1. TOP
  2. 日常英会話
  3. Y-Shirtではありません。「ワイシャツ」は英語で?

Y-Shirtではありません。「ワイシャツ」は英語で?

 2018/09/14 日常英会話
 
LINEで送る
Pocket

ワイシャツは英語でどう表現するか知っていますか?
日本語から連想して、英語でもY-Shirtsとなると思っている人がいるかもしれませんが、英語でY-Shirtsとは表現しません。

今回は、ワイシャツを英語でどのように表現するか紹介します。
海外旅行や日常会話でもワイシャツという単語は使う機会があるはずです。

ぜひ正しい表現方法を覚えてください。

英語でY-Shirtsとは言わない

shutterstock_239087644

日本語ではワイシャツと言えばオフィスで着るオフィシャルな襟付きシャツとイメージできます。商品名としても浸透していますよね。

そのため、カタカナ英語の音のままY-Shirtsと言ってしまいそうになりますが、英語ではY-Shirtsとは表現しないので注意してください。

そもそもワイシャツのYはWhite shirt(白いシャツ)から来ていると言われています。

アメリカ人がホワイトと発音したときに、日本人にはワイと聞こえたからです。そこからワイシャツとなったようです。

それでは英語ではどのように表現するのでしょうか。
英語でワイシャツはdress shirtsになります。

ドレスシャツと聞くと違和感があるかもしれません。
しっかりとしたシャツ=ドレスアップをしたようなシャツという意味で、dress shirtsと言います。

dress shirtsがよく使われる場面

ワイシャツを取り扱うオンラインショップの商品一覧のカテゴリでdress shirts for men(男性用ワイシャツ)と目にすることがあります。似た表現でmen’s dress shirts(男性用ワイシャツ)と表記されていることもあります。

また、お店で

Do you carry dress shirts?
ワイシャツを取り扱っていますか?

という店員と客とのやり取りを聞いたことがあるかもしれません。

どんな場面で使われているか注意していると、様々なシーンで使われている表現だということがわかりますよ。

shirtの発音のコツ

まずshirtを辞書で調べてみると発音記号はʃˈɚːt(アメリカ英語)となっています。

やや強めにシャーと発音して、続いて下を丸めてrの音を出します。
最後のtは弱い音で発音してください。
カタカナ英語のままシャツと言ってしまうと、ツの音が強すぎて、不自然に聞こえてしまいます。

シャの音にアクセントをつけるイメージを持って発音する練習をしてみましょう。

服にまつわる例文

ここまではdress shirtsについて説明しました。
ここからは服にまつわる単語を使った例文を紹介していきます。

button(ボタン)
pocket(ポケット)
collar(襟)
care-label(取り扱い表示ラベル)
clothing(衣類)

これらの単語は日常会話で聞いたことがあるはずです。

また、ここまでdress shirtsと複数形で紹介をしてきましたが、ワイシャツは名詞なので単数形のdress shirtも問題はありません。使い方を例文で確認してみてくださいね。

He keeps a wallet in his back pocket.
彼はお財布をポケットに入れている。

He is buttoning his dress shirt.
彼はワイシャツのボタンをかけている。

button
は名詞で服のボタンという意味がありますが、例文のように動詞でボタンをかけるという使い方もできます。
また、否定・反対を意味するunを冒頭につけたunbuttonは、ボタンを外すという意味です。こちらも合わせて使いこなせるようにしましょう。

I unbutton my dress shirt.
ワイシャツのボタンを外す。

Please join us with light and breathable clothing.
涼しい(通気性の良い)格好できてくださいね。

He is wearing a collared shirt.
彼は襟付きのシャツを着ている。

This is my favourite clutch bag.
これは私のお気に入りのセカンドバッグです。

You should pay attention to the care-label sewn into the clothing.
服に縫い付けられた取扱表示ラベルに注意してください。

まとめ

ワイシャツを英語でいう場合はY-Shirtsではなく、dress shirtsになるということを紹介しました。

英語の世界では、和製英語ではまったく通じないケースが多々あります。
日本語と単語のイメージが異なるので、間違えやすい単語です。
この機会に正しい表現を覚えておきましょう。

また、服にまつわる例文も紹介しました。ボタンや洗濯表示ラベル、襟などは海外生活でも役に立ちます。ぜひ練習してみてください。

動画でおさらい

Y-Shirtではありません。「ワイシャツ」は英語で?を動画で確認してみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。