ThとRを同時にマスターできる「Through」のネイティブ発音!

英語でスムーズに会話が出来るようになりたい!と願う英語学習者は多いと思います。

そこで大きな壁になるのが、英語と日本語の発音の違いですよね。

英会話をする上で、日本語には存在しない発音をマスターするために、時間がかかることも多いと思います。

その理由は、日本語には存在しない音があるから。

例えば、
Thank you.

と言うとき、日本人はサンキューというカタカナ英語発音になりがちです。

今回は、カタカナ英語発音脱出のためのコツと、thとrの発音トレーニング方法について紹介します。

th発音の2つのコツ

今回は、thrがどちらも入っている英単語
通る、貫くの意味
through

を用いて、thrの発音のコツを紹介します。

ぜひ、この単語でthrの発音のコツをマスターしましょう。

thの発音のコツは2つあります。

  1. 上下の歯の間に舌を軽く当てる
  2. 舌を引きながら、「ス」の音を出す

日本語では使わない発音なので、最初は感覚をつかむため、練習が必要です。

thの音の練習は他の英単語でも可能です。

例えば、
思う、考える
think

は馴染み深い言葉だと思います。

これをイメージしやすいカタカナ表記してみると、シンクではなく、スィンクとなります。

これが日本語で一番近い音です。

今度は、Thank you.の発音を練習してみましょう。

カタカナ表記では、セの音が一番近いですが、この場合も、上下の歯のあいだに舌を軽く当て、「セ」と発音します。

お家や移動先へのちょっとしたスキマ時間に、小さな声でもいいので、ゆっくり練習してみましょう。

その他のまぎらわしい発音もこちらの記事も参考になります

r発音のコツ

rの発音コツは3つあります。

  1. 「ウ」の口にする
  2. 舌を上側に軽く当てる
  3. そのまま「ゥル」と言う

日本語で一番近い音は「ル」となりますが、日本語の「ル」とは異なります。

最初はうまく発音できないこともあると思いますが、発音はスポーツと同様で練習し慣れることが大切です。

何度も練習することで、意識しなくとも、自然とrの音を出せるようになります。

今回紹介したthrの発音を参考に、throughの発音をゆっくり練習し、thrの発音をマスターしていきましょう!

その他のまぎらわしい発音もこちらの記事も参考になります。

まとめ

発音の練習はスポーツと同様で、動きやフォームを体に馴染ませることが大切です。

英語には、アメリカ英語、イギリス英語がありアクセントが異なる単語が多々あります。

しかし、今回紹介したthrの発音は、英単語の基礎とも言えます。

この練習を意識すると、ネイティブスピーカーの発音により近づけます。

今回の動画内容を参考にぜひ、日本人が苦手とする発音をマスターしましょう!

動画でおさらい

ThとRを同時にマスターできる「Through」のネイティブ発音!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。