観覧車は英語でFerris wheel|発音と由来は?イギリス英語はbig wheel

英語 観覧車 Ferris wheel 発音 読み方

遊園地と言えば観覧車!という人も多いのではないでしょうか?
辺りの景色を見渡しながら、ゆったりとした時間を過ごせる観覧車は、他のアトラクションとは違った良さがありますよね。

そんな癒しともいえる観覧車、英語ではFerris wheelと言います。

この記事では、まずFerris wheelの読み方や言葉の由来を紹介します。
続いて、遊園地で使えるFerris wheelを使ったフレーズ、イギリスでの観覧車の呼び方や代表的なアトラクションの英語表現を紹介していきます。

観覧車の英語Ferris wheelを使いこなして、友達を遊園地に誘いましょう!

観覧車の英語Ferris wheelの読み方

英語 観覧車 Ferris wheel 発音 読み方

まずは、Ferris wheelの発音から確認しましょう。

Ferris wheel

カタカナで表記すると、フェリス ウィールまたはフェリス ウィルが近いでしょう。
wheelを日本語ではホイールと言いますが、それではホが強すぎます。

whoなどのように、wh を h と発音する英単語も多くありますが、wheelは w の発音です。wh のh(ホ)は気持ち入れるだけ、または全く発音しなくていいです。
 
 
あわせて読みたい。

Ferris wheelのferrisの意味・由来は?

観覧車の英語表現Ferris wheelのFerris、wheelそれぞれの意味や由来を確認していきましょう。
まず、wheelは、ホイールとしてカタカナ英語にもなっています。カタカナ英語のホイールは、車輪やラグビー用語で使われていますね。

英語のwheelの意味は、車輪のほか、ハンドルやルーレットの回転円板、自転車や自動車のことを指し、多くの意味があります。
観覧車は大きな水車風の車輪が中心にありますよね。この象徴的な車輪(wheel)がFerris wheelの名前に組み込まれています。

では、Ferrisはどこから来たのでしょうか?

実は、Ferrisは、観覧車の発明者の名前
観覧車は1893年、シカゴ万博(アメリカ)の呼び物として発明されました。なんと大きさは、直径75.5m、2,160人乗りと当時としてはセンセーショナルなアトラクションでした。
その巨大観覧車を発明したのがアメリカ人エンジニアであるジョージ・フェリス(George Ferris)さん。
Ferris wheelは、発明者であるフェリスさんの名前にちなんで、名付けられたということです。

なお、Ferris wheelの正しい表記は、Fが大文字です。英語で人名の表記をする際には、頭文字を大文字にしますよね。Ferrisは人名、そのため、観覧車のFerris wheelも常にFを大文字にします。

こうして意味や由来を知ってみると、Ferris wheelという英語表現はすぐに覚えられそうですね。

観覧車に乗ろう!Ferris wheelを使った例文

観覧車に乗るというフレーズは、このように表現できます。
ride a Ferris wheel

ride on a Farris wheel

take a ride on a Ferris wheel

get a ride on a Ferris wheel

go on a Ferris wheel

各表現に大きな違いはありません。覚えやすいまたは使いやすい英訳を使ってOKです。
では、これを踏まえて、日常英会話で使える例文を紹介します。

観覧車に乗りたい!
I want to ride a Ferris wheel!

観覧車に乗ろうよ!
Let’s ride on a Ferris wheel!

観覧車に乗っていい?
Can I go on a Ferris wheel?

あの観覧車に乗ったよ。
I took a ride on the Ferris wheel.

お台場の観覧車はカラフルでとても人気です。
The Ferris wheel in Odaiba is colorful and quite popular.

一番好きな遊園地の乗り物は観覧車です。
My favorite ride is a Ferris wheel.

※遊園地のアトラクション(乗り物)は英語で、rideまたはattractionと表現します。
 
 
あわせて読みたい。

イギリスでは観覧車をこう言う!

ここまで、観覧車の英語表現はFerris wheelと紹介してきました。
実は、イギリスでは別の表現も使われています。

イギリスで観覧車は、big wheelと呼ばれています。

ほとんどのイギリス人は、Ferris wheel=観覧車と知っていますが、big wheelと呼ぶことの方が多いです。また、イギリスの観覧車と言えば、ロンドンの街を360度見渡すことができるロンドンアイ。ロンドンアイは英語で、The London Eyeと言いますよ!

メリーゴーランドなど遊園地の乗り物の英語表現

最後にメリーゴーランドなど遊園地の代表的なアトラクションの英語表現を紹介します。

メリーゴーランド
merry-go-round

carousel

※空港の手荷物受取場にあるベルトコンベアもcarouselと表現します。

ジェットコースター
roller coaster

お化け屋敷
haunted house

コーヒーカップ
teacups

英語で、コーヒーカップは、tea(お茶)のcup(カップ)という点が面白いですね。
 
 
あわせて読みたい。

まとめ

英語 観覧車 Ferris wheel 発音 読み方

観覧車の英語表現を紹介しました。
観覧車は英語で、Ferris wheel。発音をカタカナで表記すると、フェリス ウィールです。

whを /h/ と発音する単語もありますが、wheelの場合は /w/ の発音。日本語のホイールといった発音では通じないので、注意が必要です。
また、Ferrisは観覧車を発明した方の名前。そのため、表記はFerrisとFを大文字にする点も覚えておきましょう。

なお、イギリスでは多くの人が観覧車を、big wheelと呼びます。大きな(big)車輪(wheel)で、見た目から連想しやすい表現ですね。

これで観覧車の英語表現は完璧です。友達を誘って観覧車へ乗りに行きましょう!

最初のコメントをしよう

必須