1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. いつもと違う?「all right 」と「already」のLの発音の違い

いつもと違う?「all right 」と「already」のLの発音の違い

 2018/06/14 英語勉強法 発音
 
LINEで送る
Pocket

英語を学ぶ日本人が苦手とする発音に、Lの音があります。

日本人はLとRの発音の使い分けに慣れていないから、というのがよく理由として挙げられますが、実はもう一つ、隠れた理由があるのです。それが発音記号からは読み取れない、2種類のLの発音です。

また、All rightAlreadyのように、LとRが続く単語やフレーズは日本人にとっては鬼門ですよね。でもこれも、2種類のLの発音をマスターすることで、きちんと発音できるようになるのです!

今回はあまり知られていない2種類のLの発音とその練習方法について詳しく紹介します。

Lの発音は2種類ある!?

英語のLの音、と聞くと、どんな発音を思い浮かべますか?一般的に思い浮かべるのは、日本語のラリルレロに似た音ではないでしょうか?

もちろんこのラリルレロに似た音もLの音ではあるのですが、実はLの音にはもう一つ種類があるのです。

ラリルレロに似たLの音は明るいLライトLと呼ばれるのに対して、もう一つのLは暗いLダークLと呼ばれる音です。

何よりややこしいのは、この明るいLと暗いL、発音記号では区別されません。他の音であれば発音記号の違いで見分けたり覚えたりできますが、発音記号で区別されないのではどうしようもないですよね……

ですがご安心ください。実は発音記号以外の方法で、明るいLと暗いLを見分けることがができるのです!

とっても簡単!明るいLと暗いLの見分け方

明るいLと暗いLの違いは、実は単語スペルによって区別されます。

Lの直後に母音(a,e,i,y,o,u)が続く場合は明るいL、つまりラリルレロに近い発音になります。

例:light(ライト), lily(リリー), loose(ルーズ), late(レイト), lonely(ロンリー) など

逆にLの直後が子音の場合Lが単語の末尾の場合、もしくは単語の末尾で発音しないeの前の場合は、暗いLの発音になります。

例:all, already, milk, bottle など

例に上げた単語は、通常はオール、オーレディ、ミルク、ボトルとカタカナ表記されますよね。

ところが暗いLは、明るいLのようにはっきりと発音されません。実際の発音っぽく表記すると、それぞれオーゥ、オーゥレディ、ミゥク、ボトゥのようになります。

暗いLは和製英語となっている単語にも多く含まれるため、つい癖でルと発音したくなりますが、ルと発音してしまうと一気に日本語訛りになってしまいます。

そうならないためにも、暗いLの発音をしっかりマスターしましょう!

暗いLの発音の仕方は?

明るいLを発音するには、ラ、リ、ル、レ、ロの発音をする際に、舌の位置を上の前歯の裏側、歯茎につけるように意識すればいいので、ちょっと訓練すればある程度それらしい発音になってきます。

では暗いLはどんな音なのでしょうか?

暗いLは母音のウを軽く発音したような音になります。実際に発音するときの下の動きは、口の奥の方でウと言ってから舌を上歯茎に当てるだけなので、Lの音はほぼ聞こえません。

暗いLは明るいLとは発声と舌を動かす順番が逆になるので、慣れるまでは少し難しいかも知れません。

ですがこの暗いLの発音をきちんと身につけることで、よりネイティブらしい英語に近づけますので、頑張って身につけてくださいね。

AlreadyやAll rightの発音を詳しく見てみよう

英語を習い始めた頃、はじめてAlreadyという単語を見たときに「LとRがくっついてるけどどうやって発音すればいいの?」と戸惑った方もいるでしょう。

オーレディとカタカナ表記されることもあるため、「このレはLとRのどっちだ?」と混乱してしまますよね。

Lの直後にRが来る単語やフレーズを発音する場合、Rの前のLは必ず暗いLになります。

なのでAlreadyの発音を詳しく見ていくと、Alでオーゥと発音し、その後のreadyでレディと発音します。

All rightでも一緒で、Allでオーゥ、rightでライトになります。

発音練習の際は、あえてゆっくりとオーゥ・レディやオーゥ・ライトと分けて発音しましょう。慣れてきたらオーゥレディ、オーゥライトと一息に発音してみてください。

ここで意識したいのが舌の動きです。

Lの次にRが来る場合は、非常に発音しづらくなるため、Lの発音の際に前歯の付け根に舌先をくっつけなくても構いません。むしろ舌先がどこにも触れてない状態からRの発音につなげることで、とても自然な英語になりますよ。

いつもと違う?「all right 」と「already」のLの発音の違いまとめ

日本語のラ行に近い明るいLと違い、暗いLの発音は日本語には存在しません。

しかも明るいLと暗いLが発音記号で見分けられないために、日本人にとってLの発音は難しいと認識されてしまっています。ですが実際にはスペルを見れば、明るいLなのか暗いLなのかは簡単に見分けられます。

まずはスペルから明るいLなのか暗いLなのかを見極めた上で、発音するようにしましょう。

また、All rightやAlreadyのように暗いLとRが並ぶ発音は日本人が苦手とするものです。

まずは一息に発音しようとするのではなく、オーゥ・ライトやオーゥ・レディと分けて発音する練習から始め、慣れてきてからオーゥライトやオーゥレディと合わせて発音するようにしましょう。

暗いLをしっかりマスターすることで、Lを含む単語の発音が飛躍的に上達します。更には暗いLからRにつながる舌の動きをマスターすれば、LとRを含む単語やフレーズの発音がとてもネイティブらしくなるので、頑張って練習してください!

動画でおさらい

「いつもと違う?「all right 」と「already」のLの発音の違い」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。