英語脳の作り方|たった3ステップの効率的な勉強法とおすすめアプリ2選

LINEで送る
Pocket

英語学習者であれば英語脳という言葉は、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

英語脳の作り方といった書籍やトレーニングアプリなど多々ありますが、結局のところどのようなことに気を付けたらよいのでしょうか?

英語脳は何故、英語学習者に必要と言われているのでしょうか?

今回は、英語脳とは何かについて説明し、英語脳を作るための3つのポイント作り方まで解説していきます。

英語脳とは

はじめに、英語脳とは何なのかについてみていきましょう。

外国人があなたに、
How are you?

と話しかけてきました。

このように英語で挨拶された時に、
I’m good.

と反射的に応えられる状態。

これが英語脳です。

How are you?元気ですか?という意味だから、元気です。の英語フレーズI’m good.と返事をしようというプロセスがあるなら、英語脳を持っているとは言えません。

How are you?(元気ですか?)と聞かれ、
I’m good.(元気です。)などの英語フレーズを反射的に返すことができる、

つまり、英語を日本語変換せず、英語のまま理解する能力のことを英語脳といいます。

英語脳のメリット

英語脳は英語学習にとても重要だと言われますが、この考え方はどこからくるのでしょうか?

英語脳が英語学習に必要な理由とメリットを解説します。

多くの日本人の英語学習は日本語ベースであることがほとんどです。

日本語で文章を考えて、そこから一つずつ英語に訳していくという作業を行なっています。

もちろん母国語である日本語をベースに英語を学ぶことはある意味自然なことですが、ずっとこの方法を続けていると、ある程度のレベルで英語力が伸びなくなります。

日本語ベースの英語学習では、以下のような2つの大きな壁にぶつかってしまいます。

① 翻訳癖が抜けず、相手の会話ペースについていけなくなってしまう。
② 日本語の意味と英語の意味が一致しない表現に対応できないことがある。

例えば、
傘をさして。と言いたい時に、

Open your umbrella.

というフレーズが思いつかない時は、英語学習の壁にぶつかっている状態。

日本語を英語に訳して理解する癖がついている場合、umbrellaでいいですが、さすは英語で何だろう?と行き詰るでしょう。

日本語を英語に直訳しようするから、Open your umbrella.といった簡単な中学英語が思いつかないのです。

こういった日本語と自然な英語表現とを結びつける作業が、英語脳を作るということです。

つまり、英語脳を作るということは、言いたいことを日本語から直訳するのではなく、柔軟な発想で自然な英語に置き換えるということです。

英語脳を使った英文解釈はこちらの記事が参考になります

英語脳を作るために意識するポイント

英語脳意識することで必ず作ることができます。

これから紹介する3つのことを意識しながら、英語学習に取り組んでいきましょう。

ポイント①:基本はSTV

まず最初に、STVを意識すること。

STVとは、

S = Subject(主語)
T = Tense(時制、いつの話なのか)
V = Verb(動詞)

のことです。

英語の文章というのは基本的に、このSTV(誰が何をいつするのか)の順序で出てきます。

つまり、この順序で自分が話せるようになれば、英語脳を形成できるということです。

ポイント②:会話にはマジック4を

次に留意したいのが、マジック4です。

マジック4とは、

And = そして

Because = なぜなら、だから

So = だから、それで、その結果

But = しかし

これら4つの接続詞のことです。

例えば、

お腹が空いています。
I’m hungry.

この文章だけだと、だから何?それで?と会話的に物足りない気がしませんか?

マジック4の中で、but(しかし)を足してみましょう。

次に言いたい文章がすんなりと思い浮かぶようになるはずです。

お腹が空いているけど、まだ仕事が終わらない。
I’m hungry but I haven’t finished my work yet.

このように、マジック4を使うことで、次の文章へとスムーズに会話を繋げることができます。

実際の会話では、3つ~5つの文章を話して、質問して、質問されて、という形で会話のキャッチボールが行われることが多いです。

1つの文章ではなく、常に3つ~5つの文章を話すことを意識してみましょう。

ポイント③:質問を通して会話をする

最後のポイントは質問

会話というのは、質問を通して前に進んでいきます。一方的に話続けることはありません。

自分も相手に質問をしますし、相手も自分に質問をします。

会話を成立させるためには、質問ができるようになることが必要です。

そのため、英会話の中で質問を投げかける練習を意図的にしていきましょう。

多くの英会話スクールのレッスンでは、先生が生徒に質問をして、その質問に対して生徒が1つの文章で答え、生徒が答えたら先生がまた質問をして、生徒が答えて、先生が質問をするという形のレッスンが行われています。

先生が質問をする役で、生徒は答える役というレッスン形式が多い傾向にあります。

しかし、実際の会話では、質問に答えるだけではなく、相手に質問をすることもありますよね。

だからこそ、3つ目のポイントである質問を通して会話をすることを意識し、質問ができるようになると、ネイティブのような会話が可能になるということです。

英語脳の作り方

英語学習において英語脳がいかに重要な役割を担うかということと、英語脳を作る為に意識するポイントは理解できたと思います。

では、実際に英語脳を作るにはどういった学習法がいいのでしょうか?

言いたいことを日本語から直訳するのではなく、自然な英語に置き換える英語脳を作るための3ステップを紹介していきます。

①英英辞書と画像イメージを使う

英語を英語で理解するために、まずは単語力が必要です。

英単語を英語で理解することが目的なので、英和辞書で調べた和訳を覚える必要はありません。

新たに遭遇した知らない単語だけでなく、既に知っている単語も英英辞書で調べてみましょう。

英語で説明された文章を読むことでさらに語彙力がアップするとともに、細かなニュアンスも理解することができます。

また、英英辞書にプラスして単語の画像を確認することもおすすめします。

インターネットで単語を検索して画像をチェックしてみましょう。

単語を画像と共に頭にインプットすることで、逆に画像から得られるイメージを持って単語を理解することができるので、英語脳を作るのに非常に効果的です。

英英辞書に書かれていた単語の説明と画像を取り込んだ、オリジナルの単語帳を作るのもいいですね。

②シャドーイングをする

例えば、お気に入りの洋楽アーティストの曲を1曲選んでみましょう。

そしてその曲を聞き、同じように発音してみましょう。

シャドーイングは、とにかく英語を発することが目的です。

単語を暗記することも大切ですが、スピーキングなど自分で英語を発信するアウトプットはより大切です。

シャドーイングに関してはこちらの記事が参考になります。

③海外ドラマや映画を観る

海外ドラマ映画ニュースで使われている英語は、まさにネイティブが使う生きた英語です。

まずは、英語字幕付きで観て、慣れてきたら英語字幕なしで観ていきましょう。

その際に、理解できなかった英単語などがあればメモをして、その英単語は英英辞典を使って英語で意味を確認するという作業をしてください。

ポイントは、英語で英語を理解するということです。

また、早すぎてついていけないと思ううちは、10分だけなど短い時間から始めると、負担が少なく続けられますよ。

音声を聞きそれを書き取るディクテーションに関してはこちらの記事が参考になります。

英語脳作りに役立つアプリ

最近は、英語の語学学習をするのに便利なアプリがたくさんあります。

英語脳を作る学習法の一つとして、アプリを活用するのもおすすめです。

おすすめアプリを2つ紹介します。

①English Audio Books(iOS版

英語学習の教材としてもうってつけなTEDは世界中の著名人やビジネスパーソン、科学者がハイクオリティなプレゼンを繰り広げることで有名。

さらに言えば、
English Audio BooksはこのTEDを使った英語学習アプリ

表示に関して英語訳のみ、日本語訳のみ、あるいはその両方の表示など切り替えられるので、自分のレベルや目的にあった勉強法が可能。

②ニック式英会話ジム(iOS版 / Android版

ネイティブと何となく会話をするだけの英会話スクールやサークルとは違い、英語の神経回路をしっかり作るための基礎練習と自主練習を重視。

日本トップクラスの英語講師であるニック・ウィリアムソン監修。

細かい文法を考えずに、自然な英語が話せるように英会話の型を覚え、英語脳を作ることが目的。

紹介した2つのアプリを含め、通勤時間などのちょっとした隙間時間に英語学習アプリを使うことで、英語学習を習慣化しやすいので、アプリを取り入れた学習も是非検討しましょう。

英語学習に役立つアプリはこちらの記事も参考になります。

まとめ

英語脳とは、英語を日本語変換せず、英語のまま理解する能力のことです。

そんな英語脳を作る為に意識すべきポイント3つと学習法3つを紹介しました。

英語脳を意識した学習法をしていなかった方は、是非、これを機に学習法を見直してみてください。

ただ闇雲に英語学習をするのではなく、英語脳を意識することがポイントです。

今持っている教材を買い替えるなど全てをがらりと変える必要はありません。今あるもので、視点を変えて取り組むだけで効果は得られます。

英語脳を作って効率よく学習をすすめ、自身の英語学習における目標を達成しましょう!

動画でおさらい

英語脳の作り方|たった3ステップの効率的な勉強法とおすすめアプリ2選を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須