロドロした関係
a complicated relationship

日本語のドロドロした関係というニュアンスを、英語では色々な単語で表現することができます。
会話の流れに適した表現を選んでみましょう。

まとめ

今回は日本語のドロドロという擬音語の英語表現について説明しました。

カレーなどの液体の時には
thick

という単語を使い、お昼のドラマでありそうな人間関係がドロドロしているという時には
destructive

という単語を使って表現しました。

日本語のドロドロは、状況に応じて意味が違うので、英語では状況に応じて表現を使い分ける必要があります。

適切な状況で適切な表現を使えるように、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

動画でおさらい

「ドロドロ」を英語で何と言う? ドロドロしたカレー・関係を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須