1. TOP
  2. 発音
  3. 英語のRの発音はこれで完璧!隠れたウと舌の位置を徹底解説

英語のRの発音はこれで完璧!隠れたウと舌の位置を徹底解説

 2019/01/29 発音
 
LINEで送る
Pocket

英語の発音には日本語に無い音が多く、苦戦する方も多いです。

特に、lrの発音についてはよく言及されるとおり、日本人にとって関門となっている発音のひとつです。

今回は、rの発音の舌の使い方や練習方法について解説します。

カタカナ発音

日本人が苦手とするrの発音のなかでも、今回はReally?に着目して解説します。

普段英語を学ぶとき、rの音はカタカナ発音で覚えてしまうことが多く、Really?についても同じことがいえます。

読み方としてはレアリーと読むかもしれませんが、ネイティブに対しての正しい発音ではありません。

あくまでも、レアリーという音は日本人だけの間で一般的になってしまっている音なのです。

Really?はレの音からはじまるからといって、カタカナのラリルレロの音と同一ではありません。

むしろ、舌の使い方は全く異なるため、日本語のラ行と英語のrの音は完全に違う音になります。

日本人の多くがrで始まる英単語は、カタカナのラ行音と認識してしまっているようですが、一旦その考え方から離れてみてください。

それでは、rの発音が正しくできるようになるための方法を紹介します。

まず、正しいrの発音には正しい舌の使い方がポイントです。

どのように発音するのかというと、上顎の部分に舌をくっつけることを意識してください。

次に、舌の両端だけを上顎にくっつけた状態で、Reと発音してみましょう。必然的にrの音が出るはずです。

この時の口の形が正しければ、自然と舌の位置も定まり、正しいrの音が出るという仕組みです。

例えば、日本語のラリルレロという音は、日本人が全員同じ舌の使い方ができているからこその音なのです。

舌の位置と似た音

日本語のラ行の音は、ラリルレロのどの音を発音するときでも、必ず舌先が上顎につくことに気づくでしょう。

これは、英語のrではじまる単語についても同様です。

rの単語を発音するときは、舌の動かし方が全て一緒になります。

前述のとおり、rの音を出すときは、上顎に舌の両端をつけた状態ということを覚えておいてください。

イメージ的には、歯の横側に舌を添える感じで、他の部分には触れないよう気をつけましょう。

この状態を保ちながら、Really?と発音するわけですが、rの舌の使い方に慣れていないと難しいため、まずは、ウーと言ってみてください。

ウーという音が自然と出せるようになったら、舌を上顎に丸め込むように動かしてみてください。

恐らく多くの人が、この舌の使い方に苦戦すると思いますが、その理由は単に慣れていないからです。

そもそも日本語を発音する際に、舌を上顎にもっていくという動かし方は存在していないため、日本語だけを話している限り、このような舌の筋肉も発達しないというわけです。

ですから、rの音を習得するためにはまずは、舌の筋肉の使い方をひたすら練習することが大切なのです。

準備体操しながら持っていく

前述のとおり、英語の発音には舌の使い方が大きく関わっていることが分かりました。

意識をして練習することで、rの舌の使い方も身につくのです。

繰返しになりますが、ポイントとしては、舌を持ち上げながら、少し引くような動きをとってみてください。そうすることで、徐々に舌が上顎にあたってくるはずです。

その際にはウーと発声して、rの音を出すための準備体操を行いましょう。

ここまで準備が整ったら、その状態でReと発音してみてください。

このような口の形を維持したまま発音すると、カタカナのレアリーと英語のReally?では全然違う音だということがお分かりいただけると思います。

さらに、ウーの音を短く発音してからReally?(レアリー)と繋げてみましょう。

より一層ネイティブ並みの発音に近づいて聞こえますよ!

なるべく感情を入れて練習

英語特有の舌の使い方が習得できたと思いますが、英語は日本語に比べてイントネーションをつけて会話をする言語です。

そのため、日本語を話す感覚で英語を話してしまうと、棒読みのような印象を相手に与えかねません。

少し大袈裟かなと思うくらいの抑揚をつけるのが丁度よいです。

例えば、今回紹介したReally?をカタカナ読みで発音してみてください。

これでは、どの程度感情移入しているのか読み取ることはできません。

Really?(本当?)という単語は、驚いたときや予想外の状況で使われる言葉ですから、はじめは気恥ずかしいと感じるかもしれませんが、感情を込めて話すことが必要なのです。

英語は感情表現の起伏が激しいのが特徴です。

今回であれば、本当!?と心から驚いているイメージを持ち、感情をこめてReally!?と言ってみてくださいね。

感情をこめてReally!?と練習することで、いざという時には「本当なの?」と自然に抑揚をつけた会話ができるようになるはずです。

人間は習慣の生き物なので、普段からやっている事であれば、いつでも対応できるのです。

しっかりと練習し続けることで、ネイティブとの会話や私生活の中でも使えるようになりますよ。

また、日常的に感情を込めずにレアリー?と棒読みをしていると、いつまでたっても感情表現が上達しないという人も多いようです。

何事も練習を惜しまなければ、いつか自分のモノにできるでしょう。

まとめ

今回はrの発音、Really?について解説しました。

rの発音は単純に、カタカナのラ行の音ではなく、日本語には全く存在しない音だということが分かりました。

それには、舌の使い方が大きく関わっているだけでなく、イントネーション(抑揚)をつけることがポイントでした。

日本語で会話する時は、ジェスチャーなど感情を露わにすることはあまりありませんが、英語で会話する時には感情表現がより問われるのです。

ですから、まずは今回のReally?で感情を込める練習をしてみてだください。

無表情で感情を込めるのは難しいですから、ジェスチャーなどを加えればテンションも上がり、会話も弾むでしょう。

積極的に発音の練習をすることで、英語のリズムやイントネーションを身につけられますよ!

動画でおさらい

英語のRの発音はこれで完璧!隠れたウと舌の位置を徹底解説を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語に関係する仕事を始めて14年目。
累計20万人の英語学習者の悩みに答えてきた英会話エキスパート。