1. TOP
  2. TOEIC
  3. TOEICは就職で役に立つか?TOEICと同時進行で勉強すべきこと

TOEICは就職で役に立つか?TOEICと同時進行で勉強すべきこと

 2018/07/25 TOEIC
 
LINEで送る
Pocket

TOEICは就職活動や転職活動において、内定を得るために役に立つと思っている人は多いと思います。

実際に、外資系企業など、英語を社内で使用する会社であれば、TOEICのスコアが高ければ高いほど大きなアピールポイントになるでしょう。

しかし、TOEICの勉強でスピーキングやリスニングなどの、英語でのコミュニケーション力は身に付くのでしょうか。

今回は、TOEICの性質やTOEICの勉強と同時進行でやっていただきたい勉強などを紹介します。

就職にTOEICスコアは必要?

shutterstock_521354797.jpg

実際のところ、就職にTOEICのスコアは必要なのでしょうか。

約7割の上場企業が採用時にTOEICの点数を参考にしているというデータもあるので、TOEICのスコアが条件になる会社はかなりあると思います。

それでは、いったいどれくらいの点数が必要なのでしょうか?

例えば、外資系企業や国内の大手企業に入社したいという場合は、ある程度高いTOEICのスコアが必要かと思います。

実際には、英語での読み書きができる最低ラインはスコアが600点以上だと言われているため、大学新卒者に対し、600点以上を求める大手企業もあります。

日常的に英語を使う仕事である場合は、700〜800点以上のスコアを求める企業が多いそうです。

確かにTOEICのスコアが高ければ高いほど、自分が望んでいるような会社に入れる可能性は高まるのではないでしょうか。

就職が有利になるTOEICの点数はどれくらい?

TOEICのテストを開発しているETSによると、700点以上のスコアがあると、下記のことができるといわれています。

・会議の議事項目(アジェンダ)を読んで理解できる。
・自分の業務・専門に関する文書(レポート等)を、読んで理解することができる。
・英語で書かれたインターネットのページから、必要な情報・資料を探し収集できる。

高度な仕事上のやり取りも可能となるのは、800点以上が目安だそうです。

実際に、英語を日常的に使う仕事の場合は、700点〜750点以上のスコアを条件としている企業もあります。

就職活動を有利に進めるために、TOEICのスコアを材料にしたい場合は、自分のTOEICのスコアと、企業から求められている英語力のレベルを比べて、それよりも高い点数をとることを目指しましょう。

英語を日常的に使う仕事ではない企業に就職する場合は、700点以上あれば企業にアピールできる点数となるでしょう。

しかし、日常的に英語を仕事で使う企業の場合で700点以上を条件としている企業であれば、さらにハイスコアでないと、有利にはならないかもしれません。

TOEICスコアが900点以上でも英語を話せない人もいる!?

TOEICのスコアが高いからといって、実際に英語のコミュニケーションが取れる方は少ないのではないでしょうか。

実際にTOEICが満点990点でも、まったく英語を話せないという人もいます。

TOEICで満点を取れるくらいなので、もちろん文法は完璧です。

しかし、実際英語でコミュニケーションをとる時は、まったく英語が聞き取れなかったり、単語ばかりの文章になってしまうこともあるでしょう。

反対に、TOEICのスコアはそこまで高くなくても、留学などの経験から英語でコミュニケーションはとれるという学生もいるようです。

つまり、TOEICの勉強は、英会話のリスニングや発音、スピーキングの練習とは少し違っていて、あくまでもTOEICテストのための勉強なのです。

実践で使える英語の勉強もしておこう!

希望の会社、業界に入るためには、TOEICのスコアは必要かもしれません。
そのため、就職活動や転職活動を有利に進めるために、TOEICの勉強をすることは、決して悪いことではありません。

TOEIC試験の対策として勉強したことは、英語でのコミュニケーションをとる上で役に立ってくるはずです。

しかし、それと同時にTOEIC=コミュニケーションではないということを理解する必要もあります。

TOEICのスコアの提示を求める企業に就職した後は、実際に英語でのコミュニケーションが求められる機会がくるでしょう。

相手とのコミュニケーションがとれるようになるため、TOEICの試験勉強と同時進行で、ある程度のスピーキングやリスニング、英会話の勉強もしてみることをおすすめします。

まとめ

大手企業や外資系企業で英語を使った仕事に就きたい場合は、TOEICのスコアが条件となることも多いです。

そのために、TOEICのスコアを伸ばすような勉強をすることはもちろん大切です。

しかし、TOEICの受験用の勉強だけでは、英語でのコミュニケーションスキルがあまり身に付かない可能性があることも理解しておきましょう。

特に外資系など、将来的に英語をつかって海外の人と一緒に働くことを目指している方は、TOEICの試験対策と同時進行に、英会話のリスニングや発音、スピーキングの練習をしてみては、いかがでしょうか?

動画でおさらい

TOEICは就職で役に立つか?TOEICと同時進行で勉強すべきことを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。