1. TOP
  2. 日常英会話
  3. 「100ドルをくずしてもらえますか?」を英語で

「100ドルをくずしてもらえますか?」を英語で

 2018/11/28 日常英会話 トラベル英会話
 
LINEで送る
Pocket

海外旅行中の外貨はどうしても大きな単位になりがちです。

高額紙幣しか持ち合わせていなければ、電車やバスなどを利用する時にも不便に感じることでしょう。

そんな時、お金をくずしたいと英語で伝えるには、どのように表現すればよいのでしょうか。

今回は、100ドルを10ドルにくずしてもらえますか?という英語の表現方法をお伝えします。

見せている状態で

100ドルを10ドルにくずしてもらえますか?という表現は、日本人が言えそうで言えないフレーズのひとつだと思います。

海外旅行先などでは細かい小銭があるほうがレストランや映画館、またはチップの支払い時に重宝しますよね。

そんな時に紙幣しか持っていないない場合は、まずはホテルや銀行などで

Can you break this $100 to $10s?

と尋ねてみましょう。

手数料などかからずに無料で両替してくれるサービスがあるかもしれません。

英語でくずすと表現するときには、breakという単語を使うのがポイントです。

breakは直訳すると壊すという意味なので、くずすと近いニュアンスですから覚えやすいと思います。

$dollarと読み、ダラーと発音します。

なお、ドル紙幣の部分をdollar billなどと細かく表現する必要はありません。

100ドル紙幣を見せている状態であれば、$100や$10sの部分の$を省き、one hundredtensだけでも意味が通じるので省略できる部分は省略して言ってもよいでしょう。

sを付けて!

Can you break this $100 to $10s?と言う時に気をつけなければならないのが、10sのように複数形のsをつけることです。

100ドル紙幣1枚を両替した際に、10ドル紙幣が10枚になるため、複数形のsは必須になります。

日本語には複数形の概念はないため馴染みがないかもしれませんが、英語では単数と複数を区別しているので、sを付けることを忘れないでください。

もうちょっと簡単に!

もう少し簡単にお金をくずしたい時には、100ドル紙幣を見せながら

Can you break this?
これをくずしてもらえますか?

だけでも十分通じます。

単数や複数の区別がややこしく、Can you break this $100 to $10s?が使いづらい人にも気軽に使える表現です。

また、このフレーズを覚えておけば、紙幣だけでなく硬貨の時にも使えます。

ぜひ覚えてネイティブに使ってみましょう!

まとめ

100ドルを10ドルにくずしてもらえますか?と英語で尋ねたい場合、Can you break this $100 to $10s?と表現することが分かりました。

海外旅行先の外貨両替所などでは、高額紙幣などのお札に両替されてしまうケーズが多いため、大きい単位のお金が使いづらいと思ったら、Can you break this~?と使ってみてください。

すぐに使えるシンプルなフレーズですので、海外旅行中すぐに実践できるでしょう!

動画でおさらい

「100ドルをくずしてもらえますか?」を英語でを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。