おすすめ英字新聞9選をレベル別に紹介|勉強法のコツ5つをおさえてすぐにでも読み始めよう!

英語ぷらすメルマガ登録

LINEで送る
Pocket

英字新聞は難しそう。
どの英字新聞を読めばいいのかわからない。
英字新聞は英語上級者向けの気がして手が出せない。

それぞれ英字新聞に対してさまざまなイメージがあると思いますが、英字新聞は英語レベル初級者、中級者、上級者全てのレベルの英語学習者におすすめの教材の一つです。

今回は、英字新聞を読むメリットレベル別おすすめ英字新聞とアプリ、英字新聞の読み方まで詳しく解説していきます。

英字新聞を日々の英語学習に取り入れ、英語力アップを図りましょう!

英字新聞を読むメリット

英字新聞は英語学習教材としておすすめです。
なぜおすすめか?英字新聞を英語学習に取り入れるメリットを3つ紹介します。

メリット①読解力の向上

英字新聞を読むことで読解力(リーディング力)が身に付きます。

読解力とは、その文章で何が書いてあるかを読み取る力のことです。新聞記事のような長い文章の中で、結局言いたいことは何かといった要点を絞る事ができるようになります。

メリット②語彙力アップ

子どもが学校で語彙力アップのために読書をするのと同じで、英字新聞を読むことで日常英会話ではあまり使う機会のない経済や環境などの分野でも記事を通して英単語を自然に習得することができます。
また、新聞には今まさに世の中で起こっていることが書かれているので、実用的な英単語に触れることもきます。

メリット③英語学習の習慣化

英字新聞を毎日少しずつでも読み続けることで、自然と英語学習を習慣化することができます。毎日どんな学習をしようかと迷う必要がなく、すぐに学習に入れるという点で習慣化しやすい教材といえます。

おすすめ英字新聞

ここでは、日本で発行されている紙媒体の英字新聞をレベル別で紹介してきます。

初級~中級レベル

The Japan Times Alpha
ジャパンタイムズが発行する週刊の英字新聞。
週に起きた重要なニュースや世界中のトレンドなどの英文記事を無理なく読み切れるボリュームで掲載。

【おすすめポイント】
和訳や単語の解説付きで、TOEIC対策や文法、ボキャブラリーなど英語学習補助コーナーも多く英語学習者向け!

Mainich Weekly
毎日ウィークリー(Mainichi Weekly)は毎日新聞社発行の週刊英字新聞。
話題のニュースだけでなく映画やドラマ、TOEICに英検対策など情報満載。

【おすすめポイント】
全ページ注釈または日本語対訳つきで、電子版だと無料音声つきの記事もあり!

Asahi Weekly
朝日新聞社が発行する週刊英字新聞。
記事は、初級/中級/上級とレベル別になっている。
英作文や英文法などの学習コラムから、国内外のニュースやエッセー、エンタメ、クイズ、星占いまで、多彩な内容。

【おすすめポイント】
レベルに応じた対訳、日本語注釈つき!人気作家による連載小説あり!

中級~上級レベル

The Japan News
読売新聞社が発行する英字新聞。
単なる読売新聞の英語版ではなく、読売新聞と提携する海外の通信社やワシントン・ポストなどからの記事も多く、情報量の多さと記事の多様性が特徴。

【おすすめポイント】
定期購読の場合1部あたり約122円といったリーズナブルな価格!デジタル版は音声つき!

Nikkei Asian Review
日本経済新聞社が発行する週刊英字新聞。
日本経済新聞に掲載された記事が中心。

【おすすめポイント】
ビジネスや経済の情報満載!

なお、紙媒体を定期購読すると無料でインターネットから読めるデジタル版もあるので、通勤中などの隙間時間に利用できます。

英字新聞ではこういった旬な用語がたくさん出てきますよ。

おすすめ無料英字新聞アプリ

英字新聞には、紙媒体やデジタル版だけでなく、スマホのアプリで読める英語ニュースサイトアプリもあります。
こちらもレベル別に紹介します。

初級~中級レベル

⑥POLYGLOTSApp store / Google Play
ニュースだけでなく、ビジネスやトラベル、ライフスタイル、ペットや英語学習など多彩なテーマの記事を掲載。自分の興味のあるジャンルの記事を探せる可能性大。

【おすすめポイント】
無料アプリ!ワンタップ辞書機能あり!

⑦ざっくり英語ニュース!StudyNowApp store / Google Play
毎日短いニュースが配信される。多くの量は読めないという初級者向け。

【おすすめポイント】
対訳と日本語解説、音声付!無料アプリ!

中級~上級レベル

⑧BBC NewsApp store / Google Play
イギリス国営放送BBCが提供。ニュース記事の豊富さはもちろんのこと、実際のイギリスでのニュース映像を見ることもできる。

【おすすめポイント】
無料アプリ!イギリスプレミアムリーグなどのサッカー記事が豊富!

⑨The New York Times(App store / Google Play
アメリカを代表する新聞New York Times(ニューヨーク・タイムズ)のアプリ。世界のビジネスマンが目を通す最新の情報が英語で書かれているので単語の難易度は高め。

【おすすめポイント】
世界中に読者を抱えるためスタンダードでシンプルなセンテンス構造は勉強に最適!

アプリであれば海外留学中など、いつでもどこでも利用できますね。

リスニング力も鍛えたいなら、英語でのニュース配信に触れてみるという方法もあります。

英字新聞の読み方と勉強法のコツ

英字新聞に対して難しいという印象を持っている方や、試したけどよくわからなかったという方は多いかもしれません。

ここでは、諦めないで継続するための英字新聞の読み方学習方法のコツを5つ紹介します。

コツ①自分の英語レベルにあった新聞記事を読む

せっかく学習に英字新聞を取り入れることを決めても、記事の内容が全く理解できないのでは時間の無駄です。
自分で読み進めることができるレベルの英字新聞を選びましょう。

英字新聞によっては無料サンプルを届けてくれたり、インターネット上で見本版を公開している場合もあるので、購読決定前の試し読みをおすすめします。

コツ②最初から全ての記事を読もうとしない

それぞれ英語学習にかけられる時間は限られています。
限られた時間の中で無理なく継続するためには、全部の記事を読もうとしないことです。
全部読もうとすると、時間的にも心理的にも無理が生じて続けられなくなってしまいます。

初めのうちは記事の見出しだけでもいいでしょう。まずは、自分には優しすぎると思うくらいの短い記事から、焦らずにゆっくり慣らしていきましょう。

コツ③簡単な話題や興味がある記事から読む

英字新聞の記事を読むにあたって、記事選びも大事なポイントです。

英字新聞の記事を最初から順番に読んでいくと、興味のない話題や難しすぎるトピックに直面することは珍しくありません。
そういった記事はどうしてもつまらないと感じてしまうでしょう。

まずは、スポーツや芸能、映画、ライフスタイルなどといった日常的な話題や興味がある話題がおすすめです。日常的な話題や興味がある話題は、日本語で基本的な知識があるので意味が想像しやすいですね。

また、知りたい情報を楽しみながら読めるので継続しやすいといった点も継続するための大切なポイントです。

コツ④辞書はなるべく使わないで読む

英字新聞のように長い英文を読む場合、辞書はなるべく使わないようにしましょう。
わからない単語全てを辞書で調べていると、1記事を読み終わるのに大変な労力と時間がかかってしまいます。

英字新聞を読むということは、決して英語を翻訳するわけではありません。
わからない単語が出てきても、まずはそのままにして先へと読み進めましょう。

読み進めていくうちに前後の文脈から意味が想像できる単語もあるはずです。
どうしてもわからなかった単語や意味を明確にしたい単語は、記事を読み終えたあとに調べると語彙力アップにつながるのでおすすめです。

コツ⑤毎日読む

英字新聞を英語学習として活用するための最も重要なポイントは、継続することです。

英語が上達するためには、毎日少しでも英語に触れることが大切です。
残念ながら、週に1回集中して1~2時間の勉強をしても英語は上達しません。

1日10分でも毎日英語に触れることで新しい単語や言い回しを少しずつ覚えることができます。

今、毎日英語に触れる機会がない、英語学習ができていないという方は、英字新聞を毎日少しでも読むことを習慣化して英語力を向上させましょう。

移動中にながら聞き?ポッドキャスト番組でもニュースに触れながら英語を勉強できます。

まとめ

今回の記事で、英字新聞を英語学習に取り入れるメリットや読み方のコツが理解できたと思います。

ただ、ここまで読んでも、まだ英字新聞は難しそうと思ってしまう方もいるでしょう。
最初から英字新聞を定期購読する必要はありません。

まずは、無料サンプルを手に入れたり、コンビニや書店で1部購入してみてください。
そして少しずつ、負担にならない程度に楽しく読むことを続けましょう。

英字新聞で生きた英語を学べば、ビジネスシーンで英語で時事ネタを交えた会話をすることができ、カジュアルなシーンでネイティブの友達との会話の幅も広がるでしょう。

英字新聞を英語学習に取り入れない理由はありません。
続ければ続ける程、英語力はアップします。是非、毎日コツコツと読み続けてください。

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須