1. TOP
  2. ディクテーションを効果的にするために意識したい文法の決まり事
Sponsored Link

ディクテーションを効果的にするために意識したい文法の決まり事

 2017/01/06 ディクテーション
  1,801 Views
LINEで送る
Pocket

ディクテーションをするときに、文法を気にすることが全くできないのですがそれでも大丈夫でしょうか?

という質問をいただきました。

文法を気にしすぎてしまうとうまく話せないということですね。

では、文法を全く気にしなくても相手に意味が伝わればいいものなのでしょうか。

この質問について説明し、ディクテーションを効果的に行うための2つのポイントを紹介します。

Sponsored Link

ディクテーションをする時全部文法を気にしていると…

shutterstock_459222919

ディクテーションをするときに文法を全く考えることができないと、結局は自分が知らない音を、知らない言語の音を声に出しているだけになってしまいます。

これではあまり意味がありません。

ですから文法に少しは気を使っていただきたいと思います。

しかしながら全部文法を気にしているとディクテーションに集中できなくなってしまうのが心配です。

そこで、ディクテーションをするときに気を付けるべきキーポイントを2つ挙げてみました。

 

ディクテーションのポイントはこちらの記事も参考になります
⇒ディクテーションをもっと効果的に!意識するべき3つのポイント

STVを意識する

ディクテーションをするときに気を付けていただきたいポイントの一つ目はSTVを意識することです。

STVとは、Sはsubject:主語、Tはtense:時制、Vはverb : 動詞です。

英語というのは基本的にこの順番で出てくるものがほとんどです。

99%の英文法というのものは、誰がいつ何をしたのか、という順番で出てくるものなのです。

ディクテーションするときには文法を全て意識する必要はありません。

ただ、誰がいつ何をしたのか、という部分だけを意識できるようにすると、実際のリスニングにも非常に役に立ってきます。

主語と時制と動詞。

誰がいつ何をしたのか、を常に意識しましょう。

 

文法についてはこちらの記事も参考になります
⇒TOEICの文法を学ぶポイント!

キーワードを意識する

二つ目のポイントはキーワードです。

たとえば 動詞が聞き取れなかったとしても、そのあとの何か重要なキーワードを一つ聞き取ることができれば、リスニングはちゃんとできてしまうのです。

キーワードを押さえておけば、文法的な欠陥があっても文章の意味を把握することができるものなのです。

誰がいつ、何をどうしてるのか、というのを意識しながらディクテーションをするようにしてください。

いちいちここに形容詞があるとか、助動詞があるというの意識しすぎていると、なかなか上手に話したり聞き取ったりすることはできません。

自分が英語の音を出すとき、話すとき、ディクテーションしてるときに、なるべく、誰が、とか、何が、いつ、どのように、どうしたのか、というのを意識しながら声に出すようにしてください。

すると実際に自分がリスニングをしているときもその順序で英語が話されているので、ちゃんと聞き取ることができるようになります。

 

まとめ

このように、STVとキーワードを意識することは、英語脳を作るために役に立つものなのです。

STVとキーワードさえ聞き取れれば話を理解できます。

STVとキーワードさえ伝えることができれば相手に話が伝わります。

ぜひディクテーションを効果的に行うためのポイント、STVを意識する、とキーワードを意識する、を心がけてディクテーションをやってみてください

 

動画でおさらい

ディクテーションを効果的にする為に意識すべき文法の決まり事を、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

Sponsored Link

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたも出来るようになる!ネイティブ並みの発音

  • パターンある英語の「おめでとう」!

  • ネイティブが頻繁に使う「You know what」って?意味と使い方を解説

  • 英語でよく使われる褒め言葉「You look」で外見を褒めよう

関連記事

  • 無料でディクテーションを実践するのにオススメの媒体を2つご紹介

  • 洋楽でのディクテーションはどうか?日本語訳を見た方が良いか?