「Waist」と「Waste」の発音の違い。自ら意識して発音練習しよう

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

せっかく英語を勉強しているなら英会話をもっと楽しくしたいですよね。しかし、参考書とにらめっこしていても英会話が出来るようにならないのはナゼでしょうか。

おおまかな原因として、英語のスペルと発音がマッチしていないことが挙げられます。

今回は、この発音について紹介していきます。正しい発音をするための練習方法なども合わせて紹介しますので、ぜひ練習して英語発音をマスターしましょう!

例えば「Waist」と「Waste」の発音の違い

今回は、アメリカ英語の発音に近づけるためのコツなどを紹介します。

waistiが微妙に入っているか、入ってないか、そして語尾のteの発音にも微妙に違いがあります。これらの微妙な違いにより、相手に聞き取ってもらえるかが変わってきます。

フォニックスについて学ぼう

Waist

Waste

の発音の微妙な違いについて、オンラインで発音を学ぶのも有効な勉強方法ですが、もっと簡単に発音を習得したいというアナタにはフォニックスがオススメです。

フォニックスとは?

英語教室などで発音を正しく教えるために用いられていることから、これまでに耳にしたこともあるかもしれません。

フォニックスとは、難しく言うと一種の音響学、簡単に言うと英語のスペルと発音の規則を教えています。

フォニックスのメリットは、正しい発音が身に付き音の違いが分かるようになることと言われています。

大人でも始められるフォニックス練習

フォニックスは決して子供向けのみの教育方法ではありません。

大人になってからもフォニックスの教育法で正しい発音を学ぶことができます。

フォニックスを学べる動画

下記リンクは、フォニックスの発音を練習できる動画です。

日本人向けの動画となっており、発音スピードが比較的ゆっくりしたペースなので、わかり易いです。動画には、発音記号の記載もあり、こちらにも注目して練習してみましょう。

日本人のためのフォニックストレーニング

https://www.youtube.com/watch?v=zdQJkFTZQBs

その他発音上達に役立つサイト

続いてはフォニックスではないですが、発音上達に役立ちそうなサイトを紹介します。

発音記号について基礎から学ぶ

こちらはアメリカ人のネイティブ先生が発音のポイントを紹介している動画です。

いくつかのテーマに分かれているため、毎日少しずつ学びたい人にオススメです。また、先生が美しいので男性陣のモチベーションアップにつながるかも!

発音記号Americsn English動画

https://www.youtube.com/watch?v

多言語の発音を学ぶなら

こちらは、上記でも紹介したオンラインの発音確認サイト
このサイトの素晴らしい点はスペイン語やフランス語など多言語発音を確認できるところ。
英単語によっては、ブリティッシュ英語、カナダ英語などのアクセントが確認できるため、聞き比べてみても面白いです。

発音辞書FOVO

https://ja.forvo.com/pronounce/

ゲーム感覚で英語習得を目指すなら

ゲーム好きな方には、英語の早口言葉を練習することで英語の上達を目指してはいかがでしょうか?

英語圏の友達と早口言葉で盛り上がれるかもしれません!

英語で早口言葉練習

https://eikaiwa.weblio.jp/column/study/tongue-twister

まとめ

今回は、WaistとWasteの発音の違いを比較しながら、ネイティブの発音に近づけるための練習サイトなどを紹介してきました。

自分でどんどん発音の練習をしてみて、英語のリズムやイントネーションを身に付けてください。

リズムやイントネーションが適切だと、英会話がしっかりできている人という風な印象を持たれ、ネイティブともちゃんとしたコミュニケーションが取れるようになりますよ!

動画でおさらい

「「Waist」と「Waste」の発音の違い。自ら意識して発音練習しよう」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket