1. TOP
  2. 英語勉強法
  3. 5W1Hが必ずくるフレーズ「何やるの?」を英語で

5W1Hが必ずくるフレーズ「何やるの?」を英語で

 2018/08/04 英語勉強法
 
LINEで送る
Pocket

中学の英文法で、何と聞きたいときには疑問詞whatを使って疑問文を作るんだと習った記憶がありますよね。

このwhatをはじめとする疑問詞の中でも、特に5W1Hと呼ばれるグループは、英会話において大活躍の単語たちなんです。

そこで今回は、何やるの?をベースに、5W1Hそれぞれの意味と使い方、文の作り方のコツを例文とともに解説します。

ぜひ単語単体ではなくフレーズで覚えて、応用の利く英会話の知識を深めてくださいね。

文章の頭にくることが多い5W1H

shutterstock_241410217

何やるの?を英語で表現すると、こうなります。

What are you going to do?

ここでまず注目すべきはクエスチョンマーク、すなわち疑問形であり、何という疑問詞を使っているという部分です。

この疑問詞を使った疑問文では、得たい情報の種類によって、何・どこ・なぜなどと疑問詞を使い分けます。

こういった疑問詞のなかで代表的なものが5W1Hと呼ばれ、文章の頭に来ることが非常に多いのです。

5W1Hそれぞれの意味と使い分け

では5W1Hとは、具体的にどのような単語なのでしょうか。

これから1つずつ、その意味と使い分けについて説明します。

単語がもつ意味や使うときのイメージをつかんでおけば、あとで説明する文法や例文を自然な流れで覚えられるようになりますよ。

what(何)

主に物や話の内容で分からない部分・はっきりしない部分があって、その情報をきちんと知りたいときに使います。

〇〇って何?と聞くイメージ。

例文:What is that?
それは何ですか?

また、人に対して用いる場合は、特にその人の身分や職業・社会的地位などを尋ねるときに使います。

例文:What do you do for a living?
お仕事は何をなさっているんですか?

when(いつ)

時間や時期、物事が起こる具体的なタイミングを知りたいときに使います。

いつ?と確認したり聞き返すイメージ。

例文:When is it?
それはいつ?

who(だれ)

知らない人や、会話での主語をはっきりさせたいときに使います。

ドアをノックされたとき(ドアの向こうで見えない人)に、だれ?と言うイメージ。

例文:Who is he?
彼はだれだろう?

where(どこ)

場所をはっきりさせたいときに使います。

場所が分からず、道を尋ねるときのイメージ。

例文:Where am I?
ここはどこ?

why(なぜ)

理由や原因などをはっきりさせたい、話をより深く理解したいときに使います。
なんで?と問いかけるイメージ。

例文:Why were you late?
なぜ遅れたの?

how(どのように)

方法・状態・程度などを知りたいときに使います。

で、どうなの?/どうするの?と確かめたいイメージ。

例文:How are you doing?
調子はどう?

ちなみにここで説明した疑問詞は、疑問詞という名の品詞ではありません。

whatとwhoは疑問代名詞、when・where・why・howは疑問副詞という品詞になります。

文法を使って文を組み立ててみよう


疑問詞の意味が分かったところで、いよいよ文の形成、文法に入っていきます。

基本文法

疑問詞を使った疑問文の場合は、文頭にまず疑問詞を置き、そして通常の疑問文の形で文章を続けます。

つまり、疑問詞+疑問形?となります。

何やるの?の場合だと、何から始まっているのでwhatが頭にくることになります。

そしてwhatのうしろに続く疑問形でポイントになるのは、時制です。

時制というのはいつの話なのかということ。

つまり英語の場合、what・whenなどを使った時には、そのあとに必ずいつの話なのかをつかんで入れるのが大切になってきます。

whatいついつ…という形で覚えてしまっても良いでしょう。

何やるの?の時制は未来形

何やるの?という場合、今から何をしたら良いのかと、まだしていないことについて聞きたいので、未来の話ということになります。

したがって、未来形のセンテンスになります。

未来形ではbe going toが使われることが多いですね。

当然主語によってこのbe動詞は変わります。

何やるの?の主語を考えると、シチュエーションによってあなたは何やるの?や私たちは何やるの?といった複数のニュアンスが考えられますので、ここでは仮に私たちは何やるの?で考えていきます。

使う単語を整理すると、何=what、私たち=we、weが主語の時に使うbe動詞=are、~をやる・する=doです。

したがって、未来形で文章を組み立てると

What are we going to do?
私たちは何をするの(何やるの)?

となります。

疑問形の時はここまで覚えて!

ちなみに、この文章はさまざまな形に応用することができます。

並んでいる単語をカードに見立てて、ゲーム感覚で意味に合わせて入れ替えてみましょう。

たった1つの基本文から多くの異なる表現が生まれるので、楽しみながら学べますよ。

ここでは主語をyouに変えて、あなたは何をするの?で考えてみます。

基本例文:What are you going to do?

主語を変える

What is she going to do?
彼女は何をするの?

What are they going to do?
彼らは何をするの?

What is Ken going to do?
ケンは何をするの?

toのうしろの動詞を変える

What are you going to eat?
あなたは何を食べるの?

What are you going to say?
あなたは何を言うの?

What are you going to buy?
あなたは何を買うの?

疑問詞を変える

意味を補うために、少しだけ単語を足したり削ったりして進めます。

When are you going to do it?
あなたはいつそれをするの?

Who are going to do it?
誰がそれをするの?

Where are you going to do it?
あなたはどこでそれをするの?

Why are you going to do it?
あなたはなぜそれをするの?

How are you going to do?
あなたはどうやってそれをするの?

このように、変える部分によっていろいろなセンテンスを作ることが出来ます。

特に疑問詞の部分は、知りたい情報を得る・会話を広げるといった面を担う、コミュニケーションにおいてとても重要で汎用性の高い部分だということが、例文からも分かると思います。

フレーズはここまで覚えよう

Where are you going to stay?
どこに滞在するんですか?

Why are you going to say good bye?
あなたはなぜさよならを言うんですか?

このように、Where are you going to 〇〇?だとあなたはどこで〇〇するのですか?という意味になり、Why are you going to〇〇?だとあなたはなぜ〇〇するのですか?というニュアンスになります。

基本的にare we going toare you going toという疑問形は、未来に何をするのかという表現です。

これと5W1Hを組み合わせ、動詞の部分を変えるだけで本当にたくさんの未来形の疑問文を作ることが出来るので、ぜひ試してみて下さい。

そして覚えるなら、疑問詞+are we going to(are you going to)と、ここまでをまとめて覚えてくださいね。

まとめ

文章を組み立てていくときには、先ほど紹介したように疑問形なのか、その場合の時制はどうなるのか、主語や動詞は何が良いのかということを1つずつ考えていくことがおすすめです。

また今回、are we going to、are you going toという部分が未来で何かをするときに使う表現だということが分かったと思います。

この表現は、中学レベルの文法であっても、英会話にはとても役立ち、他の文章にも幅広く応用できるという素晴らしいフレーズです。

楽しみながらたくさん文章を作り、その仕組みや意味が無理なく浮かぶようになれば、きっと自分が伝えたい表現を簡単に作ることができるようになりますよ。

今後英文を組み立てる際に、参考にしてみてください。

動画でおさらい

5W1Hが必ずくるフレーズ「何やるの?」を英語でを、もう一度、動画でおさらいしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

英語ぷらすの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

英語ぷらすの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
無料メール講座に今すぐ登録!
「話す」・「聞く」ために必要な英会話スクールに1年間通った英語力が、わずか21日間で身に付くようになります。短期間で日常会話レベルの英語力を最短距離で習得したいと本気で思っているのなら、今すぐ無料メール講座にご登録ください。

今なら特典も無料でプレゼント!

たった2日で日常英会話が話せる4つの秘訣 4つの秘訣をマネすれば、今すぐにあなたの英会話力も一気にアップします。

メールアドレス入力

信頼と安心の証であるジオトラスト社のSSLを使用しています。

※ご登録後、ご登録のメールアドレス宛に動画を閲覧できるページのURLをお送りします。こちらのメールをご確認ください。なお、本キャンペーン(動画解説)はサイト上で公開するものであり、DVDなどでお送りするものではございません。

※ご登録いただいたメールアドレス宛に、弊社のセミナー・教材の情報、おすすめの書籍や教材の情報をお送りする場合がございます。 ご了承下さい。

ライター紹介 ライター一覧

hiropoooooon

hiropoooooon

栃木生まれ、栃木育ち、埼玉在住。
2人の子供をこよなく愛する。

英語はいまだに得意とは言えないものの、
英語に関係する仕事を始めて10年目の中間管理職。