書籍レビュー:ゼロから話せる 接客のひとこと英会話




LINEで送る
Pocket

『ゼロから話せる 接客のひとこと英会話』は、一刻も早く接客英会話を身に着けたいと願う全ての学習者に贈る「絶対に挫折しない」ガイドブックです。

本書は単なるフレーズ集ではありません。他の英会話本とは一味も二味も違います。
ページをめくりながら主人公と共に英会話レッスンを受けているうちに、外国のお客様のおもてなしに必要なフレーズがするすると頭に入ってきます。

「情景が思い描けるか」「場面がいかに鮮明に想像できるか」「情景や場面が流れになっているか」という筆者のこだわりによって生み出された本書には、難しいことは一切ありません。

流れるようなストーリー性と究極の分かりやすさで、たとえ文法が分からなくても、この1冊さえあれば、「いらっしゃいませ」から「ありがとうございました」まで自信をもって応対できるようになります。

主人公の花子は、ニューヨークでアートの学校に通いたいという夢があり、苦手な英語を克服しながら貯金もできるように、外国人が多いエリアで飲食店・販売店・ホテルの3つのアルバイトを掛け持ちしています。

しかし、せっかくアルバイトを始めたものの、花子は英語への苦手意識が拭い去れずに、外国人のお客さんが来ると緊張してしまう毎日。
そんな悩める花子のレッスン風景は、思わず夢中になって読み進めてしまうリアルさです。

Chapter1「基本表現編」では、接客業のどんな業種でも役立つ基本フレーズを学びます。

【基本表現の例】

≪とっさの返事パターン8選≫
Excuse me?
「すみません」と声をかけられたときはどうすればいい?

①少し離れたところから返事をする時。
I’m coming!
すぐお伺いします!

Immediately!
ただ今!

②他のお客様の接客などをしていて、ぱっと行けない時。
Just a moment, please.
少々お待ちください。

I’ll be there in a second.
ただ今お伺いします。

③無理な要求をされた時。
I’m afraid not.
残念ながらできません。

We cannot help you.
お応えできません。

④了承する時。
Certainly/Sure/Of course.
かしこまりました・もちろんです

Chapter2飲食店の英語を学びます。

Unit1「お出迎え~ご案内」Unit2「オーダーテイク」Unit3「料理を運ぶ・食事中・お皿を下げる」Unit4「お会計」の4つのユニットに分かれています。

【飲食店英会話の例】

≪お出迎え~ご案内≫
Good evening sir. Do you have a reservation?
こんばんは、ご予約はされていますか?

May I have your name sir?
お名前をいただけますか?

Mr. Jones, for two. This way please.
ジョーンズ様、2名で承っています。こちらへどうぞ。

Thanks for coming, Mr. Jones.
ジョーンズ様、お越しいただきありがとうございます。

Chapter3ではショップの英語を学びます。

Unit1「お声かけ」Unit2「商品選びのお手伝い」Unit3「値引き・免税・在庫確認」Unit4「お会計」の4つのユニットに分かれています。

【ショップ英会話の例】

≪お声かけ≫
May I help you?
何かお手伝いしますか?

Are you all right?
大丈夫ですか?

Are you looking for something?
何かお探しですか?

Did you find anything you liked?
何かお好みのものはございましたか?

Chapter4ではホテルの英語を学びます。

Unit1「予約対応」Unit2「チェックイン~お部屋のご案内」Unit3「お部屋へのご案内・フロント対応」Unit4「チェックアウト」の4つのユニットに分かれています。

【ホテル英会話の例】

≪チェックイン≫
Are you checking in?
チェックインでございますか?

May I have your name, please?
お名前をお伺いできますでしょうか?

Ms. Jones, we were expecting you.
ジョーンズ様、お待ちしておりました。

Please fill out this form.
こちらの用紙にご記入ください。

May I see your passport, please?
パスポートを拝見してもよろしいでしょうか?

接客英会話に関する類書は無数にありますが、多くの学習者が挫折してしまう主な原因は、フレーズを使う場面がイメージしづらかったり、必要のない表現まで覚えなければならなかったり、文法の解説が難しかったりして、とにかく最後まで読み進めることができないということです。

また、漠然とした英会話学習には明確なゴールがないので、何をどこまで覚えたらよいのか分からず、途方に暮れることも少なくありません。

英会話学習で一番大切なことは、まず自分の日常生活で使用するフレーズのみに絞って覚えることです。

余計なことは無理して覚える必要は全くありません。
到達すべきゴールが明確になると挫折しにくくなり、最後まで走り抜くことができます。

『ゼロから話せる 接客のひとこと英会話』は、これまで何をやっても続かなかった学習者にはぴったりの1冊です。これでダメなら他のどんな教材でもお手上げだろうというくらいにサクサク読み進められます。

わざわざ机に向かって勉強しなくても、通勤・通学中にちょっと読み進めるだけで大きな効果があります。

接客英語恐怖症から今すぐに脱出したいそこのあなた、細切れ時間を有効活用して、明日から積極的に英語でおもてなししてみませんか?

LINEで送る
Pocket




無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。


最初のコメントをしよう

必須