時間を無駄にしちゃダメ!「Life is too short to waste.」の使い方




LINEで送る
Pocket

英語にも、日本語と同じ様にさまざまなことわざや、故事、言い回しがたくさんあります。

たとえば、
Life is too short to waste.

という言葉があります。こんな表現がさらりと言えたらネイティブみたいでかっこいいですよね。

ただ、「どういう意味なの?」「どういうときに使えばいいかわからない」という方は多いと思います。

今回は日本人が言えそうで言えない表現で、Life is too short to waste.という言いまわしにスポットを当てて解説していきます。

語尾の言葉を変化させることで、人生について語ることだってできる今回の表現。早速詳しくみていきましょう。

そもそも「Life is too short to waste.」ってどういう意味?

そもそも、Life is too short to waste.とはどのような意味なのでしょうか?

ぱっと見て、どんな場面で使われる言葉なのか分からない方は多いと思います。

まずは単語ごとに分けてひとつひとつ見ていきましょう。

冒頭のLife isは、人生はという意味になります。そして、tooは~すぎるです。

何がすぎるのかというと次に続く、shortつまり短いという言葉にかかってきますので、

ここまでで「人生は短すぎる」という訳になります。

最後は、to wasteで無駄にするという意味です。

つまり直訳すれば「人生は無駄にするには短すぎる」となり、「時間を無駄にしちゃいけないよ」というニュアンスで使うことができます。

たとえば、このLife is too short to waste.を応用して、
Life is too short to waste time hating anyone.

というと、

「誰かを嫌いになる暇があるほど人生は長くない」=「時間を無駄にしてはいけない」あるいは「時間を大切に」という意味になります。

ネイティブもよく使う表現ですのでぜひ使ってみてください。

覚えて使える短いセンテンス

さて、Life is too short to waste.という文章には、ぜひ覚えてもらいたいセンテンスがあります。

それは、Life is too short toまでをひとつの塊として丸ごと暗記してほしいのです。

最後のwaste以外全部ですので、ちょっと長いな。と思う人もいるかもしれません。

もともとこの表現は最後のtoを入れなくても、Life is too short.だけで成立します。この場合、先ほど触れた通り、「人生は短い」という意味になります。

これなら比較的簡単に覚えられますし、実際に会話の中で使いこなせる人も少なくないのではないでしょうか。

しかしこの文章の問題は、Life is too short.でピリオドを打って文章を終えてしまうと、その後が続かなくなってしまうという点なのです。

日本語にすると、人生は短い。だからこそ〜の、「だからこそ」の結論部分が重要になってきます。

一方でtoをつなげて文章が終わるのを防げば、意外とこの後の文章が続きやすくなります。

そうするとより掘り下げた会話もできますし、シーンに合わせて様々な言い方をすることができるのです。たとえば、友人や恋人が何かに悩んでいるときなどに

人生は短いんだから、小さなことを心配していたらもったいない
Life is too short to worry about small things.

人生は短いんだから、気楽に行かないと
Life is too short to take seriously.

など、誰かと議論したりアドバイスをしたりするときに使える絶好の文言です。

いずれにせよ、「人生は短いんだから楽しまなくちゃ!」という前向きなニュアンスが入っている言葉です。

悩んでいるときにこういう言葉をかけてもらえるのって嬉しくなったり、そのかけてくれた人のことを頼もしく思えたりしますよね?

このセンテンスを知っているだけで、あなたもネイティブの友人たちから一目置かれる存在になるかもしれませんね。

人生について語れちゃう!?どんな表現ができるの?

では他にはどのように言葉をつなげていくことができるのか、実際に例をあげてみましょう。

例えば、Life is too short toに、
be stupid

という表現を加えたらどのような言い回しになるでしょうか。

状態を表すbe動詞に「馬鹿」という意味のstupidが続きますので、

全体で、
Life is too short to be stupid.

となり「馬鹿でいるのには人生は短すぎるよ」という格言のような言い方ができます。

be stupidの代わりに、
look back

という言葉を入れたらどうでしょう。

look backは後ろを見る、つまりは振り返るという意味ですので、
人生は振り返る時間があるほど長いものじゃないよ。
Life is too short to look back.

といった感じで、こちらも先ほどの、Life is too short to worry about small things.同様、悩みのある友人に声をかけることができます。

このように、Life is too short toをまとめて覚えると「be stupid」や「look back」といったごくシンプルな言葉を付け加えるだけで、かっこよく人生を語ることや、誰かに対して自分の考え方を示たり、アドバイスをしたりすることができるのです。

番外編!格言とともに人生を語ろう!

ここからは、番外編ということで「人生は無駄にできない」「人生は短い」と似たニュアンスを含んだ英語の格言を2つ紹介したいと思います。

まず一つ目は、
Without haste, but without rest.

こちらはドイツの詩人・ゲーテが言った言葉とされています。

意味は「急がずに、だが休まずに」です。詩人にしてはあまりにあっさりとした言い回しですが、シンプルに伝わる、わかりやすい言葉ですね。

二つ目は、
Live as if you were to die tomorrow. Learn as if you were to live forever.

こちらは、インド解放の指導者・ガンジーの言葉です。

「明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ。」聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。人生は短いからこそ、今日一日を大切に。という意味を含んだ素敵な言葉です。

こういった偉人の格言とともに、Life is too short to waste.を使えば、また違った会話が弾むかもしれません。

時間を無駄にしちゃダメ!「Life is too short to waste.」の使い方まとめ

いかがでしたか?

Life is too short to waste.という表現を覚えておけば、友達と語り合った時に励ましたり諭したりと、より親密な関係を築くきっかけになるかもしれません。

ネイティブの友人以外にも、英語を勉強している日本人同士のあいだでも、「こんな言い回しあるの知ってる?」と、お互いの勉強がはかどるきっかけになるかもしれません。

明日からあなたもネイティブのような言い方で人生を語ってみましょう!

動画でおさらい

「時間を無駄にしちゃダメ!「Life is too short to waste.」の使い方」を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。