1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. 独学で英会話は限界がある?!ネイティブを目指すなら素振り以上の経験が必須

独学で英会話は限界がある?!ネイティブを目指すなら素振り以上の経験が必須

 2016/12/12 英語勉強法
 
LINEで送る
Pocket

英語の独学学習について、さらに英語学習で目指すところについてのお話をして行きたいと思います。

結論から言うと、独学で英会話をマスターすることは少し難しいのではないでしょうか。

最初に独学でどこまで英語ができるようになるかというお話をしていきたいと思います。

独学で英語を勉強していくということは、例えば文法を勉強したりとか、単語を勉強したりとか、あと自分で声に出して英語を話していくという練習をお家ですることになると思います。

そしてリスニングなどの教材を使った聞く練習というのがメインになってくるでしょう。

こういった訓練で、一個の質問に対して数センテンスで答えて、質問をするというのは、問題なく出来るようになれると思います。

Sponsored Link

会話は1個のトピックでは終わらない

shutterstock_387010759

しかしこれだけで、実践の会話をしようと思うと、問題が起こります。

英語だけじゃなくて日本語も何語でも会話は生き物です。

なので、会話が始まって一個のトピックで終わることは絶対にありません。

例えば、「どこに住んでいますか」っていう質問をされたときに、「僕は○○というところに住んでいます」と答えます。

そしたら、その後に、その場所に関する話になります。

「○○って便利でいいよね」という話であったり、「そういえば○○っていえばあそこにああいうお店あったよね」という話であったり、その場所に関係している、もしくは少し関係のある違う話題に会話がどんどん膨らんでいきます。

これは、きっと日本語では難なくできる会話だと思います。

しかし、英語でこの会話をしようとすると、一つ一つが独立した質問と答えのセットならばできるはずなのに、会話のトピックが変わる瞬間、瞬間に、そのスピードについていくのがなかなか難しくなり、会話ができないというケースが発生します。

独学の英語の勉強法はこちらの記事も参考になります
⇒独学で英語発音はマスターできる?大人は聞いた音をそのまま発音できない!

会話が飛んでいくときのスピード

とはいえ、独学である程度は話せるようになるのも事実です。

英語を話せるようになるために必は、まず1センテンスちゃんと考えて発言できることが必要です。

1センテンス言う事が出来るようになると、2センテンスも3センテンスも言う事が出来るようになります。

それが出来るようになった後、相手を立てて会話の練習をするようにしましょう。

相手に質問をします。

そうすれば相手から答えが返ってくるでしょう。

それを聞き取る練習をして、さらに会話をつなげるか、質問をするようにします。

これらの練習を繰り返して、実際のある程度の会話をすることは、ご自身だけでもある程度できるようになると思います。

しかし、ここから先、必要になってくるのは、会話のトピックからトピック、飛んでいくそのスピードに慣れていく、ということです。

語呂合わせで覚える英会話はこちら
⇒語呂合わせで単語を覚えるのは良い?日常英会話を覚えるなら意味がない?!

オンラインの英会話

shutterstock_533647291

しかし、実生活として生きていく中で毎日の生活の忙しさに追われて、英会話スクールに行く時間がなかったり、海外にネイティブの友達がいないから英語を話す機会がなかったりして、会話のトピックが飛んでいくスピードに練習する機会がない方はたくさんいると思います。

そんな僕がここでお勧めしたいのは、スカイプなどを用いて行うオンラインの英会話です。

最初は、ご自身の独学で、できるところまでやってみてください。

自分が話すときに数センテンス話さなければいけないということと、相手にもちゃんと質問してあげるということを意識して、会話ができるように練習してください。

それを繰り返す練習をしたうえで、スカイプのレッスンを受講していただいて、そのスカイプの先生との会話の中で今話しているトピックから新しいトピックになる時にどういう風に変わっていっているのかっていうのを練習していただきたいと思います。

英会話の勉強法はこちらの記事も参考になります
⇒初心者にありがちな英会話の仕方

野球で言えば素振り!

独学で勉強して数センテンスをすらすら言うようになる練習というのは、例えて言えば野球で言えば素振りみたいなものです。

当然、素振りしなければボールを打てるようにはならないので、素振りは大切な練習です。

とはいえ、素振りだけではピッチャーに投げられたボールを完璧に打ち返すことができるようにはなりません。

ボールをちゃんと打てるようになるためには、まず素振りをして、その後、実際に打席に立って練習したりとか、練習試合に出たりだとか、公式戦に出たりだとか、経験を積むことが必要です。

そういった経験を積むことによって、ちゃんと来た球が打てるようになっていきます。

これとまったく同じように英語も当然素振りは必要です。

1センテンス単位で丁寧に英語を話して相手にもちゃんと質問をしてあげるということを意識して話していくことが英語学習における素振りになります。

ただこれだけだとやはり実際の生きた会話についてくことが出来ないので、オンライン英会話などを使ってちゃんとトピックが飛ぶスピード感についていく練習をする、もしくは時間がある方は英会話スクールに足を運んで話す練習をする、聞く練習をするということをやってくことを通して、初めて英語をマスターすることが出来ると思います。

 

まとめ

英語も言語です。

なので、知識として蓄えるだけでなく、実践の中で磨き上げていかなければ、生きた言葉を話すことはできません。

実践を積むためには、一人ではなく、だれか実践させてくれる相手が必要になってきます。

日本語と同じように、知識と実践を両方バランスよく積み上げていくことで英語もマスターできるようになるでしょう。

 

動画でおさらい

独学で英会話はどこまでマスターできる!?を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 「Declare」ってなんでしょう?税関で必ず使う英語

  • 英語初心者向け!本当に便利なトラベル英会話

  • 就活に必要なTOEICスコアは?外資系は最低860点

  • 言い方を覚えれば簡単!「まさかこんな事になるとは思わなかった」を英語で言うと?

関連記事

  • 大人の英語勉強のカギは表現力UP!表現力を上げる効果的な4つの方法

  • 「It’ll」が全然聞き取れない!その理由と聞き取れるようになる方法

  • 過去問は無いけどやっぱり公式!TOEICおすすめ問題集

  • こどもは英語覚えるのも速いけど・・・。バイリンガルに育てるには

  • 英文をスラスラ読める4ステップ!最初はできなくても必ずできる

  • まずは書く?英語スピーキング上達の秘訣4ステップ