ハーバード式5行エッセイとは?簡単で誰でも使える新しい英語学習法

ハーバード式5行エッセイ 英語学習帳 書き方 例 日本語 デメリット レビュー
LINEで送る
Pocket

滅多にない外国人の方との交流。これまでたくさん勉強したし、ボキャブラリーも増えたから大丈夫!楽しく会話をして、距離を縮めるぞ…!と気合いを入れたのはいいものの、実際に始まると自己紹介の後、何を話せばいいんだっけ?あれ、思ってたよりネタが尽きてしまった…という経験をしたことがありませんか?

そもそも、話す内容が出てこないのは、自分の頭の中で話したい内容が整理されていない、または、文章化できないような内容を話そうとしているから。
そんなときに試して欲しいのが英語学習法がハーバード式5行エッセイ。ハーバード式5行エッセイを使って頭を整理し、その問題を解決しましょう。

この記事を読んだ後は、きっと自分だけのオリジナルエッセイを書きたくなるはず。
早速、どんな学習方法か見てみましょう。

ハーバード式5行エッセイとは?

ハーバード式5行エッセイ 英語学習帳 書き方 例 日本語 デメリット レビュー

早速ですが「ハーバード式5行エッセイ」とは何か、知っていますか?
エッセイ、しかもあのハーバードと聞くと、難易度が高そう…というイメージを持ってしまうかもしれませんが、実はとてもシンプル、しかも実践的な英会話学習法!さらに、日常からビジネスまで様々なシーンで役立つんです。

ハーバード式5行エッセイの考案者、そしてその方法について記した「ハーバード式 5行エッセイ英語学習帳」著者の青野仲達教授は、本書の中で「英語を習得するためにもっとも大切なことは、自分から発信すること」と主張しています。

確かに受験や資格での英語の問題を振り返ってみると、正しい答えを回答することはあっても、自分の意見を求められることはほとんどありませんよね。記事最後の方では著書の紹介もしているので、ぜひチェックをしてみてください。

ハーバード式5行エッセイの作り方

ハーバード式5行エッセイ 英語学習帳 書き方 例 日本語 デメリット レビュー

このハーバード式5行エッセイは、英会話の最大の目的である、「自分の考えを伝えること」を達成するために考えを整理する手段となります。まずは、エッセイの作り方について見ていきましょう!

5行エッセイの仕組み

やり方は、簡単です。自分が英語で話したいことについて、5行で書き出します。
ポイントは、結論(主張) → 理由 → 結論(主張)の流れで5行作成すること。

1.結論:最も伝えたいことを述べる。
2.理由3行:根拠となる理由を3つ挙げる。
3.結論繰り返し:最初の結論をもう1度述べる。言い換えてもかまわない。

例文を見てみましょう。

1.結論
私は季節の中で夏が1番好きだ
I love summer the best of all seasons.

2.理由3行
(1)天候が良くて、出掛けたくなる
The weather is nice and makes me want to go out.

(2)夏服はカラフルで可愛い
Summer clothes are colorful and pretty.

(3)野外での祭りや音楽コンサートがある
There are many kinds of festivals and music concerts outside. 

3.結論繰り返し
夏がやってくるのが待ちきれない
I can’t wait for summer to come.

気をつけること

最初にすることは、これだけ。
あれ、本当に5行だけでいいの?もう少し長い方がいいんじゃない?と思った方もいるかもしれません。しかし、決して難しい文章を書く必要はありません。
理由は、そもそも英語で文章を書けない内容を英語で話すことは、内容の難易度が高すぎるということだからです。

学術的な内容であったり、専門的な話題となると論文で使うようなボキャブラリー高度な専門用語が必要ですが、日常での会話であれば知っている単語や熟語を使ってできるだけシンプルな文で伝えることが可能です。これは英語だけでなく、日本語でも当てはまることですよね。
 
 
あわせて読みたい

Myネタ帳を作成しよう!

ハーバード式5行エッセイ 英語学習帳 書き方 例 日本語 デメリット レビュー

基本的な構造を理解したところで、次のステップへ進みましょう。
先ほどにもあったように、ハーバード式5行エッセイでは自分の考えを5行でまとめることで頭の中が整理され、伝えたいことを英語で発言することが可能になります。

ただし、自分が話したい内容で5行エッセイを書いて終了、ではなく練習も重要です。自分だけのネタ帳を継続して作成してみましょう。

5行エッセイ作成→暗唱できるようになるまで繰り返し音読→実際に会話の中で使ってみる、という流れで定着させることが目的です。

Myネタ帳の活用方法

例えば、英語での自己紹介。最初はスラスラ言えなかったけれど、段々と話す内容がパターン化されて、慣れたら考えなくても自然と口から出てくるようになってた!という経験はありませんか?
繰り返すことで定着し、実際の英会話の中でも自然に発することができるのです。

日記のように日々1つずつトピックを決めて書いてもいいですし、スマホやパソコンのメモ帳に気づいた時にどんどんネタを書き足していくのもいいですね。
実際に外国の方とコミュニケーションをとる時に、「Nice to meet you!」や「How are you?」の、次の会話が続かない…といった経験がある人も多いはず。日々5行エッセイを蓄えておくことで、会話の引き出しがグンと増えますよ。

次はそのエッセイを実際の会話で使用するとどのようになるのか、みてみましょう。

1.結論
私の出身地である九州はとても良いところです
My hometown Kyushu is a nice place.

2.理由3行
(1)美しい自然がたくさんあります
The weather is nice and makes me want to go out.

(2)特に九州で採れた海の幸など、食べ物が美味しいです
The food in Kyushu, especially the seafood, are delicious.

(3)人々が優しいです
The people in Kyushu are very kind. 

3.結論繰り返し
皆さんに九州へ訪れることをおすすめします
I recommend everyone visit Kyushu.

これが実際の会話になると、以下のようになります。

外国の方(以下A):初めまして。どちらの出身ですか?
Nice to meet you. Where are you from?

自分(以下B):九州出身です。とても良いところですよ、九州のことご存知ですか?
I am from Kyushu. It is a nice place, do you know about Kyushu?

A:いいえ、その地名は聞いたことがありません。旅行には良いところですか?
No, I have never heard of that name. Is it a good place to travel?

B:はい!自然がありますよ。リラックスできますし、季節ごとに変わる景色も楽しめます。
Yes! It has a lot of beautiful nature. So you can relax, and also enjoy the views which change every season.

A:すごい、それは良さそうですね。日本へ行ったら日本食も食べてみたいんです。
Wow, that sounds great. I also want to try Japanese food when I visit there.

B:九州は海に囲まれているので、海の幸が楽しめますよ。先ほど広大な自然に触れましたが、九州で育つ野菜もとても美味しいんですよ。
Kyushu is surrounded by the sea so you can enjoy great seafood. As I mentioned the great nature, the vegetables that grow there are delicious too.

A:シーフードが大好きだから九州に行きたくなります。他には何かありますか?
That makes me want to go to Kyushu since I love seafood. Anything else?

B:人がとても優しくて歓迎してくれるんです。これが九州のことを大好きな最大の理由です。
The people are very kind and welcoming. This is the biggest reason why I love Kyushu.

A:それは安心しました。日本の人たちとコミュニケーションが取れるか、心配していたんです。
That’s a relief. I was worried about whether I could communicate with Japanese people.

B:初めての日本旅行にはぜひ九州に行かれることをお勧めします!
I highly recommend you visit there for your first trip to Japan!

ハーバード式5行エッセイのメリット

ハーバード式5行エッセイのいいところは、継続しやすいところ。
どんな学習方法でも、継続しないと力がつきません。5行エッセイであればトピックが決まれば自分の意見や理由について簡潔に述べるだけですし、スモールトークやビジネスシーン等、話題に出て来そうな場面を想像すると、たくさんトピックが出てくるはず。

理由は2つまでならすぐに浮かぶかもしれませんが、3つめはなかなか出てこないことがあるかもしれません。そんな時は、考える力を鍛えるトレーニングだと思ってみてください。文章を作ることに慣れて、もっとボリュームのあるエッセイを書きたくなってきたら、レベルが上がっているサインです!


まとめ

ハーバード式5行エッセイ 英語学習帳 書き方 例 日本語 デメリット レビュー

いかがでしたか?今日はハーバード式5行エッセイ英語学習法について紹介しました。
より詳しく、実践しながらやり方も学びたい!という方には、ハーバード式5行エッセイ考案者、青野仲達教授による「ハーバード式5行エッセイ英語学習帳」を一読してみることをオススメします。とてもわかりやすく、実際にエッセイを記入するワークシートもついているので、読み進めながらインプット→アウトプットができます。
具体例はどれも自然な英会話なので、スラスラと頭に入って来ますよ。

英語学習の中でもスピーキングの高い壁はつきもの。英語で話したい気持ちはあるけれど、実際の会話となるとネタが尽きちゃう、継続できそうなスピーキングの学習法が分からなくて困っている…という方はぜひ、ハーバード式 5行エッセイ英語学習でどんどん自分の話のネタを増やしていきましょう!

参考:ハーバード式5行エッセイ英語学習帳 青野仲達教授著

LINEで送る
Pocket







最初のコメントをしよう

必須