うどんと蕎麦の違いを英語で説明しよう。具体的な言い方と簡単な言い方

LINEで送る
Pocket

日本料理で麺といえば、うどん、蕎麦、ラーメンなどがポピュラーですよね。
では、うどんと蕎麦の違いは英語でどのように説明するのでしょうか?

今回は、外国人と一緒に日本料理店の飲食店などに入った時に役立つ、うどんと蕎麦の説明方法を例文を踏まえてお伝えします。

今や、うどんも蕎麦も海外ではポピュラーな日本食ですので、ぜひ覚えて英会話で使ってみてくださいね。

そばを英語で説明すると?

まずは英語で蕎麦を何というのでしょう?
蕎麦を英語で訳すと、buckwheat noodleといいます。

辞書で確認すると、buckwheatは、蕎麦・蕎麦の実・蕎麦粉などの意味になります。
そこにnoodleの単語を合わせて、buckwheat noodleで、蕎麦と説明することができます。

蕎麦屋に入って接客を受ける時はぜひ、以下のように注文してみましょう!

One buckwheat noodle, please.


その他の日本食について、こちらの記事も参考になります

うどん(udon)は英語で?

うどんについては、wheat noodle

といいます。
wheatとは、小麦のことです。
うどんは小麦を打って作られたものなので、wheat noodleでうどんと表現されます。

ちなみにメニューでよく見る温かいうどん・冷たいうどんも、wheat noodleの前にhotまたはcoldをつけてhot wheat noodle / cold wheat noodle


などといいます。

近年、国内でも海外の方を多く見かけるようになりましたが、東京、大阪、京都などで見かけた際は、ぜひ使ってみてください。

太さで説明する場合

日本語で「蕎麦とうどんの違い説明してほしい」というと、大体の人は「片方は太くて、もう片方は細い」というような説明をするケースが多いのではないでしょうか。

英語で上記のような説明をしたいのであれば、one is thin / the other is thickを使って表現するといいでしょう。
thinは薄い・細いという意味で、thickは厚い・太いという意味になります。

これらを使って表現すると、
Wheat noodle is thick and buckwheat noodle is thin.


でうどんは太くて、蕎麦は細いと表現できます。

うどんと蕎麦を見たことがある外国人の方が、I don’t know which is which.または、Which is which?どっちがどっちだっけ?となってしまっていた場合、このフレーズを使えば伝わるはずです。
ぜひ使ってみてください。

実際には、udonsobaというフレーズが浸透していることもあり、buckwheat noodlewheat noodleという訳で説明することはあまりないのかもしれません。

ただあえて訳すとしたら、buckwheat noodlewheat noodleです。

実際の会話のなかでは、soba is thin and udon is thick.

という表現で十分な場合もあるでしょう。
これらのフレーズを覚えて、臨機応変に説明してみてください。

他にも「餅つき」を英語で表現するときには、こちらの記事が参考になります

まとめ

蕎麦は英語でbuckwheat noodle、うどんは、wheat noodleと表現することをお伝えしました。

食にまつわる英語表現は、日常会話でよく登場するので、ぜひ覚えて使ってみてください。

動画でおさらい

うどんと蕎麦の違いを英語で説明しよう。具体的な言い方と簡単な言い方を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket