1. TOP
  2. 書籍レビュー
  3. 書籍レビュー:海外ドラマはたった350の単語でできている [英語マスターシリーズ]

書籍レビュー:海外ドラマはたった350の単語でできている [英語マスターシリーズ]

書籍レビュー
 
LINEで送る
Pocket

『海外ドラマはたった350の単語でできている』は、厳選された超必修英単語350個を使いこなすことによって、短期間で飛躍的にスピーキング能力を向上させるマニュアル本です。

余分なものを徹底的にそぎ落とした究極の英単語リスト350はもちろんのこと、即効性のあるスピーキング学習法や「100%リスニングを身に着ける方法」についても詳しく書かれています。

また、特別付録として「1秒英作文」「1秒Q&A」というトレーニング問題が収録されているので、一刻も早く英語を話せるようになりたいと願う学習者には、まさに至れり尽くせりの1冊となっています。

一般的に、各種検定試験や入学試験で必要とされる単語数はおよそ次の通りで、テストでよい点数を取ろうとすると、必ず学習者の前に立ちはだかるのがボキャブラリーの壁です。

【必修とされる単語数の目安】
TOEIC 860点:約10,000個
難関大学:5,000〜7,000個
大学受験:3,000個
中学校:1,200〜1,500個

一方、本書の題名にもなっている「350」という単語数は、著者の涙ぐましい努力と研究によってはじき出されたリアルな数字であり、この究極の基本350語を使いこなすことによって、あっという間にスピーキング能力を向上させることができるというわけです。

著者の調査によれば、海外ドラマ『Sex and the City(セックスアンドザシティー)』 シーズン1〜6 全 94 話、合計45時間(2,700分)に出てくる単語数は全部で 12,088 個で、そのうち、たった1回しか出てこない単語が5,188個、2回だけの単語が1,974個、すなわち、全単語12,088個のうち約60%にあたる7,167個は、1回もしくは2回しか出てこないという驚きの事実が判明しました。

また、1回しか出てこない単語5,188個が全セリフ29,586語に占める割合を計算してみると、なんと全体のわずか1.9%であることも分かりました。

【海外ドラマ『SEX and the CITY』に出てくる単語数・セリフ数とその割合】
合計単語数:12,088個
全セリフ数:29,586語

1回のみ出てくる単語:5,188個⇒全体の43%
※全セリフの1.9%

2回のみ出てくる単語:1,974個⇒全体の16%

10回以上出てくる単語:1,869個⇒全体の15%
※全セリフの92%

【10回以上出てくる単語の内訳と全セリフに占める割合】

1~9回出てくる単語:10,333個
※全セリフの8%

10~99回出てくる単語:1,417個
※全セリフの15%

100~999回出てくる単語:286個
※全セリフの27%

1,000回以上出てくる単語:49個
※全セリフの50%

この調査から分かることは、ドラマのセリフを完全に理解するには1万個以上の単語を覚えなければなりませんが、逆に言えば、約2,000個の単語を知っていればセリフの約90%を理解することができ、更には、たったの350個しか分からなくてもセリフの約80%をカバーできるということです。

これは英語学習者にとってはこの上ない朗報です。こんなに嬉しい事実があるでしょうか。

本書ではこの350 個の単語リストが紹介されていますが、そのほとんどが中学レベルの基本単語であり、つまり、それさえ知っていれば、大抵の日常会話が成り立つということです。

著者は別の海外ドラマ『FRIENDS(フレンズ)』でも同様に分析を行っていますが、こちらでも、同じく350 個の単語が全セリフの約80%を占めていることが分かりました。

もちろん、自分が言いたいことをもっと自由に表現するためには、500~1,000個の単語を駆使できるほうが望ましいですが、それでも中学校で習う基本単語ばかりなので、まったく心配はいりません。

まずは最初の350個をしっかり使いこなせるようになったら、その時点で既に英語を話すことが苦痛ではなくなっているはずなので、あとはストレスなく自然に語彙が増えていくはずです。

また、著者は、英会話の習得には海外ドラマが最適であると述べています。

その理由は、客観的な視点で淡々と流れるニュースの英語よりも、感情の動く主観的な英語のシャワーを浴びたほうが日常会話に直結する表現に慣れることができるからです。

英会話に苦しむのは、英語をすらすら話せないからではなく、相手の言っていることが聞き取れないことが主な原因なので、「高いリスニング能力」と「そこそこのスピーキング能力」こそが英語を話せるようになる決め手であると結論付けています。

ページをめくるたびに、英語がこんなにも早く簡単に話せるようになるのかと目からうろこがぽろぽろ落ちて、たちまち元気とやる気がみなぎってきます。

本書との出会いは決して偶然ではありません。

英語を一刻も早く話せるようになりたいと願う強い気持ちが、無数の本の中からこの「海外ドラマはたった350の単語でできている」を引き寄せたに違いありません。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

eigoplus

eigoplus

英語ぷらす編集部です