マインドセットの意味は?英語学習を成功させる3つのヒントと2つの活用ポイント

マインドセット 意味 英語学習 成長マインドセット 心構え 切り替え
LINEで送る
Pocket

思うように英語を話すことができない。もう英語をマスターすることは無理なのかも…と落ち込んだり、悩んだりする英語学習者が多いのではないでしょうか。
壁に当たったときにこう考えてしまうのは、あなたのマインドセットが影響しているのかもしれません。

これまでの経験や思い込みなどで作られているマインドセットは、良くも悪くも勉強に影響を与えています。すぐに、自分にはできない、と思い込んでしまうのもその1つ。

英語学習の後押しをしてくれるマインドセットにシフトしていけば、難しいと感じていた勉強も「できるようになったらさらに英語力が伸びるチャンス!」と捉えられるようになるメリットがあります。
この記事を読んで英語学習に効果的なマインドセットを身につけ、楽しみながら勉強を進めていきましょう。

マインドセットとは何か

マインドセット 意味 英語学習 成長マインドセット 心構え 切り替え

マインドセット(mindset)とは、これまで経験してきたことや教育、思い込みなどで作られた思考パターンのこと。

赤いレンズのサングラスをかけて周囲を見回すと、景色も赤色に見えますが、あなたのマインドセットも学習時に同じように働きます。例えば「勉強したって、英語力は簡単には伸びない」というマインドセットを持っていれば、英語学習は苦しく、辛く、報われない時間となってしまうのです。
その一方で、英語を勉強していてどんな壁に当たっても「このポイントを克服すれば、もっと英語力が伸びる!」と、前向きにとらえる人もいますね。この違いが持っているマインドセットの違いなのです。

マインドセットの種類

マインドセットには、成長マインドセット(Growth mindset)固定マインドセット(Fixed mindset)の2種類があります。それぞれどのような特徴があるのかを解説していきましょう。

成長マインドセット

成長マインドセットとは、人間の能力は経験や努力次第で伸ばすことができる、成長できるという考え方のこと。
別名グロースマインドセット、しなやかマインドセットとも言われています。成長マインドセットを持っている人は、課題を目の前にしても成長の機会ととらえて克服する努力をします。

固定マインドセット

固定マインドセットとは、人間の能力は先天的に決まっていて、努力で変わるものではないという考え方のこと。
停滞型マインドセット、硬直マインドセットとも呼ばれ、困難なことに遭遇するとネガティブな思考が生まれやすい特徴があります。

ジャーナリングとは?英会話もライティングもスキルアップする勉強法

英語学習に成長マインドセットが必要な理由

マインドセット 意味 英語学習 成長マインドセット 心構え 切り替え

多くの人が成長マインドセットと固定マインドセットの両方を持っており、状況によってどちらかのマインドセットが強くなったり、弱くなったりします。マインドセットがどのような形で英語学習に影響を与えるのかを見てみましょう。

難しい英文に挑戦する時

成長マインドセット:
自分が簡単に解けないような難しい問題を目の前にした成長マインドを持つ人。彼らは困難を成長の機会ととらえているので「こんな英文が読めるようになったらスキルアップできる!やり甲斐がある内容だ。」と考えることができます。すぐに理解ができなくても諦めず、どう進めたら攻略できるのかを試行錯誤しながら努力を続けていきます。

固定マインドセット:
努力しても能力は変わらないと考えている固定マインドセットの人は、新しい挑戦や失敗を避ける傾向が。その結果、現状維持が精一杯となり、成長の見込みが少なくなってしまいます。

新しい勉強内容に取り組む時

成長マインドセット:
挑戦することで必ず学ぶことがあり、成長できると考えることができます。この挑戦で得た新しい知識やスキルを他で活かしていくことこそ、挑戦する目的ととらえています。

固定マインドセット:
挑戦しても必ず成功するわけではない、失敗の経験が増えるだけなので無駄と考えています。新しい挑戦をストレスととらえています。

たとえ勉強で伸び悩みなどの困難があったとしても、成長マインドセットが強い人はそれを乗り越えて学習を継続し、自主的に努力し続けることができます。
成長マインドセットを活用する学習者、固定マインドセットで挑戦をあきらめてしまう学習者、それぞれの1年後、2年後は、容易に想像できますよね。成長マインドセットは、学習効率を底上げする最強の武器なのです。

成長マインドセットに切り替えるには

マインドセット 意味 英語学習 成長マインドセット 心構え 切り替え

成長マインドセットを活用すれば勉強が楽しくなるだけではなく、努力の継続でスキルアップできる例を紹介しました。では、固定マインドセットから成長マインドセットに切り替えていくには、どのようにしていけばいいのかを見ていきましょう。

準備1:目標やビジョンを言語化する

2023年中にTOEIC750点を達成する、3ヶ月以内にこの文法書の内容をマスターするなど、目標やビジョンを言語化してみましょう。
1年以上先の長期目標、3ヶ月~半年くらいをターゲットにした中期目標、1週間~1ヶ月程度の短期目標を立てると、より未来のイメージが定着します。頑張ればできるかもしれない、これが達成できたら嬉しいな、と思える目標をぜひ設定してみましょう。

準備2:自分のマインドセットを知る

ほとんどの人は成長マインドセットも固定マインドセットも両方持っています。しかし自分の不得意な分野に遭遇したとき、実力不足を感じたときなどは、固定マインドセットが強く出る傾向があります。
最近の学習を振り返り、やっぱり英語は難しい、マスターするのは無理だと思ったのは、何がきっかけだったのかを思い出してみましょう。

・テストで思うような結果を出せなかった
・周りの人と比較をして自分の実力が劣っていると感じた
・同じ問題を何度も間違えた

など、固定マインドセットが強くなるパターンが見えてきます。
自分のパターンを把握しておき、落ち込んだり、投げやりになってしまったときには、固定マインドセットが強くなっていることに気づいてください。その後、次の項目で解説する成長マインドセットへ切り替えるヒントを採り入れてみましょう。

成長マインドセットへ切り替えるヒント3選

マインドセット 意味 英語学習 成長マインドセット 心構え 切り替え

成長マインドセットで英語学習の効率アップを図るヒントを紹介します。簡単にできそうなものからぜひ実践してみてくださいね。

ヒント1:人間関係を変えてみる

マインドセットは周囲の環境や人間関係の影響を受けます。固定マインドセットの人は、成長マインドセットを持つ人と積極的に関わるようにしてみましょう。自分との考え方の違いを観察してみたり、意見を聞いてみるのも効果的です。

ヒント2:まだ、今はという言葉を付け加えてみる

英語学習を続けていると、何度も壁にぶつかることがあります。
文法が覚えられない、リスニングが苦手だ、という状況になったときには、「まだ文法を覚えていない」「今はリスニングが苦手だ」というように「まだ」や「今は」という言葉を足してみてください。
延々と壁が続くように思うかもしれませんが、努力を続けていれば必ず抜けるときがきます。スランプは長い英語学習ライフの一地点にすぎない、という視点に立って、まだ・今はを追加してみましょう。

ヒント3:成長の種を探してみる

長い間勉強して受けた試験に失敗してしまった―そんな時は誰でも落ち込んでしまいます。しばらく落ち込んだ後は、この失敗が幸運の始まりだとしたら?と考えてみましょう。
今回の弱点を克服しておくことで、正しい文法知識を身につけることができた、いつも聞き取れなかったポイントを得点源にできた、という分岐点になるかもしれません。
結果に振り回されず、すべて自分の成長につなげていく見方をマスターしましょう。

成長マインドセットを活用する2つのポイント

ある瞬間から成長マインドセットが100%に切り替わり、固定マインドセットがゼロになるわけではありません。しかし、徐々に固定マインドセットの出番が少なくなり、気づけば成長マインドセットを使いこなして勉強しているという進歩を発見する日がきます。
ここでは、英語学習で成長マインドセットを上手に使いこなすための2つのポイントを解説していきます。

ポイント1:過去の積み上げを思い出す

試験に合格したい、洋楽の歌詞を理解したい、などさまざまな目標がありますが、目標達成のためには日々の努力が不可欠です。スランプに陥り、固定マインドセットが強くなり「いまさらがんばっても無駄」という考えが出てきたときは、これまでの勉強内容を振り返ってみてください。何度も繰り返した問題集やリスニングの時間数など、普段の勉強を記録しておき、見返すことも効果的です。

ポイント2:失敗のとらえ方を変えてみる

固定マインドセットが強い人は、一度失敗するとそこで諦めてしまったり、努力しても無駄だと今後の挑戦意欲までなくしてしまう傾向があります。
そのパターンに入り込んでいることに気づいたら、成長マインドセットを引っ張り出し、この失敗体験をどう考えるだろう?という視点で考えてみてください。成長マインドセットの強い人は、失敗も成功への通過点のひとつ、ととらえているので改善できることを見つけ、先に進んでいきます。起きた出来事に囚われず、視野を広く持ってみましょう。

ハーバード式5行エッセイとは?簡単で誰でも使える新しい英語学習法

まとめ

マインドセット 意味 英語学習 成長マインドセット 心構え 切り替え

マインドセットには、人間の能力は努力次第で伸ばすことができる、とする成長マインドセットと、人間の能力は努力で変わるものではない、という考え方の固定マインドセットの2つのタイプがあります。
英語学習を効率良く進めることができ、また、思うように勉強が進まないときも、ゲームを攻略するかのように楽しめる成長マインドセットは、ぜひ身につけておきたい考え方です。

自分のスキルアップだけでなく、悩みを抱える学習者にも希望を与えることができるかもしれません。
ぜひ成長マインドセットをマスターし、結果だけでなく勉強や課題にチャレンジしている時間も楽しい道のりへと変えてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須