1. TOP
  2. 英会話初心者からの脱却!スラスラと口から英語が出てくる王道の学習方法
Sponsored Link

英会話初心者からの脱却!スラスラと口から英語が出てくる王道の学習方法

 2016/12/21 日常英会話
  1,477 Views
LINEで送る
Pocket

英語を練習している方の中には、「長い文章を作って話すのが苦手。そのせいで、なかなか言葉が出てこない」という方も多いでしょう。

そこで今回は、相手からの質問に対してスラスラと答えられるようになる勉強法のコツについてお伝えします。

Sponsored Link

初心者は答えが単語になりがち

shutterstock_298463378

英会話スクールのレッスンのはじめには、たいていの先生がレッスンのスタート時、もしくは終わる直前に「最近何かあった?」みたいな感じで質問を投げかけてきます。

“What did you do of the weekend?”

みたいな感じで。このように、生徒さんに対して最近何をしていたか聞くのは、英会話スクールでは“あるある”なんですね。

ですが、多くの生徒さんはこうした質問に対し”Nothing.”(何もありません)や”Shopping.”という1単語で答えてしまいます。

たとえばこれが、以下のような会話だと印象が変わります。

先生:Anything you?
生徒:I went shopping.

こうすると、日本語になおした場合「買い物に行きました」という感じになります。

つまり、“Shopping.”という1単語だと、「買い物。」というぶっきらぼうな印象になるのです。

もちろん、英会話スクールの先生からすれば生徒が1単語だけで答えても、「態度が悪いな」とは思いません。

しかし、発言している本人からすると「自分は単語でしか発言ができないから、全然英語ができないんだ」と思っているケースも多いです。

そこでおすすめなのが、センテンス単位で話す、ということです。

前述のように”Anything you?”と聞かれた場合は、”I went shopping.”といふうに、単語だけではなく文節を作ることを心がけてみましょう

さらにポイントになるのが、「ピリオドを意識しない」ということです。

先ほどの”I went shopping.”の場合、日本語になおすと「買い物に行った」となります。

しかし、これだけではやはり会話として盛り上がりがありませんよね?
相手としても、その後何を話せばいいのか困ってしまうかもしれません。

そのため、ピリオドがあるということを意識せずに、その後情報を追加するように心がけましょう。

たとえば、

「何を買ったのか」

「誰と一緒に行ったのか」

「どこへ出かけたのか」

といったものです。

この追加する情報というのは、多くの場合5H1Wで考えるのとうまくいきます。

 

どの言語でも与えられる情報は決まっている

日本語でも英語でも、どんな言語でも同じですが、人間が人に対して伝えられる情報というのは5W1Hくらいです。5W1Hというのは、以下のものになります。

  • What: 何
  • When:いつ
  • Where:どこ
  • Who:誰
  • Why:なぜ
  • How:どのように

ちなみに、Howの中には「How much(いくらくらい)」「How often(どのくらい)」の頻度を示すものもあるのですが、今回はHow 1個でまとめています。

今回の例で言うと、“買い物に行った”という事象に関わる情報を1センテンスずつ与えていくと良いでしょう。たとえば以下のように。

  • を買ったのか?:I bought a 〇〇.(○○を買いました)
  • いつ行ったのか:I went shopping on Sunday.(日曜日に買い物に行きました)
  • どこへ買い物に行ったのか:I went to Sibuya.(渋谷に行きました)
  • と言ったのか:I went with my wife.(奥さんと一緒にいきました)

その他にも、理由などもあれば述べられると良いですね。上記をつなげて言ってみましょう。

I went shopping. I bought a 〇〇.
I went shopping on Sunday.
I went to Sibuya. I went with my wife.

上記であれば、「日曜日に渋谷へ妻と一緒に買い物に出かけて、○○を買いました」という文章ができあがります。

ぶつ切りな印象はありますが、これでもまったく問題ありません。
大切なのは、積極的に相手に対して情報を伝えられている、ということです。

英会話についてはこちらの記事も参考になります
⇒独学で英会話はどこまでマスターできる!?

相手になるべく情報を与える意識

このように、5センテンスがあれば情報を相手に的確に伝えられる文章というのは簡単に作ることができます

もちろん、もっと短くしようと思えばできなくもありませんが、はじめのうちは難しいでしょう。

そのため、まずは短いセンテンスで相手に情報を伝えてあげる
そしてその情報は、5W1Hを通して増やしていく、ということを心がけてください。

センテンスの数が増えれば、相手もきっと質問をしやすくなります。
そうすると、会話が途切れることなく展開できるので、勉強がはかどるでしょう。

ネイティブスピーカーに会った時、英語を勉強中の人というのは多くの場合、スラスラと言葉が出てきません。

そのため、英会話を練習している時には、今回ご紹介しているように、とにかく1センテンスで伝わる情報を声に出すように心がけてみましょう

買い物に行った、お風呂に入った、○○を食べた、なんでも構いません。

とにかく「週末に何かあった?」と聞かれたら、その質問にシンプルに答えるようにしましょう。

そして、より多くの情報を相手に与えられるように、思いついたことをまた1センテンスずつ伝えていけばOK

これを確実にできるようになれば、スラスラと英語が出てくるようになります。

センテンスについてはこちらの記事も参考になります
⇒英会話を上達させるなら単語じゃなくてセンテンス!

まとめ

多くの方は「長い英語の文章を話すのは難しい」とお考えです。
ですが、英語に慣れてくると長い文章を話すのはそんなに難しくなくなってきます。

今回ご紹介したように、長い文章というのは、短い簡単な文章がいくつも連なっているだけです。

長い文章を話そうと思うなら、はじめにセンテンスを並べて話せるようになりましょう。
そうすることで、スラスラと英語が話せるようになります。

長い文章に苦手意識を持っている方こそ、まずはこの勉強法を試してみてください。

初級者向けの英会話についての情報はこちら
⇒初級者向けの英会話あるあるはこれで解決!

動画でおさらい

英会話初心者からの脱却!スラスラと口から英語が出てくる王道の学習方法を動画でもう一度おさらいしておきましょう。

長い文章をスラスラ話すコツはセンテンスをつなげることです。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう

関連記事

  • 英語で「吐き気」ネイティブのカジュアルな言い方は?

  • カットからカラーまで安心!海外の美容院で使いたい英語フレーズ

  • とっても「まぁいいや」感が出る英語での「まぁいいや」

  • 「No」の代わりに使える言い回し6選!英語で感じよく断る

  • 「逆転勝ち/負け」を英語で言うと?スポーツの話でよく出てくる表現

  • もううんざり!を英語で。うんざり度を3段階で表現