カジュアルシーンで使える3つの「楽しみ」を英語で覚えよう!

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

とても楽しみなことや、イベントが数日後に控えているとき、「楽しみすぎて待ちきれない」というワクワクとした気持ちになりますよね。

この「楽しみ」という言葉を英語で表現するとき、あなたはどんな英語を使って表現しますか?
きっとすぐに浮かんでくる言葉が見たらないと思います。

今回は、カジュアルなシーンにおいて使えるさまざまな「楽しみ」の表現の仕方を紹介していきます。

「楽しみ」の定番のフレーズと言えば?

日本で教えられる「~が楽しみ」という英語のフレーズは、
「I’m looking forward to」

または「I look forward to」

という表現ではないでしょうか?

特に日本は、これらのフレーズを使って「楽しみ」と表現している傾向が強いように感じます。
もちろん、間違いではありませんが、実際にネイティブスピーカーの会話の中では他にもさまざまな言い回しで「楽しみ」を表現しているのです。
では、そのさまざまな言い回しとは、一体どういうフレーズなのでしょうか?

ビジネスシーンや恋人などとリラックスして話せるシーンなど、シチュエーションに合わせて言葉の使い方が変わってきますよね。
そもそも、この「I’m looking forward to」または「I look forward to」のフレーズは、少しフォーマルでかしこまった表現。

そのため、あまりカジュアルなシーンでは使われていません。

ではカジュアルなシーンで使える「楽しみ」というフレーズは一体どのような言い方があるのでしょうか?

カジュアルなシーンで使える3つの「楽しみ」

楽しみ 英語 カジュアル

友人や親族、恋人など、よりカジュアルなシーンで使える「楽しみ」の表現としては

「I can’t wait.(楽しみ。)」

という言葉を使うと良いでしょう。

・さっき、ロス行きのチケットを買ったよ。楽しみ!
I just booked my ticket to LA! I can’t wait!

・週末に会えるのを楽しみにしているよ!
I can’t wait to see you this weekend!

・パーティー、楽しみにしてるよ!すごく楽しいだろうね。
I can’t wait for the party! It’s going to be so much fun!

・会えるの楽しみにしてるよ。
I can’t wait to see you.

・今週末まで待ちきれないな。楽しみ。
I can’t wait till this weekend.

このように、「I can’t wait to/for~」と使うことでとてもカジュアルな言い回しにまります。
文章からも楽しみすぎて待つのが困難なことが伝わってきますよね。

旅行先で使えるこんな表現もご紹介。
⇒ トラベル英会話「お会計お願いします」を覚えよう!

また、同じ意味合いを持ち、さらにワクワクして、待ちきれない気持ちを伝えるときは

「I’m so excited.」

というフレーズを使ってみましょう。

例えば、
・ハワイに行くのが楽しみ!
I’m excited about going to Hawaii!

・今週末、友達と北海道に
スノボー旅行へ行くんだ。すごく楽しみ!
My friends and I are going to go snowboarding in Hokkaido this weekend. I’m so excited!

・ライブパフォーマンス、楽しみにしているよ!
I’m really excited to see you perform live!

・明日が楽しみだな。待ちきれない!
I’m so excited about tomorrow. I can’t wait!

このように、「I’m so excited to/about ~」と伝えることで意味合いは「~することが楽しみ」であるのはもちろんの事、それに加え「I can’t wait to/for~」より、さらに期待や喜びの気持ちを相手に伝える事ができます。

文章中の「So」の代わりに「Really」や

「Very」


を使用することも。

ただ、この3つの例文のような表現は「I‘m excited」と同じ意味合いにはなりますが、より口語的でよりカジュアルな表現ですので、フォーマルなシーンでは使うのを避けましょう。

また、最初に説明した、「I can’t wait.」のフレーズと繋げて、
「I can’t wait. I’m so excited.」

というのもネイティブの間で、よく使われるフレーズ

そして最後に、「I’m pumped」と

「I’m pumped up」


というフレーズも「楽しみ」と表現することができます。

・明日のイベントが楽しみ。
I’m pumped about the event tomorrow!

I’m pumped up about the event tomorrow!

・今夜ジャイアンツの試合を見に行くのが楽しみ。
I’m fired up about going to the Giants game tonight!

・今週末は波が大きいらしい。すごく楽しみだわ。
The waves are supposed to be huge this weekend. I’m so stoked dude.

この「I’m pumped」と「I’m pumped up」というフレーズは、同じ「楽しみ」という意味合いでもどちらかと言うと、テンションが上がっている状態の時に使いたい表現です。
もちろんカジュアルなシーンで使うことはできますが、フォーマルなシーンは向きません。

この3つの表現フレーズ。

「I can’t wait to/for~」
「I’m so excited to/about ~」
「I’m pumped/ I’m pumped up」

全て同じ意味合いを持ちます。

また全てカジュアルなシーンで使うことができますが、「楽しみ」の度合いによって使いわけてあげると良いでしょう。

楽しみでワクワクしているときは、「I can’t wait to/for~」のフレーズを使い、さらに期待や喜びを伝えたいときは、「I’m so excited to/about ~」のフレーズを使ってみましょう。

そして最後に、それを上回る、すでに興奮している状態の場合は、「I’m pumped/ I’m pumped up」のフレーズを使うと良いでしょう。

まとめ

楽しみ 英語 カジュアル

今まで「楽しみ」と言えば唯一思い浮かんだ「I look forward to」のフレーズよりさらに簡単で言いやすい言葉を発見できたのではないかと思います。

「I look forward to」フォーマルシーンで使われることが多いので、カジュアルなリラックスしているシーンでこのフレーズを使うと、確かに少しかしこまってしまうイメージですよね。
友人や親族、恋人などよりリラックスして気を使わないシーンだからこそ、簡単に伝えるこの3つのフレーズはぜひ使いこなしていきたいですね。

そして、自分自身の興奮状態と確かめながら「楽しみ」を使い分けてみてください。

LINEで送る
Pocket