1. TOP
  2. 発音
  3. ThとRを同時にマスターできる「Through」のネイティブ発音!

ThとRを同時にマスターできる「Through」のネイティブ発音!

 2016/12/08 発音
 
LINEで送る
Pocket

日本語にはthの音が無いため、Thank youと言うときも「サンキュー」となってしましますが、この発音は間違えです。

今回は、カタカナ英語を脱するために、どのように発音するのか、についてお伝え致します。

thの時舌は噛まない

shutterstock_435848512

例えば、【Thrugh】という単語の発音をどのようにするのかを説明していきます。

日本語、カタカナ発音で書くと「スルー」となると思うのですが、この書き方だと違う単語に聞こえてしまう可能性があります。

それでは、これはどのように発音すればのかと言いますと、まず最初の文字、【Th】に注目してください。

Th」の発音が最初です。

Th」の発音というのは、上の歯と下の歯のあいだに舌をこのように挟んで発音します。

噛まないで、舌を当てるぐらいでいいです。

そこから、舌を引き、引きながら「さしすせそ」「ス」の音を出します。

「スッ」といった音が出ると思います。

例えば、「Th」の音でいえば、【Think】は馴染み深い言葉だと思います。

これはカタカナで無理やり書いてみると、「シンク」ではなく、【スィンク】となります。

これがたぶんカタカナで一番近い音です。

舌を上の歯と下の歯のあいだに当て、そこから「スィ」「スィ」「スィ」「スィ」「スィンク」と練習してみてください。

他のthの例で言えば、【Thank you】があります。

これは恐らく「セ」の音が一番近いです。

この場合も、上の歯と下の歯のあいだに舌を当てて、そこから「セ」「セ」Thank you”、”Thank you”と練習してみてください。

ただカタカナで「センキュー」と言うのではなく、舌を当てて、引くのを意識しながら発音してみてください。

 

舌を出すことは普通

Th」の発音というのは、舌を出さないといけません。

日本語だと舌を出して話すことが基本的には無いので、舌を出すという事が恥ずかしいこと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、英語では「Th」の音を出すには不可欠ですし、ネイティブの人は普通に舌を思い切り出して発音します。

恥ずかしがらずに”Think”や”Thank you”、”Thrugh”などの「Th」の発音をきちんとするよう、心掛けてください。

他にもある、間違いやすい発音はこちら
⇒わからなくても大丈夫!「Fan」と「Fun」の発音の違い

「ル」をネイティブっぽく発音する

shutterstock_531251119

Through」について、「Th」のあとは、【rou】について説明します。

ここの部分は、日本語で一番近い音は恐らく「ル」となります。

「らりるれろ」「ル」に一番近い音です。

しかしながら、日本語の「ル」とは少し違います。

それでは、「ル」をどのように発音すれば、ネイティブのような発音になるのでしょうか。

ここで注目していただきたいのが、「R」です。

R」の舌の位置で「ル」って発音すると、きちんと音が出ます。

 

微妙な舌の位置に慣れる事

そこで、「R」の舌の位置について説明します。

口の中の上部分に、舌の側面をくっつけて、そのまま発音してみてください。

うまく舌がつかない方もいるのですが、その時は舌を上げてみたり、舌を引いてみたりして、舌の端を上あごに当てるようにしてください。

そうすると、「R」の口が出来ます。

R」の発音は、舌を巻くことだ、という方もいるのですが、恐らくこの方が日本人には発音しやすいと思いますので、ぜひ試してみてください。

最初は違和感を感じることや、うまく発音できないこともあると思いますが、スポーツと同じで、慣れていない動作をすると、最初はうまくいかないものです。

しかしながら、舌も筋肉なので、何度も反復することで、意識しなくとも、自然とその動作、この場合は「R」の音を出せるようになります。

その他のまぎらわしい発音もこちらの記事も参考になります。
⇒言葉によってLの発音は変わる

まとめ

R」の音を練習するときは、「ル」「ル」「ル」「ル」「ル」と細かく何度も発音してみてください。

野球の素振りのように、何度も繰り返すことが大事です。

慣れてきたら、「ル」「ル」「ル」から、少しずつ音を伸ばして、”Thrugh「スルーゥ」と発音していってください。

最初は「スッ」「スッ」「スッ」と言った後、「R」の口で「ルー」と発音してみてください。

「ルー」の最後に小さく「ゥ」が入るイメージです。

 

動画でおさらい

ThとRを同時にマスターできる「Through」のネイティブ発音!を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。