CASEC(キャセック)は自宅で受験可能!TOEICとの違いや試験前対策のコツ

LINEで送る
Pocket

英語学習を頑張る上で、自分の英語力がどの位なのか、きちんと把握しておきたいものですよね。

TOEICや英語検定試験などの英語テストは、レベルの判定にある程度の期間、結果の通知の受け取りを待つものですが、CASECはオンラインでテストを受けられる為、受験開催地に出かける必要なく、受験後にすぐ結果が確認できるテストです。

今回は、CASECテストの概要・対策、またTOEICや英検など他検定との違いを紹介します。それでは見ていきましょう!

CASECとは?

CASECとは、日本英語検定協会が開発した英語試験です。CASECとは、Computerized Assessment System for English Communicationの略称で、日本語での名称は英語コミュニケーション能力判定テスト。

こちらでは、まずCASECのメリットとデメリットを確認してみましょう。

CASEC受験 メリットは?

CASECは、時間を有効に使いたい人、英語能力を伸ばすために自身のレベルを把握したい人にオススメです。以下にて3つのメリットを確認してみましょう。

①自宅で受験できる
通常、英語検定受験する場合、学校や語学センターなどの受験会場に出向くことが必須とされますが、CASECは自宅のパソコンから受験可能です。

特に社会人になって英語を再勉強する場合は、勉強するにも、試験を受けるにも時間は有効に使いたいものですよね。

また、海外からも受験可能ため、海外居住している人でも、インターネット環境が整っていれば、自宅から受験可能です。

②スコアレポートが即確認できる
英検級の得点や合否、またはTOEICスコアを確認するのに時間がかかりますが、CASECは受験後すぐにスコアを確認できます。

また、受験者IDを登録することでマイページからスコア履歴が確認できるため、英語スキル上達の推移を目で把握できます。英語学習は時にとても孤独なので、上達具合を確認できるとモチベーション維持になりますね。

③履歴書添付できる
CASECのスコアレポートは履歴書添付が可能です。スコアにはTOEICの目安スコアとほぼ同等な英検級を確認できます。なお、履歴書には英語2級以上から記載と可能とされています。英語を使うアルバイトなどの場合にも、採用の目安となるので記載しておくと有利になります。

デメリットは?

CASEC受ける上で一番の課題は認知度がまだ低めなことです。受験を受ける上で以下の3つのデメリットを確認しておきましょう。

①まだ認知度が低い
受験者数、約230万人といわれているCASEC。TOEICや英検と比較すると認知度は低めなのが現状です。

②TOEICスコア・英検級は目安
CASECは受験後にすぐ結果を確認でき、合わせてTOEICの目安スコアや英語級の目安を把握できます。この結果はあくまでも目安なので、TOEICや英検の正式な結果を求められる場合には不適切とみされることもある可能性も。

③参考書など対策本が現状ない
書店などに行くと、TOEIC受験対策の参考書や、英検の過去問題集などがズラリと並び出題傾向などの情報を予め、高得点を出すため勉強を重ねることができます。

しかし、CASEC対策の公式参考書は、現状ありません。
得点を稼ぐテクニックよりも、自身の実力を試してみたい人には最適なテストと言えます。

出題形式を知って事前対策!

CASEC受験の前に、出題形式や解答時間を把握し事前にテストの流れを確認しましょう。

セクション1
<語彙能力確認>
問題形式:空所補充ー4択
配点:250
問題数:16問
解答時間:各60秒
セクション2
<英語表現能力確認>
問題形式:空所補充ー4択
配点:250
問題数:16問
解答時間:各90秒
セクション3
<リスニング>
問題形式:4択
配点:250
問題数:17問
解答時間:各60秒
セクション4
<リスニング&タイピング>
問題形式:リスニングとタイピングで解答入力
配点:250
問題数:11問
解答時間:各120秒

※セクション4はリスニング後にコンピュータで、解答を入力します。

就職に有利なTOEICスコアが気になる場合はこちらの記事

受験の費用と環境チェック

CASECは個人受験と団体受験が可能です。どちらもパソコンから受験可能で、団体受験の場合は、団体コードと承認キーが必要になります。

受験料は税込3,667円

個人受験の場合、支払はクレジットカード支払いかコンビニ支払の2種類です。コンビニ支払いの場合、振込票がオンライン上で発行され、振込票を印刷し、コンビニに持っていくと振込が可能です。

受験の流れを確認可能!事前環境チェック

以下リンクでは、インターネット環境や会話文などの音声再生に問題がないかとテストの流れを確認できる体験テストが受けられます。

受験者登録をしなくても受けられますので、例題を通して出題傾向や答え合わせを気軽にしてみましょう。

casec公式サイト

CASECテストとカンニング

上述したように、CASECテストは自宅で受験できるため、カンニングをしようと思えばカンニングが可能です。特に語彙能力確認の際に、分からない単語を電子辞書で引けば、得点を上げられる可能性もあります。

しかし、英語力を背伸びして仮に企業採用となった場合、本当の実力ではないと困ってしまう可能性があるのも、その本人です。

実力を確かめるテストは1度きりではありませんので、ぜひご自身の実力でテストに挑んでみてくださいね!

まとめ

TOEICや英検など、他の英語試験と比較すると知名度はまだ低いCASEC。しかし、自宅受験できるメリットから、時間と共に徐々に普及していくことでしょう。

英語能力を伸ばしていきたいあなたにとっては、自身の本来のレベルを気軽に確認でき、モチベーション向上・または維持には最適なツールではないでしょうか。

これまでCASECを受けた事がないあなたも、ぜひこの機会に受験者IDを作り自身の実力を確かめてみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

最初のコメントをしよう

必須