「柿」は英語で?正しく発音するための3つのポイント

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

秋の季節のフルーツといえば、「柿」。

「柿」は、10月〜11月頃が旬と言われています。

収穫の時期は県によっても変わるようですが、甘すぎず落ち着いた味は、老若男女問わず好かれる果物なのではないでしょうか。
そんな「柿」の英語表現を知っていますか?

「柿」の発音は日本人は難しいと言われています。けれど、コツさえ掴めば簡単です。

今回は「柿」の発音の3つのポイントから豆知識まで紹介していきます。

「柿」の原産地は日本だけ?

柿 英語

秋の果物の代名詞でもある「柿」
日本では干し柿などにアレンジもしますね。

柿が日本のみでつくられている果物と思っている方も多いのではないですか?
リンゴやオレンジなどは、世界各国に原産地があることは知られていますが、「柿」はピンときませんね。

「柿」の原産地は、実は中国の長江流域だと言われています。
奈良時代に、日本に入ってきたようです。

最初は渋柿だけでしたが、鎌倉時代には甘柿ができ、日本各地でさまざまな品種が生まれたそうです。
そしてその後、江戸末期に来日したペリー艦隊が「柿」をアメリカに持ち帰り、南米へと広がっていったそうです。
今では全世界における「柿」の生産量は、 256万17321トンで、そのうち72%が 中国で生産しているそうです。

それ以外には、韓国が25万トン、日本が23万トン、ブラジルが15万トン、イタリアで5万トン、イスラエルで4万トンと、計6カ国で世界の生産量の99.8%を占めています。

ちなみに、日本では、和歌山県、福岡県、奈良県の順番で生産量が多いそうです。
「柿」ははるか昔から中国が主な原産地だったのですね。とても意外です。

こんな英語表現もご紹介。
⇒ 「疲れた」を英語で?今すぐ使える英語表現12選!

英語で「柿」は?どう発音する?

英語で「柿」は実際になんと言うのでしょうか?
すぐに単語が出てこないですよね。

実際に英語で
「Persimmon」

と言います。

発音は「パーシモン」

一見簡単そうに見えますが、実際はしっかり発音するのは難しい単語です。
日本語で簡単に言うと「パーシモン/パーソマン」と簡単に発音できるのですが、英語の発音になると少し口の動きを変えて発音する必要があります。

それでは一文字ずつ、細かく説明して行きます。

まずは最初の「P」は、閉じた唇を開いた瞬間に「パ」ではなく、「プ」と発音しましょう。

次に「er」ですが、日本語にすると伸ばす部分。
ここは口を軽く開け、弱く短く「ア」と言いながら舌先を丸めるようにします。

「s」
歯を閉じて、舌先を上の歯に近づけて「ス」と発音するようにしましょう。

「i」
小指を軽く噛む程度に口を開き、「イッ」と短く発音しましょう。

「m」
唇を閉じ、鼻から「ム」と発音します。

「o」
口を軽く開け、弱く短く「ア」と発音しましょう。

最後に「n」は舌先を上の歯の付け根につけた状態で、鼻から「ヌ」と発音するようにしましょう。
一つずつ細かく説明しましたが、一言にまとめると「プァースイッムァヌ」と発音します。

発音のアクセントとしては、「プァー」で少し下げるように発音し、「スイッ」をアクセントにして強く上げるように発音してみましょう。
この時点で最初に説明した「パーシモン/パーソマン」の発音とはニュアンスが違うことが分かりますね。

ポイントとしては、「Per」と「simmon」で分けて、最初の「Per」の「r」を しっかり発音してあげるのが大切です。

最初の「P」を強調しすぎて、そのあとの発音を消さないように注意しましょう。

(私が柿が食べたいです。)
・I want to eat persimmon.

(男の子たちが、私の柿の木になっている熟した実を全部持ち去ってしまった。)
・Some boys made away with all the ripe fruits on my persimmon tree.

(日本で最も柿が有名なところは和歌山県です。)
・The most famous for persimmons in japan is Wakayama orefecture.

このように言葉の中に組み込んでいくと良いでしょう。
日本も「柿」の原産として有名ですので、日本の「柿」を説明する時にも活用できそうです。

まとめ

柿 英語

今回は数多くある果物の中から「柿」について紹介しました。

他の英単語にも言えることですが、カタカナだけで発音を覚えて、実際に言葉に出したら、ネイティブには伝わらないことがあります。
アクセントの部分がうまく掴めず、どこをポイントにして良いのかがカタカナの場合、難しいのが現状です。

その結果、相手に伝わらず、違う発音のように聞こえてしまうのです。

今回のように「どこをアクセントにするのか」、「どこで分けると言いやすいのか」、「唇の使い方」を意識して練習することで、苦手な発音もしっかり改善でき、会話に活かせます。
ぜひ、発音のコツを沢山練習して、会話に活かしてみてください。

さらに英会話が楽しめるのではないかと思います。

LINEで送る
Pocket